目次

  1. プレミアムフライデーってなに?
  2. プレミアムフライデーで変わる生活習慣
  3. クリニックの予約は取りにくくなる
  4. プレミアムフライデーを上手く活用することが鍵

8月12日に突如現れた言葉「プレミアムフライデー」。

政府や経済界が月末の金曜日は15時で仕事を終えるようにし、その後の時間を買い物や旅行などの消費行動に当ててもらおうという構想です。

経団連では10月から先駆けて実現する予定であるとも報道されています。

プレミアムフライデーによる景気の回復等は様々な視点から報道されていますが、薄毛業界ではどうなるのでしょうか? 一見、あまり影響がないように思えますがそんなことはありません。

プレミアムフライデーで変わる薄毛の方への影響を説明していきます。

プレミアムフライデーにより月一ではありますが、習慣的に時間の使い方が変化します。

また、仕事量が減ることで変化する可能性があると言われている賃金などの視点からも見ていきたいと思います。

仕事時間の減少、余暇の増加

まず、シンプルに仕事時間が減ることにより、自由に使える時間が増えるということがありあります。

これは月に一回のプチ休暇のように楽しみにすることで日々の生活に活気が出る可能性があります。 また、この2日半の休みでゆっくり休養することでストレスは緩和されます。 そういった型には薄毛の進行を対策するのに非常に友好的な機会となりそうです。

しかしこれは、余暇が充実している人に限るでしょう。 趣味がなく、休日というものに対して魅力を感じていない方には逆に苦痛になる可能性があります。 そうなった場合、時間の使い方を考えていることに疲れたり、それにより家族に企画を求められ心の負担になる方もいるでしょう。

あなた自身と、あなたの周りの人の行動がプレミアムフライデーによってどのように変化するかを知ることが大切です。

生活賃金の変化

プレミアムフライデーにより仕事の時間は短くなります。

そのため労働時間や労働量に払われる給与も比例して減少する可能性は十分考えられます。

それとは逆にお金を使用する時間も増えるわけですから現在既に生活に余裕がない方には必ずしも良い制度とは言えないかもしれません。

生活習慣の改善以外の薄毛治療は基本的にお金が掛かるものです。 その人の会社の程度にもよりますが、それにより賃金が月1万減ってしまう方もいるでしょう。

育毛剤一本分とだいたい同じ値段です。 食費などの生活費を優先した場合、消費を削れるところは自然と育毛剤や育毛シャンプーなどへの支出を減らさなくてはいけなくなります。

薄毛治療とはお金の掛かるものですので、生活賃金の変化で薄毛との向き合い方を変えていかなければいけなくなるかもしれません。

生活リズムの変化

月一回午後が休みになるだけで生活リズムの変化などないと思われる方もいるかもしれません。

しかし、これは月末です。 会社で月ごとの結果を出すことを求められる職種の方々などは最終週の働ける時間が少なくなる分その他の曜日に仕事を詰めなくていけなくなるかもしれません。

通常月末の金曜日は夜8時まで働いていた方はプレミアムフライデーにより5時間の労働時間が減らされてしまうため、最終週の月~木は今までよりも1.2時間程余計に残業しなければいけなくなるかもしれません。

このような毎月1週間生活リズムが変わってしまう方は、薄毛対策の視点からですとあまりいい施策とはいえません。

月の全体的な業務として予定を見直していく必要性があるでしょう。

逆にプレミアムフライデーができることでその時間帯に働かなくていけない人も増えてきます。 サービス業の方々は今までよりも月末金曜日の出社を求められることにより、結果的に休みが増えずに仕事だけが増える可能性が大きいです。

多くの方はプレミアムフライデーにゆっくり治療に行きたいと思うでしょうしクリニックの予定は取りにくくなるでしょう。

また、金曜日に行くというのは元々あったけど特に何週目か決めていなかった方は単純に選択肢がひとつ減ることになります。

いままで月四回ある金曜日のどこかだったのが実質月三回と言っていいほど取りづらくなるでしょう。

クリニックに継続的に行く予定などもしっかり立てる必要がありそうです。

プレミアムフライデーにより、様々な変化が与えられそれによりストレスや生活習慣の変化があり何かしらの影響があるでしょう。 それは、注意深く考えなければ決していい「新施策」とは呼べなくなります。

では、重要なことは何なのでしょう?

それは、プレミアムフライデーによる変化に価値を見出すことです。

それにより増える仕事や減る仕事ありますが、プレミアムフライデーが自分の生活に与えるいい影響に目を向けてあげることです。

プレミアムフライデーのある生活にどうにか慣れるのではなく、むしろそれを活用し職場や自分自身の生活スタイルに新しい風を吹き込むことが大切なのではないのでしょうか。