目次

  1. 赤色LEDで発毛できるの?!
  2. そもそも赤色LEDってどんなもの?
  3. 赤色LEDで発毛できるって本当?
  4. 赤色LEDはどのくらいの期間で発毛効果が見られるの?
  5. 発毛以外にもある?!赤色LEDのその他の効果!
  6. 赤色LEDを使った発毛治療は実際に行われているの?
  7. 赤色LEDの効果が気になる方は専門クリニックでお試しを!

はい、実は赤色LEDを照射すると頭皮が活性化し発毛します。 大阪大学でのマウス実験でも確認されているんですよ。

業務用の発毛器具だけでなく、家庭用器具も発売され、紫外線も赤外線も含まない、副作用のない赤色LEDは、今とても注目されているんです!

日常生活でも
日常生活でも

発毛用、美容用だけでなく 防犯カメラ、ブレーキランプなど 赤色LEDは使われています。

LEDは、日本名では発光ダイオードです。 青色発光ダイオードが、ノーベル賞で有名になりましたよね。 1番早く発見されたのは、1962年に発見された赤色LEDで発光する半導体素子として半世紀以上活躍しています。

LEDは3色あります。

LEDは3色あります。

発見された順だと 1962年赤色、1972年黄色、 1990年頃に青色です。

LED…よく聞くけど普通の光と何が違うの?

LEDと言えば、値段は高いが、消費電力は少ないということを思い浮かべるかもしれません。 しかし、優秀なのは、寿命が長い、低消費電力だけではないんですよ。 LEDは熱くなりにくく、二酸化炭素の排出も少ないのです。

虫が寄ってくる紫外線を出さないという特性があり、屋外照明をLEDにすると、虫が寄り付かないことでも知られています。

赤外線も出さないので、美術品の展示には必ず使われています。

LEDは色によって効果が違うって本当?

そうなんです、色によって効果が違うのです。

赤色LEDは、コラーゲンを増やしたり、炎症を抑えます。 黄色LEDは、シミやタルミ対策に有効とされ、青色LEDは、過剰な皮脂を抑制し、ニキビ治療等に使われます。

光の波長が違うので、同じLEDでも効果が違うのです。 副作用もないので、さらなる活用が期待されています。

赤色LEDによって得られる効果とは?

赤色LEDが人体にもたらす効果はひとつではありません。 肌ならば、コラーゲンが増え、頭皮に照射すると、毛母細胞が刺激され、発毛が促進されます。 その効果は実験でも証明されているんですよ。

副作用もなく、肌のトラブルもなかった為、育毛サロンやエステでも使用されるようになり、最近では家庭用の小型なタイプも登場してきました。

先にも説明しましたが、赤色LED照射を続けると発毛作用が生じます。 大学の研究室、医師による実験でも、効果が出ているんですよ。 赤色LEDの照射によって、抜け毛減少や発毛効果が期待できるようです。 詳しく見ていきましょう。

赤色LEDは発毛作用があるって本当?

はい、大学の研究室、医師の実験で証明されました。 育毛クリニックや美容整形外科、皮膚科でも赤色LEDが抜け毛予防、発毛促進に使用されています。 髪を作る毛母細胞に、赤色LEDを照射すると新陳代謝がよくなり、抜け毛が減り発毛力が増していくのです。 結果が出やすく、副作用もないので多用されています。

赤色LEDの効果についてはTVで放送されたこともある

この赤色LEDの効果はTVで放送された事もあります。 内容は赤色LEDを使用している育毛クリニックと利用者の感想、大阪大学の毛髪再生医学の研究室の取材などです。

一部のクリニックでは治療法として取り扱っているところも

赤色LEDは痛みや副作用がなく効果が期待できるので、専門クリニック、エステでも使用されているようです。

そのほかにも、LEDを治療に活用する皮膚科医もあるようですよ。 肌ダメージのないLED治療は、炎症起こしているニキビ肌や目元などの敏感な部分にも使用でき、ステロイドなどの投薬をしなくていい治療として評価されています。

敏感肌でも使用可能

敏感肌でも使用可能

LEDによる光治療は 熱くもなく、痛みもないので 幅広い世代でも使用可能です。

LEDの中でも赤色LEDは発毛効果があると言われるのは赤色LEDが肌の中に入り込み、毛母細胞を刺激して発毛を促進するから。 では、どの程度の期間で発毛するのでしょうか? 気になりますよね。

発毛効果が現れるのは2週間以降から!?

「発毛効果が現れるのは2週間以降から」 これは根拠がない情報ではなく大阪大学のマウス実験が元です。 休眠期に入ったマウスに赤色LEDを週に3回照射して、変化が現れたのが、2週間目なのです。 そのため、薄毛治療用に用いた時も、2週間以降から効果が出ると考えられています。

なぜ赤色LEDで髪の成長を促進させることができるの?

髪の毛を産み出すのは、頭皮の奥にある毛母細胞です。 この毛母細胞が活発に動くか、動かないかで髪の量が決まります。 毛母細胞の活動が鈍くなると、薄毛になったり髪が伸びにくくなってしまうのですね。

赤色LEDは、毛母細胞まで届く波長を持っているので、痛みもなく毛母細胞を刺激し、活性化させることができます。 そのため、赤色LEDを当てるだけで、発毛効果が期待できるのです。

赤色LED=発毛?

赤色LED=発毛?

目に見えるので発毛ばかりが取り上げられますが、赤色LEDは、発毛以外にも効果があるんですよ。

痛みや副作用なく発毛効果が期待できる赤色LED。 しかし、発毛以外にも、もっと様々な効果が期待できるんですよ。 詳しく、じっくり見てみましょう。

新陳代謝の改善、血行促進効果

赤色LEDは髪を産み出す毛母細胞を活性化させますが、活性化させるのは、それだけではありません。 ミトコンドリアまで活性化させるのです。 内臓、筋肉、脳にも存在する「生きるためエネルギー」を作る細胞がミトコンドリア。 血行が良くなるので、乾燥肌にも効果的と言われています。 美容サロン、クリニックで使用される訳ですね。

頭皮のコラーゲン生産能力を高め、頭皮の若さを保つ効果

赤色LEDは、肌を守るコラーゲンを増やしてくれます。 でも頭皮のコラーゲンと若さって大切なの?

実は頭皮の若さは結構重要なんですよ。 頭皮と顔は繫がった皮膚なので、頭皮が弛めば顔も弛みます。 肌の筋交いであるコラーゲンが増えれば強度が増し、コラーゲンが減れば、弛んだり、シワができてしまうんです。

顔のシワが気になるからって、顔ばかりお手入れしてても十分ではないのですね。

炎症を抑える効果

赤色LEDは、色々な細胞を活性化させていますが、他にも炎症を抑える効果もあります。 頭皮の炎症も抑えるので、それがもとで起こってしまう抜け毛にも効果が期待できそうですね。 また、抗炎症力がありながら刺激がないので、ニキビの治療やニキビ痕の軽減にも使われています。

美顔器としての赤色LED

美顔器としての赤色LED

しわ、タルミ対策用として市販されている美顔器には、赤色LEDを利用したアイテムもあるんですよ。

赤色LEDを使った治療は育毛クリニックや皮膚科で行われ、抜け毛が減った、発毛した等、実績も上げています。

赤色LEDを使用した発毛治療は全国共通ではないので、電話やホームページで事前に確認しましょう。 ホームページには赤色LED治療や器具の説明、治療実績、金額なども記載されているので、より安心ですね。

育毛剤で荒れたことがある人、ずっと服用する薬は怖い人は刺激も副作用もない赤色LEDによる治療がオススメですよ。

赤色LEDの治療を受けるにはどこがオススメ?

育毛クリニック、皮膚科、どちらでも赤色LEDの治療は受けられますが、内容が違います。

育毛クリニックは発毛、育毛専門ですので、赤色LED治療の他にも頭皮クレンジング、頭皮マッサージも受けられます。

皮膚科の場合、発毛よりもニキビ、ニキビ跡の治療、シワ、たるみ改善が多いので、発毛治療をしているか確認が必要です。

また、どちらも保険外治療となりますので注意が必要ですよ。

赤色LEDは保険外治療

赤色LEDは保険外治療

赤色LED治療は1度では効果が出ません。 最初に予算を決めてから治療しましょう。

発毛剤で荒れた!体に合わなくて内服薬は飲めない!カツラは避けたい! そんな方には赤色LEDが向いています。 気になる方は、まずは無料カウンセリングから始めてみてはいかがでしょうか。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。