目次

  1. 植毛って難しい言葉が多くてわかりづらい…
  2. そもそも自毛植毛ってどんな治療法?
  3. 自毛植毛でよく聞くグラフト・株っていったいなに?
  4. 自毛植毛のグラフト・株の量はなにを基準に決めればいいの?
  5. 自毛植毛の株・グラフト数の選び方がわからない場合は…
  6. 【クリニック別】グラフト数ごとの自毛植毛の費用まとめ
  7. 自毛植毛は自分に合ったグラフト数のものを選びましょう!

最近、薄毛治療として自毛植毛を選ぶ人が増えています。

しかし、費用が高いことに加え、よく分からない言葉が多く、ハードルが高いと思ってしまう人も多いようです。

でも自毛植毛は高い効果が期待できる治療法なんです。

「よく分からない治療法」で終わらせるのはもったいない!

そこで今回は、自毛植毛の基本用語である株・グラフトについて説明していきます。

自毛植毛は効果が期待できる治療法!
自毛植毛は効果が期待できる治療法!

自毛植毛を「よくわからない」で終わらせてしまうのは本当にもったいない! ぜひ自毛植毛も薄毛治療法の候補の1つにしてください。

自毛植毛とは、その字の通り「自分の髪を植毛する」治療法です。

人工毛と違い、自分の髪ですので、周りと同じように成長し、同じように白髪にもなります。

そのため、定着後は特にメンテナンスを必要とせず、自然な仕上がりが人気の治療法です。

反面、施術を伴うので、時間と費用がかなり掛かってしまいます。

しかし、効果は期待できる治療法なんです。

最終手段の治療法
最終手段の治療法

自毛植毛は後頭部や側頭部などから、髪を作り育てる毛包ごと移植します。 そのため、毛母細胞が死んでしまっている場合でも、増毛ができる可能性があるのです。 その上、自分の髪ですので拒絶反応が起こりにくく、高い定着率が期待できます。まさに最終手段なのですね。

自毛植毛といっても、ほとんどの方法では髪を1本ずつ植えていくわけではありません。

そんなことをすれば、膨大な時間と負担がかかってしまいますよね。

そのため、自毛植毛では、複数の髪を1セットとして植えていきます。

ですので、「本」ではなく「株」や「グラフト」といった単位が使われるのです。

株分けとは?

自毛植毛の主な方法に、切る植毛(FUT法)があります。

これは、AGAなどの影響を受けにくい後頭部などから頭皮を帯状に切り取り、それを生え際や頭頂部に移植していく方法です。

しかし、切り取った頭皮をそのまま張り付けるのは不自然ですよね。

そのため、切り取った頭皮から髪を毛包ごとに分け、それを移植していきます。

この毛包ごとに分けられたセットが株・グラフトであり、この作業を株分けというのです。

また、もう1つの主な方法に切らない植毛(FUE法)があります。

この場合は、後頭部から直接株・グラフトごとに採取するため、株分けを行いません。

グラフト・株は本数によって呼び方が違う!

FUT法・FUE法では毛包ごとに移植していくので、「本」ではなく「株」「グラフト」といった単位が使われることを説明しました。

この毛包には、だいたい1~4本の髪が生えていると言われています。

そのため、同じ1株(グラフト)でも、髪の数が異なる場合があるのです。

この株(グラフト)に生えている髪の数によって、次のように呼び方が変わります。 - 1本:マイクログラフト - 2本:フォリキュラーグラフト - 3本以上:ダブルフォリキュラーグラフト

株・グラフトは植毛の単位
株・グラフトは植毛の単位

植毛の方法によっては、毛包単位でなく、毛根単位や直径単位で株分けを行う場合もあります。 その場合は「シングルグラフト」「ミニグラフト」などの名前が使われることもあります。

グラフト・株の種類と特徴

それぞれの株・グラフトは名前だけではなく役割も異なります。

例えば、1本のマイクログラフトは、細かな向きの調整に適しています。

そのため、より自然な髪型を演出するために、生え際などによく用いられます。

一方、3本以上のダブルフォリキュラーグラフトは、髪の密度を濃くすることに適しています。

そのため、頭頂部など、髪の密度が重要な部位によく用いられるのです。

2本のフォリキュラーグラフトは汎用性が高く、広く全体的に用いられます。

これらのグラフトを、クリニックが最新の技術によって最適な場所を見極め移植していくので、より自然な仕上がりになるのですね。

自毛植毛はグラフトごとに移植されることを説明しました。

それでは、どのぐらい植毛すればいいのでしょうか

全体的にふさふさになるくらい??

それとも生え際の必要最低限のみ??

株・グラフトの量はクリニックで相談することをおすすめしますが、薄毛進行別の目安も紹介しますので参考にしてください。

生え際の後退が気になる場合

生え際が少し後退している場合は、生え際の必要最低限のみ植毛したいと思うかもしれません。

しかし、自毛植毛は薄毛の進行自体は止められないので、将来薄毛が進行した時に、植毛した部分だけ離れ小島のようになってしまう可能性があります。

そのため、生え際の薄毛の部分より少し上の部分にも散らして植毛することをおすすめします。

目安としては400~1000株(グラフト)ほどになるでしょう。

生え際が更に後退し、頭頂部も薄い場合

生え際だけでなく、頭頂部も気になる場合は、頭頂部の密度も考えなければなりません。

額から頭頂部にかけて、広く植毛をする必要があるでしょう。

目安としては1000~3000株(グラフト)ほどになると思われます。

広範囲にわたって薄毛が更に進行している場合

この場合、ふさふさに戻れるくらい植毛したい!と思う人もいるでしょう。

しかし、費用の問題もありますし、多すぎる植毛は施術をする医師側にも負担がかかるため、1回につき5000株(グラフト)ほどが限度だと思われます。

複数回に分けて植毛をすることもできますので、それも考えてみてはいかがでしょうか。

ただ、自毛植毛は自分の髪を使うため、ドナーには限りがあります

ドナーとなった部分には髪が生えなくなるので、植毛の限度を見極めることが重要です。

オーダーメイドの治療
オーダーメイドの治療

自毛植毛は自分で株・グラフト数や植毛場所を決めることができます。 「こうなりたい!」を表現しやすい治療法なのです。

「理想はあっても、どうすればいいのかわからない」

そんな時は迷わず専門家であるクリニックに相談しましょう。

「こうなりたい」という理想を、実現可能な治療として提案してくれるはずです。

また、自毛植毛はクリニックや医師の腕が大変重要になってきます。

ほとんどのクリニックは無料で相談可能なので、クリニックの雰囲気を知るためにも、一度相談してみることをおすすめします。

自毛植毛の大きなハードルとなってしまう費用の問題。

次は、クリニック別の主な植毛法の費用について紹介していきます。

先の進行別の株・グラフト数の目安と併せて参考にしてください。

親和クリニックの自毛植毛手術の費用

親和クリニックでは、切らない植毛であるMIRAI法と、それを更に進化させたNC-MIRAI法の施術が有名です。

通常の切らない植毛は、ドナー採取の際に後頭部を刈り上げる必要があるのですが、NC-MIRAI法はその必要がなく、すぐに日常生活に戻れるのが魅力です。

【MIRAI法】 基本料金200,000+植毛費用700×株・グラフト 1000株 900,000円 3000株 2,300,000円

【NC-MIRAI法】 基本料金300,000+植毛費用1,800×株・グラフト 1000株 2,200,000円 3000株 5,700,000円

アイランドタワークリニックの自毛植毛手術の費用

アイランドタワークリニックでも、切らない植毛であるi-direct法刈らないdirekt法の施術を受けることができます。

【i-direct法】 基本治療費200,000+i-direct費用1,200×株・グラフト 1000グラフト 1,400,000円 3000グラフト 3,800,000円

【刈らないdirect法】 基本治療費200,000+i-direct費用2,000×株・グラフト 1000グラフト 2,200,000円 3000グラフト 6,200,000円

AGAルネッサンスクリニックの自毛植毛手術の費用

AGAルネッサンスクリニックでは、最先端のロボットARTASの治療を受けることができます。

質のいいドナーを短時間で正確に採取できるため、施術の時間が短く定着率も高いと言われています。

他にも切る植毛であるドナーストリップ法の施術なども受けることができます。

AGAルネッサンスクリニックでは基本料金がなく、施術料のみになります。

その施術料も株・グラフト数によって異なり、株数が増えると、1株当たりの料金が下がるシステムになっています。

【ARTAS植毛】 1000グラフト 888,000円(1グラフト888円) 3000グラフト 1,990,000円(1グラフト663円)

【ドナーストリップ法】 1000グラフト 888,000円(1グラフト888円)

薄毛治療の最終手段とも言われる自毛植毛。

費用は高い分、高い効果が期待できる治療法です。

クリニックの無料相談も使いながら、自分にとっての最適なグラフト数を見極め、自分の理想を実現させましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。