目次

  1. タバコをやめると抜け毛が減るの?
  2. タバコと抜け毛の関係
  3. 【原因と対策】タバコをやめても抜け毛が減らない場合は?
  4. タバコをやめたら、さらに育毛剤で薄毛対策!
  5. タバコをやめて健康な髪を維持しよう!
タバコをやめれば抜け毛が減る?
タバコをやめれば抜け毛が減る?

減るのでしょうか?

「最近抜け毛が気になる…これってタバコが原因なのかな?」

タバコが体に悪いのは知っているけど、抜け毛にも関係しているのか気になりませんか?

抜け毛は深刻な悩みですし、できることなら減らしたいですよね。

でも、禁煙するのも辛いし…「そもそも禁煙で抜け毛が減るの?」と思う人も多いはず。

結論からいうと、タバコをやめたからといって、抜け毛が減るとは限りません。

ですが、タバコは確実に髪や頭皮に悪影響を与えています。

抜け毛の原因のすべてがタバコというわけではありませんが、タバコが抜け毛の原因である可能性もある、ということです。

そこで今回は、タバコと抜け毛・薄毛の関係性についてご説明していきましょう。

これを機に禁煙してみるのもいいかもしれませんよ!

タバコと抜け毛の関係
タバコと抜け毛の関係

さまざまな原因があります。

タバコによって抜け毛・薄毛が引き起こされるのには、いくつかの原因があります。

  • 血管を収縮させる
  • 男性ホルモンが分泌される
  • ビタミンが消費される
  • 肝機能の低下

タバコをやめると、これらの原因を排除することはできるんですね。
順番に見ていきましょう。

(1)血管を収縮させる

まずは血管の収縮

タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる働きがあります。

髪の毛は、頭皮を通る毛細血管から栄養を受け取ることで成長します。

そのため、血管が収縮して血流が悪くなると、髪の毛に十分な栄養が行き届かなくなってしまい、健康な髪の毛が育たなくなります。

そうすると結果的に抜け毛・薄毛につながってしまうんですね。

(2)男性ホルモンが分泌される

2つ目は男性ホルモンの分泌。
ハーバード大学の研究によると、喫煙者は非喫煙者に比べて男性ホルモンの分泌量が多いようです。(参照1)

男性ホルモンのすべてが薄毛の原因というわけではないのですが、喫煙によって増える男性ホルモンの中には、ジヒドロテストステロンというものがあります。

これは、脱毛ホルモンとも呼ばれ、抜け毛や薄毛の原因として知られています。
喫煙者はこのジヒドロテストステロンが非喫煙者に比べて多いといわれており、これが抜け毛の原因となる可能性があります。


参照1:ゴリラクリニック

(3)ビタミンが破壊される

ビタミンが…
ビタミンが…

タバコによってビタミンが消費されるんですね

3つ目はビタミンの破壊です。
喫煙によって、髪の毛に必要なビタミンB12・ビタミンC・ビタミンEが大量に破壊されてしまうことも、抜け毛・薄毛の原因となっているんです。(参照2)

1日に必要なビタミンCの最低量は100mgといわれていますが、タバコ1本によって消費される量は25~70mgとのことです。
1本でかなりの量が失われてしまうんですね。

ビタミンCはビタミンEが体内に吸収されるのを助ける役割を持っており、ビタミンEは血管を拡張する役割を持っています。
つまり、ビタミンCとビタミンEが消費されることで、ニコチンと同じように血管が収縮してしまうんですね。

また、タバコの煙に含まれるシアン化水素という物質は、体内でビタミンB12と結合するため、ビタミンB12も消費されてしまいます。
このビタミンB12は、髪の毛が生成される際の細胞分裂を促す栄養素なので、不足すると健康な髪が育たない可能性があります。

これらのことから、ビタミンを破壊するタバコは健康な髪の毛の成長に有害といえますね。


参照2:ユナイテッドクリニック

(4)肝機能の低下

肝機能にまで影響が…?
肝機能にまで影響が…?

肝機能にも影響があるようです

4つ目は肝機能の低下です。
肝臓と髪の毛が関係してるの?と思う人もいるかもしれませんが、その理由は肝臓の2つの機能にあります。

  • ニコチンやタールなどの有害物質を解毒する
  • 摂取した栄養を体が活用できるように変換・合成する

これらが肝臓の主な機能。
喫煙を続けていると、上の解毒の働きに追われ、栄養を変換・合成する働きにまで手が回らなくなってしまうんです。

結果的に頭皮に栄養が行きわたらず、抜け毛・薄毛の原因となることがあるんですね。



これらのことから、タバコをやめることは、頭皮環境や健康な髪の毛のためにプラスになるのは事実です。

ですが、タバコをやめたからといって、確実に改善されるかというと、そういうわけでもないんですね。
では、タバコをやめたのに、抜け毛が止まらない場合どうすればいいのでしょう?

ここからは、その原因と対策についてご説明していきます。

タバコをやめることは、頭皮環境や髪の毛のとっては確実にプラスです。
しかし、それでも抜け毛が改善されない、ということも…

そんなときはこれから紹介する対策を参考にしてみてください。

  • 生活習慣を正す
  • 禁煙でストレスを溜めない
  • クリニックや皮膚科に行く

1つずつ見ていきましょう。

生活習慣を正す

食事も大切
食事も大切

栄養バランスに気をつけて!

生活習慣の乱れはタバコと並んで、頭皮や髪の毛に良くないものです。

特に睡眠食生活は、健康な髪を育てることと深い関わりがあります。

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、健康な髪の毛に不可欠です。
成長ホルモンの分泌は睡眠に入ってから最初の3時間に行われるので、最初の3時間でいかに質の高い睡眠を得られるかがポイントになってきます。
一般的に、深夜の3~5時を過ぎると深い眠りには入りにくいといわれているので、おそくとも12時頃には眠りにつきたいですね。

また、食生活も健康な髪の毛を育てるのにとても重要です。
髪の毛は食事によって摂取した栄養をもとに作られるので当然といえば当然ですね。

その中でも、髪の毛の材料となるタンパク質や、タンパク質を髪の毛に変える役割を持つ亜鉛、ビタミン類など、バランスよく摂取していくことが大切です。

髪に必要な栄養素の記事を載せておくので、気になった人はぜひ読んでみてください。

禁煙でストレスを溜めない

ストレスが溜まったら逆効果?
ストレスが溜まったら逆効果?

禁煙のストレスで抜け毛になることもあります

禁煙がストレスとなって抜け毛・薄毛を引き起こすこともあるようです。

なんとも本末転倒な話ですが、たしかにタバコが習慣化している人にしてみれば、禁煙はとてつもないストレスかもしれませんね。

なので、徐々に本数を減らす「減煙」や禁煙パッチや禁煙ガムを利用するなど、ストレスが溜まりにくいように禁煙していく工夫が必要かもしれませんね。

クリニックや皮膚科に行く

抜け毛・薄毛の原因は必ずしもタバコとは限りません。

薬の副作用やストレスによる円形脱毛症など、他の原因による抜け毛・薄毛の場合、禁煙による改善は期待できません。

結局のところ、抜け毛や薄毛の原因は人それぞれなため、これをすれば薄毛対策になる!というものはありません。
禁煙をしたのに改善されなかったという人は、原因解明のためにもクリニックや皮膚科で診てもらうのが一番確実です。

タバコをやめて、生活習慣も改めたところで、長年のタバコによって進行してしまった薄毛を改善するのは難しいです。

そこでおすすめなのが、育毛剤

育毛剤には、育毛効果はもちろん、血行を促進させる効果や炎症を抑える効果がある育毛剤も販売されており、頭皮環境を整えることで、より健康な髪が育ちやすくしてくれます。

脱毛の予防や発毛促進効果もあるので、タバコで薄くなってしまった髪を対策するのにおすすめです。

その中でもハゲラボの一押しの育毛剤はチャップアップです。

禁煙で髪を健康に!
禁煙で髪を健康に!

髪も身体も健康になりましょう!

いかがでしたか?
タバコと抜け毛の関係についてご説明してきました。

思っていたよりもずっと悪影響が強かったのではないでしょうか?
さらに、タバコは頭皮や髪の毛だけでなく、健康にも良くありません。

抜け毛対策のため、健康な身体のため、禁煙してみるのもいいかもしれませんね。