目次

  1. 自毛植毛をするなら傷跡が残らない方が安心ですよね
  2. 自毛植毛「ダイレクト法」ってなに?
  3. 傷跡が残らない自毛植毛「ダイレクト法」のデメリットとは?
  4. こんな人には自毛植毛「ダイレクト法」は向いてないかも
  5. 実際に自毛植毛「ダイレクト法」でデメリットを感じた人の口コミ
  6. 自毛植毛「ダイレクト法」をもっと詳しく知りたい人はこちら
  7. 自毛植毛「ダイレクト法」については動画も参考に!
  8. 自毛植毛「ダイレクト法」はデメリットを把握した上で検討しよう!

薄毛に悩み、自毛植毛を考えているけど、 頭に一直線の傷跡が残るのはちょっと…と不安を感じている方も いらっしゃるかもしれません。

自毛植毛するなら、できれば傷跡が残らない方が良いと 誰もが思うことでしょう。

実際に、傷跡が残りにくい自毛植毛の方法があるんです! それは、アイランドタワークリニックが行っている 「ダイレクト法」という手法。

自毛植毛「ダイレクト法」とは、どんな方法なのでしょうか?

自毛植毛の傷跡
自毛植毛の傷跡

自毛植毛は傷跡が残るのが心配…

自毛植毛「ダイレクト法」とは、 機械を使って行う「FUE法」のことで、 アイランドタワークリニックが独自に行っている方法です。

「FUE法」とは、ドナー採取の際にメスを使わず、 「吸引パンチ」という直径1mm以下のチューブで 毛包をくり抜くように採取する方法です。

FUE法で採取した毛包は、 株分けが必要なく採取してすぐに移植可能なので、 はげにくく、 高い生着率が期待できるというメリットがあります。 また、メスを使わないので縫合する必要もなく、 傷跡が残りません。

ダイレクト法は、そのFUE法を更に進化させたもので、 手動で行っていたドナー採取を機械で行うことで、 大幅に時間を短縮できるたり、 正確な採取でグラフトを傷付ける心配がなく、 生着率が高まるなどのメリットがあります。

メスを使わないという点が最大のメリットです。 メスを使うと一直線の傷が残りますが、ダイレクト法はメスを使わず傷が残りにくいです。 1週間程度でほとんど傷が目立たなくなるとも言われています。

QHRシステムダイレクト法のメリット・デメリット・口コミは?

普通のFUEは手で一つひとつパンチ(毛髪採取用の器具)を使って採取していきますが、それに対してi-direct法では機械を使用して採取するため、採取する時の速さが全然違います。 そして一番大きなメリットは、採取する時にグラフト株(移植片のこと)を傷つけないということです。

手で採取する方が丁寧だと思われがちですが、手作業ではパンチで採取する際に角度が変わるなどしてグラフトを傷つけてしまうことがあります。 しかしi-direct法は、電動パンチを用いるので角度を変えることなく、グラフトを傷つけずに素早く採取することができます。

i-direct法の特徴 - 自毛植毛とは -自分の髪が生える、自毛植毛で薄毛解決!│i-direct法

時間短縮できて、 生着率も高いという自毛植毛「ダイレクト法」ですが、 良いことばかりではないようです。

以下のようなデメリットがあることも、 きちんと把握しておきましょう!

①費用が高い

自毛植毛「ダイレクト法」は、 他の手術方法に比べて費用が高くなるというデメリットがあります。

メスを使ったストリップ法では、 基本治療費210000万円に自毛植毛費84000~840000円。 ダイレクト法では、 基本治療費は変わりませんが、 自毛植毛費は1.5倍の126000~126000円と予算がかさむようです。

②後頭部の髪を短く刈り上げる必要がある

髪はいずれ伸びてきますし、 不可逆的な問題にはなりませんが、 ドナー採取する際には、後頭部をバリカンで刈り上げる必要があります。

元々スポーツ刈りなどの短髪にしていた人は抵抗がないかもしれませんが、 短くしたことがない人は、ちょっと覚悟がいりますよね。

③手術を受けられるクリニックが限られている

自毛植毛「ダイレクト法」は、 アイランドタワークリニックが行っている独自の手法であるため、 ダイレクト法を受けられるのは、 アイランドクリニックだけになります。(2016/12現在)

アイランドクリニックは、 新宿・大阪・名古屋・福岡の4院しかありませんので、 入院の必要はないとはいえ、 経過を見てもらうために受診する場合もありますし、 地方からはちょっと通いにくいですよね。

④医師の技量に結果が左右されやすい

ドナーの採取は機械が行うとはいえ、 医師が目視で2本以上の髪が生えている良さそうなグラフトを選んで 採取していきます。

当然熟練した医師が選んだグラフトは、 生着率が良くなることが期待できますし、その逆もしかりです。

全てを機械任せというわけにはいかないんですね。

自毛植毛「ダイレクト法」は、 確かにメリットが多い方法ではありますが、 デメリットもあるということがわかりましたね。

デメリットの内容を踏まえて、 こんな人には向かないかも…というポイントをあげてみました。

①自毛植毛の費用を抑えたい人

自毛植毛「ダイレクト法」は、 専用の機械を用いて行うため、 通常の自毛植毛法に比べると費用がかかります。

自毛植毛の費用は少しでも安く抑えたいという人にとっては、 選択肢に入りにくい方法と言えますね。

ダイレクト法は費用が高い
ダイレクト法は費用が高い

費用はなるべく安い方が良い!という人には向かないかも…

②刈り上げるのは嫌な人

後頭部をかなり刈り上げる必要があるダイレクト法は、 一時的とはいえ、かなり見た目が変わってしまいますよね。

傷跡が将来的には残らないと言っても、 1か月程度は採取した部分がわかってしまいますし、 上の髪を伸ばしたり帽子で隠したり、工夫が必要になります。

髪型が大きく変わってしまうのが嫌な人は、 ダイレクト法は難しいかもしれません。

ダイレクト法は後頭部を刈り上げる必要がある
ダイレクト法は後頭部を刈り上げる必要がある

一時的でも髪型が変わるのが嫌な人は難しいかも…

③自宅近くにアイランドタワークリニックがない人

アイランドタワークリニックは全国で4院、 大都市にしか今のところありません

自毛植毛「ダイレクト法」は、入院は必要ありませんが、 手術前のカウンセリング、手術後の経過観察、 場合によっては他の治療も併用することになるかもしれません。

どうしてもダイレクト法で!という強い意志がある人は別ですが、 何回か通う必要があることを考えると、 自宅からあまりに遠い人には難しいかもしれませんね。

近くにクリニックがない…
近くにクリニックがない…

通院に時間がかかり過ぎる人も向かないかも

実際に自毛植毛「ダイレクト法」を受けた人は、 デメリットについてどう感じているのでしょうか? 口コミを集めてみました!

やっぱり高い…

値段がもう少し安ければいいんだけど、結果的には満足なんで仕方ない。

アイランドタワークリニック 口コミ・評判を徹底調査した感想と評価

1500グラフトで約210万ぐらいでした。 値段は、すごく高いですが生えてくるなら なんとか払っていけますが、出来ればローンを組まないで一括の方が いいです、医療ローンは金利が高すぎです。 金額か髪の毛どちらを取るか?

やってよかった!|アイランドタワークリニック  大阪院|薄毛と戦う口コミバンク

費用が高額なのがダイレクト法のデメリットの一つですが、 実際に高い費用に苦しめられたという人もいるようです。

予算を決めてその範囲内で行うことも可能ですが、 どうせやるなら最大限やりたいと思うのが当然ですもんね。

技術は大丈夫?!

最悪です! 両サイドバラバラ、、、 移植した周りの毛がめちゃくちゃ抜けます。 移植した場所半年経った今でも痛い!

最悪|アイランドタワークリニック 新宿院|薄毛と戦う口コミバンク

最初の説明・話は普通に良かったですが・・・!!! 手術は当然に先生がやって下さっていると思いますよね。ところが! (麻酔でスグ寝てしまいました) 後半の植え付け作業時、(40分前位)に目がさめました。 そしたら先生はソコに居らず、看護婦さんが2名で植えてました。 (目が覚めた時の最初の1名は明らかに遅い新前さんで途中から人が変わる) 看護婦さんの後、ロクに先生は確認もせずに終了・・・ 当然に先生から何の話・説明も無し。看護婦さんから「終了です」にて終了。

ガッカリ|アイランドタワークリニック 新宿院|薄毛と戦う口コミバンク

ダイレクト法を行った後は傷跡が残らないのがメリットですが、 半年経っても痛みが残ってしまった人もいるようです。

また、グラフト採取は医師が行っても、 その後の植え付けは看護師さんが行うことも… もちろん看護師さんでも熟練の人が行ってくれれば問題ないのですが、 技術の足りない場合もあるようです。

今回は、自毛植毛「ダイレクト法」のデメリットに主に注目してきましたが、 もっと詳しく知りたい方は、クリニックの無料カウンセリングで気になる点を質問してみるのがおすすめです。

その際は、他の方法で自毛植毛を行っているクリニックにも足を運んで、メリットデメリットを客観的に比較してみると、よりあなたに合った方法が見つかるはずです。

自毛植毛「ダイレクト法」って 実際どうなの?と気になる人は、 是非こちらの動画も参考にしてみてください。

中野浩一さんとギャオス内藤さんの赤裸々話、 必見です!

中野浩一さん&ギャオス内藤さんの自毛植毛対談

アイランドタワークリニックで自毛植毛「ダイレクト法」を行った 中野浩一さんとギャオス内藤さんの対談動画です。

自毛植毛「ダイレクト法」は、 メリットもデメリットも両方あることがお分かり頂けたと思います。

傷が残らない自毛植毛「ダイレクト法」のデメリットをデメリットと感じない方もいるでしょうし、 自分にとってのメリットデメリットは何か?という視点で、 検討してみてくださいね!