目次

  1. 自毛植毛を大きな手術と思っていませんか?
  2. 自毛植毛の後は仕事を休んだほうがいいの?
  3. 自毛植毛後に仕事を休むべき理由とは?
  4. 自毛植毛の後、仕事を休むべき期間はどれくらい...?
  5. こんな人は仕事を休んだほうがいい期間が延びるかも
  6. 自毛植毛後、仕事以外に止めたほうがいいこと3つ
  7. 自毛植毛はしたいけど、仕事を休んでる暇がない!という人へ
  8. 自毛植毛と仕事について、詳しく知りたい人はこちら
  9. 植毛は、仕事への影響が少ない自毛植毛で!

自毛植毛と言うと皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

髪の毛を植えるけっこうな手術だから何日か入院するのかな・・・ そう思いますよね?

実は自毛植毛の手術自体は日帰りでできますから意外に手軽にできるんです。 ただ、手術をしてそのまま仕事復帰!は難しいですね。

では自毛植毛をしたら仕事をどのくらい休めばいいのか? 気になる疑問を調査しました。

そんなに休めないんだけど・・・
そんなに休めないんだけど・・・

手術自体は日帰りです。

自毛植毛の手術自体はその日の内に終わってそのまま帰れる場合が多いのですが、だからといってすぐに仕事に復帰するのは少し難しいかもしれません。

ということはやはり仕事を休む方がいいの?

自毛植毛後に仕事を休むべき理由、職種別にどのくらいの期間休めばいいかもご紹介します。

休むのはどのくらい?
休むのはどのくらい?

休暇は何日くらいがいいですか。

自毛植毛の術後に仕事を休む方がいい理由とはなんでしょう。

自毛植毛の手術は、日帰りで行えるほど体への負担も軽減されています。 しかし、極小とはいえ皮膚に傷をつけるので、腫れてしまう場合があります

特に生え際に植毛した方で瞼が腫れることがあるのだそうです。

しかも手術当日は患部に包帯を巻いて帰らなければなりませんし、翌日に包帯を取るのと経過を見るために来院しなければならないクリニックがほとんどです。

術後には激しい運動も控えなければなりませんから、やはりお休みを取っておかれた方がよろしいでしょう。

やはり自毛植毛の手術後は仕事を休むべきなのはわかりました。 どのくらいの期間休めばいいのかは職種などによって違ってきます。

デスクワークの人と営業職肉体労働の人に分けて仕事を休む期間について詳しくご説明します。

もちろん一般的な意見ですのであくまで参考にして下さい

デスクワークの人

お仕事が事務などのデスクワーク中心の方であれば自毛植毛の手術後、早ければ翌日から仕事復帰も可能です。

もちろん痛みや腫れがひどかったり、出血が続いたりといった場合はできれば数日間休んだ方がいいでしょう

個人差はありますが、植毛した部分はかさぶたが出来るので,周りの人に植毛したことを知られたくない人はもう少し長めに休まれた方が良いかも知れませんね。

早めに復帰してもOK!
早めに復帰してもOK!

休日を効果的に使いましょう。

営業職、肉体労働の人

植毛手術後は激しい運動は控えなければなりません

ヘルメットや帽子をかぶるお仕事の方は、植毛した部分が強く圧迫されたりこすれたりすると植毛した部分が抜ける可能性があります。 数日間は避けた方が良いでしょう。

一方営業職や接客業など、人前に出るお仕事の方は前頭部や頭頂部の見える部分の植毛をされた場合は業務に支障をきたすことも考慮した上で休む期間を決めましょう。

自毛植毛手術と翌日の来院に数日間の余裕を見て休んだ方が安心です。

結構ハードワークです!
結構ハードワークです!

しっかり休みましょう。

自毛植毛の術後、どのくらい仕事を休めばいいか職種別にご紹介しました。 ただ、それ以外にもこういった人はもう少し休んだ方がいいかも知れません

生え際に植毛した場合・・・生え際など前頭部に植毛した際に、瞼や額が数日から長い方なら数週間くらい腫れてしまうことがあります。

広範囲に植毛した場合・・・狭い範囲や、見えにくい部分であれば植毛したことが分かりにくいですが、一度に広い範囲で植毛するとバレやすいです。

⑶術後の副作用・・・全ての方に起きるわけではありませんが出血が続いたり、吐き気や痛みが出る場合があります。

少しゆっくり休んだ方がいいかも・・・
少しゆっくり休んだ方がいいかも・・・

長めに休暇を取りましょう。

自毛植毛手術後には仕事を何日か休んだ方がいいことは分かりました。 それ以外にも、これはやめた方がいい、控えた方がいいことを3つご紹介します。

移植毛が定着するために、移植部分の安全を図るためにも生活習慣などでの注意点をしっかり守って少しでも早く回復出来るようにしましょう

①強い刺激を与える

自毛植毛手術の翌日には洗髪出来ます。 むしろ洗った方が良いそうで、翌日包帯を取るために来院する際に洗ってくれるクリニックもあります

プロに洗ってもらえば安心ですが、自分で洗う際には爪を立てたりゴシゴシ洗わず指の腹でやさしく洗いましょう

痒いからと言って移植部分を強くこすったり、爪で掻いたりは避けましょう。

②飲酒・喫煙

自毛植毛の手術後に気をつけたいことに、アルコールの摂取があります。

アルコールを飲むと過剰に血流が促進され、移植した患部の出血がひどくなったり痒くなったりすることがあるので控えた方が良いようです。

逆にタバコは血管を収縮させ血行が悪くなり、患部の回復が阻害されることがあるので喫煙もやめておいた方が良いようです。

出来れば禁酒・禁煙が望ましいようです。
出来れば禁酒・禁煙が望ましいようです。

回復が優先事項です!

③直射日光に当てる

また、自毛植毛をした部分は直射日光に当てると傷口が悪化したり、植毛した毛の生着率が下がってしまうこともあるので気をつけましょう。

外出を控えるのがベストですが、やむを得ず出掛ける際には帽子をかぶるなど(その場合も患部を圧迫しないもの)植毛した部分を保護しましょう。

お仕事の都合などでどうしても休みを取れないという方は、休日(土・日や連休、お盆や年末年始)を利用して自毛植毛の手術をするという選択肢もあります

土曜日に手術、日曜日に包帯をとるため来院、月曜から仕事。 最短で済むのならこんな日程でも可能です(かなりキツいですが・・・)

お盆や年末年始の長期休暇を利用すればお仕事を休まず、余裕を持って術後の回復に充てられます。 植毛手術前に医師やカウンセラーに相談しましょう

ただ、連休や年末年始は予約が殺到しますから、早めに予約を入れておくことが大事です。

仕事休めないんですが・・・大丈夫ですよ。
仕事休めないんですが・・・大丈夫ですよ。

事前に日程を相談しましょう!

自毛植毛したいけれど仕事の都合もあるし・・・

自毛植毛の内容や、術後の注意点やスケジュールなど分からないことは多いですね。

クリニックはそういった患者さんの不安や疑問に答えるため「無料カウンセリング」を行っているところは多くあります。 無料メール相談もあります。

自毛植毛に関する気になる点が少しでもある方はまずは相談してみましょう

植毛には自毛植毛以外にも「人工毛植毛」もありますが、人工毛は生着することが無く年に数回のメンテナンスが必要なので費用も高額で、リスクもあるようです。

生着率も高く、一度植毛すれば基本的にOKで、仕事への影響も少ない自毛植毛がオススメです!

ハゲ治療に自毛植毛という選択肢、考えてみませんか?


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。