目次

  1. プロペシアを使用してみたいけど・・・
  2. プロペシアとは?
  3. プロペシアの特徴
  4. プロペシアを一生飲み続けなければいけないと言われる理由
  5. プロペシア、いつまで飲んでましたか?実際に使用を中止した人の声まとめ
  6. いつまで続けると効果が出るの?プロペシア理想の摂取期間
  7. 続ければ効果は出ますが、当然副作用も出る可能性が…
  8. プロペシアを手に入れるには?
  9. 一生飲み続ける?プロペシアをいつまで続けるかは、あなた次第です

抜け毛に悩んでいる人に「毛生え薬があればなあ」なんて考えたことがある人はいませんか? 現在、毛生え薬とまでいいませんがTVやお医者さんで発毛の効果があると言われているプロペシアというのを聞いたことがありませんか? このプロペシア、一体どんな薬でどれだけ抜け毛への効果があるのかまとめてみました。

プロペシアとはアメリカのメルク社が開発した世界初の飲み薬の男性型脱毛症の治療薬です。

プロペシアの種類は「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」の2種類となり、一日一回服用する形となります。

保険適用外の薬ですので薬代は全額実費での負担となりますのでご注意ください。

プロペシアは世界で認められてるんだ
プロペシアは世界で認められてるんだ

日本でもお医者さんから処方することができる薬です

世界初の男性型脱毛症内服薬と言われているプロペシア。 一体どんな特徴でどんな効果があるのでしょう? ご覧ください。

特徴

プロペシアは脱毛症の原因となる男性ホルモンの抑制を抑えるのが特徴です。 男性型脱毛症は時間とともに進行をしていくので男性ホルモンの抑制をするのは効果が高く、脱毛症の進行を抑えるのは重要と言われています。

男性ホルモンの抑制をする働きですので育毛の効果はありませんが、長さや太さなどの髪質を改善する効果も出ているようです。 副作用として男性ホルモンの抑制をするため性欲の減退などの可能性があるため、必ず医師の処方を受けてから使用をしてください。

プロペシアの効果がある男性ホルモンの抑制を抑える働きは原因を取り除くものではありません。 あくまで原因を抑えてるにすぎないという事ですので服用を止めれば効果はなくなり、進行は始まります。

プロペシアに含まれるフィナステリドは男性型脱毛症の原因の一つであるリダクターゼの阻害する役割を果たしていますが、プロペシアの服用を止めると体質が元に戻ってしまいますので脱毛を抑えたい人は服用を続けるしかありません。

服用を止めると効果はなくなります
服用を止めると効果はなくなります

体質改善というよりも抑制を抑える働きが主です

服用を止めると効果がなくなるプロペシアですが、一体いつまで飲んでいればいいのか? 実際にプロペシアを服用していていたけど止めた方の声を幾つかご紹介したいと思います。

Aさんの場合

プロペシアを服用していましたがプロペシアは保険適用外なのでプロペシアの薬代の負担が重くなり使用を止めてしまったAさん。 止めてみてどうなったのでしょう?

止めて最初の頃は止める前と変わらなかったそうですが、止めて2か月後に服用前と同じ数だけ抜け毛が増えてきたというか戻ってきたそうです。 やはり体質自体の改善ができないので止めると戻ってしまうことは残念ながらあり得ることです。

Bさんの場合

14歳のころから抜け毛に悩んでいるBさん。 色々な育毛剤を高校生の頃から使い続けてきて、一時期はアデランスにも入会していたそうですが、プロペシアを使用してみた体験談です。

プロペシアが直接の原因ではないのですが、突然の不幸が起きてプロペシアの服用を止めてしまったということです。 この後抜け毛は進行してしまいヤバい状態になったということで、再度プロペシアとフィンペシアの服用を始めたそうですが、その時は効果が出たそうです。

Cさんの場合

テレビでプロペシアの特集を見て使用を決意したCさん。 奥様にも「いいんじゃない」と言われて皮膚科のお医者さんに聞いてみたところあるとのことなので行ってみて説明を受けたそうです。

飲んでみて効果が出てきて家族の方も喜んでいる姿が浮かんできます。 しかしそれ以降1年ほどプロペシアの服用をしてもさほど大きな効果は得られなかったようです。 ですが、現状維持はできているので使用は続けるとあります。

現状維持ができればいいということならそれでもいいのかもしれません。

効果あるのかないのか・・・
効果あるのかないのか・・・

やはり人によって変わってきます。

目安としては6か月、長くて1年と見たほうがいいでしょう。

1年間使用してみて現状維持もできてないのならばプロペシアは保険適用外の薬ですので薬代もバカになりませんし、他の治療方法を考えたほうがよさそうです。

こうなるのか!
こうなるのか!

長期間の使用とやはり人によって変わります

プロペシアの服用は短期間での効果は見込めません。

使用するならば長期間、上述したように半年から1年間は服用を続けることを推奨します。 ですが、プロペシアは男性ホルモンの抑制を抑える働きがありますので副作用として、勃起不全、精力減退といった副作用があります。

※発毛剤の副作用に関しては諸説あり、ハゲラボでは「具体的な症状に関する保証はできないが、副作用が起こりうる可能性は十分にある」というスタンスを取っています。利用の判断を行う場合は、まず専門のお医者様に相談しましょう。

効果を取るか?副作用が怖いな
効果を取るか?副作用が怖いな

効果と副作用の両方を考えてから使用を!

プロペシアについてはお近くの皮膚科もしくは発毛専門クリニックでご相談の上、お求めください。 ※ハゲラボのポリシーにより個人輸入は推奨いたしません。

ハゲラボのポリシーはこちら

結論から言いますとプロペシアの服用をしている人自身の決断です。 止めると抜け毛が元に戻ったりして怖いというならば服用を続けてもいいですし、経済的負担で止めてしまうのも理由としてあります。

プロペシアは10年以上の長期服用に関する臨床試験データがないことや、薬ですので肝臓に負担をかけ続けることや副作用も考えれば育毛剤などに切り替えていったほうが肉体的、経済的負担は軽くなるでしょう。

プロペシアをやめたい人にオススメな育毛剤の特徴

プロペシアをやめたい場合には育毛剤もおすすめです。 育毛剤は、発毛効果ではなく、自身の既存の毛髪を育てることで薄毛にアプローチする商品です。

プロペシアから育毛剤に切り替えていく際に気を付けてほしいのはやはり刺激が少ない育毛剤を選ぶこと*ことです。 副作用が怖くてプロペシアの服用を止めたのに育毛剤で副作用が出てしまうものを選んでは本末転倒になります。

医薬品でない育毛剤も数多くの種類があるので刺激が少なく、髪の毛に栄養を送ったり、毛母細胞の活性化をさせたり、育毛効果が高いものなどを選ぶといいでしょう。

ハゲラボとしては、口コミでも評価の高いチャップアップをオススメをしております。