目次

  1. サラサラ〜しっとり〜使い心地最高!なシャンプーの落とし穴!
  2. パンテーンを使うと抜け毛が増えることがある…?
  3. パンテーンが抜け毛を引き起こしてしまう理由とは?
  4. こんな人はパンテーンで抜け毛が増えるかも…
  5. 抜け毛の心配がいらないシャンプーの特徴とは?
  6. 結局パンテーンはどうなの?
  7. シャンプーを使用する際は抜け毛にご注意を

毎日使うシャンプーを、香りや使用感・洗い上がりの触り心地などで選んでいる方は多いのではないでしょうか?

しかし、この使用感の良いシャンプーにはたくさんの落とし穴があるのです。

たとえば抜け毛! 薄毛に悩んでいる人でなくとも、抜け毛が増えるのは深刻な問題ですよね。

抜け毛が増えたな、と思うなら、使っているシャンプーを見直してみましょう!

市販のシャンプーは安くてお手軽だけど・・
市販のシャンプーは安くてお手軽だけど・・

実は、髪に良くないこともあるかも!?

パンテーンの口コミ等を見ていますと、 「使い始めてから抜け毛が増えた!」という声も聞こえてきます。

パンテーンは有名なシャンプーですし、市販で気軽に買えますので もしこれが本当なら怖いですよね・・・。

抜け毛が増えたからと言って頑張って育毛ケアをしていても、 シャンプーが原因で抜け毛が増えてしまったら元も子もありません。

パンテーによる抜け毛の口コミは、以下で紹介する以外にもたくさんありました。

その抜け毛・・・
その抜け毛・・・

もしかしたら市販のシャンプーが原因かも?

パンテーンの一体何がそんなに悪いのでしょうか?

それはパンテーンに配合されている成分に答えは隠されています。

普段、成分表示を気にしながらシャンプーを買うことってありませんよね?

今後のシャンプー選びの参考にもなりますよ!

(1)洗浄力の強い成分が含まれているから

「洗浄力が強い」というと、 シャンプーなんだから洗浄力は強くてナンボ!と思いがちです。

しかし、洗浄力が強すぎるのも問題なのです。

このパンテーンには、ラウレス硫酸ナトリウムや、ラウレス硫酸アンモニウムといった、石油系界面活性剤が含まれているのです。

石油系界面活性剤は、言ってしまえば台所用洗剤と同等の洗浄力ということになります。

そんなもので頭皮・髪を洗っていると想像するだけでも恐ろしいですね・・・。

(2)シリコンが含まれているから

最近ではノンシリコンシャンプーというのも出ているくらい、シリコンシャンプーは頭皮や髪に良くないとなっていますね。

パンテーンにも実はシリコンが配合されています。

正しくは、ジメチコンという成分で髪にツヤを与える役割を果たしています。

パンテーンで髪を洗うと指通りもなめらかサラサラになると思いますが、 あれはジメチコンのコーティング効果のおかげなのです。

毛穴に汚れが詰まるのも、また抜け毛の原因になってくることはご存知だと思いますが、ジメチコンは汚れが毛穴に詰まりやすい性質を持っています。

パンテーンだけではなく
パンテーンだけではなく

他の市販のシャンプーにも含まれていることがあります。

パンテーンの使い方によっては、さらに抜け毛を増やしてしまう事もあるとか・・?

同じシャンプーを使っていても、抜け毛が増える人、大丈夫な人と色々ですよね。 もしかしたら、あなたの使い方にも問題があるのかも!?

パンテーンで抜け毛が増えそうな、気をつけたい人のタイプを下の①〜③にまとめました。

(1)予洗いが出来ていない人

パンテーンに限らず、正しいシャンプーの基本は、まず予洗いをしっかり!というところから始まります。

これは、汚れや毛穴に詰まった皮脂を浮かせるためです。 お湯だけでもある程度の汚れを落とす事ができるのですね。

お湯で余計な汚れを落としておけば、シャンプーの泡立ちが良くなり、少ない量で効果的に使う事ができます。

逆に予洗いが不十分だと、必要以上にシャンプーの強い洗浄作用に頼る事になり、 抜け毛を増やしてしまう事になりかねません

(2)すすぎが出来ていない人

パンテーンのような洗浄力の強いシャンプーがもし頭皮に残ったままだったらどうでしょう・・・?

しっかり洗い流せず、一日中頭皮に残ったままでいると、常に頭皮にダメージを与えているということになりますね。

毛穴にも残留したものが詰まってしまって、頭皮環境を悪化せざるを得ません。

頭を洗うときには
頭を洗うときには

前にも後にもしっかりと洗い流すことを心がけましょう!

(3)朝シャンプー派の人

朝にシャンプーするのは良くないというのはご存知の方もいらっしゃると思います。

頭皮は皮脂膜で外の刺激から守られている状態なので、 朝シャンプーによって皮脂を取り除いてしまうと、日中浴びる紫外線のダメージを受けることになります。

抜け毛を引き起こす成分や、抜け毛になりやすい洗髪の仕方について触れてきました。

でも出来れば、抜け毛のことを気にしなくてもいいシャンプーがあれば、そちらを使いたいですよね!

ここではそんな抜け毛の心配いらずのシャンプーの特徴について説明していきたいと思います。

アミノ酸系シャンプー

髪にアミノ酸がいいということを知っている人も多いと思います。 アミノ酸は、洗浄力が優しく低刺激です。

そもそもアミノ酸というのは、たんぱく質を作っている成分です。 人間の体内においては、皮膚や筋肉などを形成してます。

人間の身体により近い成分ということですので、頭皮や髪にも優しいのです。

ノンシリコンシャンプー

シリコン配合シャンプーに問題があると考える人も多い様ですね。

逆のノンシリコンシャンプーなら、少なくともシリコンによって引き起こされそうな問題はありません。

シリコンが気になる人は、試してみても良いのではないでしょうか。

シャンプーは毎日使うものだから・・・
シャンプーは毎日使うものだから・・・

質のいいものを使用して、出来るところから抜け毛対策をしていきたいですね。

良質な保湿成分が配合されている

保湿成分もまた重要です。 頭皮が乾燥している状態では、抜け毛だけでなくかゆみ・フケの原因にもつながります。

乾燥をさせないためにはある程度の皮脂が重要。 そこで、質のいい保湿成分が配合されているシャンプー選びが重要となってきます。

皮脂を取りすぎず、残しすぎない、絶妙な保湿バランスを与えてくれるシャンプーを選びたいですね。

ここまでパンテーンの特徴を説明してきました。

結論パンテーン自体には抜け毛を起こす作用はなく、抜け毛を促進してしまう原因はシャンプーの仕方にあったんですね。

しかし、パンテーンの用にツヤ・ハリを出したい人におすすめなシャンプーもあれば、頭皮の保護をしたい人向けのシャンプー、アルコールが入っていないシャンプーを利用したい人におすすめのものなど、人によっておすすめのシャンプーは異なります。

何気なく適当に選んでしまいがちのシャンプーですが、一度皆さんも自分にあったシャンプー選びをしてみてはいかがでしょうか?

パンテーンで抜け毛を引き起こすのかについて解説していきました。 結論パンテーンは抜け毛を引き起こす作用はなく、シャンプーの仕方に大きく問題があります。

普段なにげなく選んでしまうシャンプーですが、本当に様々な特徴をもったシャンプーが存在するため、この機会に一度シャンプー選びを見直してみてはいかがでしょうか。

また、抜け毛にひどく悩みを抱えている方には、化粧品であるシャンプーによる対策だけでなく、 医薬部外品である育毛剤の使用も良いかと思いますので是非育毛剤に関しても検討してみてはいかがでしょうか。