目次

  1. ノコギリヤシによる育毛はタイミングが肝心!
  2. ノコギリヤシとは...
  3. ノコギリヤシにはどんな効果があるの?
  4. ノコギリヤシは時間帯によって期待できる効果が変わる…?
  5. ノコギリヤシを飲むタイミングはいつがいい?
  6. タイミング以外に、ノコギリヤシを服用する際のポイントや注意点
  7. ノコギリヤシの服用タイミングを逃してしまったらどうすればいい?
  8. ノコギリヤシは飲むタイミング・時間も大切です!

サプリメントなんていつ飲んでも同じだなんて思っていませんか? 飲んでいれば効果が現れるはず・・。

でも、そうとはいかないようです。 効果を期待するために飲むノコギリヤシだからこそ、 飲むタイミングを知る必要があります。 詳しく知って育毛効果を早めに実感しましょう!

飲むタイミンや時間が肝心
飲むタイミンや時間が肝心

効果の高く現れる飲むタイミングとは一体いつでしょう?

そもそもノコギリヤシとはどんなものなんでしょうか?

ノコギリヤシという名前からもわかるようにヤシの一種で、 葉がノコギリのようにギザギザしていることからノコギリヤシと呼ばれています。

生育しているアメリカ南部ではインディアンが古くからスタミナ源として取り入れてきました。

その有用成分に注目が集まり、科学的研究が進められ、 今では日本の市場でもサプリメントが買い求められるようになって来ました。

ギザギザの葉のノコギリヤシ
ギザギザの葉のノコギリヤシ

天然ハーブに嬉しい成分が含まれています。

ノコギリヤシの特徴はわかりました。

それでは、天然ハーブであるこのノコギリヤシにはいったいどんな効果があるのでしょうか?

育毛や男性特有の悩みに効果があると言われていますが、 その辺も踏まえて 具体的に成分と効果についてみていきましょう。

①βーシトステロールによる男性ホルモンの調整

ノコギリヤシに含まれる有効成分のうち、 βーシトステロールという成分は男性ホルモンのバランスを整えます。

男性ホルモンの一つであるテストステロンが 5αリダクターゼという酵素とくっついて ジヒドロテストステロンが生成されます。

ジヒドトレストステロンは毛母細胞の働きを低下させます。 毛母細胞の働きが低下すると薄毛になります。

その為、ジヒドトレストステロンが多量に生成するのを防ぐことで 薄毛を予防できるということになります。

ノコギリヤシに含まれるβーシトステロールにはこの5αリダクターゼを抑制する働きがあります。

またジヒドトレストステロンが過剰に生成することで 男性前立腺肥大など男性特有の悩みを生じますが、 βーシトステロールによって 頻尿や尿漏れを防ぐのにも役立ちます。

オクタコサノールによるエネルギーの向上

オクタコサノールというアルコールの一種がノコギリヤシの中に含まれています。 この成分の中にはエネルギーを高める効果が期待されます。

また、運動能力を向上させ、持久力を高めるとも言われ、闘病生活の後、体力が落ちている人の体力増進にも使用できます。

脂肪酸による血行促進

ノコギリヤシにはリノール酸オレイン酸といった脂肪酸が含まれています。 特にオレイン酸は含有量が非常に多いです。

脂肪と聞くと油をイメージしてしまいますが、 これらの脂肪酸は体に毒になるものではなく、むしろ健康的な脂なのです。

体の中に溜まった余分な脂を排出しやすく、 体内に貯めにくくする働きがあります。

結果、血液は綺麗にさらさらの状態になります。 動脈硬化を予防するだけでなく、血行を促進することも期待されます。

薬やサプリメトでは飲む回数や用量、飲む時間など注意書きに書かれていますよね。 あれは、示された服用法により効果が得られやすいという理由もあります。

ノコギリヤシも例外ではありません。

飲む時間帯によって期待できる効果が変わると言うのは、消化に大いに関わっています。 重要なのは摂取した後、育毛成分をできるだけ体内に吸収させるということです。

その為には最も飲むタイミングに適した時間に摂取することが大事です。

飲むタイミングや時間により効果が得られやすいということが起こり、 そのサプリメントを摂取するのに最適な飲むタイミングや時間を知ることが重要だと上述しました。 それでは、ノコギリヤシのサプリメントを飲むタイミングや時間はいつがいいのか、 具体的に紹介していきましょう。

  • 1日2回朝晩摂取

1回160mgを1日2回摂取するのが薄毛やはげに効果的であると ヨーロッパの臨床結果では報告されています。 またノコギリヤシの有効成分をできるだけ体内に留まらせるためには、 一度に多量に摂取するのではなく、分けて飲む方が効果的です。 1日2回朝と晩が最適な飲むタイミングだと言えます。

  • 食後30分以内

食後は消化酵素がよく出ます。 消化酵素が活発に出ているときに摂取すれば、 ノコギリヤシの有効成分は吸収されやすくなります。 食後30分以内の摂取が飲むタイミングとしては最適です。

飲むタイミングが重要なポイント
飲むタイミングが重要なポイント

飲むタイミングを知って有効成分を賢く摂取しましょう。

飲むタイミングや時間について見てきましたが、 それ以外にも ノコギリヤシを摂取する上で注意点やポイントがあるのでしょうか?

効果的に摂取するために、 間違った飲み方で失敗しないためにもポイントや注意点も知っておきましょう。

ポイント1 摂取しやすい食事

飲むタイミングや時間として食後に摂取するのがいいとお伝えしましたが、 その食事にもポイントがあります。

ノコギリヤシの性質には油に溶けやすいというのがあります。 その為、脂や脂質を含んだ食事のあとにノコギリヤシを摂取するのがおすすめです。

ポイント2 同時摂取で相乗効果

亜鉛には体内でたんぱく質を生成する働きがあります。 免疫機能にも関係しています。

ダイエットや運動不足でも不足気味になりますが、 加齢によっても尿中の排出が増えます。

亜鉛は男性ホルモンのテストステロンの代謝に必須の栄養素で、 不足すると脱毛につながっていきます。 その為、ノコギリヤシと亜鉛を同時に摂取することで 相乗効果が得られ、抜け毛予防及び育毛効果も得られるこいうことです。

薄毛脱毛予防
薄毛脱毛予防

ノコギリヤシと亜鉛との相乗効果で育毛しましょう。

注意点1 摂取禁忌の人

前述してきたとおり、 ノコギリヤシは男性ホルモンのバランスを整える働きがあります。

その為、妊娠中や授乳中の方は使用を控える必要があります。

もし服用を続けていると、胎児や乳児のホルモンバランスを失調する可能性があり 大変危険です。 妊娠中や授乳中の使用は控えましょう。

注意点2 飲み合わせNGのもの

抗血液凝固剤や抗血小板薬を服用している人は注意が必要です。 ノコギリヤシには血行が促進される成分が含まれます。

血液をさらさらにする薬などとの相互作用で、 出血した際に血液が止まりにくくなるので注意しましょう。

もしノコギリヤシを飲むタイミングを逃してしまったら・・・? 焦ってしまいますよね。

でもそんなに不安になる必要はありません。

前述で朝晩に分けて飲むのが良いとしましたが、 ノコギリヤシは1日320mgが標準摂取量とされています。

これは1日での摂取量であって、 必ず2回に分けなければいけないということではありません。

もし飲むタイミングを逃してしまった場合は、 就寝前の時間に飲むタイミングがずれても大丈夫です。

男性ホルモンは睡眠中に多く分泌されます。 1日のうちで最も分泌量が多いとされています。

また睡眠中は代謝が活発になるので、 栄養分が吸収されやすくなります。

飲むタイミングを逃したら・・・
飲むタイミングを逃したら・・・

1日の終わりに飲むようにしましょう。

いかがでしたでしょうか? ノコギリヤシの成分や飲むタイミングについて紹介しました。

サプリメントは消化吸収とも関係しています。

ただ飲むということではなく、せっかく飲むなら少しでも効率よく吸収するの方が嬉しいですよね。

その為には、飲むタイミングや時間が重要なポイントになるということを踏まえて 飲み続けていきましょう。