目次

  1. シャンプーの使用期限ってあるの?
  2. シャンプーの使用期限は明確に定められていない!
  3. 一般的にいわれるシャンプーの使用期限は?
  4. シャンプーが腐る、品質が低下する原因って?
  5. シャンプーの適切な保存方法は?
  6. 正しい保存方法で、最後まで安全に使い切りましょう

種類を変えてから使わなくなったシャンプーや、サンプルでもらって使っていないシャンプーなど。

まだ使えるのかなと思って表示を見ても、使用期限や消費期限が記載されていないことが多いですよね。

でも液体なので、腐らないということもないはず…。

髪の毛や頭皮に直接使うものでもあるので、使用期限がわからないのは、不安ですよね。

そこで今回は、シャンプーの使用期限使用期限が表示されない理由を調査。

また、シャンプーの適切な保存方法をご紹介しますので、ぜひ最後までお読みくださいね!

シャンプーの場合、使用期限が明確に定められていないことがほとんどです。

これは、特定の商品以外、使用期限の表示義務がないため。

第六十一条 化粧品は、その直接の容器又は直接の被包に、次に掲げる事項が記載されていなければならない。

(中略)

五 厚生労働大臣の指定する化粧品にあつては、その使用の期限

厚生労働省:医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

こちらは、厚生労働省から発表されている、医薬品や医薬部外品、シャンプーを含む化粧品の扱いについての法律の一部。

そして、この中に書いてある「厚生労働大臣の指定する化粧品」というのが、以下に当てはまるものです。

一  アスコルビン酸、そのエステル若しくはそれらの塩類又は酵素を含有する化粧品
二  前号に掲げるもののほか、製造又は輸入後適切な保存条件のもとで三年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品

薬事法第五十条第十二号等の規定に基づき使用の期限を記載しなければならない医薬品 等

つまり、上記の「一」に記載のある成分を含んでいないシャンプーや、適切に保存した場合三年以内に品質の変化がないシャンプーは、使用期限を表示しなくて良いとなっているのです。

使用期限の表示がないシャンプーは、適切な保存をすれば三年ほどは、品質の変化がなく通常通り使えるといえそうですね。

ただ、こちらは未開封のものを、適切な保存方法で保存した場合の期間。

そのため、開封したものや不適切な保存をしているものは、三年以内で品質が変化することも十分にありえるのです。

そこで今回は、シャンプーの使用期限として、一般的にいわれている期限についてもご紹介します!

シャンプーの使用期限として、一般的にいわれている期間はこちら。

  • 未開封:三年ほど
  • 開封後:半年から一年

シャンプーを製造しているメーカーのホームページや、ヘアケアについて詳しい美容師さん・美容室のブログなどにも、このような記載がありましたよ。

未開封で製造から3年間は品質が変わらないことを確認しております。開封後はなるべくお早めにご使用ください。

シャンプーやリンスに使用期限はありますか。|ヘアケア・ヘアメイク|カラダのケア|お客様相談窓口 | ライオン株式会社

通常の保存条件下で未開封の状態であれば、製造から3年程度経過しても 安全性、使用感において問題ないように製造しています。ただし、開封後は なるべくお早めに使い切ることをおすすめします。

ヘアケア製品 ヘアケア全般|製品Q&A|お問い合わせ|サンスター

シャンプー・トリートメントの使用期限に関しては未開封のものは3年、開封後のものは半年〜1年くらいの目安で使い切ってください。 使用期限が表示されているものは、その記載にしたがいましょう。

シャンプー・トリートメントの使用期限ってあるの? - 現役美容師が教える髪のトリートメントとヘアケアの極意

製造・販売を行なっているメーカーは、未開封については3年程度。

開封後の商品はとくに期間を設けず、早めに使用することをすすめています。

また、美容師さん・美容室のブログでは、未開封は3年程度、開封後については1年以内を目安に消費するようすすめています。

ただ、やはり不適切な環境で保存した場合、この期間よりも短い間に品質が低下したり、腐ったりすることは十分に考えられます。

では、どんなことが理由でシャンプーの品質が低下したり、腐ったりするのか。

次で詳しくみていきましょう!

シャンプーの腐敗や品質低下の原因として考えられるのがこちら。

  • 腐る原因…雑菌の混入
  • 品質低下の原因…不適切な環境での保存

シャンプーを開封後お風呂場に持って入った場合、ボトルの隙間から水が混入したり、開封した際に水が混入したりといったことが考えられます。

また、開封して空気に触れることで、空気中の雑菌が入ることも。

つまり、開封したものについては、雑菌の混入や繁殖によって腐ることいえるのです。

一方、品質の低下は、開封後のものだけでなく未開封のものについても考えられます。

開封していなくても温度などの外的要因で、シャンプーの成分に変化が起き、品質が低下する可能性があるのです。

つまり、適切な環境で保存しないと、開封後・未開封に関わらず品質の変化があるということですね。

では、どのように保存するのが、品質低下の防止に繋がるのか、次で詳しくご紹介します。

こちらでは、シャンプーの適切な保存方法について、未開封のものと開封後のものに分けて、ご紹介していきますね。

未開封のシャンプーの保存方法

未開封のものの場合、シャンプーのパッケージの裏面の記載を参考にすると良いですよ。

  • 高温・多湿は避ける
  • 直射日光を避ける

など、パッケージにはその製品に適した保存方法が記載されています。

未開封の製品の場合は、冷暗所、かつ乾燥した場所で保存すると良いものが多いようです。

しかし、いくら適切な環境で保存していても、5年や10年経っても新品と品質が一切変わらないということはありません。

製造年月日を確認して、3年以内に使い切るのがおすすめです。

開封済みのシャンプーの保存方法

開封済みのシャンプーについては、次のような方法で保存・消費をするといいでしょう。

  • 開封したものについては、できるだけ早めに使い切る
  • お風呂場に置かず、パッケージに記載のある環境で保存する

開封したものについては、どのような雑菌が混入しているかわからないため、品質に変化なく使用できる期間はわかりません

そのため、やはり早めに使い切るのがおすすめ。

また、もし少し長い期間をかけて使用する場合は、お風呂場に置きっ放しにするのは避けましょう

お風呂場は、湿度や気温が高くなるため、雑菌の繁殖が進みやすいのです。

入浴前に使用する分だけとりわけ、お風呂場に持っていき、大きな本体はパッケージに記載がある環境で保存するなど、工夫すると比較的品質の低下を抑えることができるといえるでしょう。

シャンプーの使用期限の有無、適切な保存方法について紹介してきました。

未開封のものでも製造から3年程度で使い切る、開封後のものはなるべく早く使い切るようにしてくださいね。

また、シャンプーのパッケージの記載もよく読み、その製品にあった環境で保存するようにしましょう。

シャンプーは髪と頭皮を清潔に保つためのものです。

そんな髪や頭皮に直接つけるものだからこそ、シャンプー自体も気持ちよく使い切りたいですね!