目次

  1. プロペシアとザガーロってどう違うの?
  2. 《まとめ》プロペシアとザガーロの違い
  3. プロペシアとザガーロの併用はおすすめしません!
  4. 【注意】個人輸入のリスク
  5. 自分に合った対策で薄毛をケアしよう

薄毛の治療薬として有名なプロペシアザガーロ

薄毛でお悩みの方なら一度は耳にしたことがありますよね。

ですがこの2つの薬、「違いがよく分からない」という方が多いのではないでしょうか?

どちらも医薬品ですので、正しい知識を持って自分に合ったものを選ぶことが大切です。

そこで今回は、プロペシアとザガーロの違いについて詳しく説明していきますね。

プロペシアとザガーロ、ともに国内で認可されているAGA(男性型脱毛症)(注1)の治療薬ですが、大きな違いは以下の通りです。

  • 主成分と効果

  • 副作用

  • 用法用量

それぞれ、どのような違いがあるのかを順番にみていきましょう。

注1:思春期を過ぎた男性に現れる薄毛の症状。前頭部や頭頂部から薄毛が進行するという特徴を持つ。

主成分と効果

プロペシアとザガーロの違い、1つ目は主成分とその効果

簡単に主成分をまとめると以下の通りです。

  • プロペシア:フィナステリド

  • ザガーロ:デュタステリド

それぞれの主成分の働きを見ていきましょう。

フィナステリドの効果

フィナステリドの働きを説明する前に、AGAのメカニズムについて簡単にご説明しますね。

AGAの主な原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの一種です。

このDHTは同じく男性ホルモンの一種であるテストステロンと、5αリダクターゼという酵素が結合することで生じます。

フィナステリドは、この5αリダクターゼの働きを阻害し、DHTが増えるのを防ぐことでAGAの進行を抑える効果が期待できる有効成分なのです。

5αリダクターゼには1型と2型があるのですが、フィナステリドが作用するのは前頭部や頭頂部に存在する2型の5αリダクターゼのみ
有効成分によって、効果が現れやすい部位にも違いがあるのです。

デュタステリドの効果

デュタステリドも、フィナステリドと同じく5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。

ですが、フィナステリドは2型の5αリダクターゼしか阻害できないのに対して、デュタステリドは1型2型両方に作用するという特徴が。

そのため、「よりDHTの発生を抑え込むことができる」と言われています。

ザガーロの添付文書の中にも、「頭頂部においてデュタステリドにはフィナステリドより高い発毛効果が認められた」というデータが載っています。

あくまでデータの1つに過ぎないため効果を保証するものではありませんが、デュタステリドの方がより高い発毛効果を期待できると考えられるでしょう。

副作用

プロペシアとザガーロは医薬品なので、当然副作用のリスクもあります。

2つとも同じメカニズムで作用するため、副作用の内容に関しては“ほとんど同じ”。

代表的なものは以下の通りです。

  • 肝機能障害
  • 性欲減退
  • 勃起不全

副作用の内容については大きな違いはないのですが、臨床試験によると副作用が現れる確率には違いが出ています。

副作用が現れる確率は、プロペシアが4.0%ザガーロは17.1%

具体的な数値で見てみると、リスクの差を確かに感じられますね。

もちろん、確率を見ていただいてもわかる通り、副作用は必ず起こるものではないので、そもそも2つの薬の副作用に差を感じられない方もたくさんいるかと思います。

ですが、このようにリスクに違いがあるということは、念頭に置いておいたほうがいいでしょう。

用法用量

用法用量は以下の通りです。

  • プロペシア
    ー 0.2mgを1日1回
    ー 必要に応じて増量できるが1mgが上限

  • ザガーロ
    ー 0.1mgを1日1回
    ー 必要に応じて増量できるが0.5mgが上限

どちらも飲む時間やタイミングに決まりはありませんが、体内の成分量を一定に保つため、毎日同じ時間に飲むことが推奨されています。

また、プロペシアとザガーロは肝臓で代謝されるので、負担をかけないためにアルコールとの同時摂取は避けたほうがいいでしょう。

併用禁忌薬に関しては、プロペシアにはありません。

一方のザガーロにも併用禁忌薬はないのですが、リトナビルなどを代表とする「CYP3A4阻害薬」は併用注意薬に指定されています。

すでに治療をしている方や、飲んでいる薬のある方は事前に医師に相談しましょう。

AGA対策に効果の認められたプロペシアとザガーロですが、「併用すればもっと高い効果が期待できるのはでは?」という疑問もありますよね。

実際に、フィナステリドとデュタステリドを併用することで薄毛が改善した例はあるようです。

ですが、これらを併用することで効果が高くなるという根拠は今のところありません。

それどころか、併用することで肝臓への負担も大きくなり、副作用のリスクも高まる可能性があります。

なので、基本的に併用はおすすめしませんが、「どうしても併用が気になる」という方は医師に相談してみてください。

プロペシアやザガーロは医療用医薬品のため、購入の際は原則として医師からの処方が必要です。

ですが、処方せんなしで合法的に購入できる方法として個人輸入という手段もあります。

病院で処方せんをもらって購入するのに比べると安く手軽に入手できるため、深く考えず利用する方も多いのですが、個人輸入には偽造品の流通という大きな問題点が。

偽造品は、効果が期待できないだけでなく、重篤な健康被害を引き起こす可能性もあります。

価格も重要なポイントですが、健康を害してしまっては本末転倒。

そのため、ヘアラボのポリシーにより個人輸入は推奨いたしません。

プロペシアやザガーロをお求めの方は、必ず医師に処方してもらうようにしましょう。

ここまでプロペシアとザガーロの違いについて、説明してきました。

主な作用は同じですが、効果や副作用などに細かな違いがあるということが、お分りいただけたのではないでしょうか?

プロペシアとザガーロ、“どちらが優れている”ということはありませんので、服用する場合は自分に合ったものを医師と相談して決めるようにしましょう。