目次

  1. ノキシジル(ミノキシジルタブレット)の効果と副作用って…?
  2. ノキシジル(ミノキシジルタブレット)とは?
  3. ノキシジルに期待できる効果とは?
  4. ノキシジルがおすすめなのはこんな人
  5. ノキシジルの注意するべき副作用とは?
  6. ノキシジルの使用を控えた方がいいのはこんな人
  7. ノキシジルを実際に使用した人の口コミは?
  8. ノキシジルの服用は、効能や副作用のリスクを把握してから!

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)は、ミノキシジルを主成分とした服用する薬です。

気になる点をいろいろ、詳しく説明しますね。

ノキシジルって「ミ」の文字の入力漏れではありませんよ。 れっきとした薬品名称なのです。 でも、確かに紛らわしいことは間違いありませんね。

最初にノキシジルについて、みてみましょう。

飲む育毛剤?ノキシジルってそもそもどんな商品?

ノキシジルとは、主成分がミノキシジルの血圧降圧剤(高血圧治療薬)。 Pfizer(ファイザー)社のロニテンのジェネリックになります。 製造販売はタイのTOファーマ社です。 製品はミノキシジルを5mg配合しているものと、10mg配合している2種類がありますよ。

  • Noxidil Tablets (Each Tablet contains Minoxidil 5mg)
  • Noxidil Forte Tablets (Each Tablet contains Minoxidil 10mg)

ノキシジルの正しい服用方法とは?

用法は定義されていません。 一般的に1日2.5mgから5mgを服用します。

ロニテンでは、高血圧症に対する用法は定義されています。 1日1回か2回に分けて服用。 1日の最大服用量は100mgですが、成人に対して1日5mgから服用を始めることが推奨されていますよ。 5mg以上服用する場合は、医師に相談したほうが良いですね。

ノキシジルの購入時には注意が必要?

ミノキシジルタブレットは発毛剤ですので、発毛効果が期待される分、ゼロではないリスクの可能性もあります。

ですので、お近くの皮膚科もしくは発毛を扱っているクリニックでご相談の上、お求めください。 ※ハゲラボのポリシーにより個人輸入は推奨いたしません。 ハゲラボのポリシーはこちら 

では、服用するミノキシジルの薬であるノキシジルにはどんな効果が期待できるのでしょうか? ここではノキシジルのメリットを2つ説明しましょう。

服用タイプの発毛剤なので血液中に発毛成分が流れる

実はノキシジルに限らず、ほとんどの薬は服用の方が効果があるのです。 病院でかゆみ止めや痛み止めの薬を処方されると、ほぼ確実に服用の薬ですよね。 かゆいところや痛いところに塗った方が直接効くような気がしますが、そうではないのですね。

皮膚から有効成分を染み込ませるのは至難の業なのに比べ、服用して肝臓経由で血液で体中に行きわたらせるのは極めて容易なのです。 ノキシジルもこの理由から塗るミノキシジルより効果があるのです。

塗布タイプの発毛剤の弱点である生え際にも効きやすい

塗布タイプの発毛剤は、スプレータイプでもスポイトタイプでも、あるいは指で直接塗ったとしても生え際に塗るのは難しいですね。 液垂れしてしまいますから。

服用するノキシジルには、そうした問題はありませんよ。 生え際でも頭頂部でも、髪の毛の毛乳頭には毛細血管が直付けしています。 なのでノキシジルでは、ミノキシジルが毛乳頭にたどり着きますから効果が期待できるのですね。

ノキシジルが頭部全体に発毛成分が行きわたりやすい、生え際にも効果が期待できるというお話をしましたが、塗布タイプのミノキシジルに比べてもう1点良いところがあります。 飲むだけですから、簡単なのです。

髪の毛が濡れていないかとか気にする必要もありませんし、塗布したらベタ付いたなんて悩みも存在しませんよね。 外出だろうと旅行だろうと錠剤を財布にでも入れておけばOKなのです。

ということで、ノキシジルは忙しい人、外出が多い人、簡単に済ませたい人におすすめです。

主成分であるミノキシジルの副作用はノキシジルでも塗るタイプのミノキシジルでも同じです。 しかしノキシジルは服用するので、体中にミノキシジルが行きわたるということが注意点になりますね。

頭部以外の体毛が濃くなる

頭部の髪の毛以外の体毛、手や足などの毛も成長促進されます。 つまり体中の体毛が濃くなりますよ。 これを気持ち悪いと取るのか、男らしいと取るのか、人によりますね。 邪魔なら剃ってしまいましょう。

動悸やめまいなどが起こる場合がある

ノキシジルも、本来は高血圧の治療薬ですので、血圧の降圧作用があります。 具体的には血管を拡張して、血流の流れを穏やかにすることで血圧を下げるのです。 ですからノキシジルを服用すると、血管をはじめとする循環器関係に副作用を感じることがあり得ます。

動悸やめまいなどの症状が出る場合はノキシジルの服用をやめて医師の診察を受けましょう。 心配な方はノキシジルの10mgではなく、5mgや2.5mgから始めて様子を見ることをおすすめしますよ。

※発毛剤の副作用に関しては諸説あり、ハゲラボでは「具体的な症状に関する保証はできないが、副作用が起こりうる可能性は十分にある」というスタンスを取っています。利用の判断を行う場合は、まず専門のお医者様に相談しましょう。

以下のような人はノキシジルは使わずに、別の発毛剤などを検討しましょう。

  • 肝臓の治療を受けていたり、治療薬を飲んでいる人
    • 低血圧の人
    • 血圧の治療を受けていたり、治療薬を飲んでいる人
    • むくみが出やすい人

それでは、実際にノキシジルを使用している人の声をみてみましょうね。 以下の3つの観点からまとめてみました。 - 発毛効果を感じたか - どのくらいで効果を感じたのか - 副作用が出たか

ノキシジルの発毛効果は?

ノキシジルの口コミでは、 「髪にハリが出てきているように感じます」 「頭部が黒々としてきた感じがする」 など、ポジティブな口コミが見られました。

服用してから効果が出るまでの期間は?

ノキシジルの効果が出るまでの期間の口コミでは 1ヶ月くらいで変化を感じた人や3ヶ月くらいで変化を感じた方など、人それぞれ個人差があるようです。

焦らず自分のペースで服用することがポイントですね。

ノキシジルの服用で副作用が出た人は…?

ノキシジルの副作用としては、以下の口コミが見られました。 「めまいやたちくらみが増えた」 「ムダ毛が濃くなる」

個人差があるようですが、やはり副作用の存在は頭に入れていただく必要があるようですね。

発毛に効果が期待されているミノキシジルを配合しているノキシジル。 しかし効果が期待できる反面、副作用のリスクも高くなっていました。 実際にノキシジルを服用するには、効果と副作用について十分に理解し、自分自身の体調も考慮して判断してくださいね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。