目次

  1. プロペシアの服用で細毛化が起こるって本当?
  2. そもそも細毛化が起こる原因とは?
  3. 【結論】プロペシアで細毛化が起こる可能性は低い!
  4. プロペシアで細毛化が起こるといわれる理由とは
  5. 細毛化の原因はプロペシアではないかも…医師に相談しよう

AGAに効果のある薬として知られているプロペシア

しかし、一方でプロペシアを飲むと、髪が細くなってしまう(=細毛化)という噂も

もしこれが事実で、薄毛改善のために服用したのに、かえって髪が細くなるのであれば、あまり積極的に使用できません。

そこで今回は、プロペシアによる細毛化の噂を徹底調査しました。

細毛化が起こる原因や、プロペシアと細毛化の関係について詳しくご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

ヘアサイクルの乱れ

細毛化の原因の一つとして、ヘアサイクルの乱れが考えられます。

ヘアサイクルというのは、髪の毛が発育する周期のこと。
この周期が正常に働いていれば、十分な成長期間の中で、丈夫で太く長い髪の毛が成長します。

しかし、ヘアサイクルが乱れると髪が成長する期間が短縮されてしまいます。

そのため、弱く細い髪の毛になってしまうことがあり、これが「細毛化」と呼ばれる現象に繋がるのです。

ヘアサイクルが乱れる要因はさまざまあり、AGAの原因とされる強力な男性ホルモンが髪の成長を阻害することや、生活習慣の乱れなど、多くのことが複雑に絡み合っています。

頭皮の血行不良

頭皮の血行不良も、細毛化が起こる原因の一つと言えます。

髪の毛は、頭皮を流れる血液から栄養をもらい、成長しています。

しかし血行が悪くなると、十分な栄養を受け取れなくなり細く弱い髪に。

頭皮の血行不良は、ストレスや睡眠不足など生活習慣に関わるものが多いと考えられます。

結論からお伝えすると、プロペシアが直接的な原因となり細毛化が起こる可能性は低いと考えられます。

プロペシアの作用ははヘアサイクルの乱れを招く、強力な男性ホルモンの生成を抑えること。

そのため、AGAによる細毛化など薄毛の進行を食い止める効果が期待できます。

つまり、プロペシアには細毛化と逆の効果があるとされているので、プロペシアによって細毛化が起こるということは考えにくいのです。

では、なぜプロペシアで細毛化が起こると言われるのでしょうか?

考えられる理由は2つあります。

  • プロペシアの効果はすぐに出ない
  • プロペシアによる初期脱毛が細毛化と勘違いされる

プロペシアは医薬品でAGAに効果があるとされていますが、服用をはじめてすぐに効果が出るわけではありません。

数ヶ月飲み続けることで、ようやく効果が現れます。

効果が現れるまでの間、薄毛の進行はこれまで通りに進んでしまいます。

そのため、即効性を期待していた人は、プロペシアによる「細毛化」を疑ってしまうようです。

また、プロペシアには初期脱毛という症状が見られることがあります。

初期脱毛とは発毛剤の作用によって、髪の毛の成長サイクルが正常に働こうとする過程で、一時的に抜け毛が増える現象

初期脱毛は髪の毛が細くなるのではなく”抜ける”現象です。

しかし、髪のボリュームっが減ることで、髪が細くなったと勘違いされてしまう可能性があります。

プロペシアによって細毛化が起こる可能性は低いと言えます。

しかし、細毛化が起きたという声があるのも事実。
髪が細くなっていると感じたら、プロペシア以外に原因があるかもしれません。

またプロペシアで細毛化が進んだと感じたら、効果がうまく発揮されていないという可能性も。

もしプロペシアの服用で細毛化などの異変を感じたら、まずはプロペシアを処方してもらったクリニックで相談しましょう。

不安を抱えながらの薄毛治療は、髪にもよくありません。

医師とともにしっかりと原因を見極めて、適切な対処を行ないましょう。