目次

  1. プロペシアで髪質に変化がでるって本当?
  2. そもそもプロペシアってどんな治療薬なの?
  3. 髪質に変化はあった?実際に使用した人の口コミ
  4. プロペシアで髪質が変化することがあるのはなぜ?
  5. ただしプロペシアには注意が必要なことも…!
  6. プロペシアの服用は副作用のリスクも知った上で!

プロペシアってAGAの治療薬として、数多くの人に愛用されている医薬品ですよね。 薄毛が気になって、服用を考えている人もいるかもしれませんね。 そんなプロペシアを服用すると、髪質に変化がでるとも言われています。 薄毛の改善同様、良い方向に髪質が変化すればいいのですが、果たしてどうなのでしょうか。 プロペシアは効果の高さと同時に、副作用の危険性も言われている薬なので、気になりますね。 その真実はどうなのでしょうか。

プロペシアで髪質が変化する
プロペシアで髪質が変化する

真相はどうなのだろうか…

プロペシアが髪質を変化させるのか、すごく気になるところですね。 でもその前に、プロペシアがどういうものなのかというのを知っておく必要があります。 プロペシアを理解することは、髪質変化への影響を知る鍵になるかもしれません。 まずは、プロペシアの基本情報から見ていきましょう。

飲む発毛剤?プロペシアとは

プロペシアは、アメリカのメルク社が開発製造しました。 すでに世界60か国以上の国で承認されている、飲む発毛剤です。 主成分はフィナステリドで、AGAに効果があるとされています。 日本ではMSD株式会社が臨床試験を経て、2005年に厚生労働省から承認を得ました。 そして同年に国内販売が始まりました。 しかし、医師の処方が必要な医薬品のため、基本的に入手できるのはクリニックだけとなっています。

※発毛剤の副作用に関しては諸説あり、ハゲラボでは「具体的な症状に関する保証はできないが、副作用が起こりうる可能性は十分にある」というスタンスを取っています。 利用の判断を行う場合は、まず専門のお医者様に相談しましょう。

プロペシアの発毛効果とは?

プロペシアの主成分はフィナステリドです。 フィナステリドがAGAに効果があると、臨床実験で確認されています。 AGAの主な原因物質はDHT(ジヒドロテストステロン)です。 DHTは、もともと体内にある男性ホルモンのテストステロンが変化したものです。 テストステロンが酵素の一種5αリクターゼによってDHTに還元されるのです。 AGAを改善するためには、DHTに変化させるのを防ぐことが重要です。 フィナステリドは、5αリクターゼをブロックする働きがあります。 そのため、フィナステリドを主成分とするプロペシアはAGAを改善し、結果的に発毛効果が期待できると言われています。

プロペシアで髪質に変化は現われるのでしょうか。 実際にプロペシアを服用した人の口コミに沿って、検証していきましょう。

猫っ毛だった髪の毛が太くしっかりしてきた

髪質の変化の口コミ1つ目は、太くしっかりしてきたというものです。 髪の量が多くても、柔らかい毛であればボリュームを感じることができません。 プロペシアを服用すると、髪質が変化する方もいるようですね。

「セットがしやすくなった」と感じている人もいるようですね。

髪自体が強く変化すると、セットもしやすくなりますね。 太くしっかりしたと言うことは、健康な髪が生えてきている証拠です。

髪にハリやコシが復活した

髪質の変化の2つ目は、ハリやコシに関するものです。 「髪にコシがでたように感じる」という口コミも見受けられました。

ハリやコシが復活すれば、毛の量が増えることも期待できます。 3ヶ月で髪質の変化を感じている人もいるので、効果としては早いと言えるのではないでしょうか。 健康的な髪が生えてくると、嬉しいですよね。 かなり期待ができそうです。

中には髪がきしんできたという人も…

逆に悪い方向に変わってしまった口コミも存在しました。 プロペシアの服用で、髪がきしんでパサパサになってしまったケースです。 髪がきしむということは、キューティクルと関係があります。 もしかすると、髪の中から水分が抜けだしていることが考えられます。 髪はシャンプーや頭皮など、様々な要因で変化しますので、別の原因もあるのかもしれません。

プロペシアの継続的服用
プロペシアの継続的服用

髪質が改善し、ボリュームアップが期待出来るかもしれません

プロペシアで髪質が変化することがあるのは、どうしてでしょうか。 薄毛になると、抜け毛が増えて、量が減るのはもちろんのことですね。 また髪自体が栄養を失って、ハリやコシのない髪になる可能性もあります。 それは、髪が不健康な状態であるとともに、ヘアサイクルの乱れも関係していると言われています。 ヘアサイクルが乱れると、本来髪が成長するべき時に抜けたり、抜けるべき時に生え変わらなくなったりします。 そうなると、健康的な髪は育たず、細く脆い毛になるそうです。 プロペシアを服用することによって、ヘアサイクルが正常化すると、不健康な髪は抜け、健康的な髪が生えてきます。 そのため、髪質が変化すると考えられています。

プロペシアで髪質が変化すること
プロペシアで髪質が変化すること

ヘアサイクルも関係しているんですね

プロペシアはAGAや薄毛に効果があり、さらには髪質の良い変化にも期待ができるのがわかりましたね。 でも、効果が高いと言うことは、それなりに体への負担も考えなければいけません。 医薬品であることから、副作用にも注意が必要です。 プロペシアの服用で、注意する点について見ていきましょう。

プロペシアの個人輸入は危険!?専門クリニックでの処方がオススメな理由とは?

プロペシアは医薬品の為、危険が伴います。 ですので、お近くの皮膚科もしくは発毛専門クリニックでご相談の上、お求めください。 ※ハゲラボのポリシーにより個人輸入は推奨いたしません。 ハゲラボのポリシーはこちら 

知っておかないと怖いプロペシアの副作用って?

プロペシアは、医師の処方が必要な医薬品です。 医薬品である以上、副作用の危険性は拭い切れません。 プロペシアの主成分フィナステリドは、もともと前立腺肥大の治療に開発された成分です。 そのため、比較的男性の性機能に障害が現れやすいとされています。 考えられる主な副作用は次の通りです。

  • リビドー(性欲減退)
  • ED(勃起機能不全)

医薬品に完全に安全だと言えるものはありません。 服用する際は、必ず副作用を知っておきましょう。

※フィナステリドの女性に対する副作用に関しては諸説あり、ハゲラボでは「具体的な症状に関する保証はできないが、女性特有の副作用が起こりうる可能性は十分にある」というスタンスを取っています。利用の判断を行う場合は、まず専門のお医者様に相談しましょう。

こんな人は使用を控えた方がいいかも…

副作用で見たように、プロペシアには男性の性機能に影響を及ぼす可能性があります。 そのため、パートナーがいる人や、子どもを望んでいる人は使用を控えた方がいいかもしれません。 もちろん、性機能の低下によって引き起こされる精神的ストレスもあります。 しかし、実はプロペシアは女性には触れることさえ禁忌とされているのです。 触れることで、皮膚から成分が吸収されるからです。 また妊婦であれば、胎児奇形を発生させることもあるのです。 使用することはもちろん、触れることがないよう気をつけましょう。

注意が必要です
注意が必要です

プロペシアの効果だけでなく、副作用のリスクは知っておきましょう

プロペシアの効果を改めて理解できたかと思います。 ハリやコシなど、髪質にも良い影響が期待できるので魅力的な薬ですね。 しかし、服用する上で副作用のリスクは忘れてはいけません。 必ずリスクを知った上で、使用しましょう。 プロペシアの購入は、やはりAGA治療を行っているクリニックでの処方がおすすめですよ。