目次

  1. シャンプーと頭皮の深い関係
  2. 頭皮に合うシャンプー選びの実態調査!〜一般人100人に聞いてみた〜
  3. シャンプーを選びなおすなら、スカルプDがオススメ
  4. あなたにあったシャンプーで健康な頭皮へ

こんにちは、ハゲラボ編集部です。

突然ですが、シャンプーは髪を洗うためのものだと思ってはいませんか?

「髪をサラサラにします」

「もっとあなたの髪を艶やかに」

美しい女性が綺麗な髪の毛をなびかせるTVCMを見ると、思わず「シャンプーは髪を洗うためのもの」と納得しそうになってしまいますよね。

確かに、シャンプーには髪の洗浄成分も含まれていますので、髪を洗うためのものである、という説明は間違いではありません。

しかし、シャンプーの主な役割は「髪を洗うこと」ではありません。

では、一体その主な役割とは何なのか?

以下でご説明していきたいと思います。

シャンプーの役割は「頭皮を洗う」こと

「髪についた汚れは、シャンプーで洗わないととれない」

そう思っている方は、大きな間違い。

実は、お湯でしっかりと洗い流しさえすれば、髪についた汚れのほとんどを取ることができるのです。

極端な言い方をすれば、髪についた汚れを洗うために、シャンプーはそれほど必要がないということなのです。

それに対して、頭皮についた汚れは、お湯だけでは十分に洗い落とすことができません。

つまり、頭皮の汚れを洗うためには、シャンプーが必要不可欠であるということ。

このことから、シャンプーの主な役割は髪を洗うことではなく、頭皮を洗うことであるとご理解いただけるのではないでしょうか。

自分の「頭皮タイプ」を把握しよう

もしもあなたが今「自分の”髪の毛”に合ったシャンプー」を選んで利用しているとしたら、それはもったいない選択をしているかもしれません。

なぜなら、先ほど説明した通り、シャンプーの主な役割は”頭皮”を洗うことだから

“髪の毛”に合っているとともに、”頭皮”に合っているシャンプーを選ばない限り、自分に本当に合ったシャンプーとは言えないわけです。

そのためにとても重要になってくるのが、自分の「頭皮タイプ」を知ること。

自分の頭皮のことが理解できていないのに、自分の頭皮に合ったシャンプーなど選べるわけありませんよね。

そこでご紹介したいのが、アンファーのドクターズ頭皮診断。
このドクターズ頭皮診断は、頭皮の専門医監修の元作成されました。

実は、頭皮は大きく分けて「脂性タイプ」「乾燥タイプ」の2種類に分けられるのですが、 この頭皮診断を使えば、簡単な質問に答えるだけで、自分の頭皮タイプがどちらであるかが一目瞭然でわかるのです。

後ほど、2つのタイプに合わせたシャンプー選びの極意をお伝えしますので、ぜひ自分がどちらのタイプか確認してみてくださいね!

【男性用】ドクターズ頭皮診断byスカルプD

頭皮に合ったシャンプー選びの極意

ご自身の頭皮タイプを理解した上で、いよいよご紹介するのが、それぞれの頭皮に合ったシャンプー選びの極意。

「脂性タイプ」「乾燥タイプ」の2つに分けて、それぞれ一緒にみていきましょう。

脂性タイプ

脂性タイプの方は、頭皮の皮脂が過剰に分泌されています。

頭皮の皮脂とは、頭皮の脂(あぶら)だと理解してください。

皮脂は頭皮を紫外線などから守る役割があるので、頭皮にとって本来必要なものなのです。

しかし、皮脂が過剰に分泌されている場合は、余分な皮脂を除去してあげないと、頭皮の毛穴に詰まってしまい、雑菌が繁殖してしまう可能性があるのです。

これが、頭皮の嫌な臭いや炎症のもとになってしまうんですよ。

ですので、脂性タイプの方は、しっかりとした洗浄力がありながらも、余分な皮脂だけを落としてくれる特徴があるシャンプーを選びましょう。

乾燥タイプ

乾燥タイプの方は、頭皮の皮脂の分泌量が少なく、乾燥しやすい状態です。

皮脂の分泌量が少ない場合、洗浄力が強いシャンプーはオススメできません。

皮脂は頭皮を守るためのものなので、必要以上に洗い流してしまうと頭皮にとってよくないからです。

また、頭皮の乾燥を防ぐために、保湿成分が含まれているものを選ぶとよいでしょう。

もしも頭皮の乾燥を放置してしまった場合、フケなどのトラブルを招く可能性があるのです。

なので、頭皮の潤いを意識する必要がありますね。

以上のことから、乾燥タイプの方は洗浄力が弱く、保湿成分が含まれている特徴をもつシャンプーを選びましょう。

ここまで頭皮にあったシャンプーを選ぶべき理由について説明しましたが、

「本当に頭皮に合うシャンプーが必要なのか?」

「ほとんどの人が意識なんてしてないんじゃないの?」

と思われた方も少なくないかもしれません。

そんな疑問に答えるべく、ハゲラボ編集部では、一般の方100名に「頭皮を意識してシャンプーを選んでいるのか?」その実態を探るアンケート調査を実施しました。

頭皮に合うシャンプーの重要性にまだ納得しきれていない方は、その調査結果に驚くかもしれません...!

調査方法

WEBサービスを用いて、匿名で100名の方にアンケートの回答を依頼。

アンケートには選択式の項目と、自由記述式の項目を用意し、それぞれに回答いただきました。

アンケート項目は以下の通りです。

  • 頭皮のことを気にしてシャンプーを選んだことはありますか?

  • スカルプシャンプーと聞いて思いつくシャンプーといえば?

では、アンケートはどのような結果になったのか?早速見ていきましょう。

【質問】頭皮のことを気にしてシャンプーを選んだことはありますか?

アンケート結果
アンケート結果

はい:67名 いいえ:33名

<アンケート結果>

  • はい:67名
  • いいえ:33名

驚くことに、約7割の方が「頭皮のことを気にしてシャンプーを選んだことがある」という結果になりました。

意外にもたくさんの方がシャンプー選びの際に頭皮を意識しているようですね。

まずは、「はい」と回答した方々のコメントを見てみましょう。

「はい」と回答した方のコメント

シャンプーは頭皮を洗うことというのをどこかで聞いたので。私は全体的に敏感肌で、頭皮も敏感ということを年齢を重ねて知りました

この方は、どこかで聞いた情報をきっかけに、気にするようになったそうです。

そのきっかけを機に、自分の頭皮が敏感肌だと知り、美容院で頭皮にあったシャンプーを選んでもらうようにしているとのこと。

この方は頭皮のトラブルが起きる前に、自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶようになった点が良かったと思います。

というのも、以下のようにトラブルを感じてからはじめてシャンプーを変える方が多く見受けられたからです。

頭皮に痒みを感じ、自分には合わないと思い、別のシャンプーに変えました

抜け毛が気になったときに、毛穴の汚れ・つまりが取れるシャンプーを買いました

頭皮が荒れて湿疹が出たことがあるため

早いタイミングで自分の頭皮にあったシャンプーを使っていれば、このようなトラブルを避けられたかもしれませんね。

「いいえ」と回答した方のコメント

続いて、「いいえ」と回答した方々のコメントを見てみましょう。

「今のところ頭皮は気になっていないから」

「頭皮に目立った問題が起きたことがほとんどないから」

ほとんどの回答が、頭皮にまだ問題がおきていないというものでした。

おそらく、使用しているシャンプーが偶然にも頭皮のタイプにあったものだったのでしょう。 もしくは、頭皮に合ったものではないけれども、まだトラブルが発生していないだけかもしれません。

万が一頭皮に合ったものを使っていない場合、今後トラブルが起きる可能性も考えられます。

繰り返しになりますが、少しでも気になるのであれば、一度頭皮のタイプを確認し、シャンプーを選びなおすのもいいかもしれません。

頭皮チェックはこちら!

【男性用】ドクターズ頭皮診断byスカルプD

【調査】スカルプシャンプーと聞いて思いつくシャンプーといえば?

アンケート結果
アンケート結果

スカルプDシャンプー:98名 A社:1名 B社:1名

<アンケート結果>

  • スカルプDシャンプー:98名
  • A社:1名
  • B社:1名

こちらは、ほぼ全員がスカルプDシャンプーという回答になりました。

スカルプDシャンプーと回答した方のコメントを見てみましょう。

CMを良く見るので印象が強いですし、CM曲も耳に残ります

CMも多くやってるしパッと思い浮かぶ

CMで見たことがある・有名だからという回答が9割以上を占めました。

キャッチーなメロディーが特徴のCMが認知度をあげていたようですね。

有名だし、商品名にスカルプと入っているのでスカルプシャンプーのイメージが強いです

そもそもスカルプDシャンプーには「スカルプ」という言葉が入っているので、一般的にスカルプシャンプーの代表格として知られているようです。

ただ、アンケートの回答を通して「CMを見たことがあるので知っている」といった声は多かったものの、「実際に使っている」という声は見受けられませんでした。

…ここで、スカルプDシャンプーの実力が気になってきませんか?

知名度が高いのは調査の結果からも明らか。

ただ、実際にはどんな特徴があり、どんな人に対してオススメなのでしょうか?

スカルプDシャンプーの大きな特徴は、頭皮のタイプ別にシャンプーを選べること。

ラインナップは以下の通り。

  • ストロングオイリー(超脂性タイプ)
  • オイリー(脂性タイプ)
  • ドライ(乾燥タイプ)

頭皮のタイプ別にシャンプーを用意することによって、それぞれのタイプによって異なる悩みに特化してアプローチができるのです。

購入者の方にとって、自分の頭皮にぴったりと合うシャンプーが見つかるように工夫がされた商品展開と言えますね。

では、それぞれ具体的にどのような特徴があるのでしょうか?

一緒に見ていきましょう。

スカルプDシャンプー ストロングオイリー

「脂性タイプ」の中でも、比較的強い脂性肌の方にオススメなのが、この「ストロングオイリー」タイプ。

ストロングウォッシュ処方を採用することで、シリーズ史上最も強い洗浄力を実現。 濃密な泡が、頭皮の脂や汚れを絡め取ります。

シャンプー後すぐに頭皮のべたつきが気になってしまうような方は、この「ストロングオイリー」タイプを選んでみてはいかがでしょうか。

スカルプDシャンプー オイリー

「脂性タイプ」ではあるものの、シャンプー後すぐにべたつきが気になるほどではない…という方はこの「オイリー」タイプがオススメです。

皮脂をしっかりと落とす洗浄力と、一方で潤いを逃さずキープするための保湿成分が配合されたシャンプーなんですよ。

頭皮の脂はしっかりと落としたい...でも過度に頭皮を乾燥させたくない、という方は、まずはこの「オイリー」タイプからスタートしてみてはいかがでしょうか。

スカルプDシャンプー ドライ

「乾燥タイプ」の方には、この「ドライ」タイプがオススメ。

前述しましたが、乾燥タイプの方のシャンプー選びで重要なのは

  • 保湿成分
  • 適度な洗浄力

の2点です。

「ドライ」タイプには「アロエベラエキス」や「水溶性ツボクサエキス」、またオリーブ由来成分といった保湿成分が配合されていますから、乾燥した頭皮にうるおいをもたらしてくれるんです。

さらにもう一つのポイント、”適度な洗浄力”について。この商品に採用されている独自開発の「スカルプウォッシュ+」は、頭皮の汚れをしっかりと落とした上で、乾燥肌の方に必要なうるおいをキープしてくれます。

これは「アミノウォッシュ+」がシャンプーの際にうるおいを逃さず閉じ込めてくれるから。

乾燥肌の方にはうれしい特長ですから、ぜひ一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

記事を通して、頭皮にあったシャンプーを選ぶ大切さを理解いただけましたでしょうか?

今回の記事のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • 自分の頭皮のタイプをまず知ろう

  • そして、頭皮タイプに合わせたシャンプーを使おう

たかがシャンプー、されどシャンプー。

頭皮のケアを早いうちから行うことで、いつかきっと「早めのケアを行っていてよかった」と思う日がくるはずですよ。

トラブルなく健康な頭皮環境でいるためにも、ぜひ本記事を参考にシャンプーを選びなおしてみてくださいね。