目次

  1. 植毛がしたい、けどやっぱり不安…
  2. そもそも植毛とは?
  3. 植毛の仕組みを知らないと大変なことに
  4. 自毛植毛の仕組みとは?
  5. 自毛植毛のメリット・デメリットは?
  6. 人工毛植毛の仕組みとは?
  7. 人工毛植毛のメリット・デメリットは?
  8. さらに詳しい植毛の仕組みは動画を見て
  9. 植毛については専門のクリニックに相談すべき
  10. 植毛の仕組みを理解して、正しい治療を。

AGA治療の最終手段に位置付けられている植毛

いざ植毛をしようと思うとなかなか不安ですよね。

植毛の仕組みはどのようなものなのか、ちゃんと知っているのといないのでは実際にクリニックで話を聞くときでも気持ちの持ちようが変わってくると思います。

そこで今回は、植毛の仕組み、メリット・デメリットなどについて調べてみました。

植毛を考えておられる方の一助になれば幸いです。

先ほども少し書きましたが、植毛は日本皮膚科学会が、治療の最終手段として位置づける外科手術の一つです。

手術ですから、医療行為であり、クリニックでの施術が必須になります。

植毛には自毛植毛人工植毛の2つの種類があり、自分自身の毛を髪の毛の薄い部分に植えるのが自毛植毛、モダアクリルなどを原料とした毛髪素材を植えるのが人工植毛です。

アメリカでは人工植毛は法的に禁止されており、日本でも、AGA治療のガイドラインでは行わないように勧められています

ですから、実際に行うのであれば自毛植毛がおススメされます。

しかし、今回は参考のため、2つの方法どちらもの仕組みやメリット・デメリットについて説明してきますね。

植毛は医療行為です
植毛は医療行為です

植毛は外科手術の一つとなります。

植毛の種類が2種類あることが分かりました。

植毛は1回の施術で終わることもあれば、数回の施術が必要になることもあります。

また、外科手術の一つなので当然身体に傷をつけることになります。

植毛の仕組み自体はどこのクリニックでもそこまでの違いはありませんが、施術の仕方、技術には違いもあります。

仕組みを理解せず適当にクリニックを選んでしまうと後々副作用で苦しむなど、大変なことになりかねません。

ある程度の植毛の知識を事前に持ち、クリニック選びの参考にしてくださいね。

事前の知識を持って植毛に取り組みましょう
事前の知識を持って植毛に取り組みましょう

植毛は手術の一つです。事前に知識を持ち、クリニックの説明を聞くとイメージも付きやすく、自分にとって良いのかどうかの判断材料にもなります。

ざっとした植毛の説明をしてきましたが、ここからは詳しい仕組みを見ていきたいと思います。

まずは、自毛植毛の方から、自毛植毛の手順は大きく分けて5段階です。

1つ1つ詳しく見ていきましょう。

なお、クリニックによっては手順が多少違うこともあるので、だいたいこんな流れというように見ていただければと思います。

①まず、診察する

まずはクリニックでの診察です。

専門のお医者さんに頭皮や髪の毛の健康状態などを診てもらい、どのようなヘアスタイルにしたいのかを話し合います。

この時、手術の説明や術後の注意点、副作用などについても話があると思いますので、しっかりと話しを聞き、気になることは質問しておくとよいです。

診察
診察

不安や疑問をしっかり解決しましょう

②次に、自毛を採取する

次に、後頭部や側頭部など、AGAにならない部分から健康な毛根を採取します。

移植する毛を皮膚ごと採取するのですが、メスを使って切る方法もあれば、メスを使わない方法もあるので、詳しいやり方はクリニックに確認してください。

この時ちゃんと麻酔をかけられますので、痛みはほとんど感じないそうです。

③次に、株分けする

採取された毛根は植え付けるために何本かに株分けされます。

こちらの方法も自毛植毛の種類によって使う株の種類が違うので確認しておいても良いかもしれません。

株分けが終わるといよいよ移植です。

④次に、移植する

移植というと仰々しく感じられますが、株分けされた毛根を植えていきます。

始めに髪の毛を移植する箇所に特殊な針を用いて穴をあけていきます。 そして、その穴に毛根を丁寧に植え付けます。

この作業のときも採取のときと同じように痛みはほとんどありません

ただし、移植する箇所が広ければ広い程時間がかかりますので、数か月間に数回手術を繰り返す必要がある可能性があります。

手術の回数についても診察時に確認しておくと良いですね。

⑤最後に、アフターケアをする

手術が終わったら完全に終わり、という訳ではありません。 術後は頭皮のアフターケアをすることも大切です。

基本的には頭をぶつけたり、移植部位に刺激を与えないように過ごすことが重要になります。

移植当日は洗髪できないことが多く、傷口が塞がるまではアルコールの摂取や運動など血行が良くなることは控えるように指示があると思います。

お腹を切るような手術で無いとしても、メスで傷を作っているという点では同じですから、術後しばらくは頭部をいたわる必要があるんですね。

自毛植毛の仕組みを見てきたので、ここでメリット・デメリットを見てきたいと思います

メリット ・ 髪の毛の定着率が高く、定着後は特にメンテナンスが必要ない

自然な自分の髪の毛を取り戻せて薄毛の悩みを解決してくれる

・ 自分の髪の毛なので拒否反応などが起こる可能性が低い

デメリット ・ 移植できる範囲には限界があり、どこまでも生やせる訳ではない

・ 傷跡が残る、しばらく痛みを感じるなどの副作用の可能性がある

・ 保険適用外なのですべて実費で行う必要があり、費用が高額である

定着にある程度の時間がかかる

次に人工植毛の仕組みについてです。

こちらの手順は大きく分けて4段階です。

自毛植毛と同じく、施術するクリニックによって多少手順は異なりますので、大体の流れを説明します。

ただし、上記でも述べていましたが、人工植毛は皮膚科学会から推奨されている治療法ではないので、最近ではあまり行われていません

①まず、診察する

まず最初にするのは診察です。

こちらも専門の医師による頭皮や髪の毛の健康状態の確認、どの部分に移植するかの相談が行われます。

この時に手術の方法、副作用の説明などがあるのは自毛植毛と同様ですが、人工植毛の場合はさらに詳しい計画を立てる必要があります。

診察
診察

詳しい説明をしっかりと聞き、相談しましょう。

②次に、植毛の計画を立てる

自毛植毛よりも重要になるのがこの計画を立てるという手順です。

まず、植える髪の毛の種類を選ぶことから始まります。 自分の髪の毛ではないので、より自分に合ったものを希望に沿って選ぶことができます。

そして、髪の毛を選んだらどこにどのように植えるかをより細かく相談します。

人工の髪の毛は当然ではありますが、自然に伸びたり生えたりということがないため、植えたらそのままの状態がずっと続きます。

ですから、計画を立てる段階は非常に大切なのですね。

人工植毛は植毛計画が大事
人工植毛は植毛計画が大事

具体的に細かく計画を立てることが人工植毛では大切になってきます。

③次に、移植する

計画を立て終わったらいよいよ移植です。

自毛植毛と同じく麻酔をして頭皮に植えるための穴をあけ、人口の髪の毛を1本ずつ専用の針で植え付けていきます

この作業でヘアスタイルが完全に決まってしまうので、慎重に行われます。

痛みはほとんど感じないとのことです。

④最後に、アフターケアをする

人工植毛はアフターケアも重要です。

傷口が塞がるまでは頭皮をいたわり、飲酒や運動などの血行が良くなることは控えるようにします。

また、洗髪も当日には行うことはできません。

ここまでは自毛植毛と同じなのですが、人工の髪の毛は自然に成長することは無いため、定期的なメンテナンスが必要です。

その場合はメンテナンスのために通院が必要になる可能性があります。 事前に施術するクリニックにしっかりと説明を受けましょう。

人工植毛は安静とメンテナンス
人工植毛は安静とメンテナンス

術後しばらくは安静に過ごすというのは自毛植毛と同じです。メンテナンスが必要かどうかは施術するクリニックにしっかりと説明を聞く必要があります。

仕組みを確認したところで、人工毛植毛のメリット・デメリットも見ていきたいと思います。

メリット ・ 植毛の範囲が限られておらず、広範囲の植毛が可能

その日のうちに生え揃う

・ 自毛植毛にくらべ施術時間が短い

デメリット ・ 拒絶反応の可能性があり、定着率が悪く、数年で抜けることもある。

定期的なメンテナンスが必要である

保険適用外なのでメンテナンスも含めて費用が高い

・ 人工毛の劣化や炎症、細菌感染などの副作用のリスクがある

文章だけでは分かりずらいという方の為に、植毛の仕組みを紹介している動画も紹介したいと思います。

実際の自毛植毛の流れを映像で紹介してくださっているので、イメージがわきやすくとても良いと思います。

切らない植毛がAGA(男性型脱毛症)を治す!?新しい薄毛治療

実際に手術をした方の感想やカウンセリングから手術の流れがわかります。

植毛の仕組みについて概要を紹介してきました。

実際に植毛をしたい、と考えておられる方は記事や体験談などを参考にしつつも、まずは実際の専門のクリニックに行って、相談してみることをおススメします。

クリニックにはクリニック独自の植毛の技術や方法があることが多いため、施術するクリニックを選ぶのはとても重要です。

無料相談をしているところが多いので、そういった機会を利用し、足を運んでクリニックの雰囲気や施術方法を確かめると良いですね。

植毛の仕組みについてみてきました。

保険適用外の手術になるので高額な費用は必要になりますが、定着すればAGAの悩みは解決されます

どうしようかと悩んでいる方はぜひその仕組みを理解したうえで決断していただけたらと思います。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。