目次

  1. 全スカを全力で知って、対策を!
  2. 全スカって何?
  3. 全スカの特徴
  4. 全スカをもたらす原因は?
  5. びまん性脱毛症とは?
  6. 休止期脱毛症とは?
  7. 全スカ対策【男性編】
  8. 全スカ対策【女性編】
  9. 悩みの解決に向けて、早めの対策を!

インターネットで薄毛関連の情報を調べていると、よく見かけるのが「全スカ」という言葉。

全体に毛が薄いことを意味しているような気がするけど…もしかして、全部の髪の毛がないってこと!?」

などと、モヤモヤしている方も多いのではないでしょうか。

しかし全スカは、その意味をちゃんと知り、もしも自分が該当するなら早めに対策すべきものなのです。

そこで本記事では、全スカとは何か?から、どんな人が全スカなのか、対策は何かといったことまで説明いたします。

それではまず、「全スカとは何か」から一緒に見ていきましょう!

これって全スカ?
これって全スカ?

いえ、実は違います。

始めに、全スカとはどういう状態なのかを定義したいと思います。

「全スカ」は、実は国語辞典にも現代用語辞典にも載っていない、とても新しい単語です。当然、これといった定義はありません。

そこでこの記事では、全スカのことを「頭全体の毛が薄くなり、スカスカに見える状態」とします。

それでは次に、全スカの外見的な特徴を説明いたします。

全スカとは…
全スカとは…

頭全体の毛が薄くなり、スカスカに見える状態のこと。

全スカになってしまった方の頭は、実際にはどんな状態になっているのでしょうか。

その特徴は2つにまとめることができます。

①頭皮の地肌が丸見えになる

1つ目の特徴は、頭皮の地肌が丸見えになっていること。

全体的に髪の毛の量が少なくなっているため、地肌まで見えてしまうのです。

頭に直射日光や照明が直接当たっていないときは薄毛には見えないのですが、光が直射してしまうとスカスカ感がよく分かります

②生え際は後退していない

生え際は交代していないけど、側頭部に地肌が見える…
生え際は交代していないけど、側頭部に地肌が見える…

さらに頭頂部や後頭部でも地肌が見えるようなら、全スカです。

全スカの特徴の2つ目は、生え際がキープされていることです。

生え際がこれまで通りの位置にあるからそこ、「全体としてスカスカ」という印象につながるのです。

全スカになってしまう原因はさまざまと言われていますが、大きなものとしては

  • びまん性脱毛症
  • 休止期脱毛症

の2つが考えられます。

どちらもあまり聞いたことのない症状ですよね。

それぞれ、どんな症状なのかをさっそく確認していきましょう。

男女ともに起こる症状ですが、とくに40代以降の女性によく見られます

びまん性脱毛症の発症に至るには、女性ホルモンが急に減ってしまったり、ストレス、過度なダイエットや誤ったヘアケアなど、さまざまな理由が絡み合っていることが多いとされています。

驚くべきことに、20歳以上の女性の約4割の方が、少なくとも一度はびまん性脱毛を発症するという報告があります。

ということは…。全スカに悩んでいる人は、女性のほうが多いかもしれないですよね。

40代以降の女性に多い!
40代以降の女性に多い!

ホルモンバランスか崩れやすい更年期との関連もあるとされています

髪の毛には毛周期という成長周期があり、成長期退行期休止期自然脱毛というサイクルで健康な髪の毛も数年ごとに生え変わります。

休止期脱毛症はこのサイクルの成長期にある髪の毛が急に休止期へと移行してしまう症状です。

原因としては出産、過度のダイエット、高熱などが挙げられ、男女ともにこの脱毛症にかかる可能性があります。

成長期の毛が、急に休止期になるのが「休止期脱毛症」
成長期の毛が、急に休止期になるのが「休止期脱毛症」

これまでに全スカを引き起こす原因として2つの症状を説明してきましたが、次に、それぞれに合わせた対策を説明いたします。

実は、対策は男女で違います

まずは男性の対策をみてみましょう。

※女性の対策まで読み飛ばす!

びまん性脱毛症の男性にはプロペシア!

プロペシアAGA(男性型脱毛症)の治療薬として有名ですが、実はびまん性脱毛症の男性にも効果があると言われています。

その根拠になるのが、プロペシアに含まれている有効成分「フィナステリド」の存在。

この成分は日本皮膚科学会が示しているAGA治療ガイドラインで「(フィナステリドの内服を)行うよう強く勧められる」というAランクの推奨度に位置づけられています。

それなら確かに効き目がありそうですよね。

これがプロペシアです。

ただし、プロペシアは日本では処方箋が必要な医薬品です。

プロペシアによる治療を考えるなら、まずは皮膚科やヘアクリニックの医師に相談のうえ、指示に従ってお使いください。 

ハゲラボのポリシーにより、個人輸入は推奨いたしません。

また、プロペシアは性欲減退、勃起不全、胃部不快感といった副作用が報告されています。

お使いいただく前には、副作用について医師からきちんと説明を聞いていただくようお願いします。

休止期脱毛症の男性は、病院へ!

休止期脱毛の男性には、プロペシアではなく次の2つの方法をおすすめします。

①治療のプロに相談する

経験豊かなプロに自分の症状を確認してもらいましょう。

休止期脱毛症は、ホルモンバランスの影響により症状が出ている可能性があります。

そうした場合のことも考えると、クリニックの受診は有力な選択肢の一つになります。

医師を頼りましょう!
医師を頼りましょう!

プロの診断が今後の指針になります。

②日々の生活を見直す

日々の生活習慣が影響し、全スカに至るような休止期脱毛症を引き起こしている可能性も大いにあります。

自分にあったストレス発散方法を見つけたり、食べすぎや睡眠不足を解消するだけで改善される場合もありるので、ぜひトライしてみてください。

また、髪の毛の成長には栄養をバランスよく摂取することが重要です。

休止期脱毛症については以下のハゲラボ記事も見てくださいね。

実はたくさんの女性が悩んでいる全スカ

その原因であるびまん性脱毛症、休止期脱毛症のどちらにも、女性ホルモンの影響やストレスなどが関わっているとされています。

ですが、上記の症状は原因が取り除かれれば改善することも多いとされているので、ぜひ前向きに対策を考えてみましょう。

とはいえ、自分自身の全スカがどちらの症状からきているのか、素人では判断がつきませんよね…。

そんなときはやはり医師に相談のうえ、医師の指示のもと生活習慣を改善したり、女性用育毛剤を使用するのがおすすめです。

全スカに悩んでいたら、早めに医師へご相談を。
全スカに悩んでいたら、早めに医師へご相談を。

ただし、ここで注意。

女性は決してプロペシアを使ってはいけません

とくに妊娠中の場合は、胎児に何らかの影響を及ぼす恐れがあるとされています。

また、女性が誤って破損した錠剤に触れたり吸引するだけでも重大な影響が出るおそれがあるとのこと。

ですので、女性はプロペシアの錠剤に決して触れないようにしてください。

女性のびまん性脱毛症については、次のハゲラボ記事も読んでいただけたら幸いです。

一口に全スカと言っても、症状によって、さらには性別によっても有効な対策が違うんですね。

大事なのは早めの対策。

さっそく、ご自身でできることから始めてみてはいかがでしょうか。

皆さまの全スカの悩み解決に向け、この記事が少しでもお役に立てましたら幸いです。