目次

  1. プロペシアって一生飲まなきゃいけないの?
  2. そもそもプロペシアとは
  3. 【結論】薄毛治療のためには、プロペシアを一生飲み続けるべきです
  4. 【注意】こんな時はプロペシアをやめるという選択も…?
  5. 一生飲むかもしれないプロペシア、服用は慎重に!
一生飲み続けるの!?
一生飲み続けるの!?

AGA治療薬として知られるプロペシア

薄毛に悩む方なら聞いたことがあるかもしれません。

薄毛対策に効果があるならぜひとも試してみたいものですが、プロペシアは一生飲まなければならないという噂も…。

本記事では、プロペシアの概要についてご紹介したのち、本当に一生飲み続ける必要があるのかについて詳しく解説していきます。

どんな薬なの?
どんな薬なの?

プロペシアは、日本で初めてAGAの治療薬として認められた医薬品。

AGAとは、DHTと呼ばれる男性ホルモンが髪の成長サイクルを乱すことによって引き起こされる脱毛症で、思春期を過ぎた男性に現れる症状です。

髪の毛には通常、「髪の毛が生えて、成長し、抜け落ちる周期」があるのですが、DHTの作用でこの周期が乱れると、成長の段階が短くなり、満足に成長できなくなってしまうことに…。

プロペシアの有効成分フィステナリドには、そのDHTの生成を抑制する働きがあります。

つまり、プロペシアは、薄毛の原因となるDHTを抑えることによって、薄毛や抜け毛の進行を抑える効果が期待できる医薬品なのです。

なぜなのか解説します
なぜなのか解説します

ここで結論を申し上げますと、薄毛治療のためにプロペシアを使用する場合、一生服用を続ける必要があると考えられます。

なぜ一生服用する必要があるのでしょうか。

先ほどご説明した通り、プロペシアは薄毛の原因となるDHTの生成を抑える効果が期待できます。

これは、プロペシアを飲むことによってDHTが作られにくくなる体質に改善する、というわけではなく、その都度DHTの生成を抑制しているにすぎません。

服薬を中止すれば、再びDHTが生成され、薄毛が進行してしまいます。

つまり、薄毛の進行を阻むためには極端な話一生飲み続けなければならないのです。

なお、プロペシアの成分は、服用してから約24時間でほぼ消失してしまいます。

そのため、毎日一定の時間に飲み続け、飲み忘れのないよう注意することも重要。

一生、毎日一定時間に飲み続ける必要があるのですね。

やめる方が良い時って?
やめる方が良い時って?

薄毛対策を続けたい以上は一生飲み続ける必要があるプロペシアですが、やめた方がいいケースもあります。

  • 副作用が現れたとき
  • 効果を感じられなくなったとき

順番に説明していきます。

副作用が現れたとき

プロペシアには以下のような副作用のリスクが指摘されています。

  • 性欲減退
  • 勃起機能不全
  • かゆみ、蕁麻疹、発疹
  • 乳房の肥大、圧痛
  • 抑うつ、めまい
  • 胎児の生殖器への影響(女性)

胎児や子供への影響のため、妊娠している人、授乳中の女性は特に注意が必要。

プロペシアはそもそも女性の服薬は禁止されていますが、肌からも成分が吸収されるため、妊娠中・授乳中の女性は、錠剤に触れることもないようお気をつけください。

また未成年への安全性や有効性は確認されていないので、20歳未満の方の服薬はできません。

上記のような副作用が現れたら、まずは医師に相談し、休薬などの対処が必要になります。

ただしプロペシアには、休薬した後も副作用に悩まされ続けるポストフィナステリド症候群という注意点も。

「なにかあったらやめればいい」という考えで服用を検討している方もいるかもしれませんが、副作用のリスクをしっかり理解した上で、慎重に判断しましょう。

効果を感じられなくなったとき

効果を感じられないのに一生飲み続けても意味がありませんよね。
それどころか、飲み続けている間は常に副作用のリスクが伴います。

効果が感じられなくなるのには、AGA以外に薄毛の原因がある、薄毛の進行が早すぎるなど、さまざまな理由が考えられます。

休薬も継続もご自身で判断せず、必ず医師と相談しましょう。

ただし、プロペシアを飲み始めてから効果が現れるまでは半年から一年ほどかかります。 その間はしっかりと飲み続ける必要があります。

よく考えて決めましょう
よく考えて決めましょう

発毛効果が認められているプロペシアについてご紹介しました。

薄毛対策を続けたい気持ちがある限り、一生飲み続ける必要のあるプロペシア。

発毛のメリットだけではなく、副作用の危険性一生飲み続けるコストなども考慮し、服用は慎重に決めましょう。