目次

  1. 乱れてしまった頭皮環境、どのくらいで改善できる…?
  2. 頭皮環境が乱れる原因とは
  3. 頭皮環境の改善とヘアサイクルの関わり
  4. 頭皮環境の改善にかかる期間はどれくらい?
  5. 今すぐにでも頭皮環境のためにできることをはじめましょう
  6. 頭皮環境の改善方法
  7. 少しでも早く頭皮環境を改善したいなら…
  8. 頭皮環境の改善には、継続したケアが大切です!

最近頭皮がベタベタ… フケがたくさん出て困る… 炎症で皮膚が荒れてる…

そんな乱れてしまった頭皮環境、なんとか改善したいですよね。 でも、正常に戻すにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

今回は頭皮環境改善をクローズアップしますよ。

そう簡単にはいかないかも…
そう簡単にはいかないかも…

頭皮環境改善計画を練っています

頭皮環境、つまり頭の皮膚の状態の事ですが、この頭皮環境が乱れると抜け毛薄毛の原因になる可能性があるのは皆さんご存じの通りです。

その頭皮環境は、どういった原因で乱れてしまうのでしょうか?

主な原因を5つご紹介します。

原因1…栄養が偏った食事

髪を作り出している毛穴の下の毛根部や、頭皮と言われる皮膚の部分は体の他の部位と同じように血液から栄養などを受け取っています。

高カロリーな食事や高脂肪な食べ物ばかりを摂っていると、頭皮から分泌される皮脂も多くなりがちですし、血管にコレステロールがこびりついて血流が悪くなることも。

これでは頭皮の発毛・育毛システムがうまく機能しなくなるかもしれませんね。

原因2…睡眠不足

睡眠不足は、肌だけでなく髪にもよくありません。

しっかり睡眠を取れていると自律神経は副交感神経が優位でリラックスした状態になります。しかし質の良い睡眠が取れていないと、交感神経優位で緊張状態のままです。

これでは血行も悪くなりますし、ホルモンバランスも崩れるので、頭皮の新陳代謝も働きが鈍ってしまう可能性がありますね。

原因3…ストレス

ストレスも頭皮環境を乱す原因のひとつです。

強いストレスや慢性的なストレスは、血管を収縮させ血流を悪くする可能性があります。 このメカニズムは睡眠不足と同じで、ストレスを受けると交感神経が過敏になり筋肉が緊張状態になることで、血圧を上げるため血管が収縮するためです。

血流が悪くなると頭皮環境の乱れにつながる可能性があるので、ストレスは大敵といっても過言ではありません。

もうダメかも…
もうダメかも…

ストレスは頭皮環境を乱す原因になる可能性も……

原因4…間違ったお手入れ法

髪のお手入れの仕方も大事ですね。

シャンプーはいつされますか? 夜ですか?朝ですか?

出来れば夜がオススメです。 汚れや汗、皮脂などをそのままにして寝てしまうと頭皮環境が乱れる可能性があります。

夜シャンプーされる人で、その後ドライヤーで乾かさないで自然乾燥という人もいらっしゃると思いますが、これもNGでしょう。

湿った状態だと、頭皮の表面で雑菌が繁殖してしまうかも知れませんよ。

原因5…シャンプー剤が合っていない

髪のお手入れで大切なのはシャンプー剤の選び方ではないでしょうか。

例えば、洗浄力・脱脂力が強すぎるシャンプーで毎日洗っていると、頭皮の保護膜でもある皮脂を落としすぎて無防備な状態になります。

逆に洗浄力が弱すぎるシャンプーを使っていると、常に余分な皮脂が残って蓄積し、毛穴が詰まる恐れもあります。

皮脂の分泌や頭皮の乾燥具合は人によって違うので、自分に合ったシャンプー剤を選ぶことを意識しましょう。

このシャンプーって僕の髪に合っていますか?
このシャンプーって僕の髪に合っていますか?

どんなものを選べばいいか分からない…

抜け毛や薄毛を防ぐためには、頭皮環境を改善することが大事ですが、それ以外にも大切な要素があります。

髪の毛は、皮膚の下の毛根部でつくられていて、成長期>退行期>休止期というサイクルをずっと繰り返しています。

このヘアサイクルが頭皮環境の改善と密接に関わっていると言われています。

成長期は2~6年、退行期は2~3週間、休止期は3~4か月と言われています。

AGAなどで薄くなる原因のひとつに、成長期の期間が短くなり休止期の期間が伸びてしまうことがあげられます。

頭皮環境の改善が抜け毛や薄毛の予防につながったかどうかは、この休止期の期間が目安になるかも知れませんね。

ヘアサイクルが頭皮環境の改善に深く関わっています
ヘアサイクルが頭皮環境の改善に深く関わっています

まず髪の毛を良く知ることから始めましょう

頭皮環境改善の成果を実感できるまでにどの位の期間が必要でしょうか?

例えば、フケがたくさん出ていた人なら、そのフケがある程度少なくなった時が改善したという目安になりますよね。 あるいは頭皮が炎症を起こしていた人ならそれが治まった時でしょう。 抜け毛が多かった人ならあまり抜けなくなった時ですね。

このようにその人によって頭皮環境改善のゴールはそれぞれですから、その期間もまちまちと言えます。

ただ、それもある程度の目安はつけられそうですよ。

早く良くなれ、早く良くなれ!
早く良くなれ、早く良くなれ!

そんなに早くは無理かも…

頭皮環境改善の期間を口コミなどで調べましたが、やっぱり最低でも3か月くらいはかかるという声が多いですね。

それでも早い方なんでしょう。 6か月、半年くらいの期間は目安にして取り組んだ方がいいのかも知れません。

ということは…少しでも早くはじめた方がいいですよね?

なるべく早めに頭皮環境改善計画を始動してみてはいかがでしょうか。

頭皮環境改善計画をはじめましょう
頭皮環境改善計画をはじめましょう

なるべく早い方がいいみたいですね

それでは頭皮環境を改善するための具体的な方法を5つ、詳しくご紹介します。

簡単にできる方法から少し努力がいるものまでありますが、難しい方法ではありませんので全部は無理でもせめて2つか3つは試してみて下さい。

方法1…生活習慣の改善

規則正しく生活することはリラックスにつながります。

そして、髪の成長に良いと言われる成長ホルモンの分泌が多くなる質の良い睡眠にも関わってきますので是非実行してみて下さい。

お仕事などで忙しくても、できるだけ決まった時間に眠って起きるということだけでも 効果が期待できると思いますので少し努力してみましょう。

方法2…食生活の見直し

揚げ物やインスタント食品、高カロリーな食事…。 多忙だったり外食の多い人はつい食生活が乱れがちですよね。

しかも食事の時間もバラバラだったりすると、髪や頭皮に送られる栄養が少なくなったり偏ったりといった困った状態になる可能性もあります。

頭皮の改善期間は、出来れば栄養バランスの良い野菜中心のメニューにしましょう。

方法3…ストレスの軽減

現代人はストレスと無縁ではいられませんよね。

それだからこそ、長期間そのストレスをため込まないように少しずつでも発散・軽減することが大事になってくるでしょう。

例えば時間を作って趣味に没頭したり、ジョギングや軽めのスポーツで汗を流すのもよさそうですね。

とにかくリラックスすることを心がけましょう。

リラックス!
リラックス!

軽い運動もオススメです

方法4…ヘアケア剤の見直し

シャンプー剤は、その洗浄成分でいうと大きく分けて3つあります。

高級アルコール系・石鹸系・アミノ酸系の3種類です。

オススメは、洗浄力・脱脂力があまり強くないアミノ酸系、皮膚のPHに近い弱酸性のシャンプーだと言われています。

高級アルコール系は洗浄力も強すぎるうえ、皮膚への刺激が強いものが多いので注意しましょう。

方法5…お手入れ法の改善

シャンプーのやり方も少し工夫すると、より頭皮環境改善に良い影響が期待できそうです。

洗う時は爪を立てず指の腹で頭皮を動かすように洗いましょ

シャンプー後はドライヤーでちゃんと乾かすようにしてくださいね。

コンディショナーやトリートメントは髪にだけつけるようにして、頭皮にはつかないように注意しましょう。

こんな洗い方でいいのか?
こんな洗い方でいいのか?

正しい髪の手入れ法を知りましょう

日常生活で取り組める頭皮環境改善の方法を5つご紹介しましたが、できるだけ早く改善したいなら、それに加えて育毛剤を使用することもオススメします。

以上、頭皮環境改善について期間や方法などを詳しくみてきましたがいかがでしたでしょうか?

頭皮環境改善にはある程度の期間が必要ですので、継続したケアが大切ですのでじっくり取り組んで良い結果を期待しましょう!