目次

  1. ミノキシジルをジェネリックで安く買いたい…!
  2. まずはミノキシジルとジェネリックをおさらい
  3. 【結論】国内で認可されたミノキシジルのジェネリックはありません
  4. 海外にはミノキシジルのジェネリックも…!
  5. ミノキシジルとジェネリック、正しい知識を持っておくことが大切!
なるべく低価格におさえたい
なるべく低価格におさえたい

発毛薬として有名なミノキシジル

「使ってみたい。でも経済的な負担はなるべく減らしたい…!」
「ジェネリックであれば、少しは安くなるんじゃないの?」

そんな方も多いのではないでしょうか。

一方で、ミノキシジルのジェネリックは存在しないという説も。

果たして、ミノキシジルを安く買う方法はあるのでしょうか。

本記事では、ミノキシジルとジェネリックについて説明するとともに、ミノキシジルのジェネリックを入手する方法についてご紹介していきます。

基礎知識をおさえましょう
基礎知識をおさえましょう

ミノキシジル

ミノキシジルとはもともと高血圧患者のための薬。

その副作用として多毛の症状が見られたために、現在では発毛薬としても使用されている医薬品です。

ミノキシジルは、髪の毛が生えるための司令塔でもある毛乳頭細胞に直接働きかけ、発毛を促す成長因子を分泌することで発毛を促進します。

その発毛効果とともに、さまざまな副作用のリスクも指摘されている発毛剤です。

なお、ミノキシジル自体は国内で認可されている成分ですが、発毛薬として認可されているのはリアップなどの外用薬(塗るタイプ)のみ。

内服薬は国内では未承認なので、お求めの方は取り扱いのある一部のクリニックで処方してもらいましょう。

ジェネリック

ジェネリックとは、新薬(先発医薬品)と同じ有効成分が使われ、新薬と同等の品質、効き目、安全性が確認されている薬のことで、後発医薬品とも呼ばれます。

さらに詳しく説明していきましょう。

まず、医薬品は以下の2つに分類されます。

  • 一般用医薬品
    ドラッグストアなどで医師の処方箋なしで購入可能な市販薬

  • 医療用医薬品
    医師の処方が必要な医薬品

この中でも医療用医薬品は、さらに新薬(先発医薬品)ジェネリック医薬品(後発医薬品)の2つに分けられます。

新薬が開発されると、その薬を開発した製薬会社は一定期間、その薬を独占的に製造・販売できます。

そして、その一定期間が過ぎると、他の製薬会社が同じ成分の薬を製造・販売できる仕組みになっているのですね。

これがジェネリック医薬品にあたります。

ジェネリックは、新薬に比べ開発費や開発期間が少ないという理由から、新薬より低価格で入手可能です。

そもそも存在しえなかった!?
そもそも存在しえなかった!?

ここで結論を申し上げます。

国内で認可されたミノキシジルのジェネリックは存在しません

というのも、国内で発毛薬として承認されているミノキシジルは、リアップなどに代表される外用薬のみ。

外用薬は一般用医薬品ですので、ジェネリックはありません。

一方、医療用医薬品である内服のミノキシジルは、そもそも国内では承認されていないもの。
そのため、ジェネリックも国内で認可されたものは存在しないのです。

なお、院内製剤といって、満たされていないニーズのために医療機関内で薬が調製されることも。

それによって内服あるいは外用のミノキシジルが作られることはあります。

ただしこれは、該当医療機関内での流通しか認められていないので、やはりジェネリックとは別のものなのです。

海外のジェネリックってどうなの?
海外のジェネリックってどうなの?

それでは、「ミノキシジルのジェネリックを手に入れることはできないのか」、というとそういうわけではありません。

実は海外ではミノキシジルのジェネリックが発売されており、国内でも入手が可能です。(注1)

海外産のミノキシジルのジェネリックを入手する方法は以下の2つ。

  • 個人輸入
  • 医師からの処方

海外のミノキシジルのジェネリックは、個人輸入で安価に購入が可能です。
個人輸入とはその名の通り、海外から医薬品を購入することで、個人の使用の範囲であれば合法。

しかし個人輸入の場合、偽造品の流通、成分が体に合わずに健康上のトラブルにあうなどのリスクもあります。

このことから、ヘアラボのポリシーでは、個人輸入はおすすめしません

一部のクリニックでは、ミノキシジルのジェネリックの取り扱いがあります。

お求めの方は、安易に個人輸入を選ぶのではなく、必ず医師に処方してもらうようにしましょう。

とはいえ、ミノキシジルやそのジェネリックを取り扱うクリニックは、全国でもあまり多くないのが現状です。

ヘアラボでは全国のクリニックの検索サービスを整備していますので、ぜひ取り扱いのあるお近くの院を探してみてください。

注1:特許やジェネリックの扱いは国によって異なるため、海外製の中には厳密にいうとジェネリックではないものもあります。

きちんと理解して納得のいく治療を
きちんと理解して納得のいく治療を

ミノキシジルとジェネリックとの関係はご理解いただけましたか?

薄毛治療も、経済的なことも大切な問題ですよね。
発毛効果の高いミノキシジル、低価格で入手できるジェネリックについて正しい知識を持つことで、選択肢は広がります。
納得のいく方法で、安全で快適な薄毛治療を始めましょう。