目次

  1. 自毛植毛はハゲ解決の最後の手段
  2. 自毛植毛成功談~口コミ編~
  3. ただ、自毛植毛で失敗するケースもある...!?
  4. 自毛植毛が失敗してしまうパターンをチェック
  5. その他の自毛植毛の失敗例
  6. 自毛植毛の失敗に関する動画もチェック!
  7. 自毛植毛の失敗をしないために...
  8. 自毛植毛の失敗に関する正しい知識を!

薄毛が気になりだし、何か対策を・・・となった時、すぐに自毛植毛という治療法を試そうと思う人は多くないと思います。

育毛剤薬の服用などを経ても回復が見込めない時、 または急速に進行して他に方法がない、そういった時の最後の手段植毛であると思います。

自毛植毛は字のごとく自身の毛髪を足りないところに植える方法です。 自分の髪の毛なので自然に装うこともできるというメリットがあります。

どうにもならない薄毛の悩み!
どうにもならない薄毛の悩み!

最後の砦の自毛植毛!

自毛植毛手術の失敗例の前に自毛植毛が成功したという口コミを見ていきましょう。 失敗例、成功例共にこれから自毛植毛の手術を考えている方には参考になると思います。 全ての方が自毛植毛手術が成功したわけではありませんが、成功例も読むことで手術に期待する部分はでてきますね。 薄毛対策の最後の手段となる自毛植毛手術ですので、慎重に考え疑問を解決していきましょう。 また、成功例の口コミを見ることで、手術への不安も少し和らぐことでしょう。

施術してすぐに効果は出ませんでしたが、4ヶ月程で植毛した部分が発毛。今は帽子を被らなくても大丈夫なので、出かけるときの重い気持ちに悩まされることもなくなりました。

泣いた!笑った!薄毛治療口コミ集  26歳男性

手術後に4ヶ月で発毛を実感して帽子を被らなくて良いという精神状態に落ち着いたのは良いですね。人目を気にしないで出掛けられるのは、気持ちにも余裕が生まれます。 満足のいく結果が得られた成功例の一つです。

植毛手術の1ヶ月後のある日、 カット(散髪)する為、来店されましたが切り取った後頭部はまだ赤く腫れ上がってました。 そして移植先の前頭部も縫い付けた感じが不自然でかなり痛々しく思いました。

ですが月日が経つにつれ、後頭部も前頭部も自然に馴染んできたのです。

植毛後数ヶ月は毛髪の伸びかたがかなり遅くて、本人さんもかなり心配していましたが 今では周りの毛髪とほぼ同じ周期の伸びかたをしています。

植毛成功のお客さんと植毛失敗?のルーニー - 育毛・薄毛の自然派ヘアケア ~理容師の知恵袋~

理容師さんの目からみた自毛植毛手術の成功例です。 育毛をされているお客さんを見てきたそうですが、育毛剤などでは髪がフサフサになる方はいらっしゃらなかったそうです。 カットに訪れるお客さんが植毛をして、成功した例です。 髪のプロからみても手術から数か月後には周りの髪と同じような生え方をしているそうです。手術から数か月経たないと成功か失敗かわからないようですね。

生え際に1,400の自毛植毛をしてかなりイメージが変わったような気がする。きちんと生え変わるまでに時間がかかるけど、脱毛していた部分が以前のように抜けたり生えたりというサイクルを繰り返してくれるのが嬉しい。若い頃に戻った感じかな。

自毛植毛の2chでの評価

生え際への自毛植毛が成功した一例です。 1,400本の植毛でイメージが変わって、若い頃の印象になったという嬉しい声ですね。 植毛手術後に髪が生え代わるまでが時間がかかるというのは皆さんの共通してある感想です。 一度定着すれば正常な発毛サイクルになるというのは嬉しいですね。

自毛植毛手術が無事に成功した例をみてきました。 手術後に発毛をするまでに数か月かかるのは共通したデメリットですが、植毛した毛髪が定着して、正常な発毛サイクルになるまで様子を見たほうが良いでしょう。 ここまで、成功例の口コミをみてきましたが手術する病院、医師の技量によって失敗するか成功するか別れそうですね。 自毛植毛手術を考えている方には失敗例も成功例も参考になるでしょう。

自分自身の髪の毛を使用する自毛植毛は、仕上がりが自然、高い効果が期待できるなどメリットがよく取り上げられますが、必ず誰にでも同じ効果が感じられるというものではありません。

中には失敗してしまう人もいるようで、そのケースも様々です。

自毛植毛は費用が安いものではありません。 高額な費用をかけて失敗してしまった…と泣き寝入りでは悲しいですよね。

大切なのは実際の失敗例の写真や画像を参考に自分がどのような状況なのかをしっかりと把握することです。

失敗例を参考に、リスクを理解したうえでできる改善策を考えましょう。

100%成功するわけではありません
100%成功するわけではありません

失敗例をしっかり把握しましょう

それでは早速、自毛植毛に失敗してしまうといったいどのような見た目になってしまうのか、自毛植毛の失敗例の実際のパターンを見ていきましょう。

※植毛で失敗した写真・画像に関しては、現在ハゲラボでリサーチの上、集めている状況です。

①自毛植毛の「傷跡」に関する失敗例

自毛植毛と一言でいっても、いくつかの施術方法があります。

頭皮を切開する方法の場合はやはり傷跡が残ってしまう可能性があります。

切開しない手法でも、場合によってはケロイド状態なってしまうこともあります。 ぷっくりとした跡ができてしまうと切開の傷跡よりやっかいですね。

②自毛植毛の「仕上がりの不自然さ」に関する失敗

自毛植毛失敗ケースとして、傷の次によくあるのが仕上がりの不自然さです。

自分の毛なので人工植毛と違い不自然になるのはあまりなさそうに感じますが、写真で紹介した通り、意外とあるんです。

その中で典型的な失敗例は生え際の不自然さ。生え際はよく見ると、緩やかにカーブしていたりジグザグに産毛が生えていたりしているのですが、自毛植毛直線的な生え際になってしまったり髪質が違う毛を移植してしまうと不自然になってしまうこともあります。

③自毛植毛の「定着率」に関する失敗

定着率とはつまりは発毛率のことです。 自毛植毛は毛髪のある部分をドナーとして採取し薄毛の気になる部分に移植をするのですが、そのすべてが根付くというわけではありません。

自毛植毛は定着率が高いと言われていますが、出来ばえは施術者の技術に左右することも多く、ドナーを採取する時に毛根を傷つけてしまったり、移植時に密度を無理に高くしてしまうと定着率の失敗につながってしまうようです。

④自毛植毛の「後遺症」に関する失敗

つっぱり感や違和感
つっぱり感や違和感

後頭部位を切る手術を行うと起こりうる症状です

自毛植毛外科手術です。

後遺症に悩む人もいるようです。

主な症状は頭皮の腫れ化膿つっぱり感傷みなどの症状もあるようです。

こういった症状には個人差もありますし、どのような施術方法を行うかによって大きく変わりますので、不安に思うことは医師に確認するようにしましょうね。

自毛植毛は、上記までで説明したようなケースが起こるリスクもあります。

自毛植毛は、外科的手法を取る薄毛治療法になりますので、 治療を受ける側は、内臓系などの手術と同様に、 このようなリスクがあることを承知していなければなりません。

ここでは上記までで説明した以外のリスクを紹介していきます。

植毛後のショックロス

植毛後のショックロスとは、自毛植毛を行ったあとに、 一時的に髪が抜け落ちることを指します。

きちんと移植した部分が定着すれば、 おのずと新しい髪が生えてきますので、あくまでも一定期間のみの症状です

ショックロスにより抜け毛が増える時期は、 一般的に術後3~4か月後と言われています。

髪の毛を増やすために自毛植毛に踏み切ったのにも関わらず、 抜け毛が増えるとなると、不安になる方もいるでしょうが、 髪全体が抜け落ちるわけではなく、一般的には見た目でわかるレベルではないので、 安心してください。

また、ショックロスにより抜け毛が生じる部分は、 移植部分と、その周囲に麻酔を打った部分のみなので、 その他の部分に抜け毛は生じません。

しかし、もともと薄毛の症状がひどい方の場合、 ショックロスが気になるかもしれません。

そして、特にAGA治療として自毛植毛を行った場合は、 移植周辺のショックロスと疑っていても、実はAGA進行の場合もあります

このような見誤りによる薄毛の進行や、ショックロス自体の発生頻度を抑えるために、 AGA治療薬の併用も方法のひとつです

ここでは自毛植毛の失敗に関する動画を紹介します。

はっきりとした失敗ではありませんが、やはり他の人には植毛を気づかれたくないもの。

参考にしてみてくださいね。

自毛植毛から10ヶ月経過

定着などの問題はなく、失敗ではありませんが生え際に産毛が全くなく、人から指摘されたとのことです。 生え際の植毛を考えている人には参考になると思いますよ。

自毛植毛の広範囲メガセッションについて

傷ができやすい施術法や範囲について、クリニックの医師のが教えてくれています。 やはり繰り返すと傷は残りやすいようですね。

自毛植毛失敗例をいろいろとみてきましたね。

できることなら失敗したくない…そのためにはクリニック選びがとても大切です。

ハゲラボでも来院される方が多い植毛クリニックを紹介しますので、通える場所にお住いの人は検討してくださいね。

いかがでしたか?

自毛植毛失敗例をみていると、少し怖くなってしまった人もいるかもしれませんね。

大切なのは正しい知識を身につけることです。

そして疑問に思うことや不安に思うことがあれば積極的にクリニックの医師に相談しましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。