目次

  1. 頭皮かさぶた、どの薬がおすすめ?
  2. ①脂漏性皮膚炎によるかさぶた
  3. ②頭部白癬(とうぶはくせん)によるかさぶた
  4. ③皮脂欠乏性湿疹によるかさぶた
  5. ④接触性皮膚炎によるかさぶた
  6. 市販薬でも治らなかったら…?

気になる頭皮のかさぶた。

普段から「かゆい...」となったり、シャンプー時などに「痛い...」となったりと厄介ですよね。
しかも、それがすぐに治らないならなおさら。

実は、長く治らない頭皮のかさぶたは、病気の可能性が高いのです。

頭皮に長く治らないかさぶたができる場合、大きく分けて、下記の4つの病気が原因になります。

  • ①脂漏性皮膚炎
  • ②頭部白癬 (別名 しらくも、頭の水虫)
  • ③皮脂欠乏性湿疹  (別名 乾皮症、皮脂欠乏症、皮脂欠乏性皮膚炎、乾燥性湿疹、皮脂減少性湿疹など) 
  • ④接触性皮膚炎 (別名 かぶれ)

それぞれの病気で、使う薬は異なります。

今回は、それぞれの病気の特徴と原因、市販薬処方薬をご紹介いたします。
あなたの頭皮かさぶたの治療にお役立てくださいね。

脂漏性皮膚炎によるかさぶたは、基本ベタついています。

かさぶたは、

  • かさぶたができる部分の皮膚が、炎症を起こして赤くなっている
  • 頭皮や顔が脂っぽい感じがして、べたつく
  • ペタッとした湿ったフケが出やすい
  • 胸や背中に、ポツポツした赤い小さな発疹が同時に出る場合もある

といった特徴があります。


詳しい脂漏性皮膚炎についての記事はこちら。

頭皮のかさぶたがひどい!?原因と対策方法【出血やかゆみは大丈夫?】


脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎の原因は、「皮脂の分泌が多すぎること」と、「マラセチアという真菌の増えすぎ」です。

菌の増えすぎが頭皮のかさぶたの原因なんて、ちょっと気持ち悪いかもしれませんが、もともとマラセチアは誰の皮膚にでもいる、皮膚常在菌と呼ばれる種類の真菌で、珍しいものではありません。

マラセチアの食料は、人間の皮脂です。
人がたくさん皮脂を分泌すると、マラセチアは多量の皮脂を食べ、異常増殖して、人の皮膚を刺激する物質を作ってしまいます。

その結果、刺激物質によって、かさぶたを伴う頭皮の『脂漏性皮膚炎』が引き起こされるのです。

脂漏性皮膚炎の市販薬・処方薬は?

では、脂漏性皮膚炎について、効果が期待できる市販薬ご紹介します。
合わせて、病院にかかった場合に処方される処方薬もご紹介いたしますね。

まず市販薬については、かゆみを抑える抗ヒスタミン薬があります。

< 市販薬・抗ヒスタミン剤 >

  • 新レスタミンコーワ軟膏
  • 液体ムヒアルファEX
  • テレスHi軟膏S

などなど、詳しくは薬局の薬剤師に相談の上、ご自身にあったお薬を選ぶと良いでしょう。

病院で出される処方薬については、真菌を殺す抗真菌剤や、炎症を鎮めるためのステロイドなども処方されるようです。

< 処方薬・抗真菌剤 >

  • ニゾラールクリーム2%
  • ケトコナゾール外用ポンプスプレー2%
  • ケトパミンクリーム2%

< 処方薬・ステロイド剤 >

  • リンデロン-VG軟膏0.12%
  • デルモゾールG軟膏
  • ジフラールクリーム0.05%

市販薬よりも皮膚科で出される処方薬の方が薬効が強くなっています。

症状が重いなら、市販薬に頼るより、早めに皮膚科に行くことをおすすめします。

頭部白癬(とうぶはくせん)も、頭皮にかさぶたができてしまう病気の一つ。 頭部白癬でできるかさぶたは、

『血が出ていない白〜黄色っぽい色のかさぶた』『血が固まったかさぶた』が頭皮の上にできて、乾いたフケもあります。

皮膚を触ってみると、カサカサしていることが多いのですが、ひどくなると、炎症を起こして湿気を帯び、かさぶたから、膿や、血、ジュクジュクした汁が出る場合も。
かゆみはない場合も、ある場合もあります。


詳しい頭部白癬についての記事はこちら。

頭皮のかさぶたがひどい!?原因と対策方法【出血やかゆみは大丈夫?】


頭部白癬の原因

頭部白癬と書くと難しく感じますが、つまりは水虫の原因となる白癬菌が、頭に感染したものです。
頭皮の水虫だと思ってください。俗称として「しらくも」なんて呼ばれ方をすることもあります。

頭部白癬は、放っておくと徐々に頭皮に広がり、広範囲な抜け毛の原因になります。

最近は、「新型水虫」「マット菌」などと呼ばれる特に感染力の強い白癬菌が海外から入ってきており、柔道や格闘技の選手の間で、皮膚接触による感染が集団発生しているようです。

白癬菌は、真菌(=カビ)です。 そのため、同じく真菌のマラセチアが原因で起こる脂漏性湿疹と同じで、お薬は基本的に抗真菌剤となります。

頭皮白癬の市販薬・処方薬は?

頭部白癬について、効果が期待できる市販薬ご紹介します。
合わせて、病院にかかった場合に処方される処方薬もご紹介いたしますね。

基本的に頭部白癬は、ステロイドで悪化するため、市販薬でステロイドを使うのは厳禁であることを覚えておきましょう。(あまりにも炎症がひどい場合に限り、処方薬でステロイドが処方される場合はあります)

< 市販薬・抗真菌剤 >

  • ピロエースW軟膏
  • ブテナロック
  • ラミシール軟膏

< 処方薬・抗真菌剤 >

  • ニゾラールクリーム2%
  • ケトコナゾール外用ポンプスプレー2%
  • ケトパミンクリーム2%

頭皮白癬の薬は、基本的に抗真菌剤以外は出ないと考えてください。

ちなみに、薬効はやはり市販薬よりも皮膚科で出される処方薬の方が高いようです。

皮脂欠乏性湿疹も、頭皮にかさぶたができてしまう病気の一つ。

この病気はいろいろな別名があり、乾皮症、皮脂欠乏症、皮脂欠乏性皮膚炎、乾燥性湿疹、皮脂減少性湿疹などとも呼ばれるものです。

大きな特徴としては、かゆみが強いということ。

皮脂欠乏性湿疹でできるかさぶたは、

『血が出ていない白くてカサカサした、フケ状のかさぶた』

が基本です。

頭皮白癬とも似た症状ですので、気をつけてください。


詳しい皮脂欠乏性湿疹についての記事はこちら。

頭皮のかさぶたがひどい!?原因と対策方法【出血やかゆみは大丈夫?】


皮脂欠乏性湿疹の原因

皮脂欠乏性湿疹の原因は、「頭皮のバリア機能の低下」です。

何らかの要因で、頭皮を守る皮脂が少なくなり、頭皮のバリア機能が低下します。

頭皮のバリア機能が落ちることで、外部からの刺激に負けてしまい、ひび割れやかさぶたが頭皮にできてしまうのです。

そのため、皮脂欠乏性湿疹によるかさぶたを治していくには、皮脂を落としすぎないようにし、保湿に努めることが重要です。

皮脂欠乏性湿疹の市販薬・処方薬は?

皮脂欠乏性湿疹について、効果が期待できる市販薬ご紹介します。
合わせて、病院にかかった場合に処方される処方薬もご紹介いたしますね。

皮脂欠乏性湿疹の治療は、基本的にステロイドで炎症を抑えるというのが基本です。
また、頭皮を保湿することで軽快することが多いため、ワセリンで保湿するのもおすすめです。
ステロイド使用に抵抗がある方は、ワセリンを使うのもいいかもしれません。

< 市販薬・ステロイド剤 >

  • メンソレータム メディクイック 軟膏R​
  • ベトネベートN軟膏AS
  • エマゼン軟膏

< 市販薬・ワセリン保湿 >

  • 白色ワセリン
  • プロペトホーム
  • サンホワイト P1(最高純度)

< 処方薬・ステロイド剤 >

  • リンデロン-VG軟膏0.12%
  • デルモゾールG軟膏
  • ジフラールクリーム0.05%

< 処方薬・ワセリン >

  • プロペト
  • 白色ワセリン

基本的に皮脂欠乏性湿疹の場合、保湿して炎症を抑えることが重要です。

接触性皮膚炎、いわゆる『かぶれ』でできる頭皮のかさぶたは、

『血が固まったかさぶた』『水疱が破れて固まった白いかさぶた』あるいはその両方が基本です。

非常にかゆみが強いことが多く、かきむしってしまった場合には、血が固まったかさぶたが多くなります。

強いかゆみと同時に、赤み程度の発疹〜ひどい腫れのある大きな水疱まで、さまざまな発疹があらわれることが多く、発疹が出る場合は、通常、小さな水ぶくれを含みます。
また、皮膚も赤くなっていることが多いですね。

見分けるポイントは、

  • 強いかゆみがある
  • 患部に水ぶくれがある

といった特徴です。


詳しい接触性皮膚炎についての記事はこちら。

頭皮のかさぶたがひどい!?原因と対策方法【出血やかゆみは大丈夫?】


接触性皮膚炎の原因

接触性皮膚炎とは、一般的にいう、『かぶれ』のこと。

金属や、シャンプー(自分の頭皮に合わないシャンプー)、ヘアケア剤、帽子に使われたウール、髪を染める溶剤など、特定の刺激物質が頭皮に触れることが原因で、頭皮が傷つき、発疹やかさぶたができてしまうのです。

そのため、接触性皮膚炎によるかさぶたを治していくには、皮膚炎を起こした原因物を取り除くこと、そして患部の炎症を抑えることが重要です。

接触性皮膚炎の市販薬・処方薬は?

接触性皮膚炎について、効果が期待できる市販薬ご紹介します。
合わせて、病院にかかった場合に処方される処方薬もご紹介いたしますね。

頭皮の接触性皮膚炎は基本的に炎症を治めるステロイドが使われます。

< 市販薬・ステロイド剤 >

  • メンソレータム メディクイック 軟膏R​
  • ベトネベートN軟膏AS
  • エマゼン軟膏

< 処方薬・ステロイド剤 >

  • リンデロン-VG軟膏0.12%
  • デルモゾールG軟膏
  • ジフラールクリーム0.05%

炎症がひどくなることが多いため、頭皮にできた接触性皮膚炎の対処は、基本的にステロイドで炎症を抑えることになります。

1~2週間市販薬を使ってみても頭皮のかさぶたが改善しない場合、皮膚科へ行くことをおすすめします。

皮膚病は自己診断が難しく、自分で思っている病気と異なることもままあります。 また、市販薬の場合、薬効が処方薬よりも低く、より強い症状の場合、薬効が不十分な場合も

長引くかさぶたは、重篤な症状が隠れていることもあります。

市販薬を1〜2週間使っても効果がないなら、必ず皮膚科へ行きましょうね。