目次

  1. アトピーで頭皮にかゆみが…対策ってあるの?
  2. 頭皮のかゆみ、これってアトピー?原因は?
  3. アトピーには塗り薬を中心とした治療が基本
  4. 頭皮のアトピーとあせらず付き合っていきましょう
  5. 日頃からできる対策で健やかな頭皮を保ちましょう
  6. 正しい治療と清潔な生活で健やかな頭皮を
悩ましい頭皮のかゆみ…
悩ましい頭皮のかゆみ…

頭皮がかゆい!

ふとした時に襲ってくる頭皮のかゆみ。

なかでもアトピー(アトピー性皮膚炎)による頭皮のかゆみでお悩みの方も多いのではないでしょうか?

この記事では、アトピーによる頭皮のかゆみについてご説明していきます。

基本的な対策に加え、シャンプーやフケなど日常で気になるギモンにもお答えしていますので、ぜひご覧になってみてくださいね。

アトピーの原因は、残念ながらまだ解明されていません
アトピーの原因は、残念ながらまだ解明されていません

そもそも頭皮のかゆみの原因は数多く考えられます。

  • 脂漏性皮膚炎
  • 接触性皮膚炎(いわゆる「かぶれ」)
  • アレルギー性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎

などです。

このうちアレルギー性皮膚炎とアトピー性皮膚炎は混同されがちですが、異なるものです。

アレルギー性皮膚炎は特定の物質に触れた時に起こるものですが、アトピー性皮膚炎は何か特定の物質との接触で起こるものではありません。

ただアトピーもアレルギーが原因の一部となっていることはあります。

実はアトピーはまだはっきりとした原因がわかっていない疾患で、免疫や環境など、複数の要因が関係して起こると考えられています。

その要因のひとつにアレルギー体質があるのです。

治療法も似ている部分がありますが、アレルギー性皮膚炎であれば原因となる物質を特定、避けなければなりませんし、かぶれなどでも同様です。

皮膚科などの専門医を必ず受診して、かゆみがなぜ起きているか明らかにしましょう。

まずは皮膚科で基本的な治療を
まずは皮膚科で基本的な治療を

ステロイド剤で炎症をおさえましょう

あなたの頭皮のかゆみがアトピーであった場合、以下のような治療が主に行われます。

  • ステロイド外用剤(軟膏タイプ、ローションタイプの塗り薬)などで炎症を抑える
  • 抗ヒスタミン内服薬(飲み薬)などでかゆみを抑える

といった治療を行います。

アトピー性皮膚炎の場合、皮膚が乾燥してバリア機能が低下、雑菌など外部からの刺激を受けやすくなっています。

その状態のときにかゆいからといって頭皮を掻いてしまうと、より炎症が悪化しバリア機能がさらに低下…といった悪循環に陥ってしまうのです。

ですので、まずは起きている炎症を塗り薬でしっかりとケアしましょう。

また、さきほどお伝えしたように皮膚が乾燥してしまっていることが多いため、保湿剤を合わせて使うことも多くあります。

医師から保湿クリームなどを処方されたら、しっかりと使用して肌を保湿しましょう。

頭皮のアトピー、かゆみで悩んでいる場合、フケが気になることも多いかと思いますが、こうした塗り薬+保湿剤という基本的な治療が対策となります。

ぜひ根気強く治療に取り組んでみてくださいね。

ステロイドって副作用は心配ないの?

ここでよく話題にのぼるのが、ステロイドの副作用です。

結論からお伝えすると、塗り薬を医師の指示通りに使う分には心配いりません。

もともとステロイドの副作用が問題だったのは飲み薬で、現在では重症時を除いて使用されることはあまりありません。

塗り薬においては、人それぞれの症状の重さや塗る部位に応じて医師が適切な薬を処方してくれます。

ですので、過度に神経質になる必要はないでしょう。

むしろ心配するあまり、患者さんが薬を用法用量を少なくして使って十分な効き目が出ず、症状が悪化するケースもあります。  

必ず医師や薬剤師から指示された用法・用量を守って使用しましょう。  

ちなみに頭皮のアトピーに関しては、塗りやすさから液体のローションタイプが用いられることが多いようです。

あせらず、あきらめずに治療に取り組むのが重要です
あせらず、あきらめずに治療に取り組むのが重要です

頭皮に限りませんが、アトピー

  • 原因が詳細に解明されていないこと
  • 治療が長引くこともある

ことから、途中で治療をやめたり、民間療法に走る方がいます。
しかしまずは皮膚科医の指導のもと、さきほどご紹介したような一般的な治療から行うことをおすすめします。

「完治」というのはなかなか難しい疾患ですが、多くの場合、しっかりと治療を行えばかゆみをコントロールして症状を改善することができます。

あせらずじっくりと、頭皮のかゆみ・アトピーと付き合っていきましょう。

日々の生活を見直してみるのも大切です
日々の生活を見直してみるのも大切です

ここまでお伝えしてきた方法に加え、日々の生活の中でできる対策も多くあります。。

基本的には清潔な肌、頭皮を保つことが大切です。

いくつか今から実践できる対策のポイントをご紹介します。

汗をかいたらシャワーで洗い流す

汗をかいたあと、もしその量が多い場合はそのままにせず、シャワーを浴びましょう。

頭皮は人の体の中でも特に汗をかく量が多い部位なので、運動後などはしっかりと汗を洗い流しましょう。

ひとつ注意すべきなのは、「洗いすぎは禁物」ということです。

矛盾しているようですが、アトピーの方は乾燥肌である場合が多く、一日に何度もシャンプーをしたりすると頭皮に必要な皮脂まで洗い流されてしまいます。

するとさらに肌が乾燥、バリア機能が低下してアトピーのかゆみにつながることがあるのです。

この場合フケの増加につながることもありますので、洗いすぎには注意しましょう。

むやみにシャワーやシャンプーをするのではなく、たくさん汗をかいた後は必ずシャワー浴びる、と決めるなど、メリハリをつけて頭皮を清潔に保ってくださいね。

また、自分の頭皮にあったシャンプーを選ぶのも大切です。

枕やシーツを清潔に保つ

シーツなど、身の回りのものを清潔に保つのも大切です。

たとえば長い間洗っていないシーツにはダニが多くいることがありますが、これは炎症をより悪化させることにつながります。

特に頭皮のかゆみの場合、頭皮が接触する枕カバーはこまめに洗濯するようにしましょう。

原因がいまだによくわからなかったり、治療が長引いたりと悩ましいアトピー

しかし、あきらめずに治療に取り組むことで、炎症やかゆみをコントロールすることは可能です。

まずは皮膚科の受診をスタートとして、あなたに合う薬で根気強く治療していきましょう。

またあわせて清潔な生活を心がけることは、重症化を防ぎ、かゆみをコントロールしやすい環境づくりにつながります。

適切な治療頭皮(肌)を清潔にして、しっかりとかゆみをコントロールしていきましょう!