目次

  1. プロペシアが影響?健康診断とプロペシアの関係
  2. プロペシアの服用は健康診断で申告すべき?
  3. プロペシアの服用で影響が出る検査項目とは?
  4. もし、プロペシアを入手したいなら?
  5. 注意点が多いプロペシア、どうしても心配な方は?

現在、プロペシアを使って薄毛対策を行っている男性の皆さん。

日々、会社などで健康診断を受けなければならない時があるのではないでしょうか? 実は、プロペシアを服用していると健康診断に悪影響を与えてしまうってご存知でしたか? 本当は、健康なのにプロペシアが原因で正しい検査結果が出ないなんて大変です。

そこで今回、健康診断とプロペシアの関係について解説したいと思います。

健康診断の時はプロペシアの服用は控えたほうがいいかも…?

プロペシアを服用すると健康診断に影響が出ると知り、驚かれた方がいらっしゃる事でしょう。 そこで中には「プロペシアの服用は健康診断で申告すべきでは?」と、思った人がいるのではないのでしょうか? 健康診断でプロペシア服用申告は、通常の健康診断であれば影響は低いでしょう。 ただし、検査の内容によっては避けた方が良い検査の項目もあります。 健康診断を受ける際は、検査項目に注目してみてくださいね。

健康診断の内容によっては
健康診断の内容によっては

プロペシア服用の申告が必要です。

プロペシアの服用による健康診断での申告について、お分かり頂けたら幸いです。

では、プロペシアの服用で影響が出る健康診断の検査項目とは一体何でしょうか? それは、プロペシアの服用中は前立腺がんの指標であるPSA検査(血清前立腺特異抗原)です。 PSA検査とは、前立腺にがんができると、このPSAの分泌量が正常よりも増えるために、早期がんの発見のスクリーニング検査として行なわれるほか、進行がんの診断や治療経過を見るうえでも大変重要な検査の事を言います。 検査の値が大きく低下し、ガンを患っているのかどうか正確に判断できなくなるため、PSA検査は受けられなくなってしまいます。

プロペシアを服用して健康診断を受けてしまうと
プロペシアを服用して健康診断を受けてしまうと

PSA検査の結果が正しく判断できません。

プロペシアは医薬品の為、危険が伴います。 ですので、お近くの皮膚科もしくは発毛専門クリニックでご相談の上、お求めください。 ※ハゲラボのポリシーにより個人輸入は推奨いたしません。ハゲラボのポリシーはこちら 

またハゲラボとしては口コミでも人気のヘアメディカルをオススメしております。 是非一度チェックしてみてください。

医薬品のプロペシアやミノタブだからこそ、期待できる効果は高くなります。 ただ、ゼロにはならない副作用への心配が残ります。

どうしても副作用への不安が捨てきれないという方は、医薬部外品の育毛剤を試してみることをお勧めします。

いろいろな解決方法を適切に選んで薄毛を解決しましょう。