目次

  1. 産後の抜け毛で髪型が決まらない…
  2. 産後の抜け毛がカバーできる髪型選びのポイントは?
  3. 産後の抜け毛がカバーできるおすすめの髪型10選
  4. アイテムで産後の薄くなった髪をカバーしよう
  5. 【注意】スタイリングの注意点
  6. 髪の薄さが気にならない髪型で産後を楽しもう!
産後の抜け毛で髪が薄くなってきた
産後の抜け毛で髪が薄くなってきた

どんな髪型が似合うのかわからない…

「産後の抜け毛で髪が薄くなっちゃった…」
「薄くなったところを隠せる髪型はないかな」

やがてまた生えてくるとはいえ、産後の抜け毛で髪が薄くなると髪型に悩みますよね。

今回は、産後の抜け毛で薄くなった髪を上手に隠せる髪型をご紹介します。

ヘアアレンジのバリエーションやスタイリングの注意点についてもお伝えするので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

産後に薄くなった髪は、髪型でカバーできます!
産後に薄くなった髪は、髪型でカバーできます!

髪型のポイントは4つ

産後の抜け毛で薄くなった髪は、どんな髪型なら上手にカバーできるのでしょうか?
その髪型選びのポイントを、4つに分けてお伝えしますね。

  • 前髪を厚めに作る
  • 分け目を隠す
  • 髪の長さを短くする
  • パーマをかける

それぞれのポイントについて、詳しくみていきましょう!

1) 前髪を厚めに作る

まず最初のポイントは、前髪を厚めに作ること。

産後の抜け毛は、特に前髪の部分に多くの抜け毛が見られます。
ですから、生え際やこめかみの薄毛が目立たなくなるように、前髪は厚めに作りましょう。

産後の抜け毛が落ち着くと、やがてツンツンした短い毛、いわゆるアホ毛が生えてきてセットがしづらくなります。
厚い前髪は、そのアホ毛を覆い隠すこともできるんですよ。

2) 分け目を隠す

2つめの髪型のポイントは、分け目を隠すこと。

髪に分け目があると、産後の抜け毛が増えるにつれて地肌が露出して、薄毛の印象を強めてしまいます。

地肌の露出を減らすために、分け目のない髪型を選びましょう。

分けていた髪を前に持ってきて前髪を作ったりトップの髪を短くしたりすることで分け目を隠せますよ。

3) 髪の長さを短くする

3つめのポイントは、短めの髪型にすること。

髪を短くすることで、少しアレンジを加えたりパーマをかけるだけでボリュームをだしやすくなり、産後の抜け毛による薄毛が目立たなくなります。

また、シャンプーをしたり、乾かしたり、セットをしたりなどの、お手入れの時間を短縮できますよ。

邪魔にならない程度で、かつ結べるくらいの短さにしましょう。
家事や子育てをしているときには、顔に垂れてきた髪をうっとおしく感じるときもありますが、いつでも結べる短さにしておけば楽ですよね。

4) パーマをかける

4つめのポイントは、パーマ

パーマをかけることによってボリュームがでて、髪が薄いという印象をカバーしやすい髪型になります。

また、髪が伸びても自然な形で伸ばすことができるので、美容室にいく頻度も少なく楽チン。 全体に動きがでるので、薄毛だけでなく、産後の抜け毛のあとのアホ毛を隠すこともできるんです。

ヘアアレンジやセットにも時間がかからなくなりますよ。

以上の4つのポイントをおさえた髪型をご紹介していきましょう。

ぜひお気に入りの髪型を見つけてくださいね!

1) ショートバング×ショート×パーマ

最初にご紹介するのはショートバングショートカットをあわせて、パーマをかけた髪型。

産後の抜け毛で薄くなった髪をカバーできますよ。

ショートバングとは、前髪をすべて下して短くカットした前髪のこと。

この時前髪を厚めにとると、短くても前髪自体にボリュームがでやすくなり、ショートカットとあわせることで分け目をなくすこともできます。

パーマをかけることで髪型のセットやアレンジも楽になりますよ。

2) フルバング×ショート

フルバングショートカットをあわせてた髪型もおすすめです。

ショートバングよりも長い前髪で、おでこを覆うスタイルがフルバング。
産後の抜け毛による生え際の薄毛もアホ毛も、しっかりとカバーできますよ。

また、ショートカットにすることで、ボリュームを出すのも簡単になり、髪が薄いという印象を消すことができるんです。

顔の形などによって、ショートカットよりも他の長さが似合うこともあるので、一度美容師さんに相談してみましょうね。

3) ショートバング×ボブ

ショートバングボブをあわせる髪型もおすすめ。

後ろ髪をボブにすると、全体的にふんわりと仕上げやすくなりますし、ボリュームがでて薄毛の印象を消すことができます。

またトップの部分の髪を後ろで結んだり、耳にかけたりと、ヘアアレンジも楽しめますよ。

襟足の部分を覆い隠すようなスタイルにして、さらに内側の毛を軽くしておくと、伸びてきても自然な形でをキープできます。
美容院に行く時間もなかなかとれない産後の女性には、魅力的な長持ちするスタイルといえますよ。

4) マッシュショート×パーマ

マッシュショートにしてパーマをかける髪型は、通常のショートカット以上にボリュームをだせます。

マッシュショートとは、前髪からサイド、襟足にかけて緩やかなラインで髪を揃えた髪型のこと。

全体的に動きも出しやすく、産後の抜け毛による薄毛もアホ毛もカバーすることができますよ。

パーマによって、ヘアアレンジやセットも楽になるので、ぜひやってみてくださいね。

5) ショートレイヤー

前髪も伸びていつもの私へ 体重もあと少し💦

Michiko Kichiseさん(@michikokichise)がシェアした投稿 -

産後の抜け毛をカバーする髪型として、ショートレイヤーもおすすめです。

レイヤーは、動きをつけるために表面に段差を作るカット方法。

簡単に動きをだせるのでボリュームもだしやすいですし、ヘアアレンジもセットも手間いらずですよ。

前髪を厚めに作ってもらうことも忘れないでくださいね。

6) レイヤーボブ

イメチェン✂️ Salon de MiLKの山戸さん! #ショートボブ #レイヤーボブ #大人ボブ #ボブ

広瀬ちひろさん(@chi_hirose)がシェアした投稿 -

レイヤーボブも、動きやボリュームをだすことで抜け毛による薄毛を隠しやすいスタイルです。

トップは短く、うなじに向かうにつれて長くなっていきます。
セットがしやすく、長さもあるのでアレンジも楽しめますね。

前髪は厚めに作りましょう。
ショートバングでもフルバングでも合わせられます。
ショートバングだとポップな印象に、フルバングだとガーリーな印象にと、前髪によって雰囲気のかなり変わる髪型なんですよ。

7) フルバング×ボブ

こうゆうコーヒータイムが幸せ♡#コーヒータイム

hitomiさん(@hitomi_official)がシェアした投稿 -

フルバングにボブを合わせるスタイルもおすすめです。

厚めに前髪を作っておでこをしっかりと覆うことで、抜け毛による前髪の薄さも、アホ毛もカバーすることができますよ。

軽めのボブにすれば、ボリュームもだしやすく、トップの部分を結べば邪魔にもなりません。
何より、長持ちするヘアスタイルは魅力的ですね。

8) フルバング×ミディアム×パーマ

フルバングミディアムの長さを合わせて、さらにパーマをかけると髪全体にボリュームをだせます。

ボリューム感がでるうえに、セットもヘアアレンジも楽。
ミディアムの長さなら、邪魔なときには後ろで結ぶこともできますね。

薄毛だと感じさせないだけでなく、家事をしたりお子さんと触れ合ったりするのにも困らない髪型ですよ。

9) フルバング×ポニーテール

毎日映画コンクールの授賞式! 新人賞をいただきました🙏🙏 ありがとうございます。

konichan7さん(@konichan7)がシェアした投稿 -

フルバングを、ポニーテールと組み合わせてもいいですね。

多少お手入れに時間がかかってもいいから、ロングの髪型がいい、という女性におすすめです。

ロングでも、パーマをかけてふわっと結ぶと、ボリューム感もだせますよ。

ただし、後ろで結ぶときには緩く束ねるようにしましょう。 きつく結んでしまうと頭皮に負担を与えて、抜け毛をより増やしてしまうことに。

10) オールバック×ターバン

前髪を作るのに抵抗がある、という産後のママには、前髪をあげて生え際にターバンを巻くスタイルがおすすめです。

ターバンの巻き方のポイントは、前髪の生え際や髪の分け目を覆い隠すように巻くこと。

抜け毛によって薄くなった部分を隠せますし、やがて生えてくるアホ毛もカバーできますよ。

また、後ろの髪の毛も一つにまとめたり、お団子にしてしまえば、邪魔にはなりません
切りたくないけど長い髪の毛は邪魔…と悩んでいる方も、ぜひ参考にしてくださいね。

髪型の最後にターバンをご紹介しましたが、産後の抜け毛で薄くなった髪は、アイテムで隠すこともできるんです。

ここからは、ターバンも含めて、産後の抜け毛による薄毛やアホ毛をごまかせるアイテムを見ていきましょう。
3種類に分けてご紹介していきますね。

1) ターバン・ヘアバンド

pizza🍕🇮🇹 #pizza #roma #italia #つまみ食い #ルゥ服

cecil kishimotoさん(@cecil_lu)がシェアした投稿 -

ターバン・ヘアバンドは髪の毛の長さを問わず使えます。

前髪をあげてつけて生え際の薄さを隠してもいいですし、前髪の上につけて、前髪と後ろ髪の間や分け目の地肌、アホ毛を隠してもいいですね。

さらに、産後の抜け毛で少なくなった髪のボリュームを増やすことも。

デザインも形も豊富にあるので、その日の気分やファッションによって変えてみるのもいいですね。

2) 帽子

帽子
帽子

産後の抜け毛で薄くなった髪をカバーするために、帽子はお手軽で、かつファッションとしても楽しめるアイテム。

抜け毛の時期が終わってアホ毛の生えてくる時期には、お出かけ前にしばらく被っておいてアホ毛を寝かせて髪型を整える、という使い方もできるんですよ。

3) ファッションウィッグ

ファッションウィッグ
ファッションウィッグ

ウィッグを使って、産後の抜け毛で薄くなった髪をカバーすることもできますよ。

特に前髪や生え際の薄さの気になる女性には、前髪用のウィッグがおすすめです。

通販などで安く手に入りますし、安くてもウィッグだとは思えないほど自然に見えるものも多いですよ。 美容院に行く時間がない、または経済的な負担を減らしたい、というママは考えてみてもいいのでは。

髪型が決まったら、スタイリング剤にも気を配りましょう
髪型が決まったら、スタイリング剤にも気を配りましょう

産後のママならではの注意点です

ご紹介してきた髪型やアイテムで、産後の抜け毛で薄くなった髪をしっかりとカバーしてくださいね。

ただし、スタイリングにさいして注意していただきたい点があります。
産後のママならではの注意点ですので、ぜひ意識してみてくださいね。

注意点1:スタイリング剤は刺激の少ないものを選ぼう

まず、スタイリング剤刺激の少ないものを選びましょう。

お子さんを抱っこしたりスキンシップをとったりすることの多い産後のママ。
髪の毛がお子さんに触れたり口に入ったりすることもありますよね。

スタイリング剤は刺激の多いものを避けて、刺激の少ないものを選びましょう。

注意点2:スタイリング剤は使いすぎない

スタイリング剤使いすぎないようにしましょう。

産後の抜け毛で薄くなった髪をごまかすために、ついついワックスなどを多めに使ってセットをしたくなるときもあるかもしれません。

でも、スタイリング剤を使いすぎてしまうと、髪がスタイリング剤の重さに負けて立ち上がりづらくなり、ボリュームがでにくくなってしまいます。

ボリュームを抑えるタイプのものなら特に控えめにしましょう。

産後の時期はあっという間
産後の時期はあっという間

髪型の悩みから解放されて、大切に過ごしましょう

お気に入りの髪型やヘアアレンジは見つかりましたか?

産後の抜け毛で薄くなった髪は、いくつかのポイントさえ押さえればしっかりとカバーできるんです。

薄毛を隠すだけでなく、手入れもしやすくておしゃれな髪型で、産後の日々を気持ちよく過ごしてくださいね!