目次

  1. プロペシアを長期間使うとどうなるの?
  2. 【まとめ】プロペシアを10年使った結果
  3. プロペシアを10年続けるのは難しいという方は…
  4. 正しい知識を持って薄毛を対策しよう

「AGA対策にプロペシアを使ってみたい…!」

という、まずは少し試してみたい気持ちは、誰しもが持つもの。

ですが、このプロペシアはその特性上、“長期に渡って服用する”必要があります。

そこで気になるのが、「長期間プロペシアを使い続けるとどうなるのか」というところ。

薄毛に対するアプローチや副作用など、気になる点は多いですよね。

そこで今回は、プロペシアを10年使うとどうなるのか、徹底解説していきます。

プロペシアを10年使う際、気になるポイントは以下の5点。

これらの疑問を1つずつご説明していきます。

薄毛はどうなるの?

最も気になるのは、10年後薄毛がどうなっているのかですよね。

これに関しては個人差がありますので、効果を保証するようなことは言えません。

ですが海外の研究によると、プロペシアの主成分であるフィナステリドを10年間投与した被験者のうち、薄毛が悪化したのは「14%」。

「86%」の被験者は現状維持以上の効果を実感しているということですね。

フィナステリドは発毛というよりは薄毛の進行を抑えるための成分なので、10年という長い年月、現状維持ができるだけでも「十分な効果」と言えるのではないでしょうか。

いつから効果が出るの?

プロペシアを10年も使うとなると、いつから効果が実感できるのかも重要なポイントになりますよね。

こちらも個人差があり確定的なことは言えませんが、プロペシアの添付文書には以下のように書かれています。

3か月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常6か月の連日投与が必要である。

プロペシア 添付文書

効果を実感できるまでの期間は、「3か月〜6か月」が目安となっています。

すぐに効果が出てほしいところですが、ある程度は気長に服用する必要があるようです。

途中で効かなくなるって本当?

「プロペシアはずっと使っていると、耐性がついて効かなくなる」という噂があります。

結論としては、この噂を完全に否定することはできません。

しかし、耐性の存在を示す医学的根拠はなく、前述した海外の研究でも86%の被験者が効果の継続を実感しています。

そのため耐性が存在したとしても、10年の服用では現れない人の方が多いのです。

とはいえ、実際に「途中で効かなくなった」という報告があるのも事実。

10年と言わず、長期間服用中にプロペシアが効かなくなった方は、医師と相談して対応を考えましょう。

副作用は?

10年という長期間ともなると、途中で副作用が現れるのではないかという不安もありますよね。

当然服用の期間が長いほどリスクは上がりますし、身体への負担も大きくなるので、副作用への理解は不可欠です。

代表的な副作用は以下の通り。

  • 肝機能障害
  • 性欲減退
  • 勃起不全

誰しもに現れるものではありませんが、万が一副作用が現れた場合は、必ず医師に相談しましょう。

途中でやめると?

仮にプロペシアを10年服用し、薄毛が十分に改善していても、途中でやめると薄毛は再び進行します。

なぜなら、主成分であるフィナステリドは薄毛の進行を抑えているだけで、根本的に治しているわけではないため

そのため、薄毛を対策し続けるためには、極端な話一生プロペシアを服用する必要があるのです。

ですが、注意したいのはやめるべきタイミングもある、ということ。

そのタイミングとは、「副作用が現れたとき」や「効果が感じられなくなったとき」です。

こういった場合は、医師と相談した上で休薬などの適切な対応をしましょう。

ここまでの内容を確認して、「プロペシアを10年も服用するのは難しそうだな…」と感じた方もいるのでは?

そういった方には、育毛剤がおすすめ。

プロペシアのような発毛に関する効果はありませんが、

  • 発毛促進
  • 育毛
  • 抜け毛予防

こういった効果が認められていますし、なにより体への作用が穏やかな医薬部外品です。

「どの育毛剤がいいのか分からない」という方には、ヘアラボで最も人気の「チャップアップ」がおすすめ。

チャップアップの魅力は、業界初の永久返金保証です。

頭皮に合わなくても保証があるので、「とりあえず育毛剤を使ってみたい」という方にはおすすめですよ。

気になった方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

プロペシアを10年服用すると、服用中の薄毛対策効果は期待できますが、その分常に副作用のリスクがつきまとうようですね。

一度効果を実感してしまえば、「また薄毛に戻りたくない」という想いから、やはり辞めづらくなるかと思います。
そのため、プロペシアは使い始める前にしっかりと検討してから服用することが大切です。

薄毛対策は10年、20年と長期間の付き合いが必要です。
育毛剤などの選択肢も視野に入れて、自分に合った対策を行いましょう!