目次

  1. 縮毛矯正で抜け毛が増えてハゲる!?
  2. 縮毛矯正でハゲる可能性は低い!
  3. 縮毛矯正でハゲるといわれる理由【頭皮や髪の毛への影響は?】
  4. 縮毛矯正の頭皮や髪への影響を減らすためには…?【対策】
  5. 縮毛矯正で抜け毛が増えハゲる可能性は低い!でも注意が必要…

くせ毛やうねった髪の毛を、綺麗なストレートにできる縮毛矯正。

髪のくせで悩む人にとっては強い見方ですが、縮毛矯正でハゲる、抜け毛が増えるという情報も見かけます。

縮毛矯正をしたらハゲるというのは、本当なのでしょうか?

今回は、そんな疑問を解決すべく縮毛矯正による髪の毛や頭皮への影響を徹底調査しました。

これから縮毛矯正をしようとしている方はもちろん、縮毛矯正で抜け毛が増えた、ハゲたと感じている方も、必見ですよ!

縮毛矯正は、ハゲたり抜け毛が増える直接の原因にはなりません

確かに頭皮や髪の毛への負担は少なからずありますが、縮毛矯正の施術が直接髪の毛を生やす毛根部分に作用し、ハゲや抜け毛を招くことは滅多にないのです。

というのも、縮毛矯正で用いられる強い薬液は、直接頭皮に付着することがないよう施術されます。

ただ、万が一強い薬液が頭皮に付着した場合、頭皮が炎症を起こしかなりまれに間接的に抜け毛に繋がることが。

けれどここまで、頭皮の炎症がひどくなることは少なく、一時的に抜け毛が起きたとしても、元に戻るとされているため、縮毛矯正をしてそのままどんどんハゲていくというのは考えにくいのです。

では、なぜ縮毛矯正でハゲると言われるのか。

その理由について、次でご説明していきますね。


縮毛矯正の詳しい仕組みやメカニズムを知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

ハゲたり抜け毛が増えたりといったことは、あまり考えられない縮毛矯正。

ですが、ハゲるという噂があるのは事実です。

こちらでは、縮毛矯正でハゲるといわれる理由を、縮毛矯正が頭皮や髪の毛に与える影響を元にご説明していきますね。

縮毛矯正が頭皮や髪の毛に与える影響として考えられるのがこちら。

  • 薬液による頭皮の炎症
  • 頻繁な施術による頭皮への負担
  • ヘアアイロンで引っ張ることによる頭皮への負担
  • 薬液による断毛
  • 薬液・ヘアアイロンによる髪へのダメージ

さっそく、それぞれについて詳しくみていきましょう!

薬液による頭皮の炎症

縮毛矯正が頭皮に与える影響の一つに、薬液による頭皮の炎症があります。

縮毛矯正では、髪のくせを取るため、髪の毛を構成するタンパク質の結合を切断する薬液を使用。

この薬液は非常に刺激が強いので、頭皮に付着すると炎症を起こすことがあるのです。

ただ、先ほどもお伝えしたように、この薬液は基本的に頭皮にはつかないように施術が行われるため、薬液による抜け毛の心配はさほどありません。

また薬液によって起こる炎症は、かぶれと呼ばれるものなので、少しかゆみや赤みが出る程度のことが多いもの。

まれに、かなりひどくなると抜け毛を起こすことがありますが、抜け毛が起きたとしても元に戻ることが多いので、そのままハゲるということはありません。

とはいえ、一時的にでも抜け毛が増えるので、これが縮毛矯正でハゲるといわれる一番の原因ではないかと考えれられます。

頻繁な施術による頭皮への負担

縮毛矯正を頻繁に行なっていると、頭皮への負担は大きくなってしまいます。

通常、縮毛矯正は地肌に薬剤がつかないよう、根元の1〜2cmほどを残して施術されます。

けれど、髪が伸びてくると、根元のうねりが気になりますよね。

そこで根元だけ縮毛矯正を掛け直す方も多いのではないでしょうか?

そのとき、十分に髪の毛が伸びないほど短い期間で施術を重ねると、どうしても地肌ギリギリのところに薬液を着けることに…。

こうした頻繁な施術によって頭皮に薬液が付着してしまう可能性も高まり、頭皮への負担が大きくなるのです。

この場合、先にお話した頭皮の炎症も起こりやすくなり、抜け毛のリスクも高まります。

アイロンで引っ張ることによる頭皮への負担

縮毛矯正をするとき、髪の毛をまっすぐにするためにアイロンをかけますよね。

これも、頭皮への負担になります。

アイロンをかける際、髪の毛が引っ張られることで毛根部分に負担がかかり、毛根がもともと弱っている人などは、髪が抜けやすくなることが。

また、このとき抜けるべき時期を迎えていた髪の毛が、アイロンの刺激で抜けることも考えられます。

こうした理由で髪の毛が抜けたのを、縮毛矯正をしたことでハゲたと思う方もいるのではないでしょうか?

けれど、この場合縮毛矯正が直接的な原因ではありません

普段のヘアケアや生活による毛根の弱りや、通常通り抜けるべき髪の毛が自然に抜けていることが原因なのです。

薬液による断毛

また、縮毛矯正の薬液によって断毛が起こることもあります。

断毛というのは、薬液が頭皮の毛穴から毛根部分に入り込み、毛穴に溜まることで、髪が皮膚に埋まっている部分から切れてしまうこと。

この場合、皮膚に埋まっている部分で髪の毛が切れるため、抜け毛と勘違いされることが多くあります。

けれど、毛が根元から抜ける抜け毛とは異なり、途中で切れてしまっているだけなので、そのままにしておけば通常通り髪の毛は成長し、伸びてきます。

ただ断毛と抜け毛の見分けがつかないと、抜け毛が増えたと思ってしまいますし、ボリュームが減ればハゲたと感じるのも無理はありませんよね。

縮毛矯正による髪へのダメージ

縮毛矯正は、髪の毛を構成するタンパク質を切断し、再合成することでストレートに整える施術。

これほどの力をかけられた髪の毛は、どれほど丁寧に施術しても、必ず傷みます

この髪のダメージがハゲるという噂を作っている可能性が。

髪はダメージがひどくなると、切れ毛ができやすくなるのです。

傷んで切れた髪の毛を抜け毛と勘違いしてしまったり、切れ毛によって髪全体のボリュームが少なくなったことで、ハゲたと思う方もいるかもしれません。

けれど、この場合生えてくる髪や、伸びた根元の髪の毛は健康です。

毛先だけボリュームが減ったという場合は、髪の傷みや切れ毛を疑ってみてくださいね。

直接ハゲに繋がらないとしても、間接的にハゲや抜け毛を招くことがある縮毛矯正。

また、頭皮や髪の毛への負担も小さいものではありません。

けれど、ちょっとした工夫で頭皮や髪の毛への負担を軽減させることはできます。

そこでこちらでは、縮毛矯正による頭皮や髪の毛への影響を減らす対策を5つに分けてご紹介していきますね。

①縮毛矯正は美容室で行う

まず、縮毛矯正をする場合は、自宅ではなく美容室で行うことをおすすめします。

自宅で行うと、薬液が頭皮に着くリスクも高くなりますし、アイロンをかける時の負担も大きくなりがち。

その点、美容室で行なってもらうことで、薬液が頭皮に着くことも少ないですし、プロの人がアイロンをいてくれるので、頭皮への負担も必要以上に大きくなることはありません。

また、もしも頭皮の状態や髪の毛の状態に不安があっても相談できます。

縮毛矯正をして大丈夫なのかどうかという判断もしてもらえるので、自宅で行うよりも頭皮や髪に気を使って行うことができますよ。

②縮毛矯正の頻度を減らす

縮毛矯正が頭皮に与える影響の部分でもお伝えした通り、頻繁に縮毛矯正をかけると、頭皮への負担が懸念されます。

そのため、頭皮への負担を減らしたいのなら、頻繁な縮毛矯正は避けましょう

特に根元部分が伸びてくると、気になって早く縮毛矯正をかけたいと思う方も多いはず。

けれど、根元部分こそ、頭皮への薬液の付着が心配されます。

早くても、3〜4ヶ月の周期(参照)で縮毛矯正を行うのがおすすめですよ。


参照:美容室relian


③縮毛矯正後はシャンプーを見直す

縮毛矯正では、どうしても頭皮への負担や髪の毛へのダメージが与えられてしまいます。

これらの負担やダメージを大きくしないためには、縮毛矯正後のシャンプー選びも大切。

縮毛矯正は薬液で頭皮に負担を与えるので、弱酸性の肌に優しいシャンプーを選ぶのがおすすめです。

また、髪の傷みが気になる場合は、髪への負担が少ないアミノ酸系のシャンプーを使うようにしてみてください。

そうすることで、頭皮への負担や、髪の傷みによる切れ毛を防ぐことができますよ。

④髪の毛を傷ませない

縮毛矯正後は、髪の毛が傷まないようケアすることも大切。

そうすることで切れ毛によるボリュームダウンなども防ぐことができますし、綺麗な髪をキープしやすくなりますからね。

髪を傷ませないポイントとしては、摩擦や熱を避けることがあげられます。

摩擦や熱は髪の毛を守っているキューティクルを剥がし、髪の毛の傷みを進行させやすいため。

摩擦を避けるためには、ブラッシングやシャンプーで髪をこすり過ぎないこと。

熱による傷みを避けるためには、ヘアアイロンの使用を減らしたり、ドライヤーの熱風の当て過ぎに注意すると良いですよ。

⑤髪を正しく乾かしてケアをする

また、ヘアケアとして髪の毛を濡らしっぱなしにしないことも重要。

水がついている髪は、キューティクルが開いているため、非常に傷みやすくなっています。

そのため、お風呂上がりは自然乾燥をさせるのではなく、ドライヤーを使用するのがおすすめ。

ですが先ほどお伝えしたように、ドライヤーの熱もまた髪が傷む原因になります。

なので、ドライヤー前にタオルドライをして、ドライヤーの使用時間を縮めたり、髪から離してドライヤーを使う、同じ箇所に当て続けないなどの工夫が必要。

これらのポイントを守って髪を乾かせば、濡れた髪へのダメージもドライヤーによるダメージも、どちらも最小限におさえることができますよ。

縮毛強制をすることは、直接的に抜け毛を増やしハゲる原因とはなりません

けれど、薬液を頭皮に直接つけてしまうと、頭皮が炎症を起こし、ひどい場合は間接的に抜け毛に繋がることも。

また、縮毛矯正は髪の毛へのダメージが大きく、このダメージを避けることはできません。

そのため、頻度や方法などには、注意が必要です。

縮毛矯正を行う時は、できるだけ自宅ではなく、美容室で行ってもらうようにしましょうね。