目次

  1. 意外と知らない植毛と増毛の違い!
  2. 植毛とは?
  3. 増毛とは?
  4. 植毛と増毛の違いを徹底検証
  5. 植毛と増毛の違いをまとめると...
  6. 植毛なら自毛植毛がオススメ!
  7. 植毛と増毛の違いをしっかり把握しましょう!

植毛や増毛に興味を持っていませんか?

植毛や増毛なら、すぐにハゲの悩みを解決できます!

もちろん、植毛と増毛は違います。あなたに合っているのは植毛?増毛? せっかくお金を掛けて行うなら、自分に合った方法で髪を増やしたいですよね!

植毛も増毛も髪を増やすという目的は同じですが、施術方法や施術後のメンテナンスなど、違いがいっぱい。 違いを把握して自分に合った方法を見つけちゃいましょう!

抜け毛や薄毛が気になり始めたら
抜け毛や薄毛が気になり始めたら

育毛剤やサプリメントなどに頼るのもいいですが、植毛や増毛で見た目を気にしない生活を送ってみませんか?

植毛とは、頭皮に合成繊維でできた人工毛、または自毛を植え付けることにより、髪の毛を増やす方法です。 「グラフト」という単位で株分けされた皮膚を、手術によって頭皮に植えていきます。

植毛は外科手術が必要となる医療行為であることも大切なポイント。 保険適用外なので、手術費用は全額負担になります。

植毛はかなり自然な仕上がりを実感することができますが、手術を要するため、痛みや副作用を覚悟しておく必要も。

増毛とは、自分の髪の毛に人工毛を結び付けたりすることで、人工的に髪の毛の量を増やす方法です。

具体的には、自分の髪の毛に人工毛を結び付けたり、人工毛を結び付けた細い透明な糸を自毛に編み込んだり、人工毛を植毛した特殊なシートを頭皮に直接貼りつけたりします。

カツラとは違い、着脱の手間もありません。 また、自毛を生かすので自然な仕上がりとなります。

しかし、自毛が伸びてくると結び付けた人工毛が浮いてきてしまうので、月に1回程度メンテナンスをする手間がかかります

増毛は確実に髪の毛を増やす方法です!
増毛は確実に髪の毛を増やす方法です!

増毛は人工毛を結び付けるため確実に髪の毛を増やすことができます。 すぐに髪の毛を増やしたい方にはおすすめ!

植毛と増毛の違いについてざっくりと違いを理解していただけたでしょうか。 植毛、増毛ともにメリット・デメリットがありそうですよね。

ここからは、植毛と増毛の違いについて4つの観点から徹底検証していきましょう!

施術方法による違い

植毛の場合

まずは植毛がどのように行われるかをくわしく見ていきましょう!

植毛は医療行為であることを必ず念頭に置いておきましょう。 植毛には2種類の方法があります。合成繊維で作られた人工毛を植え込む人工毛植毛と、自分の毛を移植する自毛植毛です。

【人工毛植毛】 ポリエステルやナイロンなどの合成繊維でできた人工毛を植え込みます

移植する髪の毛(ドナー)を採取する必要がないため、ドナー採取の痛みはなく、自毛植毛よりも時間はかかりません。

元々毛量の少ない人でも施術可能。一度に、多量な植え込みが可能なので、最初からイメージ通りの髪型を作ることができます

【自毛植毛】 自分自身の健康な部分(後頭部や側頭部が多い)の髪の毛を毛包ごと採取し、気になる部分に移植する方法です。 一度に採取できるドナーの量には限界があるので、広範囲に施術したい場合には、繰り返し植毛手術を受ける必要があり、時間がかかってしまいます。

採取方法は進化しており、従来はメスで頭皮を切り取る方法が主流でしたが、現在はクリニックによっては、一本一本抜き取る方法もあるようです。

自分の髪の毛を移植するので、人工毛植毛のような拒絶反応はなく、より自然な仕上がりになります。

増毛の場合

増毛には主に3種類の方法があります。結毛法が一般的に多く行われている方法のようです。

【結毛法(マープ増毛法)】 自分の髪の毛に人工毛を結び付ける方法です。 生え際や分け目などが気になってきた…という人におすすめ。

1本の自毛に対して4本の人工毛を結び付けるのが一般的。 何本結び付けるかによって見た目を自由に調節できます。

普段通りの生活で増毛ができ、通気性もよいので頭皮への負担はそれほどありません。 しかし、自毛へ負荷がかかりやすいというデメリットがあります。

【編み込み法(スヴェンソン式)】 糸を頭髪全体へ編み込むことでつくった土台に、人工毛を編み込んでいく方法です。 頭頂部が気になる人におすすめ。

土台にまとめて数十か所編込むため、自毛や頭皮への負担は少なく、ずれる心配もほとんどないのが嬉しいですね。

【接着法】 人工毛が生えたシートを頭皮に接着する方法です。 自毛がない部分へ増毛できるので、生え際など自分の髪の毛がない場所の増毛をしたい人におすすめです。

植毛と増毛の施術方法の違いについてまとめてみました。

植毛は医療行為であることが特徴的ですね。 メスを使う場合もあるので、しっかりと検討したいところです。

増毛は1回の施術で確実にボリュームアップを実感できるのがメリット。即効性を重視する人には適していますよね。

ハゲへの根本的な解決という視点からすると、自毛植毛は定着に成功すれば自毛が半永久的に生えてくるので、ハゲの悩みが解決できたと言えるでしょう。

一方、増毛の場合は、人工毛を取り付けて毛量を増やすことを目的としているので、ハゲの根本的な解決には至りません。

費用による違い

植毛の場合

クリニックによって値段に大きな開きがありますので、必ず気になるクリニックの費用を相場を調べるようにしてくださいね。 また、自毛植毛の場合、ドナーの採取の仕方によっても値段は変わってきますよ。

とは言え、調べてみてもくわしく記載されていないのが現実です。 理由は一人ひとり状況が異なるので、一概に価格設定ができないからのようです。

ここから説明していくのは、あくまでも目安であることを忘れないでくださいね!

自毛植毛の場合、1本あたり300円~1000円というのが相場のようです。 本数に関係なく、基礎治療費等が20万円ほど掛かります

例えば、1000本植毛する場合は、基礎治療費20万円+30万円~100万円となるので、相場費用は50万円~120万円と言えますね。

増毛の場合

増毛の場合も植毛と同じくサロンやクリニックによって値段に差がありますので、確認をお願いしますね!

増毛も基本的に1本○円という計算方法です。ここでは、増毛の中でも多くの人が利用している結毛法について説明します。

結毛法の相場平均は取り付け費用を含め1本あたり50円です。 これまた1000本増毛したと仮定すると、増毛の施術に掛かる費用は約5万円と言えます。

植毛に比べると断然安い!!と思ってしまいますが、増毛の場合はこの後、1か月に1回程度のメンテナンスが必要となってきます。

メンテナンスの相場費用は1本あたり10~20円です。 間をとって1本あたり15円だとすると、増毛した1000本を毎月維持しようとすると15000円掛かる計算になりますね。 また、最初に結び付けた人工毛も月に何十本かは落ちてしまうことを考えると、月に2万円はメンテナンス料として考えておく必要がありそうです。

初期費用については植毛と増毛では圧倒的な違いがありますね。 やはり外科手術を要するという点からも、植毛の方が断然高額になっています。

しかし、後のメンテナンスのことまで含めて考えると、自毛植毛だと1回で根付いてしまえば最初の投資は高くつくけれども、後々お金は掛かりませんよね。 増毛では、毎月数万円の出費を見込んでおかなければいけません。

最初に一括で払っておくか、こまめに払っていくかの違いではないでしょうか。

費用は必ず掛かるもの
費用は必ず掛かるもの

植毛にしろ増毛にしろ安い値段ではありません。 しっかりと自分の払える費用を計算しておきましょう! 髪の毛が増えても、お金でストレスを溜めていては意味がないですもんね。

メンテナンスによる違い

植毛の場合

人工毛植毛の場合は、人工毛の状態を保持するために何度もメンテナンスに通う必要があります。

自毛植毛では、移植した髪の毛が定着に成功すれば、半永久的に自分の髪の毛が生えてくるため、メンテナンスは不要です。 根付いた髪の毛を減らさないように大切にケアしていきましょう。

増毛の場合

どの方法で増毛を行ったにせよ、メンテナンスは必須です。

まずは日々の生活でいうと、シャワー等は問題なく行うことができます。 シャンプーも市販のものを使うことも可能ですが、サロンによっては指定される場合もありますので、施術を受けたサロンでくわしく聞いてみてください。

次に、定期的なメンテナンスについてです。 どの方法も、自毛が伸びてきたら不自然に浮き上がってきてしまいます。 そのため、1~2か月に一度サロンでのメンテナンスが必要となります。

接着方式では、接着力が低下したり、接着剤による頭皮のかぶれが起きたりするので、定期的にシートを貼り直しましょう。

自毛のカットにも気を配る必要があります。 普通の美容院でカットしてもらうと、自毛も人工毛も関係なくカットされてしまいます。

増毛した場合には、メーカー専属の美容師にカットしてもらう必要があるようです。

メンテナンスの面から見ると、増毛はやや面倒くさそうですね。 見た目的なハゲは解消されたとしても、それを維持していくためのこまめなメンテナンスに時間とお金を使わなければいけません

自毛植毛は定着に成功するとメンテナンス不要というところも魅力的ですね。 しかし油断は大敵です。 根付いたからといってほったらかしにするのではなく、しっかりと頭皮ケアや規則正しい生活習慣を身につける等、髪を減らさない努力はしていきましょうね!

副作用による違い

植毛の場合

人工毛植毛の場合、人体にとって異物を植え込むので、体の免疫システムが作動し、人工毛を体外に追い出そうとしてしまいます。 そのため、植毛した人工毛は必ず抜けると言われています。 1年に半分は抜けることも覚悟しておきましょう。

また、髪の毛は、伸びることで毛根に溜まった皮脂や汚れ、ほこりなどを押し出しています。 しかし、人工毛は伸びることがないので、植え込んだ部分には汚れが溜まりやすくなってしまいます。 その結果、炎症などのトラブルが起こることも。

自毛植毛の場合は、メスを使う手術を要することもあるので、傷跡が残ってしまうことがあります。

そして、人によっては抜け毛が一時的に増えてしまうことがありますショックロスと呼ばれるものです。 原因は判明していませんが、移植の際の局所麻酔が影響しているのではないかと言われています。 手術後1~4か月の時期で起こることが多いですが、毛根組織は元通り残っていますので、必ず髪の毛は生えてくるので安心してくださいね。

増毛の場合

増毛では、自毛に人工毛を結び付けることにより、自毛に負担がかかるというリスクがあります。 具体的には、自毛に常に力が加わっているので、自毛が抜けやすくなるようです。

また、接着法の場合には接着剤の付いたシートを直接頭皮に貼るため、毛穴をふさいでしまい、汚れたり蒸れたりしやすくなります炎症を起こす場合もあるようですよ。

副作用に関して言えば、人工毛植毛が最も副作用があるようです。 自毛植毛では、ドナーの採取の仕方によりけりです。 ショックロスもあるようですが、これは時間が解決してくれるのでそこまで気にする必要はなさそうですね。

増毛においては、身体が傷つくような副作用はほとんどないようです。 しっかりとメンテナンスをしていれば副作用は気にならない程度でしょう。

副作用は無いにこしたことがない
副作用は無いにこしたことがない

副作用で悩まないように、どんな副作用が起こる可能性があるのかを把握しておきましょう。

ここまでさまざまな角度から植毛と増毛の違いを検証してみました。 違いを踏まえたうえで、植毛がおすすめな人、増毛がおすすめな人を挙げてみようと思います。 あなたはどちらに当てはまりますか?

こんな人には植毛がおすすめ

まずは植毛がおすすめな人を紹介します!

  • ハゲを根本的に解決したい人 自毛植毛の定着率は90%を超えていると言われています。 自毛植毛が定着すると、その後は半永久的に自分の髪の毛が生えてきます。 長い間夢見た自分の髪の毛を生やしたい!という人は植毛をおすすめします。

  • 男性型脱毛症(AGA)が進行している人 男性型脱毛症(AGA)が進行している人は、毛根細胞が死滅していることが多いです。 毛根細胞が死滅してしまっていては、育毛剤や発毛剤を使用しても意味がありません。 毛が全くない部分に、まだ生きている自分の毛根細胞を移植することで、再び自毛を生やすことができます

  • 継続的なメンテナンスが苦手な人 薬やサプリメント、増毛は長期にわたる服用やメンテナンスが必要になりますよね。 「正直、それってめんどくさいな」思ってしまう人には自毛植毛がおすすめ。 自毛植毛も複数回移植を行う場合もありますが、大抵の場合は1度で定着しますので、その後のメンテナンスに気を遣う必要はありません

  • まとまった費用を用意可能な人 費用のところでも説明したように、植毛は後々費用が掛からない分、初期費用が高いです。 ローンを組むことができるクリニックもあるようですが、きちんと相場費用くらいを用意できなければなりません。 自分がまとまった費用を用意できるかどうか考えてみてくださいね!

男性型脱毛症が進行している人でも大丈夫!
男性型脱毛症が進行している人でも大丈夫!

男性型脱毛症が進行している人でも諦めないで!! 植毛という方法がありますよ!

こんな人には増毛がおすすめ

以下に挙げるような人には増毛をおすすめします!

  • 短期間で髪のボリュームを増やしたい人 増毛は自毛に人工毛を結び付けるだけで髪のボリュームを増やすことが可能です! サプリメントや育毛剤のように、長期間服用して結果が出るか出ないかを待つ必要はありません。 増毛したその日からハゲとおさらばすることができます!

  • 自然に髪を増やしたい人 「増毛をしていることを周囲にばらしたくない!」という人もいますよね。 その場合には、少し時間は掛かってしまいますが、結び付ける本数を調整することで、自然に髪を増やしていくこともできます。 自分が思うように髪を増やしていけるのは魅力的ですよね。

  • 身体的なリスクが怖い人 植毛とは違い、増毛は身体的なリスクを伴いません。 「手術」となるとやはり身構えてしまう人もいると思います。 その点、増毛は結び付けたり、貼り付けたりするだけなので抵抗なく行うことができるのではないでしょうか。

  • メンテナンスに掛かる費用や時間が苦にならない人 増毛はどうしてもメンテナンスが必要になってきます。 1か月に1回程度費用や時間を掛けてもいいと思える人であれば増毛はおすすめです。

植毛に興味を持ったあなた! 植毛するのであれば、自毛植毛をおすすめします。

人工毛植毛もありますが、人工毛植毛は副作用を伴うリスクが高いです。 また、せっかく植毛するのであれば、自毛を移植して自分の毛が生えてくる感動をもう一度味わいませんか?

興味のある人は、ぜひ一度クリニックに相談しに行ってみてください!

今回は植毛と増毛の違いについて検証してみました。 いかがでしたか?

あくまでもこの記事は参考ですので、最終的には自分でしっかりと検討して、自分に合ったものを決めてくださいね! あなたの悩みを一番理解しているのはあなたご自身ですからね。

もちろん、一人で悩むのではなく、専門家である医師に相談することも大切です。 適切な治療を提案してくれることでしょう。

一日でも早く行動して、コンプレックスのない生活を手に入れてくださいね!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。