目次

  1. 肌に合わないシャンプーは肌荒れの原因に…?
  2. シャンプーが合わないと様々な頭皮トラブルが…
  3. 肌荒れの原因はシャンプー!どんな症状がでる?
  4. シャンプーが原因で肌荒れが起こることはあるの?
  5. 肌に合ったシャンプーを選ぶポイントとは
  6. シャンプーは自分に合う洗浄力を把握して選ぶのがおすすめ

頭皮がかゆ~い! なんだかヒリヒリする! フケがたくさん出る!

こんなお悩みありませんか? その原因、実はいつものシャンプーかもしれません。 肌に合わないシャンプーは、肌荒れなどのトラブルの原因になるそうですよ!

シャンプーで肌荒れする原因や、どんなシャンプーを選べばいいかを調べてみましたよ。

かゆい!ヒリリする!
かゆい!ヒリリする!

肌荒れ、なんとかしたい

シャンプーって頭皮を清潔にするために行いますよね。 そのシャンプーが原因でいろいろな頭皮トラブルが起こることがあるんです。 ひどい場合、頭皮以外にも顔や体にまで影響が出ることもあるんだそうですよ。

そういった肌荒れなどのトラブルを経験している人、実は多いんです!

ツイッターからそういった女性の声を2つご紹介します。

頭皮トラブルといっても症状はさまざまです。 肌荒れって、実際にどういったことが起こるんでしょうか?

具体的な肌荒れの症状の主なものを3つ詳しくご紹介します。

えっ!シャンプーが悪かったの?
えっ!シャンプーが悪かったの?

その肌荒れの原因は…

シャンプー中、または後に肌の赤みや湿疹ができる

一番よく見られるのが、シャンプーをしている最中やシャンプー後に頭皮が赤くなったりカブレて湿疹が出たりする症状です。 これは、頭皮に炎症が起きているのが原因でしょう。

例えば、シャンプーの洗浄力や脱脂力が強すぎて、頭皮がその刺激に耐えかねている場合ですね。 他にも、シャンプーが石油系の合成成分などから作られていて、それらがアレルゲン(アレルギーの原因物質)となって症状を引き起こす場合もあるようです。

シャンプー中、または後に痛みやかゆみなどの症状が出る

頭皮のかゆみもよく出る症状のひとつです。

考えられる原因としては雑菌が繁殖したり、乾燥したり脂性になることによって頭皮に炎症が起こることが多いようです。

その根本的な原因として、シャンプーの洗浄力が強すぎたり、逆に弱すぎたりといったことが考えられます。

かゆみがひどくなったり、掻きすぎて痛みが出るくらい症状がエスカレートすることもありますよ。

使用後に乾燥が目立ちフケが出やすい状態

先程のかゆみでもご紹介した頭皮の乾燥ですが、かゆみ以外にもフケが出やすくなる症状も挙げられます。

フケは頭皮の新陳代謝機能が乱れることが原因で、角質が異常に剥がれ落ちてしまう症状です。

洗浄力の強すぎるシャンプーで皮脂を落としすぎることで、頭皮のターンオーバー機能が衰える場合が多いようですね。

どんな原因があるのかな…
どんな原因があるのかな…

シャンプーと肌荒れ、関係あるの?

では、なぜシャンプーで肌荒れなどの頭皮トラブルが起こってしまうのか?

シャンプーの何が原因で肌荒れといった頭皮トラブルが起こるのかを詳しくご紹介します。

専門的(ほんのちょっとです)なことも交えてご説明しますね。

肌荒れは一次刺激性物質に肌が負けて起こる?

肌荒れが起こる原因として主に挙げられるのが「一次刺激性物質」との接触で肌が負けてしまうこと。

一次刺激性物質とは、アレルギーの有無などに関係なく皮膚の炎症を起こすもので、シャンプーやリンス、化粧品といった日用品全般です。

いわゆる「刺激」が原因で皮膚炎が起こり、肌荒れになってしまいます。

この一次刺激性物質による皮膚炎も、一回で起こる急性と繰り返しの使用で起こる慢性とがあるようですね。

強い洗浄力は肌に良くないって本当?

汗や汚れ、余分な皮脂を落とすにはある程度の洗浄力・脱脂力が必要ですが、あまり強すぎるのは肌に良くないと言われます。

洗浄力が強いと肌の保護膜である皮脂を落としすぎて、保湿力が低下し乾燥につながります。

その状態が続くと頭皮は、皮脂が不足していると認識して皮脂の分泌を増やしてしまい脂性になることもあるそうですね。

注意するべきシャンプーの成分とは

シャンプーには全成分が表記されています。 その配合成分で気を付けたい成分としてまず注意したいのが洗浄剤です。

市販のシャンプーに多く配合されている高級アルコール系の界面活性剤は、洗浄力・脱脂力ともに強いのであまりおすすめできません。

他にはシリコン配合かどうかも注意が必要です。 シリコン自体は悪い成分ではないのですが、シャンプーに配合されていると蓄積されて髪や頭皮に良くない場合も。 頭皮に異常が出ている場合には避けた方が良いかもしれません。

肌荒れを起こす原因となるシャンプーは避け、肌に合ったシャンプーを選ぶことが重要ですね。 でも一体どんなシャンプーが良いのか迷っている方のために、選び方ののポイントをご紹介します。

ナルホド、そうなんだ!
ナルホド、そうなんだ!

髪だけじゃない、肌に合うかも大切

アミノ酸系シャンプーを利用する

シャンプーはその洗浄成分で分類すると、大きく分けて高級アルコール系・石鹸系・アミノ酸系の3つがあります。

高級アルコール系と石鹸系はおおむね洗浄力・脱脂力が強く、アミノ酸系はやや弱いものが多いようです。

洗浄力・脱脂力はあまり強すぎると皮脂を落としすぎるので、肌が弱い人や頭皮にトラブルが起こりやすい人にとっては、肌荒れの原因となるかもしれません。

できれば適度な洗浄力・脱脂力のアミノ酸系、そして肌と同じ弱酸性のものを選ぶと肌に優しくシャンプーできますね。

オーガニックシャンプーは肌に優しいって本当?

最近よく聞く「オーガニック」は、有機栽培という意味だそうです。

スキンケアやヘアケアの分野でもオーガニックを冠した商品がいくつもありますが、それらは本当に肌に優しいのでしょうか?

オーガニックには明確な基準があるわけではありませんが、オーガニックシャンプーは出来るだけ石油系の合成成分を排し天然由来の成分を使用しています。 安全性を高くリスクを低くして作られたものが多いようですね。

オーガニックシャンプー選びの注意点とは?

では、オーガニックならどれでも安全…なわけではありません。

極端な話、天然成分をほんのちょっと配合しているだけでも「オーガニック」と名乗ることも出来るわけですからね。

そこで、成分をよく見極めることが大切になります。

まず洗浄成分は何が使われているか確認しましょう。 それから、香料や防腐剤など合成成分などがどのくらい入っているかをチェックすることが重要です。

肌荒れの原因にもなるシャンプー。 シャンプー選びは髪だけでなく、肌にとっても大事な問題です。

自分にあった洗浄力はどのくらいなのか? まず自分の髪や頭皮の状態をしっかり把握して、それに合ったシャンプーを選ぶことがおすすめです。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。