目次

  1. 妊娠中の抜け毛をなんとかしたい!
  2. 妊娠中の抜け毛の原因とは
  3. 妊娠中の抜け毛対策・対処法5選
  4. 正しい方法で妊娠中の抜け毛を対策しよう

「妊娠してから抜け毛が増えた…」

ただでさえデリケートな時期に抜け毛が増えると、気分も落ち込みますよね。

しかし、一般的に妊娠中は髪の成長を促す女性ホルモンが多く分泌されるので、抜け毛が減るといわれています。

妊娠中よりも、産後の女性ホルモンの減少によって抜け毛・薄毛に悩む人の方が多いんですね。

ですが、妊娠中の抜け毛・薄毛が気になる、という人が少なくないのも事実。

そこで今回は、妊娠中の抜け毛の原因と対策についてご説明してきますね。

今回は、妊娠中の抜け毛の主な原因として考えられるものを3つご紹介します。

  • ストレス

  • 栄養不足

  • ホルモンバランスの乱れ

順番に見ていきましょう。

ストレス

1つ目の原因はストレス

これは妊娠中に限った話ではないのですが、人はストレスを感じると身体の血行が悪くなります。

当然、頭皮の血行も悪くなりますよね。

すると、頭皮の血流から栄養をもらって育つ髪の毛は、栄養が足りなくなり十分成長できないまま抜け落ちてしまうことも。

妊娠によって、気を使うことや不安が大きくなり、心身ともにストレスを感じる方が多いのでは?

過度なストレスがかかっていると、抜け毛が増えにくい妊娠中といえど抜け毛を招くこともあるのです。

栄養不足

2つ目の原因は栄養不足

栄養不足も、妊娠中ではなくても抜け毛の原因になります。

髪の毛は、普段の食事で摂取した栄養をもとに作り出されます。

ただ、特に妊娠中は胎児のための栄養も必要になるため、普段以上に食生活に気を配ったほうがいいでしょう。

また妊娠によって体重が増えたからといって、食事制限によるダイエットは避けた方が良いといえます。

食事制限をすることも、体や髪の栄養不足に繋がりますからね。

ホルモンバランスの乱れ

3つ目の原因はホルモンバランスの乱れ

冒頭でもご説明した通り、妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発になるため、本来であれば抜け毛は減る傾向にあります。

にも関わらず抜け毛が増えるということは、ホルモンのバランスが乱れているかもしれません。

先に挙げたストレスや栄養不足、その他にも睡眠不足などが原因で、ホルモンバランスの乱れを招くことがあります。

ホルモンバランスに関しては、原因や状態が複雑なので、詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

一般的に、妊娠や出産をきっかけにした抜け毛は、産後時間の経過とともに改善されていくケースが多いようです。

とはいえ、妊娠中に抜け毛があるとストレスにもなりますし、できることなら対策していきたいですよね。

今回は、5つの対策・対処法をご紹介するので、ぜひチェックしてください。

  • ①対策:ストレスを解消する
  • ②対策:食事のバランスに気を使う
  • ③対策:育毛剤を使う
  • ④対処:髪型を変える
  • ⑤対処:帽子・ウィッグを着用する

順番に見ていきましょう。

①対策:ストレスを解消する

まず1つ目の対策はストレス解消です。

とはいえ、妊娠中のストレスを完全になくすことなんてほぼできませんし、ストレス解消としてできることも限られてきますよね。

一般的に、旦那さんや友達と話してすっきりさせたり、映画・音楽でリラックスする、などの方法でストレスを解消している妊婦さんが多いようです。

もちろんこれらは一例ですので、ご自分にあったストレス解消を見つけて試してみてください。

②対策:食事のバランスに気を使う

2つ目の対策は、食事のバランスに気を使うことです。

妊娠中は胎児の成長のためにも、母体の健康のためにもバランスのいい食事を心がけましょう。

特に髪の毛を作るために大切なのは、タンパク質・ビタミン類・ミネラルです。

とはいえ、つわりで満足な食事が取れないこともありますよね。

そんな方は、妊婦用サプリメントで栄養を摂取する方法もありますので、参考にしてみてください。

※妊娠中は、栄養バランスとは別に食べないほうがいいものがいくつかあります。
食生活に関して不安のある人は、医師に相談するようにしましょう。

③対策:育毛剤の使用

3つ目の対策は育毛剤の使用です。

「妊娠中に育毛剤を使ったら、胎児に影響が出るんじゃない?」と思う方もいるかもしれません。

ですが、妊娠中も使用可能な育毛剤があるんです。

育毛剤には抜け毛予防効果が認められているので、抜け毛が気になる方にはおすすめ。


「育毛剤は種類が多くて、どれを使えばいいのか分からない」という人のために、今回は妊婦さんでも使えるおすすめの育毛剤、ベルタ育毛剤をご紹介しますね。

こちらは、99.6%が天然由来成分となっており、有害物が徹底排除されています。

なので、妊娠中や授乳中の方はもちろん、敏感肌・アレルギー肌など、多くの女性にご使用いただける育毛剤です!

気になった方はぜひ公式サイトを見てみてください。

④対処:髪型を変える

4つ目にご紹介するのは、抜け毛が多くなってしまったときの対処法。

まず、手軽にできる対処法としては、髪型を変えるのがおすすめです。

髪を短くしても良いという方は、ショートカットにするのがおすすめ。

髪が長いままだと、どうしてもペタンとしてしまい、ボリュームの少なさが目立ちますが、ショートであればボリュームが出やすくなりますからね。

⑤対処:帽子・ウィッグを着用する

5つ目にご紹介するのも、抜け毛が多くなったときの対処法です。

帽子・ウィッグの着用は、髪が減ってもすぐにできる対応なので、人目が気になるという方にはおすすめの方法。

帽子であれば、自分好みのものを被っておしゃれを楽しむことができますし、費用の面でも負担が少ないですよね。

ウィッグは少し抵抗があるかもしれませんが、最近は若者向けのおしゃれなものが出ており、費用も安くなりつつあるので、ぜひ自分好みのものを探してみてください!

今回は、妊娠中の薄毛と対策・対処法についてご説明してきました。

妊娠中は不安やストレスが多く、そこに抜け毛の悩みが重なると、さらに深刻ですよね。

ただ、妊娠中の抜け毛は対策ができないというわけではありません。

正しい対策をして、抜け毛によるストレスを減らしましょう!