目次

  1. 自毛植毛はタイミングを逃すと大変なことに!?
  2. はじめに…自毛植毛の基礎知識
  3. 自毛植毛手術を受けるのに最適なタイミングや期間について
  4. 自毛植毛手術のタイミングを考える上での注意点
  5. 自毛植毛でタイミング以外に気にするべきことは?
  6. どのタイミングで受けましたか?自毛植毛手術を受けた人の声
  7. 自毛植毛手術について具体的に考えているなら・・・

育毛剤はあらかた試したけど、どれもダメ。でも自毛植毛はちょっと…」 と迷っている方。 実は自毛植毛は、迷っているうちにタイミングを逃している可能性があるのです!

自分の髪を移植する自毛植毛手術にはタイミングが大切、ということについて、これから詳しく見ていきましょう。

自毛植毛手術は…
自毛植毛手術は…

タイミングが大事なんです!

それではまず始めに、自毛植毛についての基礎知識を学んでおきましょう。

自毛植毛とは、文字通り自分の髪の毛を自分に植毛する手術のこと。 植毛にはもう一つ、人工植毛というタイプがありますが、こちらはナイロンなどの人工毛を植え付ける手術です。 人工植毛はすぐに成果が出るものの、感染症を起こしたり、一度抜けるともう1回手術しなければならないなどのデメリットもあるのですよ。

一方自毛植毛は自然に生えそろうまで時間はかかるものの、拒否反応もなく、一度定着すればその後ずっと自分の髪として生え続けるというメリットがあるのです。

自毛植毛は
自毛植毛は

成功すれば、自分の髪として生え続けます!

では、自毛植毛を受けるのに最適なタイミングや期間とは、一体いつなのでしょう。

手術は日帰りで可能とは言っても、果たしていつでもよいのでしょうか? 手術のタイミングについて見ていきましょう。

手術を受けるのに最適な季節はあるの?

自毛植毛を受けるのに適した季節はあるのでしょうか。

これについては、植毛に適した季節や、またはNGの季節というものはないようです。

基本的に自毛植毛は季節の影響を受けません。 夏場の発汗や、冬の乾燥による発毛の低下といった報告は出ていないのです。 そのため、季節に関しては一年中OKということになりますね。

ただ自毛植毛手術の後、一時的な抜け毛が起こる際は、紫外線による細胞へのダメージも考えられます。 日差しの強い日は帽子をかぶるなど、いつもより徹底した紫外線対策を行いましょう。

術後の腫れが落ち着くのに最低限必要な日数とは

自毛植毛は、手術自体は日帰りで可能です。 しかし、術後は顔やまぶたが腫れる症状が起こりやすくなるのです。

これは手術時の麻酔が時間と共に下に下がって来るせいで、腫れが引くまで多少の時間が必要。 その日数は個人差もありますが、大体4日目をピークにして、1週間前後でおさまると言われています。

そのため手術のダウンタイムなどを考えると、なるべく1週間ぐらいは休みを取ることをおすすめします。

自毛植毛手術の腫れは…
自毛植毛手術の腫れは…

おさまるまで1週間前後かかる可能性があります。

術後のケアを考えるなら、中長期の休みを取れる時期がおすすめ

自毛植毛手術は基本的に日帰りで、事務職などであれば翌日からの仕事も可能なようです。 しかし上で見たように、手術自体は日帰りで可能なものの、術後のケアに多少の時間を取ったほうが良いでしょう。

できれば術後の腫れが引くまでの1週間は休みを取りたいところなので、それくらいの中長期の休暇が可能な時期がいいと言われています。

ただし、お盆やゴールデンウィーク、年末年始など長期休暇の時期にはクリニックの予約もとりにくくなるので、注意が必要ですよ!

さて、ここで自毛植毛手術のタイミングを考える上での注意点を見ておきましょう。

前述のように、自毛植毛手術は季節を問わず手術が可能。 しかも日帰りの手術なので、理屈としては1年中いつでも手術ができることになります。

つまり、手術を決心した場合、なるべく早く行う方が良い、ということ。

男性型脱毛症(AGA)は進行性なので、時期を伸ばしているうちに症状が進んでしまい、自毛植毛が難しくなる可能性も考えられるのです。

自毛植毛はなるべく早いタイミングで決断すべき、ということでしたが、それ以外に気をつけるべきこととは何でしょうか。

自毛植毛の注意点について、他にも見ておきましょう。

①ある程度の髪の長さを維持しておく

自毛植毛のタイミング以外の注意点として、手術前にある程度の髪の長さを維持しておくことをおすすめします。

自毛植毛は、主に後頭部の毛を採取し、移植先へ植え付ける手術です。 そこで髪の毛が短かった場合、ドナー部分の傷跡が目立ってしまうそうです。

具体的には、髪の毛の長さが最低でも4cmあれば、傷を隠すことができると言われています。

②手術前は飲酒を控える

手術前の飲酒に関しても、注意が必要です。

アルコールは血行を促し、手術の際の出血がひどくなったり、また腫れがひどくなることも考えられます。 ですから、手術前日と当日、また手術後1日もお酒は控えたほうがいいでしょう。

その翌日からの飲酒はOKですが、基本的にアルコールは髪にとってよくはありません。 できればしばらく量を控えたほうが良いでしょうね。

自毛植毛手術前のアルコールは
自毛植毛手術前のアルコールは

NGです!

③手術前の毛染めや脱色は控えましょう

自毛植毛を受ける際は、その2週間ほど前から毛染めや脱色は控えましょう。

染毛剤やブリーチ剤といった薬剤は、頭皮に負担がかかってしまいます。 炎症を起こす可能性もあり、そのような状態で植毛手術を行った場合、髪の毛の定着率が低くなる危険が考えられます。

手術前に頭皮を荒らすような行為は、できる限り避けましょう!

ではここからは、自毛植毛手術を経験した人の意見で、手術を受けたのはどのタイミングかという点について見ていきましょう。

あなたが手術を受ける際の参考にして見て下さい。

正月休み

口コミを探したところ、正月休みに入る前に手術を受けたという人は多いようでしたよ。

年末年始の休みだと、5,6日の休みといったところでしょうか。 まとまった休みがとれるタイミングは限られますから、正月休みを利用しての手術はやはり多いようですね。

ただ前述のように、ゴールデンウィークやお正月は手術の予約が立て込む時期なので、早めに予定を立てておきましょう!

夏休み

一方で夏休みのタイミングで手術を受けたという人たちの声も数多くありました。

学生とは違って勤めている場合、夏休みといってもそれほど長期の休暇は難しいでしょうが、1週間弱の休みは可能でしょうね。

ただやはり、手術には人気のタイミングですので予約は早めにしておきましょう。

自毛植毛手術の予約は
自毛植毛手術の予約は

なるべく早めがいいかもしれません

土日祝日・有給休暇

正月休みや夏休みなど、比較的長期の休みが可能な時期に植毛を受けたという声も多くありました。

しかし、早く手術を受けたいなど長期の休みにタイミングが合わせられない場合、土日祝日や有給休暇を使っての手術も考えられます。

手術後のダウンタイムは個人差がありますが、3日で十分という声もあり、忙しい人はこちらの方法も選択肢の一つでしょうね。

いかがでしたか?

自毛植毛手術はタイミングも大事ですが、どこで受けるかも当然重要になります。

もしあなたが自毛植毛手術について具体的に考えているなら、症例の多い有名クリニックでまずは相談してみてはいかがですか?


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。