目次

  1. 意外とわからない!サロンと市販のシャンプーの違いは?
  2. シャンプーはサロン用と市販、どちらを選ぶことが多い?
  3. 意外と知られていないサロンと市販のシャンプーの違いとは?
  4. サロン用と市販のシャンプー、買うならどちらを選ぶべき?
  5. 自分に合ったシャンプーを選ぶには何を重視すればいいの?
  6. 違いを考慮した上で自分に合うシャンプー探しを

サロン用と市販のシャンプー。 どちらも同じだと思っている人も多いかもしれませんが、実はこの2つには違いがあるというのを知っていましたか?

でも、シャンプーの違いって一体どういうところに出るのか分からない…という人も多いかもしれませんね。

なので今回は、サロン用と市販のシャンプーの違いとは何か、特徴を比較しながら迫っていきます!

同じシャンプーなのに違いがある?
同じシャンプーなのに違いがある?

市販とサロン用のシャンプーの違いに迫ります。

市販のシャンプーは、スーパーやドラッグストアなどで簡単に購入できるのが魅力ですよね。 一方、サロン用のシャンプーは実際にサロンまで買いに行ったり、通販で購入したりしなければならないため、ハードルが高いかもしれません。

でも、意外とサロン用のシャンプーにハマっているという人は多いみたいです。 やっぱり使用感に明確な違いがあれば少しくらい面倒でもサロン用シャンプーを使いたくなってしまうのかも…?

一体、市販とサロン用のシャンプーの違いはどういう所にあるのでしょうか。

サロンと市販のシャンプーの違いは何?と言われても、すぐに答えられる人は少ないかもしれません。 それどころか、別にどっちも同じでしょ?と思う方もいると思います。

意外と知られていませんが、実は両者には明確な違いがあるんですよ。 詳しくご説明していきますね。

サロン用と市販シャンプーとの違いは?
サロン用と市販シャンプーとの違いは?

あまり知られてない両者の違いをご説明します。

泡立ちやすさは市販のシャンプーの方が上!?

サロン用と市販シャンプ―の違いとして一番わかりやすいのは、泡立ちやすさです。 さて、泡立ちやすいのはどちらでしょうか?

正解は、市販のシャンプー。 サロン用より市販のシャンプーの方が泡立ちやすいなんて、意外に思う人もいるかもしれませんね。

というのも、市販のシャンプーには泡立ちを良くするための化学成分が入っていることが多いんです。 でも、ここには意外な落とし穴が…? その秘密は後ほどご紹介しますね。

サロンのシャンプーの特長と目的

市販のシャンプーの方が、サロン用に比べて泡立ちやすいというお話をしてきました。 どうしてサロン用のシャンプーもそうしないのか、疑問に思った方もいるのではないでしょうか?

ただ、サロン用のシャンプーはお客様の髪に良く、スタイリングしやすくするのが目的。 さらに使うのは主に美容師さんですので、泡立てるのも上手にやってくれます。 つまり、泡立ちよりも仕上がりの質が優先というわけなんですね。

市販のシャンプーの特長と目的

市販のシャンプーはサロン用と違い、試してから購入することがなかなか難しいですよね。 そして使う人も一般人。 美容師さんのように洗うプロではありませんから、すぐに泡立つシャンプーの方が嬉しいと思いませんか?

市販のシャンプーは一般の人向けに簡単に洗えることを目的として作られています。 ですから泡立ちを良くする成分がわざわざ入っている場合が多いというわけなんですね。

では、サロン用と市販のシャンプー、自分で使う時には一体どちらを選べば良いのでしょうか? 泡立ちで選ぶなら市販品のほうが良さそう…でも、やっぱりプロ用のほうが髪には優しいのか…。

サロン用と市販のシャンプー、それぞれのポイントに迫ります!

シャンプーは市販のものでいい?それとも…
シャンプーは市販のものでいい?それとも…

サロン用と市販のシャンプーのポイントの違いをそれぞれ押さえましょう。

サロン用シャンプーのおすすめポイントは?

サロン用シャンプーのおすすめポイントは、何と言っても髪や頭皮への優しさを追及していることです。

プロの美容師さんが選んでいるシャンプーですので、洗い上がりの髪質や肌への優しさにはこだわり抜かれて作られているんですよ。 ですから、より自然に近い成分が配合されているものが多いんです。

その代り、泡立ちを良くするための化学成分は極力排除されていますので、洗っている時の泡立ちの良さはあまり期待できないかもしれません。

市販用シャンプーのおすすめポイントは?

市販用のシャンプーのおすすめポイントは、手軽さ香りです。

サロン用と違って泡立ちを良くする成分が配合されていることが多いので、髪の毛につけた瞬間から泡立つ感じが実感できます。 そして、香りも様々なものから選ぶことができるので、洗った後も香りが残って欲しいという人にはオススメできるかもしれません。

ただし、泡立ちや香りの成分は自然のものではない場合も… 肌への刺激を考えると、慎重に選ぶことも必要かもしれないですよ。

気になるのはコスト面…

サロン用と市販のシャンプーを比べた時にもう1つ気になるのがコストの違いです。

市販品は高くても数百円ほどで購入できることが多いですが、サロン用のシャンプーはちょっとお高め。 1本辺り1000円以上…高いものでは数千円する場合もあります。

これだと毎日使うにはちょっと…と思う人もいるかもしれませんね。

使用感や配合成分、そしてコスト… 市販用とサロン用のシャンプーを比べると、色々な要素が気になってきますね。

では、自分に合ったシャンプーを選ぶにはどうすればいいのでしょうか? 選び方のコツをご紹介します。

自分に合ったシャンプーを選ぶには?
自分に合ったシャンプーを選ぶには?

そのためのコツをご紹介します。

「ノンシリコン」の文字ではなく洗浄成分を見ること

ノンシリコンのシャンプーが髪や頭皮に良いということを知っている人はかなり多いかもしれません。

確かにノンシリコンシャンプーを選ぶことも髪にとっては良いことなのですが、それ以上に大事なのは、実は洗浄成分なんです。 いくらノンシリコンのシャンプーでも、洗浄成分が強すぎると結局髪や頭皮にとって良くない影響を与えてしまう可能性も…

ラウレス硫酸やラウリル硫酸といった成分は、市販のシャンプーによく含まれている洗浄成分ですが、肌への刺激が強すぎることがあるので購入時には注意することをオススメします。

使用後にかゆくなる・赤くなるのはシャンプーが合っていない証拠?

髪や頭皮にとって良くない刺激があるシャンプーは、成分以外に使用感にも特徴があります。 それは、洗っている最中にかゆくなったり、赤くなったりすること。

シャンプーをしている間、洗っても洗ってもかゆい…という経験はありませんか? 元からかゆかったというわけではないなら、そのかゆみは刺激によるものかもしれません。 そして、洗った後に頭皮を見て、赤くなっていたらこれも要注意。 肌に合っていない可能性が高いですよ!

大切なのは健康な髪と頭皮を維持できるシャンプー

市販のシャンプーは簡単に泡立ちますから、一見、使用感が良いように感じるかもしれません。 でも、長い目で見れば大事なのは頭皮や髪の健康だと思いませんか?

もちろん市販のシャンプーでも髪や頭皮に合っているものはあるかもしれません。 でも、サロン用のシャンプーを使ってみて、もし髪や頭皮の雰囲気に違いがあるとしたら… どちらを使うか、しっかり考えてみて下さいね。

市販とサロン用のシャンプーの違いについて、いかがだったでしょうか。

同じシャンプーをずっと使い続けていると、他のシャンプーの良さに気付くことはなかなか難しいかもしれません。 今使っているシャンプーに少しでも疑問があったら、試しに別のシャンプーを使ってみると違いがわかるかもしれませんよ。

より自分に合ったシャンプーを使って、健康で美しい髪を維持していきましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。