目次

  1. 切れ毛や枝毛が襟足にも…!こんな時どうすればいいの?
  2. 襟足にも枝毛や切れ毛ができるって本当?
  3. そもそも枝毛や切れ毛はどうしてできるの?
  4. 襟足に枝毛や切れ毛ができてしまった場合の対策法とは?
  5. 枝毛や切れ毛を起こさないようにするにはどうしたらいいの?
  6. 襟足の枝毛や抜け毛はシャンプーが合っていない可能性も?
  7. その枝毛や切れ毛は髪にダメージが蓄積している証拠かも…

切れ毛や枝毛が多いな…と思って見ていたら、なんとそこは襟足!

切れ毛や枝毛は、サイドやバックの毛先に見られるものだと思っていた人も、多いのではないでしょうか?

襟足の切れ毛や枝毛は、決して珍しいものではありません。

美容師など、髪の毛のプロ達は、襟足こそ痛みやすい場所だと言います。

襟足に切れ毛や枝毛を見つけたら、まずはどうするべきか、確認しておきましょう。 安易な自己処理は禁物です。

襟足のダメージは意外と多い?

襟足のダメージは意外と多い?

襟足に切れ毛や枝毛なんて聞いたことがなく、不安になった人もいるかもしれませんね。しかし、襟足の切れ毛や枝毛は意外と多いようです。

襟足の毛にも、枝毛や切れ毛が出来ることがあるんです。

枝毛や切れ毛というと、サイドやバックの毛先に起こることが多いので、ピンとこない人もいるでしょう。

ですが、実際に襟足が痛んでいて、枝毛や切れ毛が発生している人もいるようです。 襟足の毛は、痛みやすく、意外と枝毛や切れ毛が多いようです。

襟足の髪の毛はもともと細くてダメージを受けやすく、もつれやすい。 さらにはドライヤーをつい多く当てすぎてしまったり、逆に乾かし足りずに痛んでしまったり。 コートやマフラーなどで擦れることもダメージの元です。 その上、手入れをうっかり忘れてしまいやすく、実は髪の毛が痛みやすいのです。 枝毛が多くできている方、その場所を観察すると、襟足から生えている毛に枝毛が多くはありませんか?

冬のヘアケア|Simplisse | シンプリス <山本未奈子『美人への道』 裏ブログ by MNC NYスタッフ>

濡れた状態で寝ていたりしませんか?「乾かしてます!」って言っている方でも、表面だけ乾いて内側が乾いていないことが結構あります。濡れた状態だと、摩擦に弱いので、枕との摩擦でキューティクルがはがれ傷み、切れ毛になっている可能性もあります。切れなくても傷みはあるのでそれが伸びるとダメージが積み重なり枝毛になります。

襟足の切れ毛(5381)の解決方法を美容師・スタイリストがご紹介|髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン|Tiful(ティフル)

厄介な枝毛や切れ毛は、どうして出来てしまうのでしょうか?

意外と知らない枝毛や切れ毛が出来る原因を見ていきましょう。

枝毛や切れ毛の原因とは?

枝毛や切れ毛の原因とは?

印象も悪くなりがちな髪の毛のダメージ。枝毛や切れ毛はその代表です。枝毛や切れ毛の原因は、色々考えられます。

枝毛はどうしてできるの?

枝毛の原因は、キューティクルの剥がれによるものです。

キューティクルとは髪の一番外側にある組織で、髪内部の栄養や水分を保護し、外からの刺激からも守る役割があります。

このキューティクルが剥がれることで、内部の水分が蒸発し、髪の毛がパサパサになり、髪の毛先が裂けてしまいます。 キューティクルの剥がれは毛先から起きるので、これが枝毛となるのです。

切れ毛は髪がスカスカな状態?!

切れ毛の原因は、女性ホルモンの乱れやダイエットなどの、栄養の偏りによるものが多いです。 髪の毛の内部がスカスカになり、少しの刺激でプツっと切れてしまうのです。

また、キューティクルの剥がれにより、乾燥した髪はもつれやすく、切れてしまいます。

切れ毛は、毛先で切れることが多いですが、あまりにもスカスカの髪の毛は、毛先以外の場所でも切れる事もあるので、頭頂部や前髪、襟足などでピンピンはねている毛があれば、切れ毛かもしれません。

毛先にダメージが出やすいのはなぜ?

毛先は、生えている髪の毛の中で、最も古い組織になります。

カラーやパーマを何度も繰り返している場合、ダメージが蓄積されていくので、毛先がどんどん痛むのです。

少しでもキューティクルが剥がれていると、カラーやパーマの薬剤も内部に侵入しやすく、内部の組織までダメージを受けることになります。

キューティクルが剥がれてしまう事で、水分調節も出来ず、髪の毛がスカスカになり、裂けたり、切れたりしてしまうのです。

枝毛や切れ毛は作らないのが一番なのですが、既にできてしまった、枝毛や切れ毛はどうしたらいいのでしょうか?

間違った対策を取ると、髪の毛のダメージが悪化することもあるので、正しい対策法を見ていきましょう。

どうしたらいいの?枝毛や切れ毛。

どうしたらいいの?枝毛や切れ毛。

枝毛や切れ毛は、正しい対策をしましょう。

襟足にできた切れ毛・枝毛の正しい処理の方法とは?

襟足は、自分でカットするのが、難しい場所ですね。

ある程度、長さがある場合は別ですが、痛んでいる場合、襟足がそこまで伸びていることは少ないでしょう。

となると、一番いい方法は、美容院でカットしてもらうのが、一番正しい処理方法です。

美容院に行けない場合は、せめて髪の毛に対して垂直に切ることを心がけてください。 はさみを斜めに入れてしまうと、断面が大きい分、痛みやすくなるからです。

「触らない」のが大事!その理由とは?

襟足の毛はもともと細く、痛みやすい部分とも言えます。

切れ毛や枝毛が出来る原因は摩擦によるものが多いので、気にするがあまり、つい触ってしまいたくなりますが、触ることで摩擦が起き、更に痛んでしまうという悪循環になってしまいます。

その為、襟足を触らないのが大事なのです。

枝毛や切れ毛になってしまうと、治す事は難しいので、枝毛や切れ毛を起こさないように予防するのが一番です。

その為には、どうすればいいのでしょうか?

枝毛や切れ毛をなくしたい!

枝毛や切れ毛をなくしたい!

枝毛や切れ毛のある襟足から、おさらばしましょう。

洗髪後はきちんと乾かす

ドライヤーの熱風を長時間、髪に当てるのは良くありません。

タオルドライ時に、上下左右にガシガシ拭いたりすると、摩擦が起きるので、これもNGです。

タオルドライは、丁寧に、髪の毛を挟んで水分を吸い取り、パタパタと軽くたたく感じで行いましょう。

ドライヤーの熱風も髪にはあまり良くないですが、半乾きの髪の毛は摩擦が起きやすく、キューティクルが剥がれやすい状態になってしまうので、しっかり乾かす事が大事です。

就寝時は摩擦を避けるためナイトキャップを被る

就寝中は、寝返りを打ちますので、髪の毛と寝具との摩擦は安易に想像出来ますね。

その為、摩擦を避けるためにナイトキャップを被るのも、いい方法です。

ナイトキャップは、摩擦から髪を守るだけでなく、美髪にしてくれるアイテムでもあります。 髪には乾燥が良くないので、乾燥から守ってくれる役割や、寝癖がつかないので、朝のスタイリングで髪の毛を痛ませることもないなど、メリットが沢山あります。

髪に栄養のある食事を摂るように心がける

髪の毛に栄養が十分に行くように、バランスの良い食事を心がけましょう。

髪に良い食べ物は、タンパク質(卵・青魚・大豆製品など)、必須アミノ酸(ナッツ類・乳製品など)、ビタミン(緑黄色野菜や果物)が代表的な栄養素です。

髪に栄養がある食事を多めに摂り、摂取する栄養が偏らないよう、バランスが大事です。

頭皮マッサージを行う

頭皮マッサージを行い、血流を良くし、栄養が運ばれやすくするようにしましょう。

栄養は血液にのって、身体の隅々まで行き渡ります。 毛が生えてくる毛根部分にも、栄養がしっかり行き渡るように、頭皮マッサージをしましょう。

指の腹で優しくマッサージし、自分が気持ちいいと感じるように行ってください。

爪を立てたり、強くマッサージしすぎるのは良くないので、注意して下さい。

襟足の毛は、もともと細いので、摩擦にも弱いです。 シャンプー時の摩擦で、痛んでいる可能性もあります。

また、シャンプーが合っていないことで、枝毛や抜け毛になっている可能性もあります。

シャンプーが合っていないと、頭皮が乾燥したり、毛穴づまりを起こしたりと頭皮トラブルに繋がります。 そうなると、毛が生えてこず、生えている髪も、ハリがなくなり、枝毛や抜け毛の原因にもなるのです。

頭皮トラブルで襟足にも枝毛や切れ毛が…

頭皮トラブルで襟足にも枝毛や切れ毛が…

シャンプーが合っていないと頭皮トラブルが起きやすいです。あなたの頭皮は健康ですか?

枝毛や切れ毛は、髪の毛のダメージが蓄積して目に見えている状態です。

枝毛や切れ毛を見つけたら、早めに対策をとりましょう。

毛先を切った後、そのまま放置していては、またすぐに痛んでしまいます。 シャンプーを変えたり、生活習慣を見直しましょうね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。