目次

  1. 坊主にすればフケの悩みも消えるって本当!?
  2. 【結論】坊主でもフケは出る
  3. そもそもなんでフケが出るの?
  4. フケの対策には頭皮ケアが重要
  5. 正しい方法でフケをケアしよう

パラパラと落ちるフケ、スーツなどを着ていると目立って仕方ありませんよね。

しっかり洗ってるのになかなか治らなかったり、深刻だと思います。

そんなフケ、坊主にすれば治るという噂を聞いたことはありませんか?

本当に治るなら画期的ですが、坊主にするのってかなり勇気が必要ですよね。

思い切って坊主にしたのにフケが治らなかった、なんてことになったらどうしよう…。

そこで今回は、坊主にすれば本当にフケが治るのか、徹底的にご説明していきます。

結論からいうと、坊主でもフケは出ます。

なぜなら、フケは髪の毛ではなく頭皮から発生するものだからです。

なので、髪を短くしたところで根本的な解決にはならないんですね。

それどころか、普段は髪の毛で隠れていたフケが、坊主にすることによって、悪目立ちしてしまうことも…。

ですが、坊主がデメリットばかりかというと、そんなこともありません。

頭皮のタイプによっては、坊主にすることでフケのケアになるかもしれませんよ。

まずは、そもそもなぜフケは出るのか?について解説していきますね。

フケには大きく2つの種類があり、それぞれに違った原因と特徴があります。

  • 乾性フケ
    ・サラサラとした手触り
    皮脂の減りすぎ(乾燥)が原因

  • 脂性フケ
    ・ベタつきがある
    皮脂の増えすぎ(脂性)が原因

フケの原因となっている皮脂というのは、本来頭皮にとって必要な脂(あぶら)で、頭皮を外的な刺激から 守る役割を果たしています。

しかし、1日の終わりにしっかりと洗い流せていないと、増えすぎて脂性フケの原因に。

一方で、洗い流しすぎたりすると、乾燥して乾性フケが出たり、頭皮を守るために過剰に分泌されて、脂性フケがでてしまう原因になるのが難しいところ。

つまり、適度な皮脂量を保つことが、フケを改善させるためには大切なんですね。

皮脂の分泌量には個人差があるので、いわゆる乾燥肌・脂性肌などの頭皮のタイプによってケアの方法も変える必要があるんですよ。

頭皮のタイプによっては坊主もあり

坊主であっても、頭皮のタイプ(注1)によってフケが出るか出ないかは変わってきますよ。

そもそも坊主の場合は、紫外線を直に受けてしまうので、そのダメージから乾燥しやすいと言われています。

なので、フケに悩む乾燥肌の人が坊主にすると、さらに乾燥してフケが悪化する可能性があります。

一方で脂性肌の人の場合は、もともとの皮脂分泌量が多いので、すっきりとした坊主でフケのケアができます。

もちろん、坊主にしただけでフケが完全に治る、ということは考えにくいですが、皮脂を洗い残しにくいので、頭皮を清潔に保つための対策になります。


注1:そもそも自分の頭皮のタイプが分からないという方は、以下の『スカルプD ドクターズ頭皮診断』で頭皮のタイプを診断してみてください。

30秒ほどで終わる簡単なチェックで、あなたの頭皮タイプがわかりますよ。

ドクターズ頭皮診断byスカルプD

フケに思い悩んで坊主にする前に、身近なところから対策を始めてみませんか?

  • 頭皮に合ったシャンプーを選ぶ
  • 正しい方法で洗髪する
  • ドライヤーの当て方に気をつける

今回はすぐに始められる対策をいくつかご紹介するので、ぜひ実践してみてください。

頭皮に合ったシャンプー選び

乾燥肌と脂性肌とでケアが違うという話はしましたが、シャンプー選びにも大きく関わってきます。

簡単にまとめると以下のようになります。

  • 乾燥肌の人:洗浄力の強すぎないシャンプー
  • 脂性肌の人:ある程度洗浄力があるシャンプー

余分な皮脂だけをしっかりと洗浄する、ということが大切なんですね。

ここからは、フケに悩む方々に特におすすめのシャンプーをご紹介していきます!

【乾燥肌の人向け】チャップアップシャンプー

乾燥肌の人におすすめなのが、チャップアップシャンプー

美容師と毛髪診断士によって開発されたシャンプーで、10種類の植物系成分と、22種類のオーガニック成分が独自配合されています。

この独自の配合により、やさしい洗浄力で頭皮にうるおいを与えつつ、皮脂や汚れをしっかりと洗い流してくれるんですね。

その一方で、頭皮にとって必要な皮脂は残してくれるので、乾燥肌のひとにはおすすめのシャンプーですよ。

【脂性肌の人向け】スカルプD スカルプシャンプー オイリー

脂性肌の人におすすめのシャンプーが、こちらのスカルプD スカルプシャンプー オイリーです。

脂性肌の人向けということで、皮脂でベタついた頭皮をすっきりさせてくれます。

ですが、その一方で、頭皮にうるおいを与えてくれるので、乾燥を防止できるんですね。

洗浄力とうるおいを両方兼ね備えているので、脂性肌の人におすすめです!

正しい洗髪方法

続いて、正しい洗髪方法について解説します。

せっかく頭皮に合ったシャンプーを買っても、洗髪の方法が間違っていては意味がありません。

正しい洗髪の手順とポイントをまとめました!

髪を濡らす前にブラッシング
洗髪前のブラッシングで、髪についた汚れを事前に落とすことができます。

38度くらいのお湯で素洗いする
少しぬるめのお湯で素洗いすることで、頭皮や髪についた汚れの多くを落とすことができますよ。

シャンプーをしっかり泡立ててから塗布する
泡立てずに使うと、洗い残しなどの原因になってしまうことも。

指の腹で頭皮をマッサージするように洗う
マッサージするように洗うことで、頭皮を傷つけずしっかり洗うことができます。

爪をたてて洗ってしまうと頭皮が傷つく恐れがあるので、気をつけてください。

残さずしっかりとすすぐ
すすぎ残しはフケや頭皮トラブルの原因に。

頭皮にやさしく、しっかりと洗うことが大切なんですよ。


ヘアラボ編集部が写真付きで解説している記事がありますので、気になる方は是非見てみてくださいね。

ドライヤーの当て方

ドライヤーの当て方もフケに大きく影響しています。

そもそもドライヤーを使わない、という人もいそうですが、生乾きのまま放置すると頭皮が蒸れてフケの原因になりかねません。

一方で、ドライヤーの当てすぎは乾燥を招き、こちらもフケの原因に…。

ドライヤーの正しい当て方は以下の通りです。

しっかりとタオルドライで乾かす
ガシガシ洗うと頭皮が傷つくので、水分を吸収させるイメージで。

頭皮から20~30cm離して髪の根本から乾かす
近すぎると髪や頭皮のダメージの原因に。

常にドライヤーを動かしながら乾かす
同じ箇所に当てすぎる頭皮ダメージにつながります。

最後は冷風で乾かす
冷風で乾かすと髪へのダメージが軽減するといわれています。

上の方法を実践することで、髪や頭皮を傷つけずに髪を乾かすことができますよ。 是非お試しくださいね。


ここまでフケの対策をご紹介してきましたが、フケの特徴や原因によって細かい対策は異なります。

それぞれに合った対策がより詳細に書かれた記事を載せておきます。

ぜひ読んでみてくださいね。

いかがでしたか?

坊主でフケが治るのか、そしてフケの対策法をご説明してきました。

残念ながら坊主にするだけではフケの悩みは解決できません。

ですが、頭皮に合ったケアを続けていけば、きっと改善できますよ!

正しい知識を持って、フケをケアしていきましょう。