目次

  1. ヘアカラーに最適な頻度ってある?
  2. 【結論】ヘアカラーの最適な頻度は2ヶ月に一度!?
  3. ヘアカラーの頻度が多いことで起こりうる悪影響とは?
  4. 【対策】ヘアカラーで傷んだ髪や頭皮のはアフターケアを!
  5. ヘアカラーは適切な頻度で、頭皮ケアも忘れずに!

おしゃれのためのヘアカラー、白髪染め、伸びた部分を染めるリタッチ…

おしゃれや見た目のために、ヘアカラーが必要不可欠になっている方も少なくないのではないでしょうか?

ですが、" ヘアカラーをすると髪が傷む " " ヘアカラーの影響でハゲる "

など、ヘアカラーが髪や頭皮に悪影響という噂を聞いたことがありませんか?

「おしゃれや見た目のためヘアカラーをしたいけど、傷むのは嫌…」

そんなあなたのために、今回は『ヘアカラーの適切な頻度』を調べてみました!

ヘアカラーの適切な頻度は、下記のように目的によって異なります。

  • 頭皮や髪をいたわりたい人:2ヶ月に一度の頻度
  • カラーを綺麗に保ちたい人:1ヶ月に一度の頻度
  • 白髪を綺麗に染めたい人:3週間に一度の頻度

頭皮や髪をいたわりつつも、ヘアカラーをしたい!という方には2ヶ月に一度という頻度がおすすめです。

では、なぜ2ヶ月に一度という頻度なのか、見てみましょう。

なぜ2ヶ月に一度なのか?

ダメージの悪循環

ヘアカラーの適切な頻度が2ヶ月に一度な理由1つ目は「ダメージの悪循環」です。

そもそも「髪を染めたい!」と思うのはどんなときでしょう?

  • 根元が伸びてきた(プリン状態)
  • 毛先や全体の色の退色
  • 白髪染め

などが考えられますよね。

根元を染めるだけのいわゆるリタッチ染めは、頭皮に負担がかかりますが、頻度が多くてもあまり毛先など髪を傷めることはありません。

しかし、全体を染める場合は、頭皮にも髪にも負担がかかりますよね。

このような髪全体のヘアカラーを、仮に1ヶ月に一度という頻度で行うとダメージが蓄積していき、色が抜けやすくなるという悪循環になってしまうのです。

髪が伸びるスピード

ヘアカラーの適切な頻度が2ヶ月に一度な理由2つ目は「髪の伸びるスピード」です。

遺伝や健康状態、生活習慣や年齢などによって個人差はありますが、 髪の毛は、1日に0.3mm〜0.4mm、1ヶ月では1cm前後伸びると言われています。

つまり、2ヶ月で伸びるのは2cmほど。

2cmほどであれば伸びた部分はそこまで目立たないため、2ヶ月なら綺麗なヘアカラーを保つことができます。

ですが、2ヶ月以上では伸びた部分が目立ち、綺麗な状態を維持するのが難しくなってきます。

そもそも染めている色が、自毛に近い暗い色であればそれ以上でも気になりませんが、 白髪の方やハイトーンの方は、伸びてくる毛との差が目立つので、高い頻度でヘアカラーを行うこともあります。

ヘアカラーの頻度が増えると、髪や頭皮の負担がより大きくなり悪影響になることもあるのです。

では、ヘアカラーの頻度が多いことで起こりうる悪影響について見ていきましょう!

ヘアカラーの頻度が多いと、以下のような悪影響があります。

  • 頭皮環境の乱れ(毛穴づまりやフケ・かゆみなど)
  • 髪が傷む(切れ毛や枝毛など)

それぞれどのように影響を及ぼすのか詳しく説明していきますね。

ヘアカラーによる頭皮への影響

まずは「ヘアカラーによる頭皮への影響」について

カラーリング剤には、さまざまな種類があり、それぞれで含まれる成分や仕組みが変わってきます。

一般的によく使われている薬剤は、発色が良く、色が長持ちするメリットがある反面、髪を傷めてしまいやすいのです。

この薬剤が頭皮に付着すると刺激が強いため、頭皮は敏感で弱った状態になり、皮膚の弱い方だと頭皮が赤くなったり、炎症を起こしてしまうこともあるのです。

さらに、この頭皮が敏感な状態で、ゴシゴシ洗髪したりすることで毛穴が傷つくと、毛穴づまりで頭皮トラブルの原因になりかねないため、注意が必要です。

ヘアカラーによる髪への影響

まずは「ヘアカラーによる髪への影響」について

髪の毛の傷みにはさまざまな原因がありますが、最も傷みの進行を促してしまうのが、ヘアカラーやパーマに使われる薬剤によるダメージなのです。

ヘアカラー剤の種類によって、作用の仕方は変わってきますが、髪の毛の色素をコントロールするということは、髪の毛へのダメージは膨大です。

薬剤によって髪の表面にあるキューティクルが欠損し、美しい髪の毛であるために必要なタンパク質をたくさん失ってしまいます。

そうすることで、スカスカと乾燥した髪になってしまったり、切れ毛枝毛の原因となってしまうのです。

ここまでで、ヘアカラーの頻度が多いと髪や頭皮に与える悪影響もあることがわかりました。

では、これらの悪影響を軽減する対策法をご紹介していきます!

《頭皮環境を整えるための対策》

  • 1)自分に合ったシャンプーの使用
  • 2)正しい洗髪
  • 3)育毛剤を使用する

《髪のダメージを軽減するための対策》

  • 4)トリートメントの使用
  • 5)ダメージを回避する

特記しませんが、ヘアカラーの薬剤が頭皮につかないようにしたり、 カラー後は頭皮が敏感な状態になっているのでゴシゴシ洗わないなどの注意も必要です。

1)自分に合ったシャンプーを使う

1つ目は「自分に合ったシャンプーを使う」について

シャンプーは、頭皮環境を整えるのにとても重要です。

高頻度で行うヘアカラーで弱って敏感になっているところに、自分の髪質や頭皮に合わないシャンプーを使用してしまうと、頭皮を傷つけてしまう可能性も。

最近では、ノンシリコンシャンプーやアミノ酸系シャンプーなどさまざまな種類があり、これがいい!という情報が錯綜していて迷いますよね。

当たり前ですが、頭皮の状態や髪質には個人差があります。

そのため、誰にでもいい!というシャンプーなど存在しません。

自分の頭皮タイプを知り、目的に合うシャンプーを使用しましょう。


とはいえ、どのシャンプーにしたらいいのかわからない方は…

ヘアラボおすすめのシャンプーをチェックしてみてくださいね。

2)正しい洗髪

2つ目は「正しい洗髪」について

当たり前のことのように聞こえますが、意外とできていない人が多い落とし穴なのです。

《洗髪のポイントは2つ》

  • スタイリング剤と皮脂をしっかりと落とす
  • 洗いすぎに注意して優しく洗う

「頭皮が脂っぽいから」とゴシゴシ洗いすぎると、必要な皮脂まで洗い流してしまったり、頭皮を傷つけてしまいます。

そのため、洗いすぎないよう1日1回と決めて、に1日の汚れを優しく洗うようにしましょう。

また、頭皮環境を整えたり、髪のダメージの軽減には正しい手順で洗髪することも重要です。

《正しい洗髪の手順》

  • 1.髪を濡らす前にブラッシング
  • 2.シャワーで素洗い
  • 3.シャンプーをしっかり泡立てる
  • 4.マッサージするように頭皮を洗う
  • 5.しっかりとすすぎ流す

ブラッシングと素洗いで髪の汚れはほとんど落とすことができるので、その後ゴシゴシ洗う必要がなくなります。

シャンプーはしっかりと泡立てて、頭皮をマッサージする意識で洗髪しましょう!

そうすることで髪への摩擦を軽減できるため、ヘアカラーの傷み対策に効果的と言えます。

頭皮と髪の健康のために、洗髪のポイントと正しい洗髪の手順をぜひ実践してみてください。

3)育毛剤を使用する

3つ目は「育毛剤を使用する」について

育毛剤(≒ 養毛剤)は、毛髪の脱毛を予防して成長をサポートしてくれるものです。

そのため、髪の成長に必要な栄養成分や保湿成分、そして皮脂・フケを抑える成分が含まれており、頭皮環境を整えてくれます!

最近は、女性用の育毛剤もさまざまな種類が販売されています。

自分に合う成分を配合したものを選んで使用してみてくださいね。


とはいえ、どの育毛剤がいいのかわからない方は…

ヘアラボで人気の「ベルタ育毛剤」をチェックしてみてくださいね。

4)トリートメントの使用

4つ目は「トリートメントの使用」について

高頻度のヘアカラーで髪の表面はダメージを受けているため、トリートメントを使用しましょう。

また、「トリートメントは週に1〜2度の贅沢」という方もいるかと思うのですが、傷んだ髪の毛をケアするために、毎日トリートメントするのがおすすめです。

その場合は、コンディショナーやリンスは使わず、シャンプーとトリートメントだけでOK。

髪の表面をしっかりとコーティングしてくれるシリコン入りのものがおすすめですよ。

また、洗い流さないトリートメントなども切れ毛や枝毛の防止、髪の傷み対策に効果的です。

5)ダメージを回避する

5つ目は「ダメージを回避する」について

ダメージヘア対策で特に注意したいのが、パーマやカラーなどの薬剤と摩擦によるダメージです。

《髪のために控えた方が良いこと》

  • パーマやカラー
  • ヘアアイロンやコテの使用
  • 濡れた髪のブラッシング
  • ゴシゴシとタオルドライ

市販で売られているパーマ剤やカラー剤は誰にでもそれなりの効果がでるように、強い薬剤が使用されているため、髪へのダメージも大きく悪影響のもと。

そのため、パーマやカラーは美容室で自分の髪に合う薬剤を使用して施術してもらいましょう。

また、頻度は少なくするほど髪の負担が減るので、2ヶ月に一度の頻度かそれよりも間隔をあけて通うことをおすすめします。

ヘアアイロンやコテは熱と摩擦で髪を傷めてしまうため、できるだけ使用は避けて、使用する場合はヘアケア剤で髪を保護してあげましょう。

また、濡れた髪は、表面のキューティクルが開いているため、とても無防備な状態。

そこにブラッシングやゴシゴシとタオルドライをしてしまうと、摩擦でキューティクルが剥がれ、パサパサと傷んだり、切れ毛や枝毛になってしまうので注意が必要です。

本記事では『ヘアカラーの適切な頻度』と『高頻度なヘアカラーで傷んだ髪や頭皮のケア方法』をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

ヘアカラーを綺麗に保つには、健康な髪と頭皮でないとそもそも長持ちしません。

そのためにも、ヘアカラーは2ヶ月に一度が適度な頻度と言えそうです。

ヘアカラーをした後は、髪も頭皮も傷んでいますのでアフターケアを忘れずにしましょう!