目次

  1. ヘアカラーの頻度はどのくらいがおすすめ?
  2. ヘアカラーが頭皮を痛めるって本当?
  3. 適切な頻度は?ヘアカラーのしすぎは頭皮を痛める原因に
  4. ヘアカラーのおすすめの頻度はどのくらい?
  5. ヘアカラーはなるべく美容室で!その理由は?
  6. 頭皮を守るためにも、ヘアカラーは適切な頻度で!

オシャレや白髪隠しのためにする人が多いヘアカラー。 あなたはどのくらいの頻度で行っていますか?

根元が伸びてきたらすぐに次のヘアカラーをしてしまうという人は、要注意! ヘアカラーの頻度によっては、頭皮に負担を与え、薄毛や抜け毛の原因となる可能性があるのです!

ヘアカラーの頻度、どのくらいが適当?
ヘアカラーの頻度、どのくらいが適当?

ヘアカラーは毎月やっても大丈夫?

美容院などでヘアカラーをする時、美容師さんに「しみたりしたらおっしゃってくださいね」と言われたがことありませんか?

ヘアカラーの薬剤は、頭皮の角質を溶かすほどの刺激があり、頭皮にかなりのダメージを与えています。 しみるのは、頭皮が刺激を受けている証拠なのです。

シャンプー直後で頭皮の皮脂が少なかったり、ホルモンバランスが崩れていたり。 その時の条件によって程度は変わりますが、ヘアカラーが頭皮を痛めてしまうのは本当のようです……。

ヘアカラーをあまり間隔を開けずに頻繁に行うことは、実際に頭皮にどのような影響を与えるのでしょうか? ヘアカラーの頻度が多いと薄毛になってしまうことがあるとは、本当でしょうか?! 気になる疑問を、1つずつ解決していきましょう。

ヘアカラーリングで薄毛になることってあるの?

ヘアカラーの薬剤の影響で髪や頭皮が傷つき、髪の乾燥やパサつき・頭皮のかゆみや赤みが出る場合があります。 ヘアカラーで頭皮環境が悪化することで、新しい髪の成長が妨げられ、ヘアサイクルが乱れて抜け毛が増えてしまう可能性は大いにあるのです。

特にヘアカラー歴が長く頻度が多い人は、薄毛リスクも高いと言えるでしょう。

頭皮に染料が残っていると頭皮にダメージを及ぼすことも…

ヘアカラーの薬剤や染料は、シャンプーやリンスなどと違って、頭皮に残りやすいものです。

特に染料は色が落ちにくいように作られていますから、適当に洗い流したくらいでは頭皮に残ってしまいます。 ヘアカラーの頻度が多いほど、頭皮に染料が残る機会も増えてしまいますよね。

頭皮に残った薬剤は、放置しておくとかゆみや赤みを引き起こす可能性がありますので、注意が必要です!

カラー剤が頭皮に残っていると……。

カラー剤が頭皮に残っていると……。

頭皮にカラー剤が残っていると、かゆみやかぶれなどのトラブルを引き起こす可能性も。

間隔を開けずに頻繁にヘアカラーをするのは、頭皮にはかなりの負担になります。 かと言って、何か月もヘアカラーを我慢するのも、見た目的に厳しいですよね……。 一体どのくらいの頻度で行えば大丈夫なのでしょうか?

そもそもヘアカラーはどうやって髪の毛を染めているの?

ヘアカラーをするとなぜ髪が染まるのか、そのメカニズムをご存知でしょうか? 一般にヘアカラーと呼ばれるものは、薬剤で髪のメラニンを分解(ブリーチ)し、そこに色を加えるという方法で行われています。

髪の元々の色素を抜いてからカラーリングするため、ヘアマニキュアなど表面に色をのせるだけの方法より色持ちが良いのが特徴です。 しかし、髪の傷みは激しく、頭皮も赤みやかゆみが出る可能性があります。

髪の毛が伸びたからといってすぐ染めるのはダメ?

ヘアカラーをした髪の毛は、一度髪の組織を破壊しているため、かなり傷んだ状態です。 ヘアカラー後はコンディショナーなどで髪の水分保持に努めたり、適切なお手入れをする必要があります。

髪の毛は大体1か月に1cm程度伸びると言われていますから、ヘアカラーをしてもすぐに伸びてきてしまいますよね……。

でも、根元の髪の色が気になるからと1か月も経たない内にまたヘアカラーをすると、髪や頭皮のダメージは更に進行してしまうのです!

髪の毛伸びたらすぐ染めたいけど……。

髪の毛伸びたらすぐ染めたいけど……。

伸びてすぐ染めたら、頭皮には負担大!

ヘアカラーの頻度は2ヶ月に1度を目安に

ヘアカラーの頻度は少なければ少ないほど、頭皮への負担は減ります。 しかし何か月も我慢するのは、見た目的には厳しいですよね。

頭皮の傷みを防ぎ、かつ見た目もあまりおかしくならない内に……というギリギリのラインは、ズバリ2か月に一度です!

2カ月間をあければ、ヘアカラーによる頭皮ダメージが回復してから次のヘアカラーを行うことができるでしょう。

とはいえ、なるべく頻度は減らした方が頭皮や髪には優しいということは、肝に銘じておきましょうね!

ヘアカラーは、美容院に行かなくても、ドラッグストアなどでヘアカラー剤を購入して自分で染めることもできますよね。

しかし、頭皮への負担をできるだけ減らすためには、ヘアカラーは美容院で行うことを強くおススメします! その理由は以下の通りです。

市販のカラー剤は色が落ちやすく、繰り返してしまいがち

ヘアカラー剤は、ドラッグストアなどで1000円もしない金額で手に入れることができるため、自分でやっているという人も多いかもしれませんね。

しかし、市販のカラー剤は色がすぐにおちてしまい持ちが悪いため、どうしても頻度が多くなりがちです。 自分ではうまく染められない部分があったりして、やり直ししてみたり。 薬剤を均等に塗るのも、なかなか難しいですよね……。

自分でヘアカラー行う場合、染料が頭皮に残りやすい

うまく髪にヘアカラー剤を塗布できたとしても、自分では染めた後の洗いが不十分になりがちです。 襟足部分や髪の生え際など、染料が頭皮に残りやすいのです。

自分の頭を自分で隅々まで見ながら洗えるわけではないので、どうしても洗い残しが出やすくなってしまいます。

自分でヘアカラーすると染料が頭皮に残る?!

自分でヘアカラーすると染料が頭皮に残る?!

自宅でのヘアカラーは頻度が増えがちで、染料も頭皮に残りやすい。

根本の伸びが目立ちにくいカラーリングなどをしてもらえる

美容院でプロの美容師さんにヘアカラーをしてもらう場合は、その人の髪質や頭皮の状態によって、ヘアカラー剤の種類や方法を調整してもらえます。 根元が伸びてきてもあまり目立たないような染め方もしてくれるでしょう。

頭皮や髪のダメージを最小限にする方法・頻度を提案してくれるので、やはりヘアカラーは美容院で行うことをおススメします!

ヘアカラーはオシャレに必須!という女性は多いかもしれませんが、頻度に注意しないと、確実に頭皮を痛めます。

伸びた部分を目立たせない工夫をしながら、ヘアカラーの頻度をなるべく減らし、頭皮への負担を減らすようにしましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。