目次

  1. あなたは髪を洗いすぎ?一日に何回洗髪(シャンプー)していますか?
  2. 洗髪回数は一日一回が目安
  3. 【注意】適切な洗髪回数でも、”洗いすぎ”てしまう場合が!?
  4. 洗いすぎを本気で防ぐなら、洗浄力別のラインナップがあるシャンプーを
  5. スカルプDならあなたの頭皮にあった1本が見つかる
  6. さらなる魅力、独自開発の「アミノウォッシュ」とは
  7. 実際の商品ラインナップはこちら!

「どうしても頭皮の臭いや汚れが気になって、夜にも朝にも洗髪(シャンプー)してしまう…

「もしかして自分は髪の毛を洗いすぎているかも…」

そうした髪の「洗いすぎ」を心配する方々、いらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、そもそもどこからが洗いすぎなのか、そしてそもそも洗いすぎると何が悪いのか、よくわからないことも多いはず。

今回はそんな洗いすぎを心配する方々に、適切な洗髪回数はどれくらいか、そして洗髪しすぎると何が起こるのかをご説明していきたいと思います!

洗髪の回数、それはどれくらいが適切なのでしょうか?
結論をお伝えしてしまうと、「1日1回」が多くの方にとって正しい、適切な洗髪回数です。

激しい運動や炎天下で汗をかいた…といった場合は別ですが、日常生活を送る分には一日にそう何度も洗う必要はないのですね。

1日に2回や3回もシャンプーをしていたという方は、洗いすぎの可能性が高いといえるでしょう。

洗いすぎが、頭皮トラブルにつながることも

髪や頭皮を過度に洗いすぎると、頭皮トラブルにつながることがあるのです。

どういうことか、詳しくご説明いたします。

そもそも洗髪の際には、髪の毛や頭皮の汚れや汗を洗い流すことはもちろん、頭皮の皮脂(「ひし」、毛穴から出るあぶらのこと)も一緒に洗い流されてしまうもの。

この皮脂、なんだか悪い印象をお持ちの方も多いのでは?

もちろんべたつきの原因となることもありますが、決して悪者ではありません

実はこの皮脂、頭皮の乾燥を防ぐという、重要な役割をもっているのです。

1日に何度も洗髪すると、その大切な皮脂が洗い流されすぎてしまいます。

これは洗いすぎの状態で、頭皮の乾燥を招いてしまうのです。

乾燥は頭皮にとって大敵。
実際、多くの頭皮トラブルの原因となってしまいます。

せっかくの洗髪で洗いすぎ、トラブルの原因となっては元も子もありません。

洗いすぎが招く2つの具体的なトラブル

洗いすぎによって頭皮が乾燥した場合、起こりうるトラブルには以下の2つのパターンが考えられます。  

  • 乾性のフケやかゆみが出る
  • かえって多くの皮脂分泌を招き、頭皮がべたつく

まず1つ目についてですが、頭皮が乾燥すると、皮膚のバリア機能が低下します。

その結果、乾いたフケが出たり、かゆみ・湿疹が出たりといったトラブルが起きやすくなるのです。

では2つ目の場合はどうでしょう。

洗いすぎで頭皮の皮脂が失われると、人によっては失われた皮脂を取り戻そうと体が反応し、逆にたくさんの皮脂を分泌します。

これは頭皮のべたつく原因となりますし、もし原因に気が付かないまま「頭がべたつくからまたシャンプーしよう」となると、さらに皮脂を洗い流しすぎてまた皮脂の分泌が進む…という洗いすぎの悪循環におちいってしまうのです。

適切な頻度で洗髪することが重要!

上記のようなトラブルを回避するには、やはり1日1回という正しい洗髪回数を保つことが大切です。

正しい洗髪回数で皮脂の量を適度に保つことが、健康な頭皮環境につながるのだとしっかりと覚えておいてくださいね。

先ほどの話をふまえて、

「適切な洗髪回数を守れば安心なんだ...」
「1日1回の洗髪習慣で、頭皮トラブルから解放だ!」

と安易に考えてしまった方、少し注意が必要です。

確かに適切な洗髪回数は1日1回ですが、洗髪回数さえ適切なら本当に「洗いすぎ」にはならないのでしょうか?

じつはもう一つ、洗髪には見落としてはならない落とし穴があるのです。

それはシャンプーの「洗浄力」
洗浄力と洗いすぎの関係とは? 詳しく見ていきましょう。

そのシャンプーの洗浄力、強すぎませんか?

そもそもポイントは「洗いすぎで皮脂を流しすぎてはならない」ということでしたね。

だとすれば、もし洗浄力が「強すぎる」シャンプーを使うと、たとえ1日1回であっても皮脂を洗い流しすぎてしまい、結果として頭皮トラブルが引き起こってしまうことが、容易に想像できませんか。

適切な頻度で洗髪をしていたとしても、あなたの頭皮には強すぎる洗浄力のシャンプーを使っている場合は注意が必要だと考えてくださいね。

そのシャンプーの洗浄力、弱すぎませんか?

それとは反対に、洗浄力が弱いシャンプーなら安心かというと、そうではありません。

こちらも注意しなくてはならないポイントがあるのです。

なぜなら、洗浄力の弱いシャンプーの場合、皮脂を残しすぎてしまうことがあるから…。

すると人によっては「なんだか頭皮や髪がべたつく…」と感じ、シャンプーを何度もするようになってしまいます。

それはまぎれもなく「洗いすぎ」の状態。

その結果として皮脂が過度に洗い流され、先ほどのような頭皮トラブルにみまわれる可能性があるわけですね。

これらから分かるのは、洗髪回数が適切なだけでは不十分ということです。

洗髪では、シャンプーの洗浄力も適切、つまりあなたの頭皮の皮脂の量(個人差がありますからね)に合っていてこそ、あるべき頭皮環境を保つことができるのですね。

洗髪における洗浄力と洗いすぎの関係、ご理解いただけたでしょうか。

次に、洗いすぎを本気で防ぐためのポイントをご紹介したいと思います。

洗いすぎを本当の意味で防ぐには、洗浄力が重要なポイント。

しかし実際のところ、どんなシャンプーを選べばよいか悩む方も多いかと思います。

そんな時には洗浄力別にラインナップがあるシャンプーを選んでみてはいかがでしょうか。

洗浄力が選べるシャンプーはそう多くはありませんが、スカルプDシリーズはそのひとつ。

お笑いタレントを起用したCMが印象に残っている方もいらっしゃいますよね。

このスカルプD、洗浄力が選べるだけではありません。

独自開発のアミノ酸系洗浄剤を採用するなど、頭皮環境を整えることに徹底的にこだわったシャンプーとなっているのです。

具体的なラインナップは、

  • スカルプDドライ(乾燥肌の男性向け)
  • スカルプDオイリー(脂性肌の男性向け)
  • スカルプDストロングオイリー(超脂性肌の男性向け)
  • スカルプDボーテモイスト(女性向け)

の5つ。さっそくこのスカルプDシリーズの魅力に迫っていきたいと思います。

スカルプDなら自分の頭皮タイプを理解して、シャンプーを選べる

スカルプDシリーズの魅力、まず挙げられるのが、無料でお手軽に「頭皮診断」ができることです。

ひとくちに「適切な洗浄力」といっても、自分の頭皮を知らなくては、どれがあなたにとって適切なシャンプーか選びようがありません。

こちらの頭皮診断サービスを使うと、あなたの頭皮がどのタイプか、簡単に診断できますよ。

まずは「己を知る」

自分に合ったシャンプーを選ぶために、そして洗髪での洗いすぎを防ぐために、ぜひチェックしてみてくださいね。

乾燥肌の人には→ドライがおすすめ

頭皮診断であなたが「乾燥タイプ」の場合は、素直にスカルプDドライをおすすめします。

乾燥肌の方はもともと肌のバリア機能が弱く、洗髪の際にも配慮が必要です。 のちほどご説明する低刺激のアミノ酸系洗浄剤と特に相性がよいでしょう。

もちろん「ドライ」は洗浄力も乾燥肌の方向けに調整されていますから、洗いすぎが心配なあなたの頭皮に合う可能性も高いはず。

試す価値アリ、ですね。

脂性肌の人には…

頭皮があぶらっこい脂性肌の人は、「もともと脂性肌であるのか」「本当は脂性肌ではないのに洗いすぎで脂性肌となってしまっているか」2つの場合があります。

ですから、脂性肌の方がベストなシャンプーを選ぶには”ある見極め”が必要なのです。
見極める方法はこちら。

  • 1日1回の洗髪回数を今日から数日守る
  • あらためて頭皮診断を実施
  • 乾燥タイプであればドライ、脂性タイプの方はオイリーを選ぶ

一日一回の洗髪回数を保つことで、まずあなたの本当の頭皮タイプが明らかになります。
その上で、あなたの頭皮タイプに合う1本をぜひ選んでみてください!

ちなみに頭皮が脂性タイプとわかった方のうち、特に皮脂の量が多い方は、オイリーよりさらに洗浄力のあるストロングオイリーを試してみるのもよいかもしれませんね。

女性の方は「ボーテ」をチェック!

スカルプDドライやオイリーは男性向けの商品ですが、女性の方もご安心を。
女性のための商品もしっかりラインナップにありますからね。

ちなみに女性は男性に比べ、皮脂の量は少ないことがほとんど。
多くの方は、スカルプDボーテモイストがぴったりなはず。

ぜひこの1本で頭皮をよい環境に導いてくださいね。

スカルプDがおすすめできる理由はまだあります。
それはさきほど触れた「洗浄剤が独自開発のアミノ酸系」であるということ。

そもそも洗浄剤を独自開発しているシャンプーは多くありません。

コストがかかりますし、ヒットが少なく、商品サイクルが早いシャンプーでたくさんのコストを投じて洗浄剤を独自に開発するというのはリスクが大きいことなのです。

しかしスカルプDはすでに十数年の歴史があり、確立したブランド、人気を誇っています

だからこそ洗浄剤を独自開発できたというわけですね。

そうして開発されたのが、アミノ酸系洗浄剤「アミノウォッシュ+」

低刺激で知られるアミノ酸系であることはもちろん、洗髪で髪の毛の水分を奪わないよう工夫された、他のシリーズでは味わえない洗浄剤。

こうしたこだわりも、他にはないスカルプDの魅力の1つと言えるでしょう。

さて、ここまでの内容いかがでしたでしょうか。

洗髪回数や洗いすぎを気にされているみなさん、洗髪回数だけではなく、どんな洗浄力のシャンプーかという点もこれからのシャンプー選びの参考にしてみてくださいね。

そして、洗髪回数や洗いすぎで悩まれている方々には、ぜひ一度スカルプDを。
こちらから各商品のチェックができますので、洗いすぎを防げるよう、ぜひ詳細の情報をご覧になってください!!