目次

  1. 植毛が気になるけど、大学生でもできるのか不安...
  2. 植毛は大学生でもできるの?
  3. 大学生でも植毛はできる!その理由はこちら
  4. 大学生にはどんな植毛がおすすめ?
  5. 大学生が植毛をするときの注意点は?
  6. 大学生ができる植毛以外の薄毛対策方法
  7. 植毛するかどうか、悩んでいるなら相談を。
  8. 大学生の植毛は、よく考えてから行いましょう

最近の薄毛抜け毛は、年配の方だけの問題ではなくなって来ています。 大学生で「俺ってハゲ?」「最近、抜け毛が酷くて…」と困っている皆さん。 大学生と言えば、最も学生生活を謳歌できる時期なのに 髪の事が気になって学校が楽しくない…なんて事になったら悲しいですよね。

こんな時に最も、効果的な治療は…ズバリ!植毛です。

ただ植毛は、手術治療になるので「大学生がやって大丈夫?」と 不安に思っている方が、いらっしゃるかもしれません。 しかし植毛は、注意点さえ気をつければ安全な治療方です。

そこで今回、なぜ大学生でも植毛可能なのか、 植毛時の注意点も一緒にご紹介しようと思います。

大学生だってハゲたくない!
大学生だってハゲたくない!

植毛は、若者の味方です。

大学生で、薄毛・抜毛に効果的な治療方法は、植毛だと導入文にて説明致しました。 それでも中には「本当に大丈夫なの?」と 不安になっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

大丈夫、安心てください! 植毛は、大学生でも可能です。

なぜなら、大学生で植毛を考えているのは貴方だけではありません。 現在、ネットを中心に大学生の植毛は、ちょっとしたブームになっています。 下記にて、実際に植毛を行った大学生の口コミを用意致しました。 ご自身もできそうかどうか、1度参考にして頂けたら幸いです。

大学生でも出来る植毛
大学生でも出来る植毛

植毛を行い髪の悩みを忘れ大学生活を楽しみましょう。

先ほど、大学生でも植毛可能だとご紹介致しました。 実際におこなうなら、自毛植毛であると言えます。

では、なぜ大学生でも自毛植毛であればできるのでしょうか。 それは、主に3つの理由が関係しているからです。

自分自身の組織を移植

植毛には、2種類のタイプの自毛植毛人工毛植毛があります。

特に自毛植毛は、自分自身の皮膚組織を使用する治療法なので、 ある程度の年齢なら誰でも受けられる治療法です。 更に、自毛植毛は自分の髪を皮膚ごと移植する自家移植です。 健康な髪の毛が生えている部分を皮膚組織と一緒に移植するので、 定着した後生えてくる髪の毛もしっかりと健康です。 また、 施術部分だけが浮く事が無く頭髪に経年変化があっても自然な仕上がりのまま維持できます。

メンテナンス不要

植毛の治療後、一度きちんと定着してしまえば、その後のメンテナンスは不要です。

植毛後は、 シャンプーなど毎日のヘアケアも通常通り出来ます。 また、育毛剤などによる薄毛・抜け毛への対策に対して 植毛は、ランニングコストも不要年齢に伴うライフスタイルの変化にも対応可能となっています。そのため、大学生でも植毛できるのです。

効果の持続性

植毛は、通常の育毛剤などの治療と比べ効果の持続性も期待されています。

薄毛・抜け毛の大きな原因は、男性ホルモンが変換されたジヒドロテストステロンが原因です。 しかし、植毛を行うと健康な髪人工毛を移植するため 男性ホルモンの関連性が薄くなる事によりジヒドロテストステロンの分泌が、通常より減少します。

何年経っても効果あり
何年経っても効果あり

植毛は、年を重ねても効果を保ってくれます。

上記にて、大学生でも植毛出来る理由については、お分かりいただけたかと思います。 そして、植毛には自毛植毛人工毛植毛の2種類のタイプのが、ある事にも触れましたね。

大学生にもおすすめできる、 有効な方法、それはズバリ…自毛植毛です!

自毛植毛は、ご自身の組織を施術部位に移植するので、免疫反応と拒絶反応のリスクを抑えることが出来るからです。 そして、ご自身の組織なので年齢を重ね白髪などになった場合も、他の部分と同じように白髪になるので違和感がありません。

これまで大学生でも植毛治療が、可能だとお伝えしてきました。

しかし植毛は、あくまで薄毛や抜け毛を治すための最終手段だとお考えください。 なぜなら大学生が植毛を行う場合、主な3つの注意点に気をつけなければならないからです。

植毛のための承諾書

大学生が植毛を行う場合、中には未成年の方もいらっしゃる事でしょう。 実は、未成年の方が植毛する事はリスクが高いため、あまりお勧めできません。 どうしても未成年で植毛を行う時は、必ず保護者の承諾書が必要です。

貴方が、どれだけ薄毛に悩まされていたとしても、 法律で独自の判断で植毛をクリニックで受けることは出来ないと決まっています。 大学生でも未成年の方は絶対に、承諾書を書いてもらって行ってください。

植毛治療の費用

正直、植毛費用というのは大学生の身分で1人で支払うのは難しいと言えます。

植毛費用は、クリニックにもよりますが、1本あたり約1,000円です。 「大学生なら1,000円くらい持ってるよ」と思ったそこの貴方。 よく考えてみてください。

1度の植毛で移植される髪の平均本数は、300本~3,000本と言われています。

更に植毛は、基本的に保険不適用です。 よって、いくらランニングコストが不要だとしても 植毛行うための費用は決して安くないのです。 約1ヶ月の給料に値する植毛費用、学生である以上1人で負担するのは厳しいでしょう。

植毛費用は安くない
植毛費用は安くない

大学生が、1人で支払うのは難しい!

植毛治療は1度だけ

大学生に限らず若いうちに植毛を行った方は、効果が早く出て欲しいがため何度もクリニックに通いたがる方が居ます。

しかし植毛は、髪の毛を無制限に増やせる治療ではなく、自分の頭皮の間の範囲で移植しているに過ぎないため、本数も回数も決まっています。 また、無理にでも植毛すると頭皮に炎症が出たり、抜け毛の悪化にも繋がりかねません。できるだけ、実際の植毛は1回のみ行う事が望ましいと言えます。

大学生が植毛行う時の注意点については、いかがでしたか?

中には「植毛以外で薄毛対策出来ないの?」と、 思った方はいらっしゃいませんか? 植毛以外の対策方法、もちろんございます。 下記にて、最も簡単な対策方法を3つご用意致しました。

育毛剤の使用

植毛の次に薄毛対策に効果的なのは、育毛剤の使用です。

育毛剤は、植毛と比べ効果を発揮するまで時間がかかりますが、 植毛より低価格で手に入りやすいのが特徴です。 また現在、販売されている育毛剤は多種多様でじっくり考えてご自身に合った製品を選ぶことが出来ます。 そして植毛では、出来ない返金保証が付いてくるので安全性は育毛剤が上だといえるかもしれません。

十分な睡眠をとる

大学生になると講義やサークル・遊びなどで忙しくて、 ついつい睡眠を疎かにしていませんか? 睡眠不足は、薄毛・抜け毛の天敵です。

通常髪は、主に寝ている間に成長ホルモンが活発に活動しています。 ところが、睡眠が不十分だと髪の成長がストップしてしまい 栄養が行き渡らなくなってしまいます。 栄養が行き渡らないと言う事は、髪がやせ細り抜け毛・薄毛の悪化に繋がってしまう可能性も。

特に髪の成長が盛んなのは、22時~2時の間です。 出来るだけ、この時間帯は就寝なさる事をお勧め致します。

バランスの良い食生活を

睡眠と同時に効果的な薄毛対策は、食生活の改善です。

食生活が乱れていると、偏食による栄養不足若しくは、飲みすぎ食べ過ぎによる内臓器官の酷使などにより薄毛が発生する恐れがあります。 特にビタミンやミネラルが豊富な緑黄色野菜タンパク質などを毎日バランス良く摂取することで薄毛の改善が期待できます。

植毛より簡単
植毛より簡単

食生活を見直してみましょう。

上記にて、大学生が出来る植毛以外の薄毛対策は、いかがでしたか?

しかし「それでも植毛治療を受けたい」と言う方。

アイランドタワークリニックは、相談カウンセリングを無料で行っていて貴方の力になってくれるでしょう。

今回は、大学生の植毛事情についてご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか?

もちろん大学生も植毛可能ですが、年齢によっては制限が掛かってしまいます。 そして、先ほども言いましたが植毛は、あくまで最終手段です。 まずは、ご自身で出来る対策を行ってみたり、ご家族等の保護者の方に相談してください。

今後、植毛を含む正しい薄毛・抜け毛の対策を行う事で、貴方が大学生活をエンジョイできます様に…。