目次

  1. 妊娠中は抜け毛になりやすい!?
  2. 妊娠中の抜け毛は元に戻る?
  3. 妊娠中の抜け毛の原因は?
  4. こんな人は妊娠中の抜け毛に気をつけて!
  5. 妊娠中の抜け毛の対策方法まとめ
  6. 妊娠中の正しいシャンプーの仕方を知っておこう
  7. 低刺激のシャンプーを使うと頭皮の負担が軽くなる
  8. 抜け毛が気になる人はショートカットがおすすめ
  9. 妊娠中の抜け毛対策に育毛剤の併用がおすすめ
  10. 妊娠中に起こる抜け毛の原因と対策を把握しましょう!
ハゲラボ運営スタッフ(50歳)
ハゲラボ運営スタッフ(50歳)

私も出産を体験しました。

妊娠期は女性がお母さんに変わっていく神聖な時間です。 そのため妊娠中は体質だけでなく性格や考え方も変わるので、初めて体験することが多数あります。

女性としての抜け毛も初めて体験することの一つ。 初めてで不安なこともあると思います。

そんな不安を取り除くために、妊娠中の抜け毛の原因と対策について一緒に勉強しましょう!

妊娠中というのは、一般的には髪が抜けにくいと言われています。 それは、女性ホルモンの分泌が常に活発な状態になっているからです。 女性ホルモンには、栄養や水分を体内に留めておこうとする作用があります。 その影響で、髪の成長が促進される上に寿命が延びる、ということが起こるのです。

でも、妊娠中に抜け毛に悩まされるという人は、確かにいます。 女性ホルモンは十分に分泌されているのに、なぜ抜け毛になってしまうのでしょうか?

妊娠中の抜け毛の原因と対策について詳しく見ていき、 女性の薄毛についての理解を深めましょう。

ハゲラボ運営スタッフ(50歳)
ハゲラボ運営スタッフ(50歳)

妊娠中は理論的には抜け毛になりにくい時期なんですね。

しかし、私の経験から判断すると妊娠中に抜け毛に悩むことは決して珍しいことではありません。

その証拠に下のTwitterを見てみましょう。

妊娠中はいろいろな変化が起こるものですが…
妊娠中はいろいろな変化が起こるものですが…

身体や心の変化はある程度覚悟していても、抜け毛は勘弁してほしいですよね。

妊娠中の抜け毛は出産すればすぐに戻るか?と言うとすぐにというわけではありません。 多くの女性は産後も抜け毛が続きます

ただ、一般的には産後しばらくすれば産毛が生えてきて髪の毛は元に戻ります

少しでも早く抜け毛を改善するためにも大切なことは、ストレスを抱えないことです。中には育児がストレスになり、なかなか抜け毛が収まらないという人も。

女性ですから薄毛が気になるのは当然ですが、いつかは元に戻ると思ってあまり気にし過ぎないようにしましょう。

Twitterを見ると妊娠中でも抜け毛に悩んでいるという人は多く存在することがわかりますね。 それでは、妊娠中の抜け毛の原因を具体的に見てみましょう。

主な原因として、以下の3つをご紹介します。 どれも妊娠中ならではの原因と言えるのではないでしょうか。

⑴ホルモンバランスの乱れ

前述したように、妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発な状態が続いています。 それは見方を変えれば、ホルモンバランスが通常と異なり乱れている状態とも言えます。 人によっては、その乱れがヘアサイクルによくない影響を与える原因になってしまうことがあります。

ヘアサイクルのスピードが速まると、発毛してから脱毛するまでの期間が短くなります。 つまり、髪が生えた後、十分に成長しきる前に抜けていく、という現象が起こります。 このために抜け毛が増えて、髪は生えてくるけれど、全体的に薄くなってしまうそうです。

⑵妊娠に伴うストレス

妊娠中は、とにかくいろいろなストレスを感じます。

つわりが原因で思うように食べられない。 お腹が重くなって思うように動けない。 腰や脚などに負担がかかって痛みを感じる。 ホルモンバランスが原因で精神的に落ち込みやすくなる。

妊娠しているからこそのストレスは、それこそ数えきれないほどあります。

これらのストレスがあまりにも過剰になると、頭皮にも髪にも悪影響が出てくるそうです。 頭皮の血流が滞りがちになり、抜け毛の原因になってしまうと言われています。

ストレスは大敵!
ストレスは大敵!

妊娠中の心と体の変化にうまく対応できないと、抜け毛を招いてしまいます。

⑶髪への栄養不足

妊娠中の母体は、できるだけ胎児に栄養を送ろうとする仕組みになっています。 摂取する栄養が十分でない場合でも、まず胎児に必要な栄養を送ることになります。 つまり、母体を維持するための栄養は、後回しになってしまいます。

そうなれば当然、髪に必要な栄養も不足することになりますよね。

妊婦さんの胎児優先の体の仕組みが原因になってしまうのです。

ハゲラボ運営スタッフ(50歳)
ハゲラボ運営スタッフ(50歳)

抜け毛の原因に上がった3つの中でも「ストレス」は特につらいものなのではないでしょうか。

自分の体にもう一つの命があるので不安になるのも当然です。

ストレスの対策としてはあなたが頑張るのではなくあなたの周りの人に協力をしてもらいましょう。

妊娠中に抜け毛が起こってしまう主な原因について、説明してきました。 原因を踏まえると、どんな人が妊娠中の抜け毛に悩まされる可能性が高いかが分かります。

詳しく説明していきますので、自分に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

当てはまると思った方は抜け毛対策が必要かもしれません。

⑴つわりの症状が重い人

妊娠中に最も辛いと言われるのが、つわりです。 つわりの症状が重い場合、まず食事が満足に食べられなくなります。

食べることが十分にできなければ、母体はどんどん栄養不足になってしまいます。 そうなると、髪への栄養が足りなくなり、抜け毛の原因になってしまうことがあります。

また、つわりのために身体を動かすのも辛い、という人もいるでしょう。 運動不足や体力の衰えは、体内の血行不良や新陳代謝の鈍化を招きます。 その結果、抜け毛が増える可能性は高まってしまうそうです。

⑵ストレスを溜めてしまいがちな人

妊娠がもたらす身体への負担は、かなりのものがあります。 妊娠前には何の苦もなくできていたことが、スムーズにはできなくなってきます。 その変化に追いつけずくよくよ気にしてしまう人は、ストレスが溜まりやすいですね。

また、元々はそうでもなかったのに、妊娠してから神経質になってしまう人もいます。 そういったタイプの人も、ストレスを過剰に溜めてしまう傾向にあると言えます。

このような人は、ストレスによる抜け毛の増加に気をつけた方がいいでしょう。

⑶ヘアケアを後回しにしてしまう人

妊娠中は動くことが徐々に億劫になってきます。 お風呂で身体を洗ったり、洗髪したりすることも、驚くほど大変になります。 バランスを崩しやすい身体で、滑りやすいお風呂に注意して入るだけで、一仕事です。

でも、いくら大変だからと言って、必要なヘアケアを後回しにするのはNGですよ。 妊娠前に比べて頭皮環境が悪化すれば、抜け毛の原因になる可能性があります。 最低限、洗髪で頭皮と髪を清潔に保つことだけは、きちんとするようにしましょう。

髪も気持ちもスッキリと!
髪も気持ちもスッキリと!

髪をさっぱり洗い上げることは、自分への癒しやストレス解消にもつながると思いますよ。

妊娠中に抜け毛が起こりやすい人について、チェックできましたか? 続いては、妊娠中の抜け毛の対策方法についてです。

具体的な対策方法として、ここでは以下の3つを説明します。 本当に基本的なことですが、とても大切なことなので、しっかり覚えてくださいね。

⑴バランスの良い食事を摂る

妊娠中にまず大切なのが、とにかくバランス良く食事をすることです。 赤ちゃんのためにも、母体のためにも、もちろん髪のためにも必要なことです。

赤ちゃんのエネルギーとしては、主に糖分が送られると言われています。 主食のごはんをきちんと食べることで、赤ちゃんにしっかり栄養が届きます。 そしておかずに関しては、「高タンパク低脂肪」を意識してください。 タンパク質は髪の原料ですから、十分に摂りましょう。

ただし、つわりが一番辛い時期には、無理は禁物です。 食事のバランスに気を配るのは、つわりが治まってからで大丈夫です。

どうしても不足しがちな栄養を補給するには、サプリメントでの対策もいいですね。 特に、髪のためにも効果的と言われる亜鉛は、積極的に摂りましょう。

亜鉛は赤ちゃんの成長を助ける栄養素でもあるので、妊婦さんには必要不可欠と言われています。 妊婦さん向けのサプリもいろいろあるので、自分に合う抜け毛対策法を見つけてみてください。

やはり和食がオススメ!
やはり和食がオススメ!

高タンパク低脂肪で薄味の和食は、母体にも赤ちゃんにも優しいですね。

⑵上手にストレス解消する

妊娠は長丁場ですから、ストレスをきちんと解消するのは、なかなか大変です。 お腹はどんどん大きくなりますし、いろいろなトラブルが次々と起こったりします。

一日のうち少しでも構わないので、ストレス解消になるような時間を持ちましょう。 好きな音楽を聴いてゆっくりしたり、少し外を歩いて気分転換するのもいいですね。 とにかく、自分の気持ちが前向きになる時間を上手に作り、ストレス対策をしましょう。

⑶なるべく睡眠をとる

妊娠中は、何をするにも休み休みやりなさい、とよく言われます。 身体の中で大きな変化が起こっているのですから、身体を意識して休めましょう。

お腹の重みや腰の痛み、漠然とした不安感などで、ただでさえ眠りが浅いのが妊娠中です。 でも睡眠不足で身体が休まらない状態が続くと、ますますトラブルが増えてしまいます。 もちろん、髪にも悪影響が出かねません。

夜ぐっすり眠れないなら、昼間ちょっとだけ横になるなど、工夫してみてください。 15分昼寝をするだけでも、だいぶ違いますよ。

ハゲラボ運営スタッフ(50歳)
ハゲラボ運営スタッフ(50歳)

妊娠中の抜け毛の対策方法はいろんなことがあります。

上に上げた3つの対策方法は自分の抜け毛だけでなく赤ちゃんにも良い影響を与えるものです。

妊娠中のお母さんは、赤ちゃんのことを思うともっと頑張れるかもしれませんね。 自分のためにも赤ちゃんのためにも、これらの対策方法を試してみてください!

妊娠中の抜け毛予防には、頭皮を清潔に保つことも大切です。 そのための正しいシャンプーの仕方をご紹介します!毎日することですから、正しいやり方でしっかりケアをしましょう。

⑴予備洗い

シャンプーをつける前に、まずはお湯で頭皮と髪の毛を濡らします。

このときに、指でやさしく頭皮と髪をもみこむようにして洗うことがポイントです。 実はこの予備洗いをするだけで、大体の汚れを落とすことができるのです。

薄毛を気にしている人に限らず、予備洗いは取り入れたいところですね。

⑵シャンプーをしっかり泡立てる

頭皮にシャンプーをつけるときはそのままつけるのではなく、手でしっかり泡立ててからつけます。

シャンプーを泡立てずに頭皮につけると、シャンプーが汚れとなって頭皮に残る原因になります。 ですので、まずはシャンプーを手に取り少量のお湯でしっかりと泡立てましょう!

⑶頭皮をもみこみながら洗う

髪を洗うときに大切なのは、頭皮をしっかりと洗うことです。 頭皮をしっかりと洗えば、髪の毛の汚れも一緒に落とされます。

シャンプーを頭に乗せたあとは、指の腹の部分を使って地肌をもみこむようにして洗います。後頭部から側頭部、そして頭頂部から前頭部にかけて洗っていきます。

このときに、爪を立ててしまうと頭皮が傷つく恐れがあるので注意しましょう。

⑷しっかりとすすぐ

仕上げのすすぎがとても大切です。汚れが残っていると、抜け毛の原因になる可能性があります。

髪の生え際や耳の周りなど細かいところにシャンプーが残らないように、しっかりとすすぐようにしましょう。

⑸ドライヤーでよく乾かす

洗髪後は、よく乾かします。髪が濡れたままだと菌が繁殖して抜け毛が増えやすくなります

面倒くさいから…と後回しにすると抜け毛がひどくなってしまいますので、まずはちゃんと髪を乾かす習慣をつけるようにしましょう!

髪はしっかりと乾かそう
髪はしっかりと乾かそう

髪のケアの一つはよく乾かすことです。

妊娠中の体はいつもと違い、敏感になっています。 ですので、抜け毛がなかなか止まらないと言う人は刺激の少ないシャンプーに変えてみてはいかがでしょうか?

シャンプーにも色々な種類があり、中でもアミノ酸系シャンプーは低刺激で頭皮の負担が少なく使うことができます。

シャンプーの仕方を変えたあとは、低刺激のシャンプーも検討してみましょう。

シャンプー選びも抜け毛対策の一つ
シャンプー選びも抜け毛対策の一つ

妊娠中には低刺激のシャンプーを使いましょう。

産後の抜け毛はまた元に戻るとは言え、抜け毛がひどい時期にはやはり不安にもなるもの。抜け毛が増えると、さらにストレスを感じて抜け毛を促してしまう場合があります。

ですので、抜け毛が気になる人は思い切ってショートカットにするのも一つの方法です。 同じ量の抜け毛でもロングとショートの場合では、その量が全く違って見えるもの。

洗髪後にはしっかりと乾かさないといけません。妊娠中はまだしも、子どもが産まれてからはゆっくりドライヤーをする時間もなくなります。

そういった点からも、妊娠中にショートカットにしておくことも抜け毛対策の一つです。

妊娠中の抜け毛対策は分かっても、どうしても限界がある…という人もいるでしょう。 そんな人は、育毛剤での対策も検討してみてください。

「妊娠中に育毛剤なんて使っても大丈夫なの?」と思うかもしれませんね。 でも最近は、妊娠中や授乳中でも安心して使える女性向けの育毛剤もあるんです。

※もし女性向けのものでも使用中に違和感を感じた方は、すぐにご使用を中止してください。

ハゲラボ運営スタッフ(50歳)
ハゲラボ運営スタッフ(50歳)

妊娠中に抜け毛に悩む方は多数いますが、実は産後に抜け毛に悩む方も多いです。

そのため産後から育毛剤を使用する人もいます。

妊娠中にすでに薄毛に悩んでいるのであれば早めに育毛剤を使用するのはいかがでしょうか。

産後の抜け毛に不安な方は早くからの育毛剤での対策を検討してみてください。

いかがでしたか? 妊娠中に起こる抜け毛について、少しでも知っていただけたでしょうか?

妊娠中の抜け毛の原因を知り、そのうえでしっかり抜け毛対策を行うことは、産後の抜け毛を防ぐ意味でも大切です。 初めての妊娠に臨む人はもちろん、経産婦さんにもぜひ意識してもらえたら嬉しいです。

妊娠の経過は、一回一回違うものですよね。 前回は大丈夫だったから、と思っても、また大丈夫とは限りません。

妊娠中も、赤ちゃんと対面してからも、若々しく健康な髪を保つために適切な対策をしましょう!

産後の抜け毛については、こちらで予習しておきましょう! 誰にでも起こる!産後の抜け毛の原因と対策《まとめ》