目次

  1. プロペシアのジェネリック、効果と副作用は?
  2. そもそも、プロペシアって?ジェネリックって?
  3. プロペシアのジェネリック、効果・副作用はプロペシアと「同等」
  4. プロペシアのジェネリックにはどんなものがあるの?
  5. 効果と副作用を知って自分に合った対策を!
プロペシアのジェネリックって実際どうなの?
プロペシアのジェネリックって実際どうなの?

プロペシアのジェネリックはたくさんありますが、その効果や副作用はどうなのでしょうか?

効果があって、かつ安い発毛剤はないのか?」ーー誰しも気になるところだと思います。

そこで出てくるのが、発毛剤(AGA治療薬)プロペシアのジェネリック医薬品

でも、ジェネリックになると効果が下がるのでは?
ジェネリックって、副作用が強いんじゃないの?

という疑問もありますよね。

そこで今回は、プロペシアのジェネリックの効果と副作用をまとめてみました。
プロペシアのジェネリックをお考えの方、必見ですよ!

プロペシアの効果って?ジェネリックってなんだっけ?
プロペシアの効果って?ジェネリックってなんだっけ?

本題に入る前に、再確認です。プロペシアの効果と副作用は?そもそもジェネリックって?

プロペシアのジェネリックについてご紹介する前に、
「そもそもプロペシアってどんな薬?」
「ジェネリックって、そもそもなんだっけ?」
そこのところを”おさらい”しましょう。

プロペシアとは?

プロペシアは、厚生労働省により発毛(AGA治療)効果が認められた、錠剤タイプの医薬品。
有効成分フィナステリドにより、脱毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻止します。
効果が高いだけに副作用もあり、性欲減退、勃起不全などの性機能障害が報告されています。

ジェネリックって?

ジェネリック。またの名を後発医薬品
先発品に対して、「同じ有効成分」「同じ量」含有している医薬品のことです。
したがって、得られる効果も同等と期待されます。
ただ、必ずしも「100%同じ効果」とは言い切れません。
添加物などの微妙なちがいが、効果にも多少のちがいをもたらす可能性があるためです。

プロペシアと、プロペシアのジェネリック。効果も副作用も「ほぼ同じ」です!
プロペシアと、プロペシアのジェネリック。効果も副作用も「ほぼ同じ」です!

ジェネリックであるということは、「同じ有効成分を同じ量」含んでいるということ。ということは…

さきほどお話したように、ジェネリックは先発品と「同じ有効成分」「同じ量」含んでいます。

そのため、「100%同じ」とは言えないまでも、効果や副作用は「ほぼ同じ」だといえます。

今回のケースでは、先発品プロペシアと、その後発品(ジェネリック)たちは、

  • 有効成分は同じフィナステリド
  • 有効成分(フィナステリド)の含有量は同じく1mgまたは0.2mg

ことから、

  • 効果(DHTの生成を阻止)も同等
  • 副作用(性機能障害)も同等

であるといえます。

プロペシアのジェネリックって、意外に種類が多いんです!
プロペシアのジェネリックって、意外に種類が多いんです!

国内承認薬と、未承認薬。やはり承認されているもののほうが安心。

なお、プロペシアのジェネリックにはいろいろなものがあります。
大きく分けると、
・日本において正規に製造・販売されているもの
・外国製で、日本では未承認なもの
となります。

それぞれ、次のような製品があります。

  • 正規品:ファイザートーワサワイなど
  • 海外製品:フィンペシアエフペシアフィナロなど

※注意!ハゲラボは、海外製品を推奨していません。
現状、こうした未承認医薬品は個人輸入で手に入れるしかなく、個人輸入には危険がつきまとうためです。
くわしくはハゲラボのポリシーをご一読ください。

プロペシアと、プロペシアのジェネリック。

いずれも同じ有効成分を同じだけ含んでおり、AGA治療について同等の効果を期待できます

いろいろな製品が出ていますが、国内未承認の海外製品はおすすめできません。

副作用をともなう医薬品であるだけに、医師・薬剤師から処方してもらうのが望ましいところです。