目次

  1. 髪や頭皮にやさしい低刺激シャンプーってどれ?
  2. 敏感肌の人必見!低刺激のシャンプーを集めました
  3. 敏感肌の人が気をつけるべきシャンプー選びのポイントは?
  4. 敏感肌でも安心!低刺激シャンプーランキングTOP5!
  5. 【要注意】こんなシャンプーはおすすめしません!
  6. 低刺激シャンプー選びに迷ったら…おすすめはこちら!
  7. ランキングを参考に、より良いシャンプーを見つけてくださいね

※記事内のランキングは当サイトにおける商品ごとの「売上本数」と「閲覧回数」、検索エンジン上での検索回数の3つのデータを独自で算出した数値を基に、当記事に訪れる読者に最も適すると判断した商品順に紹介しております。効果・効能を保証するものではありませんので、実際のご購入の際は各育毛剤会社のサイトや規約等をご確認の上、ご自身でご判断ください。


敏感肌の人は使うシャンプーによって、かゆみやカブレといった頭皮トラブルが起こって使用を断念することもありますよね。

でも、敏感肌でも安心して使える低刺激シャンプーって、なかなか探すのが大変です。

そんな敏感肌の人にもピッタリの、おすすめ低刺激シャンプーを徹底リサーチしました。 シャンプー選びに困っている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

低刺激なものあるかな?
低刺激なものあるかな?

敏感肌だけど…

普通のシャンプーを使うとかゆくなったりヒリヒリしたりする敏感肌の人におすすめの低刺激シャンプーって、どんなものでしょう?

どんなシャンプーを選べばいいのか? 成分や特徴はどういったものなのか? 有名なものはやっぱりいいのか?

いろいろ分からないことがありますね。

低刺激シャンプー選びのポイントをおさらいして、おすすめの低刺激シャンプートップ5をご紹介します。

私に合うシャンプーってあるの?!
私に合うシャンプーってあるの?!

敏感肌の悩み、分かる?

敏感肌やアトピーの人は、どんなシャンプーを使っても大丈夫なわけではありませんね。

それでは、敏感肌の人はシャンプーを選ぶ際にどういったことに気を付ければいいのかを3つご紹介します。

ポイント1…洗浄成分

シャンプーの成分で一番大事と言っても過言ではない!かも知れません。

洗浄成分(界面活性剤)は大きく分けて3つあります。

そのうち、安価な市販のシャンプーによく使われる高級アルコール系は洗浄力・脱脂力ともにかなり強く、頭皮や髪には負担がかかります。

せっけん系も脱脂力は強いのですが、洗浄力はさほどではないようですね。

アミノ酸系が一番洗浄力・脱脂力が弱く、髪と頭皮への負担は少なめになります。

ポイント2…添加物

無添加だから安心!
無添加だから安心!

成分をシッカリ把握

シャンプーには洗浄成分以外にもたくさんの成分が配合されています。 防腐剤、乳化剤、安定剤、保湿剤、酸化防止剤などです。

良く【無添加】とありますが、無添加だから何も入っていないわけではありません。

配合されていると問題のある成分が入っていない=無添加なのですね。

つまり石油化合物や合成成分の<○○が無添加>という風に表示されている場合が多いようです。

出来れば避けたい成分が入っていないものを選びましょう。

ポイント3…使用感

最後のポイントは使用感です。

これは購入して(あるいはサンプルをもらって)使ってみなければ分かりませんが、洗ってみて髪がギシギシになったり頭皮がかゆくなったりするようならば使用を中止した方がいいかも知れませんね。

他にも香りなども好みがありますから使用感は意外に重要な要素です。

では、敏感肌の人でも安心して使えると人気の低刺激シャンプーを独自の視点でランキングしてトップ5をご紹介します。

あなたの低刺激シャンプー選びの参考になればうれしいです。

1.ミノン 薬用ヘアシャンプー

低刺激シャンプーとしては抜群の知名度を誇るミノン薬用ヘアシャンプー

第一三共ヘルスケアが販売するアミノ酸系洗浄成分の弱酸性シャンプーです。

アレルギーの原因となる成分を極力カットして敏感肌の人でも使えることを目指した低刺激なシャンプーで、かゆみやフケに効果的なのだそうです。

価格もさほど高くないので手軽に使えそうですね。

こういう人におすすめ

1)敏感肌や乾燥肌の人・小さいお子さんなど

アミノ酸系・弱酸性の低刺激なシャンプーなので、デリケートな肌の人でも使えます。

2)フケ・かゆみのある人

乾燥した頭皮に潤いを与えますが、意外にサッパリした洗い心地のようですね。

2.あんだんて 髪を洗うシャンプー

天然素材を使用した弱酸性の無添加・無香料シャンプーです。

肌に刺激を与えずにキメ細かい泡でやさしく洗う「あんだんて髪を洗うシャンプー」は、アトピーの人にも使用者がいるくらい安心なシャンプーです。

洗浄力は弱めなので、しっかり洗いたい人や脂性の人にはちょっと物足りないかも知れません。

こういう人におすすめ

1)アトピーや敏感肌の人

無添加・無香料で天然素材にこだわった低刺激シャンプーです。

2)しっかり泡立ってほしい人

洗浄力はそれほど強くないけれどキメ細かい泡がしっかり。

3.ナプラ ケアテクトOG シャンプー

美容室向け商品を製造販売しているメーカー・ナプラのオーガニック製品、ケアテクトOGシャンプー。

オーガニック植物成分・天然由来成分にこだわった弱酸性のシャンプーで、アミノ酸系の中ではやや洗浄力が強い方かも知れません。

アルガンオイルやホホバオイル配合で髪がしっかり仕上がるようです。

香りがいいのも高評価のようですね。

こういう人におすすめ

1)ヘアカラーをしている人

ヘアカラーの残留アルカリをしっかり除去してくれます。

2)いい香りのシャンプーが好きな人

やさしいローズの香りに癒されるかも?

4.シャボン玉せっけん 無添加せっけんシャンプー

皮膚科でもすすめられることもある無添加のせっけん系シャンプー

水とせっけんしか配合されていないという余分なものを一切排除した無添加シャンプーのパイオニア的存在ですね。

コンディショニング成分は無配合なのでシャンプー後は結構きしみます。

こういう人におすすめ

1)とにかく無添加という人

水とせっけんしか配合していないのでかなり安心です。

2)脂性の人

せっけん系の洗浄成分なので脱脂力は強いです。

5.ベーネコスメティクス ピュアナチュラルシャンプー

植物成分配合のアミノ酸系低刺激シャンプーです。

洗浄力はそれほど弱くなく、泡立ちも良くサッパリ洗えます。

しっとりタイプとサラサラタイプがあります。

ほのかなハーブの香りも好評のようです。

こういう人におすすめ

1)低刺激でもしっかり洗いたい人

アミノ酸系でも泡立ちしっかりです。

2)コスパが気になる人

自然派の商品としては安価なので、コスパ重視の方におすすめです。

おすすめの低刺激シャンプーのトップ5をご紹介しましたが、逆にこんなシャンプーはすすめられないという要注意のシャンプーの特徴を3つご紹介します。

低刺激シャンプーを探す際の指針のひとつにしてくださいね。

特徴1…石油系成分配合

シャンプーには様々な成分が配合されていますが、その成分が何からできているかが重要です。

石油化合物で作られた成分は、頭皮や髪にトラブルが起こる可能性があります。

でも成分表示を見てもどれが石油系なのか分からないという人が多いのではないでしょうか。

洗浄成分で言えば、硫酸○○やラウリル○○というものはほとんどが高級アルコール系、つまり石油系の洗浄成分です。

特徴2…強い洗浄力・脱脂力

先程の石油系成分にも関連していますが、洗浄力・脱脂力の強いシャンプーは敏感肌の人には刺激が強すぎるきらいがあります。

頭皮を保護する役目もある皮脂を落としすぎてしまうと、肌は無防備な状態になってしまいますし、それ以前にその強い刺激で肌が荒れてしまうかも知れませんね。

自分に合った洗浄力・脱脂力のシャンプーを選ぶことが大事ですよ。

特徴3…香料・添加物配合

シャンプーに配合されている成分で最も注意が必要なのが添加物です。

その添加物は石油系化合物のものがたくさんあります。

もちろん植物系などの天然由来の成分で出来ているものもありますので、添加物がどんなものかを見極めることも大事ですね。

パラベン(パラオキシ安息香酸エステル)や香料、エデト酸塩やBHTやシリコン(ジメチコン・シクロメチコン)といったものはできれば入っていない方が安心です。

敏感肌でも安心して使える低刺激なシャンプー、選択肢がたくさんあって迷っちゃう…という方、ハゲラボおすすめのこちらのシャンプーはいかがでしょう?

アミノ酸系洗浄成分で弱酸性、馬油配合でノンシリコンの鉱物油・香料・着色料無添加のウーマシャンプープレミアムです。 お子様でも使えるほど肌に優しいと好評ですよ!

今回は独断でトップ5のランキングを決定しましたが、いかがでしたでしょうか?

いずれも口コミやレビューで人気の低刺激シャンプーですが、お気に入りは見つかったでしょうか。

あなたのシャンプー選びの参考にしてみて下さいね!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。