目次

  1. そのめまい、ミノキシジルやプロペシアの使用が原因なの?
  2. ミノキシジルやプロペシアの副作用でめまいが起こる?
  3. なぜミノキシジルやプロペシアでめまいが起こるのか?
  4. こんな人は気をつけて下さい!
  5. ミノキシジルやプロペシアでめまいが起きたときの対処方法
  6. ミノキシジルやプロペシアに関する詳しい情報は動画をチェック!
  7. ミノキシジルやプロペシアでめまいが起きたときは注意しましょう

ミノキシジルプロペシアを使い始めてから、何となくめまいを感じるようになったり、イマイチ体調がすぐれない・・。 そうなると真っ先に副作用のせいかな?と考えてしまいますよね。

確かに、ミノキシジルやプロペシアの副作用によって、めまいが起きる人もいますが、それだけが原因とは言い切れないのも事実です。

副作用はあると考えていいでしょう。
副作用はあると考えていいでしょう。

でも、ミノキシジルやプロペシアが原因と決めつけるのは、早いですよ。

ミノキシジルやプロペシアは、有効成分を凝縮させた発毛剤です。

医薬品としての扱いですから、医薬部外品である育毛剤よりも効き目が期待できる反面、他の医薬品同様に副作用が出る可能性もあると考えていいでしょう。

実際、ミノキシジルやプロペシアを使用してから、不快なめまいなどの副作用が出たと感じる人が多いようです。

副作用は個人差が大きい!
副作用は個人差が大きい!

出来れば、不快な症状が出ない方が長く使えますよね。

ミノキシジルには、血管拡張作用があります。血管を広げることで血流を良くし、頭皮に必要な栄養が行きやすくなります。それが育毛・発毛の効果を高めると考えられています。

一方、プロペシアは、男性ホルモンを抑制する作用があります。男性ホルモンを抑制することで、薄毛の元になるDHTが生成されにくくなります。 その為、プロペシアは、AGAに効果が期待されているのです。

これらの作用は、頭皮だけにとどまらず全身を巡ります。 もし、これらの作用によって健康な人の血圧や男性ホルモンが崩れたらどうなるのでしょうか? 

どうやら、めまいの原因はこのあたりにありそうですね。

脳への血液量が不安定になるから

先ほど、ミノキシジルには血管拡張作用があるとお話しましたよね。 ミノキシジルの副作用は、この血管拡張作用による副作用の報告が多く聞かれており、めまいもその中の一つです。

そもそも、めまいの原因は沢山ありますが、めまいは、脳への血液量が不安定になることで起きることがあります。 もともと健康な人の血圧が、ミノキシジルの血管拡張作用によって、急激に変動すること考えられるそうです。すると、急激な血圧変動によって脳への血液量が不安定になり、めまいが起きる人もいるようです。

男性ホルモンのバランスが崩れるから

一方、プロペシアは男性ホルモンを抑制する作用があります。その作用は、頭皮だけでなく全身にも強く作用してしまうことがあります。

男性ホルモンのバランスが崩れると、更年期障害の症状が表れます。男性更年期障害の中には、自律神経のバランスが崩れることで起きる、めまいの症状もあると言われています。

プロペシアの場合、EDや性欲減退など男性機能に関する副作用が多く聞かれますが、 めまいの副作用を感じる人もいるようです。

個人の体質による

ただ、めまいの症状全てがミノキシジル、プロペシアの使用による副作用と結論づけるのは早いかもしれません。 なぜなら、ミノキシジルやプロペシアを使用してもめまいを全く感じない人もいるからです。

また、ミノキシジルやプロペシアを普段使用する分には問題なかったのに、季節の変わり目などに使用するとめまいが強く出たという人もいます。

これは、気温の寒暖差による血圧変動も少なからず影響しているといえます。

このように、ミノキシジルやプロペシアを使用した全ての人がめまいを感じる訳ではなく、個々の体質や、急激な気温の変化など外的な要因によって、めまいが出る人もいるようですね。

副作用の一つ、めまいの出方は個人差が大きい!
副作用の一つ、めまいの出方は個人差が大きい!

めまいの原因も一つとは限りません!

めまいの症状は、ミノキシジルやプロペシアの副作用だけではなく、個々の体質によるものという事は、わかりましたよね? ミノキシジルやプロペシアの使用にあたっては、めまいの症状がでる可能性があることを理解して使用することが必要なんですね。

そして、次にあげる人は、特にめまいの症状が現れる可能性がありますので、様子を見ながら慎重に使用してくださいね。

体調がすぐれない人

体調がすぐれない時に香料の強いものを使い気分が悪くなった、という経験はありませんか??

体調がすぐれない時は、普段なら何事もないことでも、大きな刺激になることがあります。

科学的に作られた発毛剤は、効果が期待できる反面、体調がすぐれない時には刺激となり めまいなどの副作用が出る可能性があります。

体調がすぐれない時は、ミノキシジルやプロペシアの使用を少しお休みしましょうね!

他の薬を服用している人

ミノキシジルやプロペシアは、他の薬を服用していると飲み合わせによって、めまいをはじめとする副作用が強くでてしまうこともあります。

現在、他に飲んでいる薬がある人は、発毛剤と併用して使用してもいいのか、一度お医者さんに相談することをおすすめします。

現在飲んでいる薬との併用は大丈夫?
現在飲んでいる薬との併用は大丈夫?

お医者さんに相談すると安心ですよ。

血圧に不安がある人

高血圧症循環器系など持病がある人はめまいの副作用がでる可能性が高いと考えられます。特に、普段から低血圧の人は注意が必要です。

低血圧の人は、ミノキシジルの血管拡張作用が働くことで、普段から低い血圧をさらに下げてしまいます。すると、めまいだけでなく、低血圧によるふらつきなど、ひどいと起きあがることもできなくなるリスクもあります。

健康診断で血圧がよく引っかかる人や、普段から低血圧を自覚している人は、特に注意しましょう!

では、ミノキシジルやプロペシアでめまいが出た時には、どのように対処すればいいのでしょうか?

いくつか対処方法をご紹介しますね。

適量かどうかを確認してみましょう

ミノキシジルやプロペシアを使用し始めて、育毛や発毛効果を感じられるようになると,もっとたっぷりと使った方が効果がでるのでは・・・?と必要以上に多く塗り過ぎたり、服用していませんか? 適量守っていれば問題のない作用が、量を多く使用することで副作用が強く出ることも考えられます。

今一度、用量を守って使用できているかどうか、確認してみましょう!

使用をやめてみる

もし、ミノキシジルやプロペシアを使用していて、めまいなどの副作用を感じたら一度使用するのをやめてみましょう。

発毛に効果が期待できたとしてもめまいの影響で生活が難しくなってしまっては大変ですよね。 そして、使用をやめた後にめまいが収まれば、副作用の影響が出たと原因がはっきりしますよね。

自分に合った発毛剤を、ゆっくりと見つけていきましょう!

お医者さんに相談する

ミノキシジルやプロペシアの適量を守って使用できている、使用をやめても、まだめまい が良くならない・・・そんな時は迷わずお医者さんに相談しましょう

通常、発毛剤が原因のめまいは、発毛剤を中止すればなくなります。 しかし、プロペシアのEDなどの男性機能に関する副作用は、使用を中止した後にも続く 場合があるという報告もあります。

めまいの原因が発毛剤が関係しているのか?もしくは、他の疾患の可能性なのか?がはっきりしますよね。

不快なめまい、嫌ですよね・・・
不快なめまい、嫌ですよね・・・

発毛剤の使用をやめても続くようなら、受診しましょうね!

大前提!プロペシアの購入はクリニックで!

ミノキシジルやプロペシアに関しては、副作用があるため術後観察も重要になってきます。

ミノキシジルやプロペシアについてはお近くの皮膚科もしくはAGA治療を行っているクリニックでご相談の上、お求めください。 ※ヘアラボのポリシーにより個人輸入は推奨いたしません。ヘアラボのポリシーはこちら

ミノキシジルやプロペシアを実際使用して、薄毛に効果を実感されたようです。 しかし、もともとあった不整脈がよくなったことで、体への作用が強すぎると感じたそうです。

髪の毛の悩みのせいで、人生が十分楽しめていない気がする・・そんな語り口から展開されるミノキシジルやプロペシアの実際に使用した人のお話しです!

是非、チェックしてみて下さい!

死より怖いプロペシアの副作用!

タイトルが衝撃的ですよね?ミノキシジルやプロペシアの実体験の動画です。

プロペシアの効果には期待できますが、その代わりに一定の副作用のリスクも残念ながらあるようです。

効果が高いのに副作用がある。これはなんとも言えませんよね...。 本当にプロペシアほどの効果が必要なのでしょうか?

まだ、薄毛治療を始めておらず、気軽に薄毛対策を始めたいといった方には医薬品ではなく医薬部外品の育毛剤を使ってみてはいかがですか?

医薬部外品のため、体への影響も緩和だと考えられますよ。