目次

  1. ザガーロとリアップ、併用しても大丈夫なの?
  2. まずはザガーロとリアップ、それぞれの効果について
  3. ザガーロとリアップの併用は、効果<あり>!
  4. 【要注意】併用するだけ、リスクも増える
  5. ザガーロとリアップ、併用は副作用リスクも考慮した上で!

飲み薬のザガーロと、塗り薬のリアップ

どちらも厚生労働省から有効性を認められた、医薬品の発毛剤です。

「もし、両製品を併用すれば、より高い発毛効果が見込めるのでは…?」

こう思っている方も多いはず。

実際、どうなんでしょう?

併用することでより高い効果が得られるのか。反対に、併用することで健康を害するリスクが生じることはないのか。

ザガーロとリアップの併用がもたらす「効果」や「リスク」について、まとめてみました。

まずはザガーロとリアップ、それぞれを単体で用いたときの効果を確認しましょう。

それぞれザガーロの添付文書リアップの添付文書をもとに解説していきます。

ザガーロの効果

ザガーロには、薄毛の進行を抑える効果があります。

ハゲ・薄毛の多くは、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる進行性の脱毛症。

AGAでは、男性ホルモン「テストステロン」が体内の酵素「5α-リダクターゼ」と結合して男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変わり、その働きによって髪の正常な発育サイクルが乱されてしまいます

このうちの「5α-リダクターゼ」の働きを、ザガーロの主成分デュタステリドが抑えてくれるのです。

リアップの効果

リアップには、新たな毛を生やさせる効果があります。

リアップの有効成分ミノキシジルには2種類の作用が認められています。

ひとつは、毛の根元にあり、髪の発生に関わる毛乳頭細胞を刺激し、発毛を促す作用。
もうひとつは、血管を拡張させ、髪に必要な栄養素の運搬を助ける作用。

この2種類の作用により、新たな毛を生やす、つまり発毛させる。それがリアップの効果です。

さて、それでは本題。「ザガーロとリアップ、併用すると、より高い効果が得られるのか」?

答えは、「YES」。
ザガーロとリアップの併用は、効果的です。

前述の通り、ザガーロは内服薬。効果は「AGAの進行を抑える」。

一方、リアップは外用薬。効果は「新しい毛を生やす」。

両者は薄毛に対するアプローチが全く異なり、したがって、互いの効果を打ち消しあうことがありません。

併用は、むしろ推奨されるものであると言えます。

ただし…

一つだけ注意しておきたいのは、なにも相乗効果があるわけではないということ。

併用することで、お互いに効果を高め合うということもまた、ありません。

ここまで、ザガーロとリアップのプラスの面(効果)ばかりを見てきました。

しかし、効果に副作用はつきもの。効果が強い薬であれば、それだけ副作用のリスクも大きくなります。

両製品を併用するということは、効果への二重の期待と、二重の副作用リスクを、ともに引き受けることなのです。

ザガーロとリアップ、それぞれどのような副作用リスクがあるのか。やはり添付文書をひもといてみましょう。

ザガーロの副作用

ザガーロの添付文書によれば、一連の臨床試験において、次のような副作用が認められています。

  • 勃起不全
  • 性欲減退
  • 射精障害

ひと口にいうと、性機能障害ですね。
発現率は、いずれの調査でも数%。しかし、国内長期投与試験では、勃起不全が10.8%を数えました。

ほかに、肝機能障害黄疸といった重大な副作用があらわれることもあり、こうした場合には使用を中止し、医師に診てもらう必要があります。

リアップの副作用

リアップの添付文書によれば、次のような症状が出た場合、副作用の可能性があるので、使用を中止し、医師・薬剤師に相談する必要があります。

  • 頭皮の赤み・かゆみ
  • 頭痛・めまい
  • 胸の痛み・心拍が速くなる
  • 原因のわからない急激な体重増加
  • 手足のむくみ

ほか、「血圧」や「心臓または腎臓」に影響が出る可能性があるため、高/低血圧の人、心臓または腎臓に障害のある人は、注意が必要であるとのことです。

こうして見ていくと、ザガーロとリアップで、起こりうる副作用が全然ちがうということがお分かりになると思います。

もっとも、「効果」のときにお話したように、「副作用」についても、なにも相乗効果があるわけではありません

それぞれの副作用リスクが増幅される(かけ算)というわけではないものの、単純に、起こり得る副作用の項目が増える(たし算)ことにはなるわけですね。

以上、ザガーロとリアップの併用について解説してきました。

  • ザガーロとリアップの併用は可能であり、効果的。
  • ただし、起こりうる副作用の種類も増えてしまうので、注意が必要。

いずれにせよ、使用の際は医師・薬剤師の指示を厳格に守り、適切な治療を行っていきましょう!