目次

  1. 妊娠中に毛が抜けるって本当?
  2. 妊娠中の抜け毛、どうすればいいの…?
  3. 妊娠中の抜け毛、シャンプーで改善できるかもしれません!
  4. 妊娠中の抜け毛に効果的なシャンプー3つの特徴
  5. 【注意】妊娠中にシャンプーを選ぶ基準
  6. シャンプーの他にもおさえておきたい、妊娠中の抜け毛対策
  7. 妊娠中の抜け毛予防対策におすすめのシャンプー
  8. 抜け毛を対策して、妊娠中も素敵に過ごしましょう

妊娠すると色々なことが気になりますよね。 あふれる情報の中でひときわ気になる抜け毛について。 果たして本当に妊娠中に抜け毛が増えるのでしょうか。

根拠となる原因としては - 妊娠中は女性ホルモンのバランスが崩れ、それに伴いヘアサイクルが乱れる。 - 妊娠中の栄養不足で、髪に栄養が行きわたらない。 - ストレスや洗髪不足で頭皮の血行不良になり、栄養が髪に届かない。 などが挙げられます。

やはり妊娠と抜け毛は密接な関係があるようですね。 一度にたくさん抜けるのは怖いですから、しっかり対策を学んでいきましょう。

妊娠と抜け毛
妊娠と抜け毛

やはり毛が抜ける原因があるんですね。

妊婦さんの悩みの上位にあげられる抜け毛。 妊娠中は女性ホルモンのバランスがくずれる上、 胎児の方へ栄養が行ってしまうため、妊婦さんは栄養不足になりがちです。 人によってはものすごい量の抜け毛で、髪だけでなく眉毛やまつげまで抜けてしまう人もいるようです。

妊娠中は胎児のことを考えて、薬剤は使えないし、 どうしたら良いか更に悩む人が多いです。 この妊娠中の抜け毛、いったいどうしたらいいのでしょうか。 何かいい対策法はあるのでしょうか。

妊娠中の抜け毛の対策をどうすればよいか考えるとき、 ホルモンのバランスなど内部的なことは自分で改善するのは難しいですよね。

では、比較的簡単に自分でできる対策と言えば、シャンプーではないでしょうか。 シャンプーは毎日するものですし、髪の生える土台となる部分です。 妊娠中に関わらず、抜け毛が増えた時は土台である頭皮環境から見直すことが大切です。 妊娠中の抜け毛もシャンプーでの改善が期待できるかもしれません。

妊娠中の抜け毛の対策

妊娠中の抜け毛の対策

シャンプーが改善の鍵になりそうです。

妊娠中の抜け毛対策としてシャンプーが有効かもしれないということでしたね。 それでは、実際に効果の期待できるシャンプーというのはどんなものなんでしょうか。 ここでは、妊娠中の抜け毛に効果的なシャンプーをご紹介します。 しっかりと特徴を押さえていきましょう。

アミノ酸系シャンプー

一般に市販されているシャンプーは汚れを落とすという目的でとても洗浄力の高いものがあります。 もともと頭皮には皮膚を守る為に皮脂がありますが、 洗浄力が高いと本来必要であるべき皮脂までも洗い流してしまいます。 そうなるとどんどん皮脂が分泌されて毛穴のつまりを起こします。 それが抜け毛の原因になります。 また妊娠中の頭皮はとても敏感なので、少しの刺激でも炎症を起こすことがあります。 アミノ酸系のシャンプーは、洗浄力がそれほど高くないのですが、低刺激で頭皮に優しいのが特徴です。

天然由来成分のシャンプー

一般的にシャンプーの中にはいくつもの成分が含まれています。 洗浄作用の成分だけでなく、髪の毛を柔らかく滑らかにする成分だったり、 ハリやコシを与えるといわれる成分が含まれていることもありますね。 でも、その多くが化学成分であることがほとんどです。

化学成分も妊娠中で敏感になっている時には避けた方がいいです。 刺激が強すぎて抜け毛を助長することになります。 シャンプーの中には、同じ作用のある成分を天然のものから抽出したエキスを使用しているものがあります。 天然由来の成分なら頭皮に優しく安心して使えます。

無添加・無香料・無着色のシャンプー

だいたいのシャンプーは添加物が含まれていて、 更に香りを良くするために香料を使ったり、見た目を良くするために着色料を使用されていますが、やはりそれらは化学成分です。 頭皮にとって優しいのは、添加物を使用していない無添加のシャンプーです。 また着色料はアレルギーを起こすこともある物質です。 妊娠中の抜け毛に悩んだら、無添加・無香料・無着色のシャンプーを使用するのをおすすめします。

妊娠中の抜け毛に悩んだら・・・

妊娠中の抜け毛に悩んだら・・・

シャンプーから見直してみましょう。

妊娠中の抜け毛に効果的なシャンプーの特徴がわかりましたね。 では、逆に使用を避けるべきシャンプーはどんなものでしょうか。

シャンプーの種類

前項でもお話ししましたが、市販のシャンプーは洗浄力の高いものがあります。 そのシャンプーの洗浄成分は高級アルコール系つまり石油系シャンプーと言われています。

一方で洗浄力は劣るが、皮脂を落としすぎないアミノ酸シャンプーというものもあります。

添加物の有無

添加物は食品などにも使われるのでよく聞きますよね。 化粧品やシャンプーにも使用されているものですが、 パラベンに代表される添加物は、保存期間を長くするために使用されています。

特に妊娠中の皮膚が敏感な時は、湿疹や皮膚炎などの皮膚トラブルを起こす可能性もあり注意が必要です。 天然成分で作られたシャンプーもありますので、シャンプー選びの際は気にしてみるのもいいかもしれません。

妊娠中に避けるべきシャンプー

妊娠中に避けるべきシャンプー

特徴をしっかり知っておきましょう。

妊娠中の抜け毛の対策としてシャンプーをご紹介してきました。 では、シャンプー以外にも妊娠中の抜け毛を対策する方法はあるのでしょうか。

シャンプーとともに生活上で気をつけるべき点を含め、説明していきます。

バランスのとれた食事

妊娠中は胎児に栄養が行くため、しっかり栄養を取っているつもりでも 妊婦さん自身の栄養は不足しがちです。 また偏った食事でも同じで、栄養不足になります。

栄養は体の中心部分から摂取していくので、栄養不足になってしまうと 末端である髪にまで栄養が届かなくなります。 不健康になった髪は細く脆くなり、抜け毛になっていきます。

そのため、妊娠中の抜け毛対策には食事の見直しも重要です。 特に髪の毛を健康に保つためには、髪の成分であるタンパク質を積極的に採りましょう。

十分な睡眠

睡眠は毛を成長させることと密接な関係があります。 それは髪を成長させる成長ホルモンが睡眠中に活発に分泌されるからです。 さらに毛母細胞から髪に栄養素を取り入れるのですが、この毛母細胞が活発に働くのも睡眠中なのです。 睡眠不足になると髪に栄養が取り入れにくくなり、髪が成長できなくなってしまいます。 そうなることで、結果的に抜け毛へとつながっていきます。

妊娠中は睡眠不足になりがちですが、 10時から2時の間にしっかり睡眠をとるようにしましょう。

ショートヘアや帽子で対策

シャンプー剤がきれいに洗い流せていないことが抜け毛の原因の一つになります。 妊娠中は特に体勢によっては洗い流すのが苦しい時もありますよね。 完全にシャンプー剤が洗い流せていないと、頭皮にシャンプー剤が残ったままになり、 その汚れが毛穴のつまりを引き起こし、抜け毛へとつながっていきます。

ロングヘアーでは、うなじ部分など洗い残しがよくあります。 ショートヘアーにすることで、洗うのも洗い流すのも簡単になります。

また抜け毛が増え、薄毛が気になるようなら帽子をかぶることもおすすめです。 改善にはなりませんが、薄毛を気にしてストレス溜めると 抜け毛が増える原因にもなりますので、 人目が気になる時は帽子で隠してしまいましょう。

妊娠中の抜け毛対策

妊娠中の抜け毛対策

バランスよく食事することも大切ですね。

妊娠中の抜け毛対策に使用したいシャンプーと避けるべきシャンプーの特徴を見てきました。 では、いったいどのシャンプーがいいのでしょうか。 種類も豊富で選びにくいですよね。 そこで、おすすめなのがマイナチュレです。 マイナチュレは、アミノ酸系のシャンプーで頭皮をいたわりながら汚れを落とします。 また天然成分で作られていて、添加物なし無香料無着色です。

更に返金保証がついていて、万が一肌にトラブルが起こっても、 返金してもらえるので試してみやすいです。

いかでししたか? 妊娠中の抜け毛の対策についてご紹介してきました。 見てきたようにあくまでも妊娠中の抜け毛は病気ではありません。 妊娠により女性ホルモンのバランスが崩れたのが一番の原因です。

ホルモンのバランスが整えば、自然に戻ることがほとんどなので、 対策をしながら、ストレスをため過ぎないように リラックスした状態で過ごす方がいいですよ。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。