目次

  1. 砂糖や甘いもので薄毛になるって本当?
  2. 薄毛の原因の一つには砂糖や甘いものがある?!
  3. 本当に砂糖や甘いものが薄毛を引き起こす要因になるの?
  4. 砂糖や甘いものを食べなければ薄毛は防げるの?
  5. 大切なのは糖分を「摂り過ぎない」こと
  6. 薄毛にならない為にも、砂糖や甘い物の摂りすぎには注意を!

甘いものなしの生活なんて考えられないですよね? チョコレートやアイスクリーム、その他にも甘いものが大好きな方は少なくないと思います。

でも、実は砂糖や甘いものが原因で薄毛になると言われているのをご存知でしょうか?

今回は、そのメカニズムと対処法についてご紹介しますね! ぜひ砂糖や甘いものと上手に付き合っていきましょう。

甘いものと薄毛の関係

甘いものと薄毛の関係

意外と知られていないからこそ、落とし穴が…。

抜け毛と糖分の関係についてお考えになることはほとんどないかもしれません。 それでも甘いものを食べすぎると薄毛になりやすいと言われています。

仕事をしていて、ストレスがたまるとついつい甘いものを沢山食べたくなりますよね。 でも、知らず知らずのうちに食べ過ぎてしまうと、せっかくの育毛剤の効果やクリニックの受診によって改善していくはずの頭皮環境にダメージを与えてしまうかもしれないのです。

忙しい現代生活の中で、「甘いものを食べないなんて考えられない」そうお感じになる方も少なくないでしょう。 ストレスを感じた時や、ちょっとした憩いの時間に甘いものを食べると癒される、と多くの方たちが感じているからです。

でも、本当に甘いものが原因で脱毛が引き起こされる可能性があるのでしょうか?

実は、甘いものを接種することで、ビタミンB群が多量に消費されるのです。 このビタミンB群は、接種しいたタンパク質が頭髪になるのを助ける働きがあります。

頭皮の新陳代謝を助けてくれる働きをするビタミンB群が、甘いものの摂りすぎて多量に消費されて不足すると、頭髪の成長に必要なビタミンB群まで失われるとされています。 その結果、頭髪の成長に悪影響可能性があるのです。

体内の糖分はどうやって分解されるの?

私たちの体の中に入った糖分は、酵素の働きによって分解されていきます。 その結果、消化吸収されやすくなるわけなんです。

口の中から酵素による糖分の分解は進み、胃や十二指腸、小腸を経て、最終的にはブドウ糖や果糖となり、体内に吸収されていくといった手順です。

吸収された糖分は体のエネルギーとして活用されていき、消費されずに残った糖分は体内に蓄積されます。 ですがこの状態が進んでいくと、肥満になりやすくなってしまうと言われているんです。

代謝機能の低下で皮脂の分泌が増える!?

加齢とともに、だんだんと皮脂の分泌が過剰になることが分かっています。 その理由は代謝の低下といわれています。

しかし、なぜ代謝が低下することが原因で皮脂の分泌が過剰になるのでしょうか?

代謝が落ちるということは、それだけ血流が悪くなります。 その結果、肌機能も低下し皮脂の過剰な分泌も起こりやすくなるという訳です。

結果的に皮脂が毛穴を詰まらせてしまう…!?

毛穴が詰まる原因としては、皮脂が原因と考えられています。

皮脂そのものは肌を外部から守るために大切な役割を担っています。 私たちの体にはなくてはならない存在なんです。

でも、皮脂が過剰に分泌されてしまうと、肝心な毛穴そのものを詰まらせてしまうことになりかねません。

つまり、まとめると - 年齢とともに代謝機能が落ちてくる。 - 皮脂が過剰分泌される。 - その皮脂が毛穴を詰まらせていく。

このようなサイクルが加速していくと、皮脂で頭皮が詰まっていき、徐々に薄毛になっていくことがあるんです。

薄毛の原因は頭皮の皮脂汚れ?!

薄毛の原因は頭皮の皮脂汚れ?!

皮脂で毛穴が詰まらないようにしたいものですね!

では、その逆に甘いものを食べなければ薄毛の進行を食い止めることができるのでしょうか?

たしかに、薄毛の原因についてこれまで考えてくれば「甘いものを食べないという選択肢」もありなのかな?と思われるかもしれません。

しかし、それは得策と言えるのでしょうか? そのためには、砂糖や甘い食べ物の役割について知っておくと良いでしょう。 これからその点をご紹介しますね!

砂糖の主成分、ショ糖の役割とは

砂糖の主成分は、ショ糖です。

黒砂糖以外の砂糖に占めるショ糖の割合がほとんどと言われています。 このショ糖は科学的にはスクロースという名前で知られています。

ショ糖はどんな年代の人にも受け入れやすい甘さで知られています。 ショ糖は時間が経つと抗酸化作用を持つようになり、アンチエイジング食品として注目されています。

ショ糖には賞味期限がないために、長期間の時間が経過しても腐らないという特性があります。 食品に入れることで食品の防腐剤としても使われていますし、また卵や肉を柔らかくする機能もあると言われています。

砂糖や甘いものは、身体に必要な栄養素なの?

砂糖や甘いものは3大栄養素のうちの1つです。

脂質(炭水化物)、タンパク質、脂質などは私たちの生活に必要なエネルギー源となります。 もし、砂糖や甘いものをまったく接種しなければ、体に必要なエネルギーを確保することが出来なくなります。

ただし、砂糖や甘いものといっても、果物やお米などにすでに含まれていますので、普段の食生活でも意識していなくても接種できているものなんです。 なので、むしろ過剰に摂取しないよう注意する方が大切かもしれませんね。

砂糖を全く摂らないとどうなるの?

さきほど、ご紹介したとおり糖分はわたしたちのエネルギー源となります。 それで、砂糖(糖分)を全くとらない場合には低血糖になり倒れてしまう危険があるでしょう。

私たちの脳や体の筋肉などは糖分を常に必要としていますよね。 ですから糖分を全くとらなければ、体の各所の機能に障害が出てくる可能性もあります。

ただし、普段の食事からタンパク質や炭水化物、脂質をバランスよく接種していれば、最終的には糖分となって体に吸収されるので問題ありません。

心がけたいのは【バランスの良い食習慣】

心がけたいのは【バランスの良い食習慣】

糖分も大切な栄養素の一つですよ!

糖分を摂りすぎないように注意することが、頭皮だけでなく体の健康にもつながることをご紹介してきました。

普段の食事を意識していなければ、炭水化物を摂りすぎてしまい、結果的に糖分過多の状態になってしまう可能性があります。

この状態になれば血糖値も上がり、インスリンの分泌も過剰になっていくことでしょう。 体に負担がかかり、頭皮だけではなく他の体の部位も調子が悪くなるかもしれませんね。

甘いものの摂りすぎに注意!

甘いものの摂りすぎに注意!

適度な糖分で体も頭皮も、健康を保ちましょう。

甘いものを摂りすぎると、頭皮の皮脂の分泌が増える可能性があると分かってきました。 なので、できるだけ糖質を摂りすぎないように意識していきたいものですね。

皮脂の過剰分泌によって毛穴を詰まらせ、薄毛になってしまわないよう、これからの食習慣をしっかりと見直していきましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。