目次

  1. 頭皮を押すと痛いことを多くの人が悩んでる?!
  2. 頭皮を押すと痛い!これって病気…?
  3. 押すと痛い頭皮…まずはどんな痛みかチェックしましょう
  4. どうして痛くなるの?頭皮の痛みの原因
  5. 現代人の悩みかも…後部神経症と頭皮のコリ共通の要因
  6. 痛くなったらどうすれば…?頭皮が痛い時の対処法
  7. ポイントは血行促進!痛い頭皮とサヨナラする対策方法
  8. 痛い頭皮の原因と対策をしっかり知って、痛みのない毎日を!

頭を押すと痛いと感じた経験がある方は多いのではないでしょうか? 何の痛み?と不安になってこの記事にたどり着いたあなた! もしかして最近、生活習慣が乱れてはいませんか? この記事では、しっかりと痛みの原因と改善方法を紹介していきますので是非参考にしてみてください。

多くの人が悩んでいます。
多くの人が悩んでいます。

一緒に改善方法を見ていきましょう!

頭皮を押すと痛いと感じるのは病気なんでしょうか? 頭痛とはまた違って押す場合にのみ感じる頭皮の痛みがあるようです。 これは体のどこかが悪いという合図なのか、何かの病気なのか・・・SNSにもあるように痛みの度合いや位置も個人で異なるようで、意外と経験者は多く不安を抱えている人がいるようです。 なぜ、頭皮を押すと痛いと感じるのか原因が気になりませんか? どういった症状なのか詳しく調べていきましょう!

頭皮を押すと痛いというのは、実際はどんな痛みなんでしょうか。 原因を探る前にどういった病気なのか明らかにすることが大切です。 痛みによって症状が異なってくることもあるようなので、まずはあなたの感じる痛いがどのようなものかチェックしてみましょう!

押すとズキズキと痛む場合:後頭神経痛

頭皮を押すと痛い症状の1つに後頭神経痛というものがあります。 後頭神経痛は、その名の通り頭皮を手などで押した場合に後頭部の神経がズキズキと痛む症状です。 ひどい時には、痛みが数日継続することもあり一回で数十秒の痛みの長さといわれています。 もし押した際にズキズキと痛む方は、後頭神経痛である可能性が高いかもしれません。

押すと打撲のように痛む場合:頭皮のコリ

もう一つ痛いと感じる理由として頭皮のコリがあります。 通常の頭皮は押した際に動くものですが、コっている場合は血行不良によって固くなっていて動きません。 それだけでなく押すことで打撲のような痛みを感じてしまう状態になります。 これを放置していると抜け毛の原因にもなりますので、早めの対策が必要となります。

感じる痛みは何でしょうか。

感じる痛みは何でしょうか。

痛みの種類で症状名がわかることも!

いくつか考えられる痛みの症状を見てきましたが、どうして痛みが生まれてしまうのでしょうか? 原因を理解しなければ効果的な対策はできません。 それぞれ異なる要因によって引き起こされる頭皮の痛いと感じる原因を探っていきましょう!

後頭神経痛の原因

後頭神経痛の原因として挙げられるのが、同じ姿勢で長時間いるケースです。 例えばデスクワークが中心の方は特になりやすいといわれています。 パソコンなどをやっていると悪い姿勢になることが多く長時間になるため後頭神経痛になりやすい状態にあります。 もう一つは、やはりストレスが原因で症状が表れることがあるようです。 仕事の合間に休憩を入れたり頭皮マッサージを定期的にするなど、心身ともにリフレッシュすることが重要です。

頭皮のコリの原因

頭皮のコリの原因に関しても後頭神経痛と同様の部分が多く、デスクワークなどによる同じ状態を長い時間続けることでコリができる可能性が高まります。 また、姿勢の悪さも原因になりやすく猫背など日常的な姿勢の悪さはあまりよくないようです。 やはり頭皮のコリについても日常的に正しい姿勢を意識すること(常に難しい場合は気づいた時にやるなど)ストレッチを行うことでリラックスする時間を設けることがとても大切になってきます。

原因は日常生活に潜んでいます。

原因は日常生活に潜んでいます。

改善できることはないか確認してみては?

後頭神経痛、頭皮のコリの共通原因となっているものにストレスがあります。 世の中には仕事や人間関係などストレスが溜まる機会は多くあります、そういう意味では現代人の悩みと言っても過言ではありません。 ストレス以外にも睡眠不足、運動不足などによっても頭皮の痛みは引き起こされる可能性がありますので、健康管理や夜更かしをしないなど自分自身で日常的に防衛できることはしっかりとやっていきましょう!

ストレスが大きな原因になることが・・・

ストレスが大きな原因になることが・・・

自身がリラックスできる環境をもちましょう!

これまで頭皮の痛みの症状名や原因など説明してきましたが、実際に痛くなった場合はどのように対処したら良いのでしょうか? ここでは、頭皮が痛くなった時に試すことができる対処方法を具体的にお話しをしていきます。

マッサージをする

頭皮の痛みの要因は血行不良であるため頭皮マッサージが効果を期待できます。 当初は固い頭皮もマッサージを継続することで少しずつ柔らかくなってきます。 ただ、あまりに強い力でおこなってしまうと逆に頭皮を傷つける可能性もありますので注意しましょう。 入浴後など頭皮が比較的柔らかい時にやってみることをお勧めします。

適度な運動を行う

血行不良にもう一つ効果的なのが、日常的にストレッチなどの運動をおこなうことです。 運動は体全体の血行改善にとても効果的で長い時間散歩したり、スポーツなど運動をするようにすることが大切です! 例えば仕事の行き帰りに1駅歩くなど、日常で運動を継続的にする習慣を心掛けることが良いのではないでしょうか。

ストレッチを行う

ストレッチも頭皮の痛みに良い効果を期待できるようです。 特に同じ姿勢を続けている場合、目もひどく疲労していて頭皮だけでなく首や肩が凝っていることが多々あります。 そのため首や肩を回すなどストレッチをして、体全体の血行を良くすることが頭皮の痛み改善に役立ちます。 仕事など疲れを感じた時は、ストレッチなど体全体をリフレッシュするようにしましょう!

運動は身体の不調に効果的です。

運動は身体の不調に効果的です。

適度の運動を習慣にしていきましょう!

頭皮が痛い場合にマッサージなどが効果的と説明してきましたが、すべて血行改善に役立つという共通点がありポイントは血行促進といえるのではないでしょうか。 ここでは、痛い頭皮とサヨナラをするための対策方法を紹介します。

ツボを押す

ツボの中には押すことで身体の部分から全体の血行促進に効果のある箇所があります。 例えば、手にあるツボの合谷(ごうこく)や足の裏にある湧泉(ゆうせん)などは血行促進に有効であるといわれています。 ツボを押す際は、入浴後や就寝前におこなうことが良く、適度な力で押すことをお勧めします。

半身浴

日々の忙しさからいつも湯船に浸かることがない方も多いのではないでしょうか? 入浴すること、特に半身浴は血行促進・新陳代謝向上に役立ちます。 お湯に浸かることで体温が上がり血行が促進するのですが、浸かる際は40度以下のお湯にゆっくりと入ることが最も効果的ですの試してみてはいかがでしょうか。

食生活を改善する

血行の活性に役立つ根本は、食生活を改善することで血液自体をサラサラにすることも重要な改善策です 特に血行促進に役立つ摂取すべき成分は、ビタミンC、Eや鉄分などが有名です。 具体的な食べ物は、ビタミンC(アセロラ・キウイ)、ビタミンE(明太子・アーモンド)、鉄分( レバー・しじみ)などがあります。 また、油が多いモノなど余分に摂取しないことも心掛けましょう。

何が血行促進に効果的か?

何が血行促進に効果的か?

まずはできることからやってみましょう!

睡眠をよく取る

睡眠不足も血行には悪影響なのはご存じでしょうか。 睡眠が不足すると関係してくるのが血管の縮小と膨張です。 不足時は血管が縮小するため血液の流れが悪くなり、充足していると逆に膨張することで流れは良くなるため血行促進には重要となります。 また、睡眠時には脂肪を燃やす成長ホルモンが出ていて、これが不足すると血液をドロドロにする脂肪が体内に多く残り血行不良の原因にもなるようです。

これまでの内容にある通り、頭皮の痛みの原因と対策方法をしっかりと認識して痛みのない生活を送っていきましょう!

※ただし、症状が酷い場合や治りが遅い場合は我慢せずに医師に早めに相談することも大切です。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。