目次

  1. プロペシアやミノキシジルは保険適用されないって本当?
  2. プロペシアとミノキシジルの基本情報をチェック!
  3. AGAは病気ではない?《保険適用されない理由》
  4. それでも費用を抑えたい!保険以外に費用を抑える方法は?
  5. プロペシアやミノキシジルでの治療は、まずは病院に相談しよう!
プロペシアやミノキシジルは、病院で処方してもらうのに保険適用外?
プロペシアやミノキシジルは、病院で処方してもらうのに保険適用外?

薄毛や抜け毛が気になりだすと、「これだけ医療が発達しているのだから、きっと良い薬があるハズ」と有効な対策方法を求めて、一生懸命ネットで検索しますよね。

そして、プロペシアミノキシジルという治療薬を目にして「これだ!」と思われた方も多いのでは?

ただし、これらの薬は保険が適用されないらしいのです…。

「保険適用外*になってしまう理由って何?」
「そもそも、
プロペシアミノキシジル*ってどんな薬?」
「保険適用以外で安くなる方法はないの?」

この記事では、そんな疑問を一つひとつ検証していきます!

まずは、プロペシアとミノキシジルについて知りましょう。
まずは、プロペシアとミノキシジルについて知りましょう。

プロペシアミノキシジルは、どちらもAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

基本情報は、以下の通り。

《プロペシア》

  • 薄毛、抜け毛の進行を抑える効果がある

  • AGA以外の脱毛症には効果がない

  • 女性にとって有害な成分が配合されているので、女性は使用厳禁

《ミノキシジル》

  • 発毛効果が期待できる

  • AGA治療薬として知られているが、本来は血圧を下げる降圧剤

  • 女性も使用できる

プロペシアとミノキシジルは、「保険適用外」という点では同じですが、そもそもの作用が異なります。

それぞれの作用の違いについて、もっと詳しく見ていきましょう。

薄毛の進行を抑えるプロペシア

プロペシアは、日本の厚生労働省をはじめ、世界60カ国以上で認められているAGA治療薬です。

AGAの主な原因は、ジヒドロステロン(DHT)というホルモンの作用にあると言われているのですが、プロペシアの主成分「フィナステリド」には、そのDHTの産生を抑えることで抜け毛を抑制する効果があるのです。

このため、プロペシアは医師の処方が必要な医薬品として認可されています。

発毛効果が期待できるミノキシジル

ミノキシジルも、日本の厚生労働省に認可されたAGA治療薬です。

ミノキシジルに認められているのは、血管拡張効果発毛効果の2つの効果。

血管が拡張すると血流が改善し、頭皮に栄養が行き渡りやすくなることで発毛が促進される、と考えられています。

ミノキシジルで注目したいのが、「外用薬(塗るタイプ)」と「内服薬(飲むタイプ)」があること。

ミノキシジルの外用薬としては、リアップシリーズがおなじみですね。

ドラッグストアなどでも購入できるので、気軽に試せるのが人気のポイントです。

一方、同じミノキシジルでも、効果の面では内服薬の方が高いともいわれています。

プロペシアやミノキシジルの内服薬は、保険適用外なので費用は全額自己負担です。

ただし、「保険適用外=価格が高いから」といって、安易にネット通販などを利用するのは危険です。

どちらも、薄毛への効果が期待できる分、副作用の危険性もゼロではありません。

特に、プロペシアは「粗悪品の流通」などのリスクもありますので、ヘアラボではヘアラボのポリシーにより、個人輸入での入手は推奨していません。

自己判断での服用は厳禁です。

必ず専門のクリニックで医師に処方してもらいましょう。

AGA治療には保険が適用されないって、どうしてでしょう?
AGA治療には保険が適用されないって、どうしてでしょう?

プロペシアもミノキシジルも、医師の処方があれば服用することができます。

しかし、どちらも保険が適用されないため、一般の医薬品と比べると「高い」と感じるかもしれませんね。

日本の保険制度で保険が適用されるのは、「日常生活に支障がでる」と判断された疾患のみ

さらにいえば、生命が脅かされるような病気でない限り、保険は適用されないことになっています。

AGAは「病気ではない」と判断されているため、その治療は「美容目的」とみなされ、保険が適用されません

美容整形や歯のインプラントと同じ扱いで、“加齢とともに進行する生理現象”と考えられているのです。

ただし、皮膚疾患や免疫不全、薬剤治療の副作用などが原因となって起きている脱毛症の場合は、保険が適用されます。

プロペシアやミノキシジルを処方してもらう際は、保険適用の有無も含めて、医師としっかり話し合いましょう。

保険適用外でも、医療控除を受けられる場合があります。
保険適用外でも、医療控除を受けられる場合があります。

健康保険に関しては適用外でも、医療控除が受けられる場合はあります。

まず、AGA治療が必要になった原因が、精神的な理由やほかの病気の影響にある、と判断されることが必要です。

その上で、家族全員のAGA治療の診療費・薬代などの合計が1年間で10万円以上となった場合、保険は適用されなくても税金分が戻ってきます

ポイントは、薬の処方が医師の判断であり、「予防」ではなく「治療」が目的であること。

最終的には税務署と税務署員の判断によるので、「どうせ保険適用外だし…」と諦めずに相談してみましょう。

プロペシアやミノキシジルを使用する際は、まずクリニックに相談しましょう!
プロペシアやミノキシジルを使用する際は、まずクリニックに相談しましょう!

プロペシアミノキシジルが、薄毛対策に有効な医薬品であることは確認できましたね。

同時に、副作用の危険性保険適用外のためそれなりの出費を伴う、ということもご理解いただけたかと思います。

改めての注意喚起になりますが、さまざまなリスクを避けるためにも、個人輸入などで入手することはおすすめしません。

薄毛治療の薬に興味がある場合は、まず、必ずお近くの皮膚科、または薄毛治療専門のクリニックに相談することが重要です。

医師の処方箋をもとに治療薬を購入し、安心して薄毛治療に取り組みましょう。