目次

  1. 自毛植毛してみたいけど、傷跡が不安…
  2. そもそも自毛植毛するとなぜ傷跡ができてしまうのか?
  3. 傷跡が残らない自毛植毛とは?
  4. 傷跡が残らない自毛植毛にデメリットはある?
  5. 傷跡が残らない自毛植毛治療が受けられるクリニックはこちら
  6. 自毛植毛は傷跡の残らない方法で悔いのないように!

薄毛やハゲに悩みいろんな治療法を試したけれど、効果を感じられない・進行してしまったという人にとって最後の頼みともいえる自毛植毛

自身の毛髪を移植するため、2カ所を外科手術することになり、傷跡の不安はみなさん持っているのでは?

できれば傷跡が残らない治療を受けたい、そんな方の為に自毛植毛治療法による傷跡についてまとめましたので、一緒にみていきましょう!

自身の毛を移植する自毛植毛!
自身の毛を移植する自毛植毛!

傷跡のない自然な仕上がりにしたいですよね

自毛植毛は魅力的な薄毛治療です。

では最大の難点ともいえる傷跡ができてしまうのはなぜでしょうか。

それは自毛植毛の特徴にあるようです。

詳しく説明しますのでみていきましょう。

自身の毛髪を採取するため

自毛植毛は字のごとく自身の髪を多いところから薄毛部分に移植します。

薄毛の悩みで多いのがAGA男性型脱毛症)ですが、AGAの特徴として生え際や頭頂部が薄毛になりやすいため、後頭部の毛髪を移植することが多いようです。

メスを入れて帯状に採取する手法が多く、 その採取する部分(ドナー)が、傷跡が残りやすい箇所と言われています。

髪がある程度長ければ隠すことは可能ですが、短髪の人ですと目立ってしまかも知れませんね。

移植部分に切り込みを入れるため

採取した自毛を薄毛部分に移植する際、スリットとよばれる植毛するための切り込みを入れ、毛包を植えこんでいきます。

切り込み部分から血液成分がにじみ出てくるためかさぶたとなります。

小さなツブツブ状のかさぶたができる人が多いようですが、人によっては不自然で目立つ状態がしばらく続いてしまう場合があるようです。

できれば周りにばれたくない・・・
できれば周りにばれたくない・・・

不自然な傷跡は目立ちますね

傷跡が残るとなると、やはり治療に躊躇してしまいますよね。

ですが最近では傷跡が残らない、手術跡を目立たなくする新しい技術法も確立されているようです。

ここで3つの方法を紹介しますので参考にしてくださいね。

トリコフィティック縫合法

傷跡がほとんど見えなくなる縫合法があります。

先ほど、ドナーを採取した部分は縫合するため傷跡ができることを伝えましたね。

傷跡部分には毛が新たに生えてこないため、いつまでも目立つ跡が残ってしまいます。

そこで新たにいくつかのクリニックで実践されているのはトリコフィティック縫合法をいう技術です。

傷の上縁をかぶせるように縫合するという特殊な縫い合わせをすることで、傷跡が生えてくるようになります。

個人差はありますが、ほとんどの人が傷跡がわからなくなるほど目立たないそうです。

メスを使わない採取方法

メスを使わず、吸引して毛髪を採取する方法もあります。

FUE法といい、メスの代わりに吸引パンチという専用の機械で毛包単位でくりぬくように毛髪ごと吸引するので僅かな点状の傷しかできません。 数日でふさがりますし、かさぶたもできにくいです。

さらに、このFUE法の進化版とも言える、ダイレクト法があります。 手作業で行う吸引作業を機械で行う技法です。

採取する時間の短縮だけでなく、手作業とは違い角度を角度が変わることで採取する株(グラフト)を傷つけずに済むそうです。

お医者さんに確認しましょう
お医者さんに確認しましょう

全てのクリニックで行っている施術ではありません

ロボットによる採毛

手作業でも機械でもなく、ロボットによる採毛とは驚きですね!

AGAルネッサンスクリニックの一部のクリニックで取り入れられている植毛ロボットARTASアルタス)は、デジタル画像処理で採毛箇所を分析し、切らずに採取するので、ほとんど無傷も残りません。

厳しい審査をクリアしたロボットですので安全性に期待が持てそうです。

傷跡が残らない自毛植毛、とても魅力的でしたね。

しかし、メリットがあればデメリットがあるということも頭に入れておかなければなりません。

費用ヘアスタイルなど、不安に思う点や抵抗がある事に関しては事前にしっかりと確認しましょう。

費用が高い

新しい施術法はどうしてもかかる費用が高くなってしまいます。

メスを使う場合にも技術が必要となりますが、さらに傷跡をを目立たなくする縫合にはさらに高い技術が必要となります。

メスを使わない方法では細かな調整にスキルや、時間もかかります。 そのため、基本手術料がかかることが多く、移植自体にも高い費用がかかることが多いです。

手術も1回ではない場合もありますので、予算がある場合にはあらかじめ伝えると良いでしょう。

場合によっては髪を刈り上げる

機械で毛包ごと採取する場合、後頭部の髪をバリカンで刈り上げる場合があります。

それは毛の角度を調べられるよう、表面の髪を短くするためです。

グラフト数が少なければ刈り上げる範囲も狭く済みますが、グラフトが多くなればなるほど後頭部がほぼ刈り上げた状態になりますので、ヘアスタイルに抵抗がある人にとってはデメリットとなってしまうかも知れません。

メリットとデメリットをよく理解しましょう
メリットとデメリットをよく理解しましょう

傷跡がつきにくい自毛植毛を受けられるおすすめのクリニックを紹介します。

アイランドタワークリニックでは、高い技術力を持つドクターが適したグラフトを選定し、移植先も最小のホールを作成するため傷跡の付きにくい自毛植毛治療が受けられます。

無料カウンセリング、メール相談もありますので、気になる人はぜひ1度話を聞いてみることをおすすめします。

傷跡の残らない自毛植毛についていかがでしたか?

薄毛の悩みを克服したくて治療に踏み切っても、傷跡という別の悩みができてしまっては悔いが残りますね。

技術は日々進歩し、新しい自毛植毛治療も誕生しています。

傷跡の残らない自毛植毛で、薄毛を卒業しましょうね!