目次

  1. 自毛植毛は頭頂部に効果なし!?
  2. 頭頂部の自毛植毛は難しい!
  3. 理由その1:つむじ部分の植毛には技術が必要
  4. 理由その2:メガセッションは施術時間がかかる
  5. 頭頂部への自毛植毛クリニック≪ヨコ美クリニック≫
  6. 頭頂部への自毛植毛に少しでも不安がある人へ…

AGA(男性型脱毛症)にお悩みの方にとって「最後の砦」ともいわれる自毛植毛。

頭頂部の薄毛対策に、育毛剤やAGA治療を試したけど効果がなかった、という方も検討される手段です。

しかし、その一方で「頭頂部への自毛植毛は効果がない」なんて噂も…。

この噂は本当なのでしょうか?

そこで今回「頭頂部の自毛植毛は本当に効果がないのか?」について徹底調査!

頭頂部の薄毛に悩んでいる方、必見です。

調べて分かってきた!「効果がない」ではなく「難しい」
調べて分かってきた!「効果がない」ではなく「難しい」

頭頂部への自毛植毛は、本当に効果がないのでしょうか?

結論から言えば、この表現は間違いです。

なぜなら、各クリニックの症例を見ても、頭頂部への植毛は数多く行われているからです。

ただし、頭頂部への自毛植毛は、「効果がない」のではなく「自毛植毛が難しい」と言い換えられます。

頭頂部の自毛植毛が難しいことが、どうやら「効果がない」という誤った噂として広まってしまったようですね。

ちなみに、頭頂部の自毛植毛が難しい理由は以下の2点です。

  • (1)つむじ部分の自毛植毛に技術を要する
  • (2)頭頂部は一度に大量の髪の毛を植毛する場合が多い(メガセッション)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

つむじ部分は、植毛が難しいと言われています。

なぜなら、毛流れを再現して渦巻き状に移植する必要があるから

つむじは毛流れが渦巻き状になっているため、髪の毛の重なりがなく、そもそも地肌が見えやすい部位。

自毛植毛でこの「毛流れ」を自然に再現するには、デザイン力やスピードなど、他の部位以上に技術力が必要になるのです。

2つ目の理由は、「頭頂部はメガセッション(一度に多くの自毛植毛を行うこと)が必要な場合がある」という点です。

なぜメガセッションの場合、自毛植毛が難しいのでしょうか?

それは、自毛植毛の手術はできるだけ施術時間を短縮しなければならないからです。

というのも、施術の過程で髪の毛を採取し、頭皮から切り離している間、毛根に栄養を届ける血が通わず、細胞はダメージを受けてしまいます。

この「細胞がダメージを受ける時間」が長くなるほど、植毛の定着率(注1)が悪くなるリスクがあるのです。

髪を植える本数が多ければ多いほど、施術時間が延びてしまうのは当然。

なので、メガセッションの場合については、医師にスピードと技術が求められるため、植毛が難しいと言われているんですね。

メガセッションについては、以下の記事も参考にしてくださいね。

ここまでで、頭頂部の植毛が難しい理由について解説してきました。

では、実際に頭頂部の植毛を行う場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

頭頂部の自毛植毛を行っているクリニックの例を取り上げ、解説します。


注1:頭皮にしっかりと毛が定着することで、髪が生えて成長→抜ける→また生えるという正常なサイクルが働く確率のこと

今回、取り上げるのは「ヨコ美クリニック」。

こちらのクリニックでは、先ほど説明したメガセッション(2500株以上)の症例を公式サイトに掲載しています。

以下は、ヨコ美クリニックで2500株の自毛植毛を行った場合の価格表です。

施術法 自毛植毛 2500株の合計金額(税込み)
FUT法の場合 ・基本治療費なし円
・1株の設定なし
1,296,000円
FUE法の場合 ・基本治療費なし円
・1株864円
2,160,000円

・FUT法はメスを使って切開する手術法です。

・FUE法はメスを使わず、パンチという機器で穴をあけて植毛する手術法です。

ヨコ美クリニックでは、1度の自毛植毛で、最大3500株(髪の毛7000本)のメガセッションを行ったことがあると記載があります。

詳しい施術内容について気になる方は、ぜひホームページで確認してみてくださいね。

参考:ヨコ美クリニック

今回、頭頂部の自毛植毛について見てきました。

頭頂部の自毛植毛は決して効果がないわけでなく、施術に際し技術が必要になるために難しいということがわかりましたね。

とはいっても、実際に前頭部の自毛植毛を行っているクリニックがあるのも事実。

「なんとしてでも、前頭部の薄毛を解決したい…」

そんな方は、各クリニックの無料カウンセリングやメール相談から初めてみてくださいね。

本記事が薄毛に悩む方のお役に立てれば幸いです。