目次

  1. ミノキシジルやプロペシアはめまいの原因になる?
  2. ミノキシジルやプロペシアでめまいが起こる可能性はある!
  3. 【原因】ミノキシジルやプロペシアでめまいが起こるのはなぜ?
  4. ミノキシジルやプロペシアでめまいが起きたときの対処法
  5. <要注意>ミノキシジルやプロペシアには、めまい以外の副作用も
  6. AGA対策はリスクを理解して行いましょう

AGAの薬として知られるミノキシジルやプロペシア。

すでに服用している方も、これから服用を検討しているという方も多いのではないでしょうか?

しかし、調べているとミノキシジルやプロペシアでめまいが起こるという情報も…。

そこで今回は、ミノキシジルやプロペシアとめまいの関係、ミノキシジルやプロペシアでめまいが起こるとされる理由を調査しました。

それぞれの薬の成分や作用をチェックしながら、疑問を解決していきましょう。

結論からお伝えすると、ミノキシジルやプロペシアでめまいが起こる可能性はあります。

実際にミノキシジルを含む内服薬の副作用として、めまいが報告されています。

また、プロペシアでも発生頻度は不明となっていますが、めまいの副作用があるとされているのです。

薄毛の薬とはいえ、ミノキシジルもプロペシアも医薬品

効果が期待できる分、このような副作用の可能性があるのです。

ミノキシジルでめまいが起こる理由

ミノキシジルはもともと、血圧を下げる薬に使用されていた成分。

そのため、服用によって血圧が下がり、血圧の低下に伴うめまいが起こる可能性があります。

つまり、ミノキシジルによるめまいは、血圧を下げる効果に対する副作用といえるのです。

中にはめまいとともに、頭痛やふらつき、動悸といった症状が出る方も。

めまいやこれらの症状が現れた場合は、ミノキシジルによる副作用の可能性があると覚えておきましょう。

プロペシアでめまいが起こる理由

プロペシアの有効成分は、フィナステリドという抗アンドロゲン薬。

AGAの原因とされるジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンの生成を抑制する効果があります。

しかし、プロペシアの場合ミノキシジルとは異なり、この成分が直接めまいに関わっているかはわかりません。

ただ、プロペシアの添付文書には、発生頻度は不明ですが副作用として「めまい」が記載されています。

もしプロペシアを服用した後にめまいが起こるようであれば、プロペシアの副作用を疑った方が良いでしょう。

ミノキシジルやプロペシアを服用して、めまいが起こったときは、すぐに使用を中止してください。

また、使用を中断したあとは、めまいが起った旨を医師に伝え、「このまま服用を続けてよいか」「今後の治療方法をどうするのか」相談しましょう。

ミノキシジルやプロペシアが処方されたものであれば、かかりつけの病院に行くのが最善です。

もし、個人で購入したものであれば、ミノキシジルやプロペシアの現物を持って病院に行きましょう。

医師の診察を受ける際は「どのくらいの頻度で飲んでいたのか」「1日どのくらいの量を飲んでいたのか」「何カ月程度継続して飲んでいたのか」など、しっかり伝えるようにしてくださいね。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルには、めまい以外の副作用が存在します。

考えられる副作用は下記の通りです。

  • 血圧低下
  • 動悸、息切れ
  • 吐き気、嘔吐
  • 性欲減退
  • 腹痛
  • むくみ
  • 多毛症

ミノキシジルはもともと、血圧を下げる薬に使用されていた成分なので、血圧の低下やそれに伴う副作用が複数報告されています。

めまい以外でも、副作用と思われる症状が出た場合は、すぐに使用を中止し医師に相談しましょう。

また、血圧や心臓に異常がある方は使用・服用ができないことがあり、未成年は使用が認められていません。

少しでも使用に不安がある場合は、必ず医師に相談してから使用を始めましょう。

プロペシアの副作用

プロペシアにもミノキシジルと同様に、めまい以外の副作用が存在します。認められている副作用は下記の通りです。

  • 性欲減退
  • 勃起機能不全
  • 肝機能障害
  • かゆみ、発疹
  • 蕁麻疹
  • 抑うつ
  • 乳房の肥大

このような症状が出た場合はすぐに使用を中断し、医師に相談してください。

また、プロペシアは未成年に対しての有効性や安全性が確認されていません

さらに女性、特に妊婦さんや授乳中の方は触れることで、有効成分が皮膚から吸収され、赤ちゃんに影響が出る危険性もあるます。

女性や未成年の方は、使用を控えてください。

ミノキシジルやプロペシアの使用によって”めまい”が起こるという情報は、確かなものでした。

ミノキシジルの場合はその作用が原因となり、プロペシアの場合は有効成分が原因かはわかりませんが、副作用としてめまいが認められています。

もし、これらの薬を使用してめまいが出た場合は、迷わず医師に相談しましょう。

また、ミノキシジルやプロペシアには、めまい以外の副作用のリスクもあります。

AGAの薬は効果に注目するのはもちろんのこと、めまいをはじめとした副作用のリスクもしっかり理解して使用しましょう。