目次

  1. 糖質制限が髪に与える影響は?
  2. 糖質制限とは?
  3. 丁度いい糖質制限は髪にとって良い
  4. 一方、"過度な"糖質制限は抜け毛を増やす…
  5. 丁度いい糖質制限ダイエットとは?
  6. 抜け毛が増えないように…糖質制限はほどほどに

巷を騒がせている糖質制限。

ダイエット目的はもちろん健康のためにも注目され、話題にあがっています。

しかし、食べ物を制限することで髪の毛に悪影響はないのでしょうか?

糖質制限が原因で薄毛になる可能性はないのでしょうか?

今回は薄毛と炭水化物の因果関係も含め、糖質制限で抜け毛は増えるのかまとめました。

まず、具体的に糖質制限とはどういったものなのでしょうか?

糖質制限ダイエットをする場合は、以下のような食べ物を制限します。

  • パン
  • 麺類
  • 菓子
  • ジュース

これらは糖質を多く含む食べ物です。

糖質を摂取すると、体内ではインスリンが分泌されます。

インスリンとは、糖質の摂取で上昇した血糖値をコントロールするホルモン。
本来、体を正常に保つためには必要不可欠なホルモンです。

しかし、エネルギーとして使用されなかった血糖を中性脂肪に変える力ももっているため、「肥満ホルモン」などと呼ばれてもいます。

インスリンの分泌量は、糖質の摂取量が多ければ多いほど増えてしまいます。

つまり、糖質制限ダイエットは、糖質を適切に摂取することでインスリンの分泌量をコントロールするものなのです。

インスリンの過剰分泌をおさえる糖質制限。

実は、適度な糖質制限は髪の毛に良い影響を与えることが多いです。

具体的にご紹介していきますね。

たんぱく質の糖化を防ぐ

たんぱく質の糖化反応とは、糖やたんぱく質、熱などの条件が揃うと生じる現象です。

糖化反応が起きると「終末糖化産物」という成分ができ、血管や骨などさまざまな部分の老化を加速させます。

*髪の主成分はたんぱく質です。

*終末糖化産物が多ければ多いほど、髪にも悪影響を及ぼすと考えられますね。

この終末糖化産物の生成や糖化反応を防ぐには、糖分を取りすぎないようにするのが効果的といわれています。


参照:AGA研究協会


血行を良くし抜け毛を減らす

糖質制限をすると血液中の血糖値をさげることができます。

血糖値を正常に保つと、糖化ヘモグロビンの量が抑えられ、血液がサラサラになります。

つまり、糖質制限によって血行がよくなることがあるのです。

頭皮の血行が悪いと、髪に必要な栄養が十分に届かず、髪が上手く成長しません。

糖質制限で血行が改善すれば、栄養の補給がスムーズに。結果的に抜け毛の防止が見込めるのです。

しかし、過度な糖質制限は抜け毛を増やすことになりかねません……。

ある程度の糖質は髪に大事

何事もやりすぎは禁物。

糖質と食物繊維が一体になった炭水化物は、髪を生成するエネルギーとして大事な要素です。

この炭水化物の摂取量が足りないと、エネルギー源を確保するために体はたんぱく質を分解しはじめます。

さきほど、たんぱく質が髪の主成分であるとお話ししました。

たんぱく質が不足すると、髪の毛は十分な栄養を確保できなくなってしまいます。


参照:国立循環器病研究センター循環器病情報サービス


糖質制限がストレスに

また、直接的ではありませんが、過度な糖質制限がストレスになっている場合は注意が必要。

強いストレスを受けると、血管が収縮して、血流が悪くなるそうです。

血流悪化は、頭皮に必要な栄養が十分に送られなくなり、抜け毛に繋がることも…。

ストレスを受けてしまうほどの糖質制限は髪の毛には悪影響の可能性もあるのです。

効果的な面もあれば、過度にやりすぎると抜け毛や体への悪影響を及ぼす可能性もある糖質制限。

ちょうどよく糖質制限を行うには、バランスをみつつ緩やかに行うことがポイントです。

  • 夕食の主食のみカットする

  • お菓子やジュースは避ける

  • 少しずつ糖質を控えめにするよう心掛ける

こういったポイントを心がけて、自分の体と相談しながら進めるのがほどよい糖質制限への第一歩です。

糖質制限にはさまざまなリスクがあります。

人間の細胞を動かす糖質を制限すると脂肪減少も見込めますが、抜け毛の増加や筋肉量の低下につながる可能性があるのも事実。

それらのリスクをふまえたうえで、自分にあったバランスをこころがけましょう!