目次

  1. 堀北真希も抜け毛に悩んだ?!
  2. いち髪を使うと抜け毛が増えるって本当?
  3. いち髪を使うと抜け毛が増えると感じている人がいる理由
  4. いち髪を使用して抜け毛を感じているのはこんな人
  5. そもそも抜け毛が増えにくいシャンプーってあるの?
  6. いち髪は抜け毛が出てるかもしれないが、良いシャンプー!?【まとめ】
  7. 抜け毛予防シャンプーについての関連記事はこちら

こんにちは!ハゲラボ編集部です。

いち髪といえば、テレビCMで演じる清純派美人女優堀北真希さんのサラサラ髪を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? 本当に美しいですよね。

しかし、美しく健康的な髪になりたいと思って購入されたいち髪のシャンプーやトリートメントで抜け毛が増えたという声がネット上で結構見受けられます。

これって本当なんでしょうか? これが本当なら堀北真希さんの身も・・・心配です(汗)

早速実態を調べてみましょう!

いち髪のCM女優 堀北真希さん

日本的なサラサラの黒髪が美しく、男女共にファンが多いのもうなずけます。

「いち髪を使うと抜け毛が増える」

そんな意見が実際に本当にあるのかどうかというところから、まずは調査していきたいと思います。

商品購入サイトでのレビュー等では、抜け毛云々よりもいち髪の香りやしっとり感を評価する意見が多かったので、ツイッターやYAHOO!知恵袋をメインに参考にさせてもらいました。

すると、確かに抜け毛が増えたという意見が存在したのです。

下記のツイートをご参照ください。

※意見は全て個人的な感想であり、製品の効果・安全性・危険性を根拠づけるものではありません。

大量の抜け毛に大ショック!!
大量の抜け毛に大ショック!!

シャンプー中にこんな風に排水口に抜け毛がごっそりあるとショックですよね・・・。

上記の口コミを見てみると、たしかに抜け毛についての記述がありました。

しかし最初に申し上げますが、この抜け毛の現象はいち髪に限ったことでは無いと考えられます。

ですが、実際に抜け毛を体験した人がいるのも事実のようです。

考えられる理由は2つ

それは含まれている成分やシャンプーの仕方が関係していると思われます。

同じような成分を含む他社製品もあると思いますので、予備知識として頭に入れておいてくださいね。

理由1 安息香酸Naを含むため

いち髪は、アミノ酸系でマイルドな洗浄成分や頭皮ケア成分が配合されており、しかもノンシリコンシャンプーなため、ドラッグストア等市販品の中では人気のシャンプーです。

ですが、残念なことに頭皮への刺激が強い、 エタノール安息香酸Na香料等も含まれているそうです。

特に、防腐剤として使用されている安息香酸Naは、肌が敏感な方は気にかけている成分ですね

含有量は微量なので普通肌の人には問題ないようですが、過度の敏感肌であったり、頭皮トラブルを感じておられる方は考えてから使用するのがいいかもしれません。

理由2 コンディショナーやトリートメントが頭皮に残るため

いち髪が抜け毛につながると考えられる理由の2つ目は、コンディショナーやトリートメントに関することです。

いち髪シャンプーはノンシリコンシャンプーだということは先ほど述べましたが、いち髪のコンディショナートリートメントシリコン配合だそうです。

これは、シリコンが髪の表面をコーティングしてキューティクルを保護し、ダメージや切れ毛を防いで滑らかな手触りのよい髪を実現するためです。

ですが、シリコンはねっとりとしたオイルのような状態のものですので、髪や頭皮に被膜を張ります。それが毛穴に詰まるとヘアサイクル(毛周期)が乱れ、抜け毛の原因になることがあるそうです。 気になる方はしっかりと洗い流すことが必要かもしれません。

どんなにすすいでも・・・
どんなにすすいでも・・・

シリコンが頭皮に付着すると、すすぎを頑張っても容易には落とせないんですって!

付着してしまったシリコンを落とすには頭皮専用のクレンジング剤を使用しなければ完全には落とせないそうですよ。

理由3 たまたま脱毛の時期と重なったため???

この方の場合、「抜け毛は毛根の様なものが付いて無い状態」と言われています。

つまり、抜ける時期の髪だったと考えられます。

ヘアサイクル(毛周期)では、新しい毛髪の成長期に古い髪が抜け落ちますので、たまたまその時期に重なったのかもしれませんね。

この場合、いち髪が直接的な理由ではないかも知れませんね。

さて、いち髪を使用して抜け毛が増える理由について調べてきましたが、具体的に、どんな人達の抜け毛が増えてしまったのでしょうか?

その特徴を考察してみました。

以下の3つのパターンに分けられます。

①敏感肌の人

肌が弱い方の場合は、合わないシャンプーで痒みが生じることが多いようです。

敏感肌の人にとっては、エタノール安息香酸Na香料などの刺激物は頭皮トラブルを招く材料となることもありますでしょうから、なるべくよく考えてから使用した方が良いでしょう。

敏感肌の人は要注意!!
敏感肌の人は要注意!!

敏感肌の人は事前に使用を避けるか、すでに肌トラブルを体験した方は専門医に相談されることをお勧めします。

②トリートメントを地肌につけてしまう人

結構やりがちなのが、トリートメント剤を頭皮につけてしまうことです。

コンディショナーやトリートメントの正しい使い方は、 ①シャンプー後、軽くタオルドライする。 ②トリートメント剤を適量手に取り、内側から叩くようにして髪に塗布する。 ③5~10分おく。(蒸しタオルやシャワーキャップ)を被るのが望ましい。 ④髪をこすらないように優しく洗い流す。

です。 くれぐれも頭皮に付けて、せっかくシャンプーで清潔になった毛穴に塗りこまないように気をつけてくださいね。

正しいトリートメントのしかた
正しいトリートメントのしかた

トリートメントは頭皮に付けるのではなく、髪にのみ付けましょう。

毛穴を塞ぐと育毛の妨げになり、抜け毛を誘発しかねません。

③頭皮に汚れが残っている人

いち髪のノンシリコンシャンプーでは、地肌をマッサージするようにシャンプーしましょう

頭皮の余分な皮脂汚れが残っていると、抜け毛等の頭皮トラブルの原因となります。

また、頭皮にトリートメントが付いた場合シリコンはお湯でのすすぎだけでは落ちないそうなので、頭皮専用のクレンジング剤シリコンの油分を落とされることをお勧めします。

頭皮専用クレンジング
頭皮専用クレンジング

頭皮専用クレンジングはシャンプー前に使用します。 頭皮を濡らしてからクレンジング剤をつけて頭皮をマッサージします。

洗い流してからいつもどおりのシャンプーを行います。(洗い流さずシャンプーするものもあります)

いち髪が頭皮や髪に合う人も合わない人もいるそうです。

それでは、抜け毛が増えにくいシャンプーとはどんなものなのでしょうか?

合わないシャンプーで抜け毛が増えた理由としては、中に含まれる成分に問題があったのと、トリートメント剤に含まれるシリコンが頭皮に付着することが問題でした。

これを受けて理想的なシャンプー像を挙げてみますと・・・

⑴肌にやさしいシャンプー

頭皮に刺激を与える成分を含まないシャンプーがあれば、敏感肌の人も安心かもしれません。

シャンプーは大きく分けて3つのタイプに分けられます。 ① アミノ酸系シャンプー ② 石けん系シャンプー ③ 高級アルコール系シャンプー

この中で肌に刺激の少ない優しいシャンプーは①のアミノ酸系シャンプーと言われています。

それを見分ける方法ですが、次の文字が含まれる成分があればよいということです。主な物をあげてみますと・・・

① ココイル ② ベタイン ③ ココアンホ ④ ラウロイル

等になります。

そして、やはり、毛穴の詰まりを防ぐためにノンシリコンシャンプーがいいという声が多いです。

あくまでも一般的に言われているということであって、全ての方に適用されるものではないので、基準の一つとしてお読みください。

シャンプー選びに気をつけて!!
シャンプー選びに気をつけて!!

市場に出回っているシャンプーは数多くあります。 成分表示をチェックして慎重に選びましょうね。

⑵トリートメントをしなくても潤うシャンプー

髪をツルツルサラサラと指通りのよい状態に仕上げるためには、トリートメントをすすぐときに少し髪に残る程度にすすぐものが多くなっています。

最近ではノンシリコンのトリートメント剤も増えてきましたが、いくらシリコンが入っていなくても、頭皮に付着するとなんらかのコーティング剤が毛穴に残ってしまって頭皮環境によいとは言えませんね。

トリートメントをしなくてもシャンプーだけで髪がしっとりと潤いのある仕上がりになる製品があれば理想的ですよね。

さて、当初のテーマである「いち髪は抜け毛が増える?」については、残念ながら「あり得る」という結果になってしまいました。

しかし、安くて店頭ですぐに手に入る市販品シャンプーの中では、いち髪は頭皮にマイルドなアミノ酸系シャンプーとして最もおすすめできるシャンプーの部類に入ることも事実です。

使ってみられたい方は、ミニセットを購入されてご自分のお肌に合うかどうか試されてから、本使用されるかどうかを判断されることをお勧めいたします☆

自分に合ったシャンプーを見つけて堀北真希さんのような美髪に近づけるようがんばりましょう!!


※記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。この記事の情報を基に行動する利用者の判断について、当社は一切の責任を負いかねます。サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。