目次

  1. 抜け毛がひどい…どう対策すればいいの?
  2. その抜け毛、本当に多い?1日の抜け毛は50〜100本
  3. “ひどい”抜け毛が起こる原因とは?
  4. ひどい抜け毛の対策方法まとめ【7選】
  5. AGA、FAGA等は育毛剤などで今からできる対策を!

「あれ、抜け毛が増えた?」

女性にとって髪は命です。抜け毛がひどくなって、髪の毛が薄くなってしまうのは心配ですよね。
男性だって、ひどい抜け毛は「俺も若ハゲが始まった…?」なんて心配になってしまうかもしれません。

男女ともに、抜け毛を防ぐにはどうしたらいいのか、かなり悩んでしまうものではないでしょうか。

今回は、ひどい抜け毛をなんとかしたいと思うあなたのために、ひどい抜け毛の原因や対策法を、ヘアラボが詳しくリサーチしました。

ぜひチェックしてくださいね。

えっ!!多すぎない?!
えっ!!多すぎない?!

朝が怖い・・・

まず確認したいのは、その抜け毛は本当に多いのか、ということ。

「抜け毛」自体はどんな人にもあるものです。
普通の健康な人なら、1日に50本~100本、抜けると言われています
思ったよりもすごく抜けるものだな、なんて驚いた人もいるかもしれません。

そうなんです。人間の髪の毛は、1日に100本くらい抜けるのが普通なんですよ!

ここからは、ひとまずあなたの抜け毛が本当に多いのかみていきましょう。

抜け毛が多い時期がある

髪の毛が100本以上抜けていて、気になっている、という方、いらっしゃるかもしれません。
でも、抜けている時期が、秋ならそれほど心配しなくても良い可能性が。

夏の日差しのダメージにより、秋に抜け毛が増えてしまうのです。

このような、季節による自然脱毛は、あまり気にしなくても大丈夫です。

産後は抜け毛が増えることも

産後は髪の毛が抜けるんです
産後は髪の毛が抜けるんです

「あれ、ごっそり髪が抜けちゃってる…!」

なんていうひどい抜け毛。
でも、もしあなたが出産して一年立経っていないなら、それほど心配することはないかもしれません。

実は、「分娩後脱毛症」(産後脱毛)と呼ばれる脱毛症があるのです。

これは、出産後に髪の毛が抜けていく脱毛症で、出産後の2~5か月で発症し始め、半年~1年程度続くことが多いものです。
脱毛症、と名前はついていますが、それほど心配するものではありません。

妊娠出産によるホルモンバランスによって起こる脱毛症なので、基本的には時間の経過とともに治っていくものです。
もし、出産後一年以上たっても抜け毛がなかなか治らない、という場合は何か対処をした方が良いと思いますが、そうでないなら心配する必要はありません。

これらの秋や産後の時期に髪の毛が抜ける【原因】について詳しく書いている記事があるのでチェッくしてくださいね。

さて、ここまでは、抜け毛があっても、心配する必要がなさそうな場合について解説致しました。

でも、くしを通したらごそっと抜けてしまった髪の毛が抜ける量が急に増えたなんていう方は、要注意。 最近になって頭皮が透けて見えて来てしまった、なんていう場合も、明らかに抜け毛によってハゲてしまっていると言えるので赤信号かもしれません。

このように、ひどい抜け毛が起こってしまった場合、何が原因なのかを、ここからはみていきます。

①男性型脱毛症(AGA)やびまん性脱毛症(FAGA)

「頭皮にハゲてしまっている部分ができてしまった」
「髪の毛が薄くなってしまって、頭皮が透けて見える…」

このような場合は、

  • 男性なら→男性型脱毛症(AGA)

  • 女性なら→女性男性型脱毛症(びまん性脱毛症・FAGA)

の可能性が高いです。

実は、男性や女性に生じるひどい抜け毛やハゲの原因で一番多いのは、男性型脱毛症(AGA)や女性男性型脱毛症(びまん性脱毛症・FAGA)だと言われています。

例えば、AGAなら、日本人のうち、40代男性の30%、50代以降の男性の40数%がなっているとも言われているんですよ。

そのため、抜け毛が気になったり、ハゲができてしまった、という場合は、男性なら、「AGA」女性なら「FAGA」を疑ってかかるべきかもしれません。

②円形脱毛症

抜け毛もあるし、頭皮にはぽこんと10円くらいの大きさでハゲができてしまっている、なんていう場合は、円形脱毛症の疑いもあります。

「円形脱毛症」とは、円形にハゲができる脱毛症のこと。自己免疫疾患で起こる脱毛症です。

発症する兆候はなく、いつのまにかできていることが多いようです。
1箇所で起こる単発型、2箇所以上で起こる多発型、全部の髪の毛が抜けてしまう全頭型の3つに分類されます。

③食生活などの生活習慣

野菜中心!
野菜中心!

規則正しく食べましょう

毛髪も体と同じように日々の食事で摂取する栄養で維持されています

栄養のバランスが崩れた食生活であれば、抜け毛の原因にもなりますし、さらに睡眠不足や不規則な生活、飲酒、喫煙も抜け毛を悪化させる原因にも。

また、生活ストレスの蓄積も、抜け毛の原因になります。
強いストレスは、ホルモンバランスを乱し、皮脂の分泌を過剰にしたり、血流を悪くしたりしてしまいますね。

こうした生活習慣全般の乱れは、ヘアサイクルを乱し、抜け毛を増やしてしまう可能性があるので、注意しましょう。

下記に関連記事もまとめているので、よろしければご覧ください。

さて、ひどい抜け毛が起こす原因についてはわかりましたね。

ここからは、ひどい抜け毛が起こってしまったら、どのように対処していけばいいのか、対策7選をお届けいたします!

【対策①】育毛剤を使う

抜け毛が気になるなら、まずは育毛剤をチェックしてみましょう。

別の対策としてクリニックなど紹介しますが、育毛剤は効果が認められている上で手軽なのがやはりメリットです。

具体的には、毛を丈夫に育てる・抜け毛を予防する・発毛を促進するなど効果が認められている「医薬部外品」になっています。

比較的安価で、ネットなどで手に入れやすく、抜け毛が気になるなら、一度試してみるのも良いでしょう。

チャップアップは、毎日数万人以上が訪れるヘアラボで一番売れている育毛剤です。

  • 7000円代で購入可能な値段設定
  • 業界では珍しい「永久」全額返金保証制度

多くの育毛剤メーカーが返金保証制度を取り入れてはいるものの、無期限での返金保証制度を設けているのはチャップアップのみです。
これは、商品に自信がないとできないことですよね。

これから薄毛対策を始めようと思っている人にとって、「まずはこれ」とおすすめできる育毛剤と言えるでしょう。

公式サイトで、ぜひ一度チェックしてみてください。

【対策②】AGA、FAGA治療を行うクリニックを受診する

お医者さんに相談!
お医者さんに相談!

専門的治療を受診

男性型脱毛症(AGA)びまん性脱毛症(女性男性型脱毛症・FAGA)といった男性ホルモンが原因となる脱毛症は、脱毛の原因としては一番多いものとしてあげられます。

特に、男性が男性型脱毛症(AGA)になった場合、M字はげと呼ばれる、ひたいがM時にはげていくタイプのはげ方をしていくことが多いものです。 男性がM字にハゲてしまった場合、AGAと考えて間違いないでしょう。

男性なら、AGA(男性型脱毛症)、女性なら、FAGA(女性男性型脱毛症)の治療を専門におこなっているクリニックに行くことがおすすめです。

これらのクリニックでは、治療薬を処方して、発毛治療を行います。
これは自由診療なので、保険はききませんが、ほとんどのクリニックで無料カウンセリングを行っているので、まずは相談してみるといいかもしれません。

【対策③】スカルプエッセンスを使用する

丈夫な毛を育てるには、土台である頭皮をしっかりする必要があるのは想像がつきますよね。

あなたは頭皮の皮脂が多かったり、逆に乾燥しがちだったり、フケかゆみが出ていたりしませんか?

そういったトラブルは、頭皮が不健康な証拠です。
上に生えている毛が細かったり少なかったりするのは、そういったトラブルによる影響でしょう。

頭皮環境を良くするのに、スカルプエッセンスをおすすめ。

最近では薄毛対策として、育毛剤でなくスカルプエッセンスを使用する人が多いみたいです。

おすすめ商品を紹介しますので気になる人はチェックしてみてください!

"こちらでは、化粧品(スカルプエッセンス)の分類である『フィンジア』をご紹介。

このフィンジアには、「キャピキシル」「ピディオキシジル」といった、業界で話題の新成分を限界濃度で配合しています。

実は、これらの成分は育毛剤には入っていません。
ですので、育毛剤ではなくあえて化粧品のフィンジアを選ぶ人が多いのです。   さらに、これらの成分を奥まで浸透させるため、「カプサイシン」という成分も配合されています。

奥までしっかり浸透し、頭皮の環境改善や、髪にハリ・コシを与える効果などが期待されます。

薄毛対策として、新成分が凝縮された商品を使いたい人におすすめです!

"

【対策④】皮膚科へ行く

病院に行くのもおすすめです
病院に行くのもおすすめです

抜け毛は病気の可能性も

急に増えるひどい抜け毛は、円形脱毛症やアレルギーによる抜け毛、頭部白癬や頭皮の炎症、全身性エリテマトーデスや内分泌疾患、栄養欠乏症の可能性まで、病気による可能性も幅広くあるものです。

病気による抜け毛だった場合、投薬などでの早めの対処が、後々の治癒率に影響する場合もあります。

急激な抜け毛が進んでいる場合などは、皮膚科へかかるのもおすすめです。

【対策⑤】過度な飲酒は控える

飲酒をすると、アルコールを分解するために、アミノ酸を大量に消費します。

アミノ酸は髪の毛のもとであるケラチンを作るために必要です。
それなのに、飲酒によってアミノ酸が消費されてしまうと、ケラチンを作るアミノ酸が足りなくなってしまう事態にもなりかねません。

アミノ酸不足は、髪の毛には悪影響です。
過度な飲酒は髪の毛のためには控えた方が良いでしょう。

【対策⑥】喫煙しない

タバコが体に及ぼす悪影響については、よく言われますが、髪の毛についてもやはり害があります。

喫煙は、ビタミンCを大量に消費します。

ビタミンCは髪の毛の成長には欠かせない栄養素ですが、喫煙によって消費されてしまうのは大きなデメリットです。

それだけでなく、タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させます。
これにより、頭皮の血流が悪くなり、髪の毛に血液から届けられる栄養が少なくなってしまうのです。

このことからタバコは、髪の毛には悪影響と考えられるため控えた方が良いでしょう。

また、タバコの副流煙も喫煙同様危険です。
副流煙を吸ってしまう環境も避けるべきです。

【対策⑦】バランスのとれた食事、規則正しい生活をする

髪の毛も、体と同じように日々の食事で維持されています。
バランスのとれた食生活は、抜け毛を防ぎ、髪の毛を育てるのに良い影響があると言えるでしょう。

また、質の良い睡眠は髪の毛を生やすヘアサイクルに良い影響を与えます。
睡眠不足にならないように気をつけることも、抜け毛対策にはプラスです。

ストレスから離れた生活も、髪の毛にはプラスになります。
強いストレスを感じているなら、休暇を取ったり、ストレス源から離れたりといった対策を取りましょう。

しっかりした食生活をし、睡眠をとり、生活習慣全般の乱れを正すことは大切です。

今回は、「抜け毛がひどい人へのおすすめ対策方法」をお届けいたしました。

AGAFAGAが疑われるなら専門の病院やクリニックの受診、原因がよくわからなければ、皮膚科の受診や育毛剤を試してみるのも良いでしょう。

これを参考にして、あなたのお悩みが解決すれば幸いです。