目次

  1. 女性の抜け毛のこと。美容師に聞く!
  2. 女性の抜け毛の特徴は?
  3. 女性の抜け毛の原因は?
  4. FAGA(女性男性型脱毛症)を詳しく解説!
  5. 抜け毛が起きやすい女性の特徴はこちら
  6. 抜け毛対策の前に、抜け毛の状態をチェック!
  7. 女性の抜け毛の対策方法まとめ!
  8. まだある!女性の抜け毛の原因と対策方法
  9. ヘアスタイルを工夫して、抜け毛を目立たなくしましょう
  10. 女性の抜け毛の原因と対策をしっかりと把握しましょう
  11. 女性の薄毛の関連記事はこちら

こんにちは! 吉祥寺の美容室BiBi aqueous ケアリストの佐川です。

"最近抜け毛が増えてきた" "髪が細くなってきた" など、女性も抜け毛・薄毛に悩んでいる人が多くいらっしゃると思います。

そこで! その原因と今すぐにでも出来る予防法をお教えしたいと思います!

女性の抜け毛の原因
女性の抜け毛の原因

一緒に見ていきましょうね。

女性の抜け毛は、男性の抜け毛とは少し違います。

男性は前から後退してきたり、トップが薄くなってきたりなど、髪の一部分が抜けて薄くなっていきます。

それに対して女性の抜け毛の場合は、髪一本一本が細くなって全体的に薄くなっていきます。

年齢とともに髪にハリ・コシがなくなって、ボリュームも出づらくなってくるので、トップが気になってくる方が多いと思います。

女性の抜け毛の原因には、考えられることがいくつかあります。

主な抜け毛の原因としては、加齢によって女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位になることが挙げられます。

男性の薄毛はAGA(男性型脱毛症)といいますが、このような女性の薄毛の場合はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれます。

ただ、男性のAGAは進行性なので放っておくと髪が減り続けていきますが、FAGAの場合はそのようなことはあまり見られません。

上記で挙げたFAGA(女性男性型脱毛症)について、 詳しく説明していきます。

AGAの原因

AGA(男性型脱毛症)の原因は、男性ホルモンに起因してます。

男性ホルモンであるテストステロンが、変換酵素5aリダクターゼの働きにより、 ジヒドロテストステロン(DTH)に変化します。

このDHTが毛母細胞に入ると、髪の成長を抑制してしまうと言われています。

なぜ女性がAGAになってしまうの?

男性ホルモンの影響であると考えられているAGAですが、 なぜ女性も同じ原因でFAGAになってしまうのでしょうか?

実は、女性の体内にも男性ホルモンは存在しているのです。 そのため、同じメカニズムで薄毛や抜け毛が生じるのです。

しかし、女性ホルモンのエストロゲンには、髪の毛を育てる働きがあります

そのため、女性のFAGAは、男性のAGAに比べて症状が穏やかであったり、 どんどん進行していくというケースはあまり見られません。

AGAとFAGAの違いとは?

同じメカニズムで薄毛や抜け毛が生じるのに、 AGAとFAGAという名称で区別されるのはなぜなのでしょうか?

それは、脱毛の症状が異なるからです。

AGAは、主に、頭頂部や髪の生え際から局所的に薄くなり、 進行していくケースが多いのですが、 FAGAの場合は、髪の毛自体が細く弱くなり、全体的にボリュームが損なわれたり、 薄く見えるという症状が多いのです。

また、AGAは放っておくとどんどん症状が進行しますが、 FAGAは進行型ではありません

これは、女性ホルモンは、様々な原因で量は減少しても、一定量は分泌されるためです。

抜け毛が起きやすい女性の特徴を挙げてみました。 ヘアケアや食事で改善出来る場合もありますが、医療機関を受診した方が良いケース もあります。 後程詳しく解説している症状もありますので、ここでは簡単に解説していきます。

びまん性脱毛症

女性の大部分の方の抜け毛の悩みはびまん性脱毛症といわれています。 頭髪全体から抜け毛が始まり髪全体のボリュームがなくなるので、進行に気がつかない事があります。 ストレスや加齢、極端なダイエットが原因の可能性があります。

産後脱毛症

産後に女性ホルモンの影響で抜け毛が起きる場合があります。 妊娠中に髪は抜け毛のサイクルの成長期に入ります。 出産後に女性ホルモンの影響で脱毛して、抜け毛が増えます。 しかし、女性ホルモンが落ち着く1年ほどで抜け毛は収まります。

ひこう性脱毛症

ひこう性脱毛症とはフケがたまって頭皮の毛穴を塞いで、脱毛症になることです。 フケが多くなるとそこから毛穴が詰まって、炎症を起こして脱毛になるそうです。 シャャンプーのしすぎが原因と言われていますので、皮脂を取り過ぎないシャンプーを選んで、正しいヘアケアをしましょう。

抜け毛の対策をする前に、抜けた毛の状態をチェックしてみましょう。

人間は自然な状態であっても、1日に100本程度の抜け毛が生じます。 こうした自然な抜け毛と、異常脱毛を見分けるために、 抜けた毛の毛根を観察してみましょう。

健康な毛の毛根は、少し丸みを帯びていますが、 異常脱毛で生じた抜け毛の毛根は、先が細く尖っているなど、 変形したものが多いのが特徴です。

また、短い抜け毛も要注意です

短い抜け毛は、成長段階で抜けてしまった毛髪の可能性が高いので、 ヘアサイクルの乱れを表しているかもしれません。

女性を悩ます抜け毛の原因は、加齢によって男性ホルモンが優位になることでしたね。 となると、どんな女性にも抜け毛のリスクは潜んでいます。

しかし実際には、薄毛になる女性と、ならない女性がいます。

では、どんな女性が特に抜け毛になりやすいのでしょうか? 当てはまる特徴がある方は、要注意ですよ!

⑴無理なダイエットをしている人

女性にとって、プロポーションの維持は大切ですよね。 しかし、だからといって無理なダイエットをするのは、健康にはもちろん、髪にもよくありません!

無理なダイエットをすると、身体全体に十分な栄養がまわっていきません。 そうすると、髪にはより栄養が行きづらくなります。 バランスの良い食事**を心がけましょう。

(2)ストレスを抱えている人

ストレスを抱えてしまうと、ホルモンや自律神経のバランスが乱れます。

そうすると、血管が収縮して血行不良を起こし、無理なダイエットと同様、頭皮に栄養がいきずらくなってしまう可能性があるんです。

⑶妊娠中・出産を終えて間もない人

妊娠すると、女性ホルモンの分泌が増加してヘアサイクルが止まってしまいます。

通常のヘアサイクルでは、

髪が成長する「成長期」 ↓ 髪の成長が止まって抜ける準備に入る「退行期」 ↓ 毛球の活動が止まって抜けるのを待っている「休止期

となるのですが、妊娠すると、退行期でサイクルが止まってしまいます。

そして、分娩が終わると正常に戻るので、一気に髪が休止期になり始めるので、抜け毛が多くなる可能性があります。

女性の抜け毛の原因は?
女性の抜け毛の原因は?

無理なダイエット、ストレス、妊娠・出産!

「髪は女の命」というだけあって、女性にとって抜け毛は避けたいものですよね。

特に、抜け毛になりやすい人の特徴に当てはまった方は、気が気ではないはず。

そこで、女性の抜け毛を防ぐ対策法をご紹介します! 早速実践してみてくださいね。

⑴バランスの良い食事

女性の抜け毛を防ぐには、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

食べ物はこれがいい!というものは特にありません。

偏らずどれも同じくらい食べるのが良いです。

栄養のバランスをとりながら、お肉も魚も野菜もバランス良く食べましょう!

女性の抜け毛の対策方法!
女性の抜け毛の対策方法!

栄養のバランスをとりましょう!

⑵ストレス発散

女性はとてもストレスに左右されやすいですよね。

全くストレスをなくすのは難しいと思うので、上手にストレスを発散させることが、抜け毛を減らす対策に期待ができます!

ストレスを深く溜め込まないように、さまざまな方法を試してみてはいかがでしょうか。

女性の抜け毛の対策方法!
女性の抜け毛の対策方法!

ストレスを溜め込まないように、上手に解消していきましょう!

(3)血行を良くする

髪は血液から栄養をもらっています。

頭皮が固いと血行不良で栄養が行きにくくなるので、頭のマッサージをして血行を良くしましょう。

シャンプーのときに少しマッサージしたり、頭皮用のトリートメントや育毛剤をつけるついでにマッサージをするなど、マッサージをする習慣をつけるといいかもしれません。

女性の抜け毛の対策方法!
女性の抜け毛の対策方法!

マッサージを定期的に行いましょう!

女性の抜け毛の原因についてまとめ、それを踏まえて対策方法をご紹介しました。

ここまでご紹介してきた、女性の抜け毛の根本的な原因やきっかけの他にも、 女性の抜け毛を助長してしまうような要因は日常生活にいくつも潜んでいます

いくら根本的な原因を解決しようとしても、 日常的に髪に悪い行動をしてしまうと、なかなか思うように効果が出ません。

ここでは、日常生活レベルで、女性の抜け毛を引き起こさせる可能性のある要因について、 対策方法とともに一気にご紹介します。

頭皮の蒸れ、汗

頭皮が蒸れたり汗をかいて汚れてしまうと、頭皮環境が悪くなる可能性があります。 頭皮環境が悪いとは、すなわち毛髪のための土壌の環境が悪いということ。 脱毛をまねいたり、発毛が邪魔されてしまうことにつながります。

これらの対策方法として、帽子をかぶらない、かぶっても通気性のよいものにする、 汗をかいたらこまめに拭く、などがあります。

紫外線

紫外線も毛髪にはよくありません。 紫外線によって髪の毛が傷むことで、髪は細くなり、 例え本数が減らなくとも薄毛になったように見えてしまいます。 紫外線対策はしっかりと施しましょう。

帽子をかぶるならば、先程もご紹介したように、通気性の良いものを選んでください。 その他の対策としては、日傘を使用する、髪用の紫外線スプレーを使うなどがあります。

髪型

ヘアスタイルが薄毛を引き起こす場合があります。 例えば、分け目がずっと同じだと、その方向に髪が引っ張られ続けるため、 分け目部分から薄くなっていきます。 また、ポニーテールなど、髪の毛を強くひっぱる髪型を続けていると、 その部分に強く力がかかってしまい、薄くなってしまうことがあるそうです。

特に産後は要注意。自分の身なりは二の次になりがちな産後の生活。 ずっと同じ髪型をしていたり、楽なので一つ結びで束ねていることが多くありませんか?

なるべくひっぱる髪型はやめて、束ねる際はゴムではなくシュシュバレッタでゆるく止めたり、 分け目を日によって変えるなどして、 特定の部分に特定の方向で力が掛かり続けないように注意してください。

分け目に沿って
分け目に沿って

ずっと同じ髪型をしていると、 その部分だけに強い負荷がかかりすぎて 薄毛になってしまうことも。 強く引っ張らなくても、 ずっと同じ分け目だと分け目にそって薄くなってしまうかも。

シャンプー

実は日々使っているシャンプーが抜け毛を助長させていることがあるようです。 自分に合っていないシャンプーは、頭皮にも悪影響を及ぼす可能性がありますので、注意が必要です。

冷え

身体の冷えは気にするけど、頭皮まで気にしたことがない、という人も多いのではないでしょうか。 頭皮の冷えは、血行を悪くし、発毛に必要な栄養が行き届かなくなる可能性があります。 冷房などにも注意してくださいね。

冷えを感じたら、マフラー、半身浴、運動、頭皮マッサージなど積極的に取り入れてください。

女性の抜け毛の原因を見てきましたが、ヘアケアを変えたり食事を見直したりしても直ぐには効果が期待できないでしょう。 鏡を見るたびに、悩みが深くなってきてしまいがちですよね。

そんな時はヘアアレンジで抜け毛を目立たなくしてみましょう。 ヘアアレンジをすることでお洒落に抜け毛対策を取りましょう。

抜け毛が目立つ部分は前頭部と後頭部が多いと思います。 前頭部が抜け毛が目立つようであれば、後頭部から前髪を持ってきたり、ヘアバンドやカチューシャでアクセントをつけたり前髪ウィッグを使用してみましょう。 また、スカーフを髪に巻くのもトレンドの一つなので、お洒落に抜け毛を目立たなくすることが出来ます。

後頭部の抜け毛が目立つ場合には髪の長い方なら頭頂部のトップで髪をまとめて抜け毛の部分を目立たなくすることが出来ます。 トップでまとめる時にも頭皮に力を入れすぎずにまとめましょう。 毛先を散らせたり、シュシュやバレッタでアクセントをつけるのも良いでしょう。

ショートヘアの方は美容師さんと相談してふんわりとしたヘアスタイルにするのも良いですね。 ふんわりしたヘアスタイルなら抜け毛の部分も目立なくなります。 ヘアスタイリング剤もふんわりと仕上がる物を選びましょう。 美容室専売品のヘアスタイリング剤は美容師さんのお勧めの物が多いです。 ドラッグストアでいつもヘアスタイリング剤がどれが良いのか悩んでしまう方にはヘアスタイルにあったスタイリング剤を選んでもらえるので、売り場で悩む必要はありません。 ヘアスタイルを変えたらヘアスタイリング剤も変えてみてはいかがでしょうか。

ヘアスタイリング剤を使用する時には地肌につけないように注意しましょう。 頭皮の毛穴詰まりの原因になります。 ヘアスタイリング剤を使用した日はシャンプーを必ずして、頭皮の毛穴に汚れが残らないように注意しましょう。 ヘアオイルなら頭皮マッサージにもヘアスタイリングにも使用出来ます。 オイルは付け過ぎるとベタつきの原因になりますので、1滴ずつ様子を見ながら使用しましょう。

女性にとって髪は大切なものです。

今のうちからしっかりケアして、おばあちゃんになってもいろいろなヘアスタイルを楽しめるようにしたいものですね!